Search

検索したいワードを入力してください

モノトーンインテリア10選・かっこよく見せるコツ

初回公開日:2018年09月06日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

モノトーンインテリアは、クールでスタイリッシュな雰囲気が出るので、男女問わずがあるインテリアスタイルです。難しそうなイメージがありますが、コツを掴めばクールでスタイリッシュなモノトーンインテリアが完成します。今回は、モノトーンインテリアのコツを紹介します。

モノトーンインテリア10選・かっこよく見せるコツ

モノトーンインテリアはこんな人に

モノトーンインテリア10選・かっこよく見せるコツ
※画像はイメージです

長い時間を過ごす部屋はこだわりたいと思う人は多いです。しかし、どのようなテイストの部屋にすればいいか分からない、という意見も少なくありません。

実用性とかっこいい部屋を目指しているなら、モノトーンインテリアがです。モノトーンインテリアは、「北欧系インテリア」「塩系インテリア」などの影響で現在注目度が高まっているスタイルです。

以下の項目に当てはまる部分が多い人は、ぜひモノトーンインテリアに挑戦してみましょう。

かっこいい部屋にしたい

モノトーンインテリアは、かっこいい部屋を目指している人にです。

色味が多い部屋は楽しい雰囲気になりますが、雑多になりがちなので子供っぽい印象になる傾向があります。しかし、モノトーンインテリアは白黒の2色が中心なので、大人っぽくかっこいい部屋になります。

また、モノトーンインテリアはユニセックスなテイストの部屋が多いので、男女問わずかっこいいイメージを目指す人にぴったりです。

生活感のない部屋にしたい

生活感がない部屋にしたい人にも、モノトーンインテリアがです。

部屋に色味が多くなると雑多な印象になり、生活感が出てしまう原因となります。さらに、テイストがバラバラの家具や柄もののファブリックが多く置かれていると、統一感がないのでおしゃれに見えません。

モノトーンインテリアは白黒2色を中心にしているので統一感が生まれ、シンプルで生活感のない部屋に近づけることができます。

部屋をすっきりした印象にしたい

すっきりとした部屋にしたい人にも、モノトーンインテリアがです。

色味が多く雑多な印象の部屋は視覚から入ってくる情報量が多いため、無意識のうちにストレスとなります。特に疲れて帰宅したときに統一感のないごちゃごちゃした部屋を目にすると、ストレスが倍増するという人もいます。

モノトーンインテリアですっきりとした部屋にすれば、視覚からのストレスが減り、リラックスして過ごすことができます。

白黒が好き

普段から白黒アイテムを多く取り入れている人は、部屋もモノトーンインテリアにするのがです。

白黒が好きな人は、服やバッグ・靴などファッションアイテムも白黒で揃えているという人が多い傾向があります。クローゼットの中だけでなく部屋全体も白黒でまとまっていると、とてもおしゃれでかっこいい印象になります。

モノトーンインテリア10選

モノトーンインテリアは白黒アイテムが好きな人にはもちろん、すっきりとした生活感がない部屋にしたい人にもです。しかし、モノトーンインテリアは難しそうというイメージを持っている人も多いです。

いきなり部屋全体を変えることは難しいですが、印象を左右するアイテムや小物などから取り入れれば、おしゃれなモノトーンインテリアに近づけます。

では、モノトーンインテリアにアイテム10選を紹介します。

インテリア1:ウォールステッカー

モノトーンインテリアにアイテムは、ウォールステッカーです。

ウォールステッカーは、壁に直接貼るインテリア用のステッカーで、壁を痛める心配がないので賃貸のお部屋でも手軽に取り入れることができます。

装飾がない白い壁にウォールステッカーを貼ると、おしゃれなアクセントになります。大きな家具を置けない場所でも、ウォールステッカーを貼るだけでかっこいいモノトーンインテリアが完成します。

インテリア2:プランター

モノトーンインテリアには、プランターをプラスするのもです。

観葉植物をインテリアに取り入れる場合、プランターのサイズがバラバラだったり、色味が部屋に合っていないと、雑多な印象になってしまい、モノトーンインテリアのかっこいい印象が半減してしまいます。

プランターの色もモノトーンで統一するとよりすっきりした印象になるので、観葉植物を置く場合はプランターの色にもこだわりましょう。

インテリア3:ゴミ箱

かっこいいモノトーンインテリアにする場合は、ゴミ箱もこだわるのがです。

ゴミ箱は生活感の出やすいアイテムの一つで、「ゴミを入れるだけだから」という理由でチープな物を選ぶ人が多いです。

ゴミ箱を隠してしまうのも良いですが、部屋に馴染むおしゃれなゴミ箱を選べば、出しっぱなしにしても生活感が出ることなくモノトーンインテリアの一部として置いておくことができます。

Related