Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

アイロン台がない時に代用できるアイテム6つ/コツ・注意点

アイロンがけをしようとした時に、色々な理由でアイロン台がなくて困ったという経験をしたことがあるという人も実は多くいます。そこで今回はアイロン台の代わりになる、どこの家庭にもあるようなアイテムをいくつかご紹介していきます。ご参考にご覧ください。

アイロン台がない時に代用できるアイテム6つ/コツ・注意点

アイロン台がない状況

普段からよくアイロンがけをするという人にとっては、アイロン台のない状況というのがあまり想像できないという場合も多いですが、実はアイロン台がないという状況になる可能性も実は多くあります。

そこでこちらでは、どんな場合にアイロン台がないというシチュエーションに遭遇するのかをご紹介していきます。意外と多くの人が経験する可能性があるシチュエーションであることがわかります。

一人暮らし

まずアイロン台がない状況のひとつに一人暮らしがあります。一人暮らしの場合、アイロン台を置いておく場所がないという場合も多く、また引っ越しでばたばたとしてしまい、アイロンは購入したのにアイロン台を忘れていたというような事も多くあります。

また、学生などの場合は金銭的にも厳しくアイロン台を購入する余裕がないという人なども多くいます。

引越し

引越しの際に先にあまり使わない物を荷造りしてしまい、その中にアイロン台も含まれているという場合も多くあります。アイロンは最後まで残しておいたのに、アイロン台は邪魔になるので先に片付けてしまって、いざアイロンを使おうとした時に困ってしまう人も多くいます。

前もって引越しの準備をしっかりとしておくような、しっかりとしたタイプの人の方がこのシチュエーションになる可能性が高いのもポイントです。

断捨離後

断捨離をはじめるとどうしても、どんどん使用頻度の低い物は捨ててしまうという人が多くいます。そのため、深く考えずにアイロン台もかさ張るので捨ててしまい、アイロンを使おうとした時に捨てなければ良かったと後悔する人も多くいます。

それでも捨ててしまった物はどうすることもできないので、代わりの物を使用し続けるか、新しく買い直すかのどちらかになります。アイロンがけの頻度がそこまで多くなければ代用品でも良いです。

アイロン台として代用できるアイテム

先述したように、いざアイロンを使用しようとしたらアイロン台が手元になかったという場合も多くあります。それでもアイロンをかけなくてはならない状況の場合に、身近な物でアイロン台の代わりになる物が多くあります。

そこでこちらでは、アイロン台の代用品になる物をいくつかご紹介していくのでご参考にご覧ください。ただしあくまでも代用品なので、使用する際には細心の注意をはらって使用する必要があります。

アイテム1:バスタオル

一番身近な物で、誰でも持っているバスタオルがアイロン台の代用品になります。平らな場所に厚手のバスタオルや大判の物であれば折って1枚で使用し、薄手の物の場合は何枚か重ねて使用すると安心です。

ただしタオルの生地の特性上、アイロンがけをしている途中でよれてきてしまう可能性があるのでその点だけ注意が必要です。アイロンがけをする際は、なるべく下のタオルがよれてこないように押さえながら使用するのがおすすめです。

アイテム2:段ボール

引越しなどでアイロン台を片付けてしまった人におすすめの、代わりになるアイテムが段ボールです。引越しをする場合には多くの段ボールが手に入り、そうでない場合でも最近ではネット通販利用などで家に段ボールがあるという人も多いので入手しやすい物のひとつです。

硬くてしっかりとしているので、途中でよれてしまうこともなくアイロン台の代用品としてはとても使いやすいです。使い捨てできるというのも手軽で良いです。

アイテム3:新聞紙

アイロン台がない時に代用できるアイテム6つ/コツ・注意点

新聞紙もアイロン台の代用になります。平らな場所に新聞紙を敷いてアイロンをかけるのですが、新聞紙は薄いので多めに使用した方が安全です。できれば朝刊1日分を全て使用するくらいの量が良いです。

また、途中でばらけてしまわないようにクリップなどで端を止めておくと使いやすいのでおすすめです。そして薄い紙でできていて他の代用品よりも燃えやすいので、火災には特に注意が必要となります。

アイテム4:座布団

最近ではあまり持っている人も多くはありませんが、座布団もアイロン台の代用になります。硬めでしっかりとしていて、なおかつ平らなのでアイロンもかけやすくてとてもおすすめです。

もし座布団が自宅にあるという場合には、座布団を使用するのが一番使いやすくて良いです。座布団があるのであれば一人暮らしの人などはアイロン台をわざわざ購入しなくても十分な場合もあります。

アイテム5:ベッド

意外に感じる方も多いですが、ベッドもアイロン台の代用になります。ただし、なるべくマットレスが硬めのベッドの方がアイロンはかけやすいです。あまりにも柔らかいマットレスの場合には、衣類がよれてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、アイロンの熱で茶色く変色してしまう可能性があるので、使用する場合は必ずいらない布などを間にはさんで使用することをおすすめします。

アイテム6:毛布

毛布もアイロン台の代用品になるアイテムです。ただし、冬場でないとすぐに毛布が出てこないという場合も多いので、どちらかと言うと冬場限定のアイロン台代用のグッズと考えておいた方が良いです。

そして、ベッドと同じように茶色く変色してしまう可能性があるので、必ず間にいらない布などを挟んで使用することをおすすめします。また柔らかいので、アイロンがけの最中によれてこないように押さえながら使用すると良いです。

アイロンをキレイにかけるコツ

いざアイロンがけをしてみても中々上手にできないという人も多くいます。そこでこちらでは、アイロンがけのコツを4つほどご紹介していきますのでご参考にしてみてください。

ちょっとしたコツを掴むだけでも仕上がりは大きく違ってきます。こちらでご紹介するコツを試してみて、アイロンがけのレベルアップを目指すのもおすすめです。どれも簡単なことなので手軽に試すことができます。

コツ1:霧吹きで湿らす

アイロンをかける直前に霧吹きで衣類を少し湿らすことによって、アイロンをかけた時にスチーム効果でシワが伸びやすくなります。中々シワが伸びずに困っているという人はこの方法を試してみると良いです。

それでも中々シワが伸びないという場合には、シワ伸ばしなども市販されているので、そういった物を使用するとより綺麗な仕上がりになるのでおすすめです。

コツ2:細かいパーツからかける

アイロンをかけやすい面の大きなパーツからよりも、かけにくい細かいパーツからかけることによって仕上がりが良くなるのでこの方法もおすすめです。細かい部分から丁寧にアイロンがけをして、最後の仕上げで大きな面のシワを伸ばすイメージでアイロンがけをすると良いです。

難しい部分からアイロンがけをすることになるので、より最初の集中力を細部にかけることができるのでメンタル的にもおすすめです。

コツ3:縫い目を引っ張る

縫い目を引っぱりながらアイロンがけをすると、よりシワを伸ばしやすくなるのでおすすめです。縫い目をひっぱることによってシワが伸び、その上からアイロンをかけるのでとても理にかなった方法と言えます。

コツ4:直線でかける

アイロンをかけるときは、なるべく直線を意識してかけるのも良いです。うねうねと曲がりながらかけたりすると変な癖がついてしまったりもするので、どんな物でもなるべく直線にかけていくことを心がけるだけでも仕上がりが違ってくるのでおすすめです。

どうしてもアイロンがけが苦手なあなたにおすすめ

どうしてもアイロンがけが苦手だという人におすすめなのが、こちらのハンディスチーマーです。ハンディースチーマーであればアイロン台も必要なく、ハンガーに衣類をかけたままシワ伸ばしをすることができるので手軽に使用することができます。

ただし、仕上がりはやはりアイロンとアイロン台を使用した方が綺麗になるので、パキっとしたシワのないシャツのような仕上がりを目指す方は注意が必要です。

アイロン台を代用する時の注意点

アイロン台の代用になる物をいくつかご紹介してきましたが、実際にはアイロン台と違いそれらはアイロンをかけるために作られた物ではありません。そのため、代用品として使用する場合にもいくつか注意すべき点があります。

最低限注意が必要な点をこれからご紹介していくので、これらの点に注意しながら安全に使用してください。

注意点1:代用品との間に布をひく

まず注意する点は、アイロン台の代用として使用する物とアイロンをかける物の間にいらない布などをひくという事です。アイロンは高熱のため、注意していても少し時間を長く当てるだけで茶色く変色してしまう可能性があります。

座布団や布団などを代用品として使用する場合には特に注意が必要となり、必ず間に布をひくことをおすすめします。

注意点2:目を離さない

絶対に目を離さないということも大切です。これは代用品を使用する時だけでなく、アイロン台を使用する場合でも言えることですが、かなりの高熱を発するのでほんの少しでも目を離した隙に事故が起きる可能性もあります。

もしも、どうしても目を離さなくてはいけないような場合には必ず電源を切り、アイロン台の代用の物とアイロンを離して、アイロンにはなるべく蓋などをするようにするのが良いです。

注意点3:火災に気を付ける

これも先ほどご紹介した目を離さないということに共通してくることですが、アイロンは高熱を発するという特性があるので火災には細心の注意が必要です。アイロン台を使用する場合ももちろんですが、アイロン台代用の物についてはそもそもがアイロンをかけるために作られていないので危険です。

アイロン台の代用になる物の方がアイロン台よりも燃えやすい物も多いので、火災にはくれぐれも注意することが必要です。

アイロン台がなくて困った時は代用品を使ってみよう

アイロン台がない時に代用できるアイテム6つ/コツ・注意点

いざアイロンをかけようとした時に、色々な理由でアイロン台がなかった場合、アイロン台の代用品になる物が家の中には多くあります。アイロン台にこだわらずとも、代用品になる物でも十分に綺麗にアイロンがけをすることはできます。

そんな便利なアイテムが家にいくつあるか思い返してみるのもおすすめです。どれが一番使いやすいか一度、使い比べてみるのも良いです。

アイロンの時に役立つアイテム

今回ご紹介したアイロン台の代用品になる物だけでも6種類もあります。バスタオル、段ボール、新聞紙、座布団、ベッド、毛布。今回ご紹介しただけでもこれだけ代わりになる物があり、基本的にはどれかしらは家にあるという人が多いです。

これらの代わりになる物以外にも、その代わりになる物が変色しないように、間に敷くためのいらない布なども用意しておくとより安心してアイロンがけをすることができます。

Related