Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

一人暮らしの際にアイロンは必要?(男性・女性)|おすすめのアイロン

一人暮らしを始めるとき、アイロンは必要なの?と迷う方は多いと思います。しわしわなシャツで外出するのは嫌だけど…一人暮らしの部屋にアイロンとアイロン台を揃えるのも…なんて方いらっしゃいますよね?そこで今回は、一人暮らしのアイロン事情についてご紹介します!

一人暮らしの際にアイロンは必要?(男性・女性)|おすすめのアイロン

一人暮らしでアイロンが必要な理由

まず初めに、アイロンがなぜ必要となるのか考えていきたいと思います。社会人、学生問わず、スーツやシャツを着ることがあるでしょう。そんな時、いくら洗濯後でもシワのよったシャツを羽織っているとどうしても見た目が良くありません。

見た目が良くない、ということは『第一印象を悪くする』ということにに自然と繋がってしまいます。パリッとアイロンのかかった綺麗なシャツを着ているのと、首元がヨレた全体にシワのあるシャツを着ているのとではどちらが良いか一目瞭然です。

『服のシワ問題』は性別問わず言えることで、私服でシャツやジャケット、パンツやスカートを着用することも多いと思います。そんな時シワが寄っていたらせっかくのコーディネートもだらしなく見えて台無しなってしまうのです。そのため、一人暮らしであってもアイロンを使う機会はあり、必要であると言えるでしょう。

服のシワは服によって印象が変わる

服のシワというのは服によって随分と印象が変わります。例えば、カジュアルアイテムの定番であるパーカーだと袖まくりをしたときにシワが寄っていても気にならないのではないでしょうか。それはカジュアルに着こなすことを前提に作られた衣類であるため違和感を抱かないのです。

しかし、逆にジャケットなどはどうでしょうか。ジャケットを袖まくりしてシワが寄っているとどこか違和感を覚えてしまいます。このようにキレイめ、フォーマルな格好にシワは絶対にNGだということです。

だからこそ一人暮らしであってもアイロンでシワを伸ばしてあげることは、一つのマナーだともいえるでしょう。

敢えてシワを寄せている服はそのままでOK

とはいっても、店頭やネットで販売されている時点で『シワ加工』が施されている衣類があります。こういった『シワ』をポイントとしてビンテージ感を演出する服装に至ってはアイロンをかける必要はないでしょう。

一人暮らしの際にアイロンは必要?

一人暮らしをしていると全てを自分でやらなければならず、印象の悪い『洋服のしわ』でさえもついつい放置してしまいがちです。しかし、一人暮らしだからこそ、自分の好きなアイロンを選んで、一人暮らしだからこそ衣類にもこだわれるのです。

上記を踏まえても、一人暮らしでアイロンを持つことの必要性は非常に高いと言えるでしょう。ここでは、アイロンをかけることのメリットとデメリットを記載しておきましょう。

アイロンをかけることのメリット

■ しわを伸ばすことが出来る
■ クリーニング代が節約できる
■ 素材が長持ちする
■ 殺菌や消臭機能がある

デメリット

■ 手間や時間がかかる
■ アイロン台を利用しなければならない
■ やけどの危険性がある
■ 袖口など細かな部分にかけずらい

男女共にアイロンは必要だと言える

人はフォーマルな場に出るとき以外の服装でも、シャツやジャケット、スカートを身に纏います。そのことから、男性・女性関係なく一人暮らしをする中でアイロンは必要になってくるでしょう。『洋服のしわ』は、その人の生活態度を表すとも言えます。きちんとアイロンをかけてピシッとした状態で洋服は着こなすことをオススメします。

また、アイロンがけは衣類だけでなく、ハンカチやンチョンマットなど日用品にも使われています。このようにアイロンがけというのは私たちの生活に必須だともいえる存在なのでしょう。しかし昨今ではアイロンがけを億劫に感じる人も多く、予めアイロンがけが必要でない衣類を購入する人が増えていると言われています。

一人暮らしにおすすめアイロン 

ここで、一人暮らしのおすすめアイロンをご紹介します。最近では、コードレスアイロンやスチームアイロンなど様々な種類のアイロンがメーカーから発売されています。その中でも、一人暮らしにピッタリな、使いやすく、デザイン性の高いアイロンをご紹介します。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Panasonic コードレススチームアイロンNI-WL703

この商品は、優れた点が2つあります。1つ目はアイロン面です。「蓄熱ベース」のコードレスのため、スチーム機能を使っても冷めにくく、コード付きアイロンとほぼ同じパワーで使えます。また、スリムヘッドであるため、細かいところまできちんとアイロンがけをすることが可能です。

2つ目は、使いやすさです。センター重心設計がされており、手で握る位置と重心が同じなため、疲れにくくなっています。また、アイロン面が丸く、布地に引っかかりにくくなっています。このようにコンパクトでありながら、パワー面が強く、細かな面まで行き届くため、一人暮らしの方にお勧めの商品です。

 15年ぶりくらいに買い換えたアイロンですが、とっても使いやすくて、嬉しいです。
 特に嬉しいのは次の2点です。
 ①前後とも先端がとがっているので、アイロンの向きを変える手間がいらない。
 ②霧吹きがついているので、別に用意しなくていい。普段はスチームより霧吹きを使うので。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%8... |

siroca スチームアイロンSSIR-100

低価格で可愛らしいフォルムと頑固なシワまでピシッと仕上げる強力スチームを備えたアイロンです。小型で、本体重量は約600gという女性にも扱いやすい大さが魅力です。また、タンクはクリアデザインなので水量が一目でわかるため、空のままスチームを作動させてしまう心配がありません。

一人暮らしだからこそ出費は押さえたいものです。手軽に購入できるのに高性能なアイロンとして一押しの商品だと言えるでしょう。

サブアイロンとして購入しました。
安いモデルだったので性能にあまり期待はしていませんでしたがとてもパワフルで大満足です。ブシューッ!っと勢い良くスチームが出たのには感動しました。元々使っていたコードレスアイロンより断然多い蒸気量でした。
コードレスに比べ取回しは悪いですが、温度低下を気にせずスチームを使えるメリットがあります。そして何より値段が安いので文句なしです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%AB-%E3%... |

DBK スチーム&ドライアイロン

ドイツのメーカーDBK社のアイロンで、クラシカルなデザインが魅力のアイロンです。一人暮らしの部屋に置くからこそ、デザイン性重視でアイロンを選ぶのであればこれが一押しだと言えるでしょう。まるで『道具』のような見た目と、お手頃価格も魅力の一つです。

また、実力も見た目に劣らず評価が高いのもこのアイロンが人気の理由ともいえます。さほど重みはないはずなのに、ずっしりとした安定感があり、ハイパワースチームでパリッと仕上げることが可能です。

そして更に、アイロンがけの難点であるコードが邪魔にならないよう、動きに合わせてコードが上下する仕様となっています。スムーズにパリッと仕上げたい、そしてデザインも重視したいならこのアイロンでまず間違いないでしょう。

アイロンかけにはアイロン自体の重さがけっこう大切だと思っています。これはずっしり。でもコンパクト。綿100パーセントのシャツもカチッと仕上がります。カラフルなデザインが苦手なので、黒いハンドルが気に入っています。

出典: https://www.amazon.co.jp/DBK-%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%BC%... |

mireミニスチームアイロン VM-02T

コロンとした見た目とアイロンぽくないデザインが人気のミニアイロンです。本来はパッチワーク・キルト用具として販売されているため、大きなシャツやジャケットなどアイロンをかけるのには少し物足りなさがありますが、それでも人気の高さを誇るにはある理由があります。

それは、①プラグを付け替えれば海外でも使用可能、②実物が可愛い、③手にフィットし、コードの収納が便利、この3点が挙げられます。また、コンパクトでありながらドライ・スチーム切り替え機能付で高性能という点も人気の一つだと言えるでしょう。

一人暮らしをしていても、場所を取ることなくコンパクトに収納できるので使う時にササっと準備ができ、重宝されているのです。

とても使いやすいと思います。
すぐに温まりますし、コンパクトで場所を取らない。
ミシンをやりながら細かい所をちょいちょいアイロンがけするのにとても助かってます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AB%E3%8... |

一人暮らしはアイロンいらない!?アイロンの代わりはあるのか?

アイロンは欲しいけど、高いし、なるべく出費は押さえたい。アイロンを買わずに何とかしたい!という一人暮らしの方必見です。ここでは、一人暮らしの家にもあるアイテムなどを用いて、アイロンを使わずにしわを伸ばせる方法をご紹介します。

衣類スチーマーを使う

このアイテムは、一人暮らしの家にも必ずあるであろうハンガーを使って、ハンガーにかけたままでアイロン掛けができると、大注目されています。アイロンがけが面倒くさい、でもきちんとしわを伸ばしたいと考えている人にピッタリです。

使い方は、まず、本体に水を入れてスイッチを押します。40~50秒待った後、衣類を手で軽く引っ張りつつ、スチームとアイロン面を押し当てます。これで、一人暮らしの忙しい朝にもさっと洋服のしわを伸ばすことが出来ます。

しかし、あくまでも簡易的なものであるため、アイロンほどのピチッとした折り目などは期待できないでしょう。また、スチームアイロンに重量感があるため、女性は手が疲れるなどといったマイナス面もあります。

ヘアアイロンを使う

なんとかお金をかけずに、しわを伸ばしたいと考えている人にお勧めです。これは、一人暮らしの女性でも1つは持っているヘアアイロンを使った方法です。通常、ヘアアイロンは髪に使用するアイテムです。

しかし、このヘアアイロンを洋服にあてると、アイロン同様な効果が期待できるのです。やり方は、しわを伸ばしたい部分にアイロンを当てるだけです。これで、しわをなくすことが出来ます。普通のアイロンよりコンパクトで軽く、時間もかからないため、簡単な方法です。

作業をする際はこの2つのポイントを抑えておきましょう。①ヘアアイロンを使用する際には、アイロン部分が、ヘアケア製品で汚れていないか確認しましょう。②臭いが気になる方は、当て布などを準備しましょう。

上手くシワを伸ばせるかは自分の腕次第というところです。細かいところまで行き届くよう頑張ってみましょう。

しわ取りスプレーを使う

まず、しわ取りスプレーを衣類が軽く湿る程度にスプレーします。次に、手で縦と横に引っ張ります。最後に、ハンガーなどにかけて乾くのを待つだけになります。仮にアイロンを使うとすれば、準備に時間に、と手間がかかります。しかし、このしわ取りスプレーを使うと、スプレーをかけて待つだけでまるで魔法のように、簡単にしわを取ることが出来るのです。

また、コンパクトなサイズであるため、旅行先や出張先にも持ち運ぶことが可能です。キャリーバックに詰めたシャツやジャケットはしわがついてしまいがちですが、このアイテムを使えば、しわを簡単にとることが出来ます!

しかし、しわ取りスプレーは、使用できない素材もあるので、製品の表示や注意書きを必ず確認してから使用するようにしましょう。

このアイテムは、一人暮らしをしていたら持っていない方が多いかと思います。しかし、値段が非常に安く、使い方が簡単なのでこれを機に是非、自宅に1本準備してみてはいかがでしょうか。

ドライヤーを使う

こちらは、一人暮らしでも多くの人が持っているドライヤーを使った方法です。使い方は、ハンガーに洋服をかけ、霧吹きなどでしわのある部分を湿らせます。そして、しわ伸ばしをしてからドライヤーで乾かしていきます。最後に、冷風を当てるとしわが戻りにくくなります。

手順としてはそんなに時間もかからないので、頑固なしわでなければこの方法で対処することが可能でしょう。

一人暮らしは、アイロンとクリーニングどちらが良い?

一人暮らしをしていて、アイロンを掛ける機会がたまにしかない、衣類をピシッと完璧な状態にしたいという方にはアイロンよりもクリーニングをお勧めします。アイロンの使用機会が少ないにもかかわらず、アイロンを持っていると、一人暮らしの部屋が更に狭くなってしまいます。

また、クリーニングをした衣類は、プロの仕上がりであるため、大切な行事等に着用する際は、アイロンよりもクリーニングの方が良いと考えられます。一人暮らしをしている自分の生活にアイロンの需要はあるのか、よく考えてみましょう。

最近のクリーニング

従来のクリーニングは、料金が高い、時間がかかる、近くに店舗がないなどのマイナス面を感じる人の方が圧倒的に多く、クリーニングに衣類を出す手間を惜しむ声が良く聞かれました。しかし、近年、このマイナス面を解決してくれる宅配クリーニングが人気になっており、一人暮らしの方にも便利なツールになっています。

ここでは、そんな最近話題となっている『宅配クリーニング』についてご紹介します。

宅配クリーニングとは

宅配クリーニングとは、次のような特徴があります。①クリーニングを自宅で受注、受け取りをすることができる。②24時間受注することができる(できない店舗あり)、③保管サービスがあり、一定期間預かってもらえる。

以上3点を踏まえて考えると、一人暮らしで忙しい方やクリーニング品が多い方にピッタリだということが分かります。

Lenet

それでは、宅配サービスの中でも、会員数が20万人越えのリネットをご紹介します。リネットは、3つの優れた特徴があります。まず、1つ目は、服が新品の様によみがえる点です。こちらの会社では、繊維をよみがえらせるためにリネット独自の仕上げが行われています。

①ドライ全品、リファイン加工で、着用とともに失われたコーディングを復活させる。②水洗い全品、柔らか加工で、柔軟剤を使ったようになめらかでコシのある仕上がりに。③毛玉取りと毛どりを無料で一定時間丁寧に作業をする。最後には、仕上がりのダブルチェックを行い、衣類の質を守っています。

2つ目は、便利な宅配システムです。家から出せて家から受け取れるのはもちろんですが、24時まで届けてもらうことが出来ます。そのため、受け取る人が自分しかいない、一人暮らしの人には非常に便利です。

また、コンビニからもクリーニング品を出すことも出来ます。その上、段ボールは無料提供であり、しわにならないハンガー便(渋谷都内23区限定)などのサービスもあるため、かなり便利な宅配システムになっています。

3つ目は、価格の安さです。ワイシャツ1枚の東京平均価格は233円ですが、リネットは195円で提供しています。ジャケット750円、セーター440円とどれも安価に提供しています。このように、リネットは、便利で安価なサービスを提供しているため、一人暮らしをしている方や、忙しいビジネスマンにピッタリなサービスになっています。

一人暮らしはアイロンを買うか買わないか自分次第!

今回は『一人暮らし×アイロン』をテーマにご紹介してきましたが、いかがでしょうか。一人暮らしにアイロンがあるに越したことはありませんが、アイロンなしでも同様な効果が期待できる方法があり、お金を掛ければ、クリーニングなど便利な方法があることをお分かりいただけたと思います。

一人暮らしでアイロンを買うか買わないかはその人の考え方次第だと思います。自分のライフスタイルに合った方法を選択し、シワのないシャツで外出しましょう!

Related