Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

和室におすすめのソファ・色・レイアウト方法

ソファを置きたいけど和室だし合わないかなと諦めてる方は多いのではないでしょうか。今回は和室にソファーを置く際の選び方やレイアウトをご紹介します。ぜひ和室にソファーを置いてもっとステキに楽しみながら自分だけのお部屋づくりをしましょう。

和室におすすめのソファ・色・レイアウト方法

和室におすすめのソファとは

和室にソファというと、なかなかイメージがわかないと言った方が多いのではないでしょうか。しかしそんなイメージとは裏腹に和室にもソファを取り入れることで、普段とは違ったお部屋の雰囲気が演出でき、インテリアの難しい和室でもインテリアの幅が広がります。

そして和室におすすめのソファですが基本的にはフレームがあるものは、フレーム部分が木製の物を選ぶと合わせやすいでしょう。また背の低いソファの方が和室インテリア初心者さんにはおすすめです。

和室にインテリアとしてソファはあり?

和室にソファというと違和感を感じる方は多いのではないでしょうか。しかし和室にソファを置くことで、モダンな雰囲気を演出でき、和室の壁紙の種類や畳の種類によって色々なソファをチョイスすることで、幅広いインテリアを楽しむことができます。

和室におすすめのおしゃれなソファ

では次に、和室におすすめのおしゃれなソファをご紹介します。

モダンな雰囲気のソファ

やはり和室に相性がいいのは、背が低く布製の物が合わせやすいのではないでしょうか。シンプルなデザインですが、フレーム部分が木製なのでソファそのものが、和と洋が融合したようなモダンな雰囲気のソファです。そのような特徴から、基本的にはどんな和室にも合わせやすく挑戦しやすいタイプと言えるでしょう。

また色味も、和のイメージを持ちやすいグリーン系の色味なので、和室に合わせやすくリラックスできる空間作りができるでしょう。

組み立てに1時間かな。インパクトが使えない箇所あったので若干苦戦しました。
座ってみたらちょうど良い角度の傾斜。一人で座るにも良い幅です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3CEGUP6W017... |

こたつに合うソファ

和室と言えば、こたつを置かれているご家庭も多いのではないでしょうか。こういったタイプのソファは、足が延ばせるのでこたつなどのテーブル回りに置くと、また違った雰囲気のインテリアが楽しめます。また掘りごたつとの相性が良いタイプなので、掘りごたつがある和室にもおすすめです。

また敢えてソファを選択することにより、座布団にはない背もたれがありますし、座椅子では感じられないフカフカ感があり、リラックスできる場所になります。ゆっくりとのんびりしたい時におすすめです。

デザインもいいですし、何よりクッションとソファーがサラサラで手触りがもの凄くいいですね!
背中かけるとこで頭を置いて寝転んでるのですが、これがもの凄くちょうどいい高さなので全然寝れます!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3P9KD4NZ0CM... |

リクライニングソファ

和室というのはお客様を、おもてなしするお部屋としてはもちろんのこと、ご家族がくつろげるお部屋でもあるのではないでしょうか。

洋室にリクライニングチェアなどがあるように、和室にもリクライニングソファを置いてみるのもいいのではないでしょうか。

その際に抑えておきたいポイントは、フレーム部分が金属などのメタル製ではなく、木製タイプの物のほうが、和の雰囲気を損なわず取り入れやすいです。

和室におすすめのソファの色とは

和室と言っても壁の色や畳の色や、照明などにより組み合わせ次第で、色んな雰囲気のお部屋が楽しめます。それでは暖色系・寒色系・無彩色ごとにおすすめの色のソファをご紹介します。

それぞれの色味の特徴を知って、作り出したい雰囲気のイメージを膨らませましょう。

暖色系

暖色系は名前のとおりに、暖かさを感じる色味になり、和みの場である和室にはとても相性が良いでしょう。そんな暖色系でも色によって、作り出せる空間の雰囲気は大きく変わってきますので、ぜひ参考にしてください。

ブラウン

ブラウン系は落ち着いた雰囲気を演出したい時におすすめです。またメジャーな色味で取り入れやすい色ではないでしょうか。

ブラウン系の色味は洋室・和室ともに相性が良くどこか懐かしさを感じる空間づくりにはぜひ取り入れたい色になります。

硬さ丁度良し!
色質感素晴らし!
収納開ける時バネの音が気になるけど
組み立ても一瞬でいい買い物でした!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RV59I1IPII2G... |

オレンジ

オレンジは空間を一気に明るくしてくれ、暖かみのある空間づくりにおすすめです。

しかし派手な色味でもあるため、和室への取り入れが難しく思われがちですが、周りの家具や壁の色味がモノトーンであれば、ポイントカラーとして取り入れることができおしゃれな空間になります。

レッド

レッド系の色味は、どこか情熱的な雰囲気があるため、大人な空間つくりにおすすめです。

またレッドのソファを和室に取り入れる際も、オレンジと同じように周りの家具や壁の色を落ち着いた色にすると、取り入れやすくなります。

色も形も可愛いです
座った感じが固過ぎす、丁度よいです
ナチュラルな雰囲気の部屋によく合います

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3LWEJ0ATHSW... |

寒色系

寒色系はクールでシックな雰囲気にしたい時に、おすすめです。

ブルー

ブルー系のソファは、寒色系の中でも比較的鮮やかな色味で、少し変わったクールな雰囲気を演出したい時におすすめです。

そして相性が良いのは和室と言えば畳ですが、琉球畳を取り入れてるお部屋には、ブルー系がとてもよく合い爽やかな空間を作り出してくれます。

お尻が沈み込まず 上にマルチカバーをかけて使用しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1M1P2WCKQ6X... |

ホワイト・ベージュ

ホワイト・ベージュ系のソファを、和室に置くときにおすすめなのが、真っ白な明るい白よりも少しくすんだようなオフホワイトや、写真のような薄いベージュがおすすめです。

和室のたたみや襖など、和室本来の雰囲気を崩したくない時におすすめです。

値段の割にはしっかりした作りです。
安っぽさもなく気にいってます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RXG9DMB3GCXQ... |

ブラック

ブラック系のソファは、大人な雰囲気の演出におすすめです。

ブラック系の場合布製のソファでも良いですが、革製のソファのほうがよりシックに落ち着いた雰囲気がつくれます。

3万程度ですが、高級感があり、凄く魅力的な商品です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RDEX0W6Y6FV8... |

グレー

ブラック系を取り入れる場合の雰囲気よりも、もう少し明るい雰囲気をだしたいといった時にはグレー系のソファがおすすめです。

グレー系なら和室を明るく、それでいてどこか落ち着いた空間が作り出せます。

成人男性なら玄関から一人で運ぶ事も可能です。両サイドの肘置きがリクライニングするので横になる時もサイズが調整できて便利です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1M93DG8PUWA... |

無彩色

では暖色系・寒色系のどちらにも属さない無彩色で和室に合う、おすすめのソファの色味とはどんな色があるかご紹介します。

グリーン

グリーン系の色味はどこか和を感じ、和やかな雰囲気の空間をつくることができます。

また深みのある緑をおすすめします。グリーン系のおすすめポイントは、やはり和室の畳の色と同系色ということもあり、和室本来の雰囲気を壊すことなく、とても馴染みよく取り入れやすい色になります。

高級感もあるし、予想以上にしっかりした感じです。組み立て?は足をぐるぐる回して付けるだけ。
とっても簡単です。購入した甲斐がありました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2AASOEJKJ3O... |

イエロー

イエロー系のソファを、和室に取り入れることは難しいです。しかし色味がはっきりしたイエロー系は難しくても、白味がかかった淡い色味のものなら、和室に合わせることも難しくありません。

イエロー系のソファを取り入れるときは、和室の照明を明るい色にしましょう。そうすることで、和室のどこか暗い雰囲気が一気に明るくなり、とても居心地の良い空間がつくれます。

大満足!この値段で、このクオリティーは他にないです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3S7KPFHLRLE... |

和室におすすめのソファのレイアウト・コーディネート

和室にソファを置くときに、他の家具と併用することで、もっとお部屋のコーディネートの幅が広がります。作り出したい雰囲気をイメージして、色んなコーディネートを試してみましょう。

ソファと一緒にテーブルを置いてみる

テーブルを選ぶ際のポイントは、ソファに座った時にテーブルの高さがひざ辺りになるくらいの高さの物を、チョイスすると良いでしょう。またその際木製のテーブルを組み合わせることによって、ソファの色味を問わず和室によりソファが馴染みかつ、アクセントになります。

また一概に木製の物といっても、ナチュラル系の明るい色味の物や、ダーク系の深みのある色味などの違いや、木目の違いや形状の違いもさまざまですので、取り入れるソファと演出したい和室の雰囲気に合わせて選んでいきましょう。

ソファの下にラグマットを敷いてみる

そして和室にソファを取り入れる際に、よりおしゃれに演出してくれるアイテムがラグマットです。ラグマットを選ぶときは、ソファの色味と被らない色にすると、ソファの邪魔をせず引き立ててくれます。

ただ注意したいのがホットカーペットタイプの物は使用しないことです。ホットカーペットの機能を使用しないなら良いのですが、畳の上でホットカーペットを使用すると危険ですし、畳が傷んでしまう恐れがあります。

ソファと一緒に観葉植物を置いてみる

観葉植物を置くことによって和室という和の空間に、洋のイメージが強いソファを取り入れやすくなります。

また観葉植物は、テーブルに置く小さなものでも良いですが、少し背の高いものを置くと和と洋のバランスが取れやすく、とてもおすすめです。

ソファに合った照明器具を取り入れる

そして、空間づくりに雰囲気を大きく左右させるのが、照明ではないでしょうか。和室用の照明器具も、もちろんステキですが、敢えて洋のイメージのソファに合わせて、照明器具も洋風なものに変えてみましょう。

そして明かりの色も、ソファの色味や作り出したい空間の雰囲気に合わせて変えてみましょう。たとえば上記のイエロー系のソファでご紹介したとおり、イエロー系のソファには明るい照明を使うなど落ち着いた雰囲気にしたいなら、照明の明かりをオレンジ系の暖かい色を選ぶと良いです。

また間接照明なども取り入れると一気におしゃれな空間になります。

ステキなくつろげる空間をつくろう!

和室にソファは組み合わせ方次第で、色んな雰囲気のお部屋を作り出すことができます。またソファに合わせて、他の家具を取り入れて和と洋の交わった空間を作れたり、和室の雰囲気を崩さずに敢えて、ワンポイントのおしゃれインテリアとしてソファを置いてみたりなど、組み合わせは無限にあります。

そのお部屋によって広さなどの間取りが違いますが、上手にソファを和室に取り入れて、ステキな自分だけの空間を作りましょう。

Related