Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】ディアウォールの耐荷重|棚/本棚/テレビ/バイク

初回公開日:2018年04月11日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年04月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ディアウォールは、穴をあけることがないため賃貸のお部屋にお住まいの方にも取り付けることができます。また、取り付け方も簡単で女性でも手軽にリフォームすることができます。引っ越す予定はなくとも、お部屋のインテリアを変えたいという方にです。

【種類別】ディアウォールの耐荷重|棚/本棚/テレビ/バイク

種類別ディアウォールの耐荷重

ディアウォールは、ホームセンターでも取り扱われている板状の突っ張り棒のことを言います。バネの力で天井と床とを固定して、棚を作ったり収納にとあらゆるものに便利に使うことができます。

ディアウォールを使用するにあたって、床や天井が抜けてしまうことがないのか、耐荷重について心配される方もいらっしゃいますが、耐荷重の値にさえ気をつけていれば、基本的に床や天井が抜けてしまうということはありません。

また、賃貸のマンションやアパートにお住まいの方は、床や壁を傷つけることはできないため、リフォームやDIYをするには注意が必要で、こんなふうにしたいと考えても、できないものとできるものとがあります。ですが、ディアウォールを利用すれば、床や天井、壁を傷つける必要がありません。

ディアウォールとは

ディアウォールとは、若井産業株式会社が製造、販売しており、2×4材とよばれる木材を組み立てて使うことができる商品です。

今までは壁に何かを飾ったり、ディスプレーしようとすれば壁に穴をあける必要がありましたが、ディアウォールを使えば、壁や床、天井を傷つけることなく、お部屋の雰囲気をカラッと変えてしまうこともできます。板状の突っ張り棒のような形をしていますので、アイデア次第でいろいろなものに利用できます。

床と天井さえあればどこにでも取り付け可能なものですので、まずどういったものに利用されることが多いのかについてご紹介しましょう。また、取り付けの際には耐荷重に注意しなければいけません。耐荷重を確認しないまま、次々と物を乗せたりしてしまうと、壊れてしまう恐れがあります。

ディアウォールのメリット

ディアウォールのメリットは、なんといってもその手軽さにあります。ディアウォールの支柱を突っ張り棒の容量で取り付けるだけで、お部屋の雰囲気をがらりと変えることができるため、女性でも簡単に取り付けることができます。

また、木材はあらかじめサイズを測っておけば、購入する際にホームセンターの方に木材をカットしていただけるため、後はご自宅まで持ち運び、上下に取り付けて板を通すだけで完成してしまいます。また、突っ張り棒とこう同じ仕組みになっているため、ねじや工具が必要ありません。

ディアウォールのデメリット

ディアウォールのデメリットは、それほど価格が手ごろではないという点です。ディアウォールは、木材を使用していますので、プラスチック製のものよりも少々を高めです。

ディアウォールは2本購入すると、およそ2500円程度の費用がかかります。また、横板の数によっても費用がかさみますが、それ以外のデメリットは特にないと言えるでしょう。

またディアウォールに限りませんが、ご自分で取り付けるものですので、耐荷重に注意が必要になり、耐荷重以上のものを乗せることはできません。

ディアウォールの基本的な使い方

ディアウォールは、2×4材出てきた突っ張り棒を両わきに設置し、これを柱として使い、ディアウォールに横板を取り付けることで棚を作ったり、壁をリフォームすることができる物です。

ディアウォールとは、基本的にこの2本の柱のことだけを呼びますので、それにいろいろな部品を組み合わせることにより、壁掛けラックや本棚を作ったり、収納に利用したりと自分なりの設計を楽しむことができます。

2×4材とは

2×4材とは、厚さが2センチ、幅が4センチに切られた木材のことで、長さにはさまざまなものにわけられて販売されています。木材を購入しに行くと、1×4、または2×6といった表示のされ方をしています。

2×4のディアウォールは、ホームセンターやインターネットでも購入可能です。手軽にお部屋をリフォームできるということで、があります。

材質で選ぶなら

ディアウォールを購入しに行くと、材木の種類によっていろいろなものが取り扱われているため、どれを選んだらよいのか分からなくなってしまいます。

ディアウォールは、どういった用途で使うかによって木材の種類を選びますが、リアオールを用いてお部屋のリフォームを考えていらっしゃるというのであれば、柔らかくて加工がしやすいSPF材がです。

これは、柔らかいという特徴のほか、木目が美しいということでものある材質です。購入する際には、木材が曲がっていたり、反りかえっているものは選ばないよう注意して下さい。

ディアウォールを選ぶにあたっては、地震対策のためにも、なるべくよい材質のものを選びましょう。また、材質によって耐荷重が違いますので、購入の際には注意しておきましょう。

金具のメリット

ディアウォールに使用する金具は、ほかのものに比べ手ごろな価格で販売されているというメリットがあります。また、ディアウォール専用の金具を使用すれば、壁とすき間なく合わせてディアウォールの支柱を立てることが可能となります。

金具のデメリット

ディアウォールの金具のデメリットは、取り付ける際にビスが必要になりますので、ドライバーが必要です。また、ドライバーを使い、ねじをしっかりと閉める必要があるため、この時にねじが緩んでいると、耐荷重を守っていてもディアウォールの支柱が不安定になってしまいます。

金具を使ってディアウォールの支柱を立てる場合には、ネジがゆるんでいないかどうか、ディアウォールの支柱を立てた後で少し揺らしてみたりと確認が必要です。

ディアウォールを使って棚を作るには

【種類別】ディアウォールの耐荷重|棚/本棚/テレビ/バイク
※画像はイメージです

ディアウォールを使って棚を作る場合には、ダボレールとよばれる、用途によって高さを変えられる棚受けが必要です。ディアウォールを使って棚を作るのであれば、このダボレールが必要になります。

これを利用すれば、好きな場所に棚を取り付けることができます。棚を作る場合には、はじめに耐荷重を確認しておきましょう。その棚に、何をおくのかによって、その耐荷重や強度について注意が必要です。

耐荷重についての表示が書かれていない場合や、耐荷重を確認するためにどこを見たらよいのか分からないという方の場合は、その木材がどの程度の耐荷重であるかについて、ホームセンターの店員の方に確認しておきましょう。

棚を作る場合に必要なもの

ディアウォールを使って棚を作る場合には、あらかじめどういった道具が必要であるのか書き出しておきましょう。お部屋をリフォームする場合、ディアウォールだけでは棚やテレビ台など作ることはできません。

用途に合わせてそのほかの部品も用意しておいてください。基本的に必要なのはディアウォールと2×4材、棚受け、ビス、ダボレールです。これだけあれば、大抵のものを作ることができますが、用途に合わせて木材を書いたす必要があります。

ディアウォールはあくまでも、2×4材を取り付けるための柱に過ぎませんので、用途に合わせ、2×4材や棚受け、ビスを必要な分だけ購入しておきましょう。

Related