Search

検索したいワードを入力してください

2018年12月22日

シンサレートの9個の特徴|羽毛布団とシンサレートの3つの違い

シンサレートは化学繊維であるため、温かい空気を逃がさず埃も出にくいため使い勝手が良いでしょう。羽毛布団は構造や繊維が少し違い、湿気や熱を放出するため春先でも使うことができます。シンサレートはずっと暖かさを保ってくれるため、寒い冬にはうってつけです。

シンサレートの9個の特徴|羽毛布団とシンサレートの3つの違い

シンサレートとは

シンサレートの9個の特徴|羽毛布団とシンサレートの3つの違い

シンサレートとはThin(薄い)とInsulate(断熱する)を合わせた用語で「より暖かく、より薄く」をコンセプトとした高機能中綿素材です。細かい繊維でできているため空気を閉じ込める仕組みとなっており、断熱性と保温性に優れている寝具です。

分厚い寝具は暖かいというイメージを覆すような、軽くて暖かい寝具を具現化したのがシンサレートです。用いられている素材は、冬の防寒具にも使用されています。

素材

シンサレートの9個の特徴|羽毛布団とシンサレートの3つの違い

シンサレートは化学合成繊維でできており、薄くて暖かい寝具として利用されるようになりました。新型のポリエステルという名前から注目されているため、より高い断熱性を発揮している所から防寒具にも使用されています。

断熱性の他に保温性を持ち合わせているため、保温性がある防音材やアクセサリーなどの色々な製品に活かされています。絹や綿よりも新しく作られた素材で、現代では広く知られている素材となりました。

製造方法

シンサレートの9個の特徴|羽毛布団とシンサレートの3つの違い

保温性を高めるには空気が必要で、繊維内に空気を含ませることでより高い保湿性と断熱性が期待できるでしょう。従来のポリエステル綿は繊維内の隙間が大きく開いており、空気が逃げやすくなっているため保温性に欠けます。

シンサレートは羽毛の先端と同じくらい細かく、さらに面積を大きくするためにポリエステルファイバーを一緒に織り交ぜています。細かい繊維の中の狭い隙間に空気が入り、保温性を高めているという仕組みです。

シンサレートの9個の特徴

シンサレートの9個の特徴|羽毛布団とシンサレートの3つの違い

シンサレートが使われている身近なアイテムとして、防寒具によく使われています。衣類だけでなく手袋にも使われているでしょう。シンサレートの素材は、スポーツウェアにも採用されるほどの高い保温性と断熱性に優れている素材です。

シンサレートは、最初は衣類にしか使われていませんでしたが、寝具にまで採用されるようになりました。ここからは、シンサレートの特徴を9つ紹介するので、気になる方はぜひ参考にしてみましょう。

特徴1:断熱性が高い

シンサレートは、断熱性が高い所が特徴的です。シンサレートは極細繊維で、繊維同士が複雑に絡み合うことで、表面積が従来の羽毛布団の約20倍の大きさがあります。多量の空気を溜め込む性質を利用して断熱性を実現し、体温の熱を逃がさずに保温します。

シンサレートの中から動かない空気をデッドエアといいます。デッドエアが熱を逃す力は、木材の1/6です。高い保湿性と断熱性を兼ね備えています。

特徴2:保湿力に優れている

シンサレートは保湿力に優れています。従来の細かいポリエステルより細かいので、空気を多く含むため保湿力に優れています。保湿力に優れているため、就寝中はずっと暖かさが維持でき、起床時まで夢の中で快適に過ごせるでしょう。

特徴3:とても軽い

羽毛の先端とほぼ同じ細さで、強度を保つためにポリエステルファイバーを使用したシンサレートを使用することで、質量が軽くなったので重みを感じることが少なったでしょう。羽毛布団のにおいが苦手な人にもオススメできます。

特徴4:ラインナップが豊富

シンサレートにはラインナップが豊富です。スタンダードは基本タイプで、ウルトラは断熱率を15%上げ、ドレープ性を高めたタイプです。リサイクルはポリエステルを再利用したものを使用しているため、エコマークに認定されています。

ライトはスリムタイプで、Exソフトはさらに軽量化され、シルキータッチでドレープ性が高くなっています。ExソフトⅡはExソフトよりさらに柔らかくなり、暖かさが長持ちします。

特徴5:寝具に向いている素材もある

シンサレートは衣類だけでなく、寝具に向いている素材もあります。消臭は高いドレープ性と、ニオイ分子の吸着や分解ができるタイプなのでニオイが気にならないでしょう。寝具用は暖かくて軽く、通気性にも優れています。

ハイロフトは、ドレープ性とボリューム感が長く保てるタイプです。ストレッチは横方向に30%、縦方向に15%の伸縮性があります。これらは主な種類で、用途が異なるのでそれぞれ使い分けます。

特徴6:品質ランク

シンサレートは、暖かさが品質ランクで種類分けされています。密度が高ければ保温性を維持できるため、密度の高さが品質の高さを表すでしょう。シンサレートが150以上になると最高品質となり、現在はシンサレート200以上を目標に開発が進められています。

商品の中にはシンサレートシートを複数使用し、300以上の数値を保っている商品もあります。しかしメーカーが定めている密度表示とは、異なる場合があるでしょう。

特徴7:シンサレート布団の断熱構造

従来の布団は厚さがなければ暖かさを保てませんでしたが、シンサレートは使っている素材の効果で、薄くても暖かさが保障されるでしょう。吸湿性があまり高くなく、敷布団やシーツよりは掛け布団に向いています。

1cmのシート状になっているシンサレートの上に、外の空気をシャットアウトするポリエステル中綿を重ね、合わせて4枚で構成されています。正しく上下を重ね合わせないと、布団の使用性を正しく引き出せません。

特徴8:羽毛布団より安価

羽毛布団よりも安価な点は、シンサレートのメリットの一つです。化学繊維を使用しているため、自然環境や景気に影響されることがなく値段を一定に保っています。手入れが簡単で、羽毛布団特有のにおいがないのでずっと長く使えます。

汚れた際には家庭用の洗濯機で洗うことができるため、ずっと清潔感を保つことができます。布団を畳んでいる最中も埃が出ないため、埃が苦手な人も安心して使えるでしょう。

特徴9:魅力は保温性と断熱性だけでない

シンサレートが布団に使われる時は、「シンサレート布団」と称されて色々な商品が売られていますが、そう呼ぶ明確な定義はありません。そのため商品ごとで、それぞれの機能に特化するために差別化を目指しています。

シンサレートの使用量と種類にこだわらず、上層のポリエステル綿の種類や素材、多層化で布団の快適性がさらに考えられている製品です。抗菌性を考慮したり、断熱効果をさらに期待できる研究もされています。

オススメのシンサレートをご紹介

シンサレートとは、「薄くて暖かい」を実現した3M社が開発、研究を重ねた結果の元に完成した防寒具の一つです。羽毛の最も細い部分と同じ太さの繊維が、複雑に編み込まれている構造で、繊維内に細かい空気を含むこと優れた断熱性を実現しています。

外観や肌触り、コスパも充実しており、羽毛布団より暖かいため寒い季節には重宝する人がたくさんいるでしょう。保温性が高い所から、シンサレートは衣類にも用いられてます。

羽毛布団とシンサレートの3つの違い

シンサレートの9個の特徴|羽毛布団とシンサレートの3つの違い

シンサレート布団は軽くて暖かいという特徴がありますが、同じような機能を持つ羽毛布団とは若干違います。ここからは、天然素材の羽毛布団と、化学繊維素材であるシンサレートの違いを紹介するので、気になる方はぜひ参考にしてみましょう。

値段

羽毛布団は一万円前後から数十万円までの物があり、本当に高級な物だと百万円を超えるでしょう。シンサレート布団は羽毛布団に比べて、数千円から購入が可能で、一般的な物だと六千円~一万円で販売されています。

手軽に購入できるのはシンサレートなので、他に必要な寝具も合わせて購入できるでしょう。

劣化の速さ

ケアをしっかりと怠らなければ、自然素材の羽毛布団は10年は持つと予測されています。化学繊維のシンサレートは羽毛布団に対し、洗っても劣化しないと予測されていますが、シンサレートは寝具に採用されたばかりです。

シンサレート寝具は最近出てきたばかりなので、劣化のしやすさに関してはまだ未知の部分があるでしょう。

洗濯方法

羽毛布団は手入れがそこまで難しくありませんが、洗濯やクリーニングで羽毛にダメージを与える可能性があるため、手入れには慎重に行わなければいけないでしょう。

シンサレートは家庭用の洗濯機でも手軽に洗うことができ、埃も出にくいため清潔に使えます。また羽毛は動物の繊維なのでニオイが気になる場合がありますが、シンサレートは無臭です。化学繊維なので乾燥機を使っても傷むことが少ないです。

より暖かく快適な新素材

シンサレートの9個の特徴|羽毛布団とシンサレートの3つの違い

羽毛布団は体温をしっかりと掴みますが、布団が暖まり過ぎたら熱気を自動で逃がしてくれるという性質があります。湿気も逃がしてくれるため、快適性と暖かさが釣り合うでしょう。

シンサレート布団には方湿性や温度を調節する機能はありませんが、いつまでも暖かさを保つため寒い冬に重宝するでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

シンサレートは化学繊維であるため、傷むことが少なく埃も出にくいため使い勝手が良い寝具です。他にも布団をクリーニングする際の料金や、オススメの業者に関しての記事や、毛布を洗濯するポイントについてまとめられている記事があるため、ぜひ参考にしてみましょう。

Related