Search

検索したいワードを入力してください

ホテルのような部屋にするポイント|ベッドルームの作り方

初回公開日:2018年08月30日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ホテルのような部屋に仕上げたいと思っていても、うまくいかなかった経験をした人も多いのではないでしょうか。ホテルのような部屋にするためには、いくつかのポイントをクリアする必要があります。ここでは、ホテルのような部屋にするための方法を紹介しています。

ホテルのような部屋にするポイント|ベッドルームの作り方

ホテルのような部屋に憧れる

家や部屋の雰囲気は自在にアレンジを加えることができ、自分好みに仕上げられます。自分好みの部屋にすることでリラックスできますが、ホテルのような部屋に憧れることもあります。

ホテルのような部屋にするためには、さまざまなホテルに泊まることをおすすめします。ホテルといっても数多くあり、部屋作りにもホテルの趣向によって異なるため、しっくりくる部屋を見つけることから始めましょう。

ホテルはリラックスできる

ホテルの部屋は、誰でもリラックスできるような空間づくりをしている場合が多いです。そのため、ホテルの部屋に宿泊する際は初めて訪れたにもかかわらず、リラックスできた人も多いのではないでしょうか。

ホテルの部屋でリラックスできる経験をした場合は、自分の部屋もホテルのような部屋にしたいと考える人も多いです。まず、自分の部屋とホテルの部屋の違いを見つけることから始めましょう。

ホテルのような部屋にするポイント

ホテルのような部屋にするためには、さまざまなポイントを再現することが必要です。また、一つのポイントだけでは、ホテルのような部屋を再現できないため、できるだけ多くのポイントを再現するように心がけましょう。

自宅の部屋なら自由にアレンジできますが、マンションやアパートの場合は行えないポイントもあります。そのため、アレンジができうる限度で再現するようにしましょう。

ポイント1:断捨離して物を減らす

ホテルの部屋と自分の部屋の違いで気付きやすいことが物が少ないことです。そもそもホテルは宿泊するためだけ部屋であるため、必要最低限の物しか常備されていません。そのため、自分の部屋と同じ面積にもかかわらず、広く見えることも少なくありません。

自分の部屋をホテルのような部屋にする場合は、必要ではない物を断捨離することから始めましょう。物が多いとどうしてもホテルような部屋からかけ離れてしまいます。

ポイント2:生活感のあるものをしまう

ホテルの部屋の特徴は、生活感が漂っていないことです。実際にホテルの部屋では宿泊はするものの、そこで生活することはありません。しかし、自分の部屋では生活に使う時間が長いため、個人独特の生活感が漂っています。

ホテルのような部屋にしようと生活感がある物を廃棄してしまうと不便に感じてしまうため、捨てるのではなく、目につかない場所に移動するか、隠すようにしましょう。

ポイント3:色の数を減らす

ホテルの部屋は、一色で統一されているか、2~3種類のカラーでまとめられていることが多いです。そのため、誰でもリラックスできますが、個人の部屋では多くの色合いが混ざり合っている場合が多いです。

自分好みの物を飾ったり、そろえることでカラーバリエーションが増えすぎてしまいリラックスできない場合もあります。ホテルのような部屋に仕上げたい場合は、極力部屋に使われている色を減らすように心がけましょう。

ポイント4:家具のテイストをそろえる

部屋に家具を設置することが一般的で、ホテルの部屋にも最低限の家具が設置されています。ホテルのような部屋にするためには家具選びも重要なポイントで、同じテイストの家具にそろえることが重要です。

例えば、アンティーク風の家具がある部屋に一般量販店で買える家具を置いてしまうと、アンティーク風の家具が浮いてしまいます。このような場合は、アンティーク風に合わせるのか量販店の家具に合わせるか選択する必要があります。

ポイント5:ダークな家具で高級感を出す

ホテルの運営側は少しでも高級感がある部屋を再現するために、ダークな家具でそろえる割合が高いです。そのため、ホテルのような部屋を再現したい場合は、ダークな家具を購入することも大切です。また、上記のような統一感を出すことで、よりホテルのような部屋に仕上がります。

高級感がある部屋で生活することで気持ちに余裕ができたり、自信を付けることも可能で部屋の雰囲気だけではなく、気持ちも変えられます。

ポイント6:シンプルなソファを置く

ホテルの部屋にソファが置かれている割合が高く、部屋にソファを置くことでホテルのような部屋に近づけられます。しかし、ただソファを置くだけではホテルのような部屋には完全には仕上がりません。

ホテルのような部屋にするためのポイントをいくつかクリアした状態でソファを置くことが大切です。また、派手な特殊なソファではなく、シンプルなソファを置くことでホテルのような部屋にできあがります。

ポイント7:ラグにこだわる

ホテルのような部屋に近づけるためには、ラグにもこだわりを入れることをおすすめします。ラグとカーペットの違いが分からない人も多いとおもいますが、基本的にラグの方が色合いが鮮やかで種類も豊富にあります。

そのため、自分の部屋の雰囲気にあったラグを選ぶことで、違和感なく部屋の雰囲気に溶け込ますことができます。また、部屋にアクセントが欲しい場合にもラグを購入することをおすすめします。

ポイント8:照明にこだわる

ホテルのような部屋にするためには、照明にこだわるとよりホテルのような部屋に近づけられます。特に、間接照明を設置することでホテルと似た雰囲気を再現できます。また、照明にこだわるだけで、生活感をなくし特別な空間にすることも可能です。

照明にはさまざまな形のものがあり、ライトの色にもこだわる必要があります。LEDライトは、雰囲気によりライトの色を手軽に変えられます。

ポイント9:清潔感を保つ

ホテルの部屋は、常に綺麗な状態であるため、生活感のあるイメージではありません。そのため、ホテルの部屋が汚れていたりすると気持ちよく宿泊できません。特に、日本のホテルは清潔にすることに力を入れているため、海外に比べると圧倒的に清潔感が維持されています。

ホテルのような部屋にするためには、同じように綺麗に掃除をして清潔感が漂わすようにすることが大切です。

ポイント10:アートを飾る

ビジネスホテルなどは、宿泊するだけの部屋のため、シンプルに仕上げていますが、高級ホテルの部屋ではアートなどを飾り高級感を出している場合が多いです。自分の部屋にもアートを飾ることで高級感を出せ、ホテルのような部屋にできます。

しかし、アートといってもジャンルがさまざまあるため、全てのアートがホテルのような部屋にするわけではないため、部屋の雰囲気に合うアートを選ぶようにしましょう。

ポイント11:ゆとりのある配置にする

ホテルの部屋はゆとりがあるように作られている場合が多いため、自分の部屋もゆとりがあるようにしましょう。例えば、物が多すぎて空間的にゆとりがないとホテルのような部屋とはかけ離れているため、上記で説明したように必要のない物は捨てましょう。

また、物は少なくても壁紙が派手な場合は、心にゆとりをもって生活することが困難なため、シンプルな壁紙に変更しましょう。

生活感をなくせるゴミ箱

上記でも紹介したように、ホテルのような部屋にするためには生活感をなくすことが大切です。ほとんどの部屋にあり、生活感を出してしまう物の一つにゴミ箱があります。ゴミ箱があるだけで生活感を出してしまうため、ホテルのような部屋になりにくい傾向があります。

しかし、ゴミ箱を置くことを辞めてしまうと、部屋が汚れてしまう原因になります。このゴミ箱は部屋と一体化できるためおすすめです。

ホテルのようなベッドルームの作り方

ホテルのような部屋と聞くとベッドルームを想像する人も多いのではないでしょうか。そのようなイメージが付いてしまう理由は、ほとんどのホテルの部屋はワンルームであり、部屋で過ごす大半がベッドルームだからです。

部屋をホテルのようにするだけではなく、ベッドルームもホテルのように仕上げることで、よりホテルのような雰囲気を再現できます。次に、ベッドルームをホテル風にする方法を紹介します。

サイドテーブルやテーブルランプを置く

ホテルのベッドルームにはサイドテーブルが置かれていたり、テーブルランプが置かれている割合が高いです。両者はインテリアとしてではなく実用性も兼ねているため、ホテルのようなベッドルームに仕上げると同時に便利に使うことができます。

サイドテーブルがあれば、ちょっとした小物やスマホをおくことができ、テーブルランプを置くことで隣で寝ている人に迷惑をかけずに読書などもできます。

ベッドリネンをコーディネートする

ベッドリネンとは、シーツやベッドカバー、枕カバーを総称する言葉です。ホテルのようなベッドルームにするためには、ベッドリネンをコーディネートしてよりホテル間を出す必要があります。例えば、ベッドルームがホテル風でもベッドがそのままではよくない意味でベッドが目立ちます。

ベッドルームなので、ベッドが目立つようにコーディネートするためには、ベッドリネンを選ぶ必要があります。

枕やクッションを複数並べる

ホテルの部屋のベッドには必要以上の枕やクッションが置かれていることに気付いているでしょうか。枕やクッションが複数個置かれている理由は、自分に合う枕を選べるようにしていたり、背もたれとして使えるようにとのホテル側の配慮です。

ベッドに枕を複数個置くだけでもホテル感を出せます。シングルベッドでも2個以上置くことでホテルのようなベッドにコーディネートができます。

ベッドスローを取り入れる

ベッドスローとは、ベッドの足もと部分にかけられている布のことです。主に欧米の習慣であり、靴を履いたままベッドに横になっても汚れないようにする役割があります。日本では靴を履いたままベッドに横になる習慣はありませんが、多くのホテルがベッドスローを取り入れています。

ベッドスローを取り入れるだけで一般宅のベッドとは違う雰囲気を出せます。また、装飾品としても使えます。

ホテルのような部屋でくつろごう

ホテルの部屋は初めて泊まったにもかかわらず、くつろげた人は多いのではないでしょうか。一方で友人宅で泊まる場合はくつろげなかった経験をした人もいるでしょう。友人宅では気を使うこともあり、くつろげない場合もありますが、部屋の趣味の違いから落ち着かない場合もあります。

ホテルの部屋は誰でもくつろげるような作りにしているため、ホテルのような部屋にするためには、くつろげることを前提に考えましょう。

スッキリした部屋にしよう

ホテルのような部屋とは、何といってもスッキリした部屋です。そのため、ホテルのような部屋に仕上げたい人は部屋の中をスッキリすることを心がけましょう。自分の部屋は趣味の物などを置くことが多いですが、置けばおくほどホテルの部屋とはかけ離れてしまいます。

また、さまざまなテクニックを駆使して、スッキリしたような見せることも大切です。スッキリさせるためには収納の仕方を見直すことから始めましょう。

Related