Search

検索したいワードを入力してください

メンマの原料になる竹・たけのこ・原料が割り箸という元ネタ

初回公開日:2018年01月17日

更新日:2020年02月26日

記載されている内容は2018年01月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メンマの原料が何か知っていますか。メンマの原料が割り箸というネット上の噂もありましたが、実際に使われるのは麻竹(マチク)という種類のたけのこです。割り箸メンマの元ネタについてや、メンマの原料になるたけのこ、絶品自家製メンマの作り方などもをご紹介します。

メンマの原料になる竹・たけのこ・原料が割り箸という元ネタ

メンマの原料が割り箸はウソだった?!元ネタはどこから?

メンマの原料になる竹・たけのこ・原料が割り箸という元ネタ
※画像はイメージです

あなたはメンマが割り箸に似ていると思ったことはないでしょうか。ネット上で「メンマの原料が割り箸」というウワサが広がったことがあります。いったいどうしてそんなことになったのでしょうか。

メンマの原料って知ってる?

割り箸メンマがウソなら、本当の原料はなんなのでしょうか。味付けされ、瓶などに入ったメンマからは想像しずらいかもしれませんが、その原料はたけのこです。

筍といっても私たちが普段食べるものよりは、少し大きく育った物です。そのため、見た目にも少し竹に近い状態です。それを発酵や乾燥、味付けさせるなどの加工をしているので、色や風味、歯ごたえなどもたけのこのイメージとは大分違います。

メンマの原料が割り箸という元ネタはどこから?

「メンマの原料が割り箸」という元ネタはインターネット上で紹介されたレシピ、これはエイプリールフールのジョークでした。割り箸を紹興酒につけ、調味料を入れて3日間煮込み、1か月冷暗所で熟成させるという嘘のレシピです。

ところが、そのレシピが本物かのようにネット上で広がってしまいました。そんなたわいのないジョークはメンマの原産地中国にまで届くなど、原料を割り箸と信じる人が続出しました。しかし絶対に割りばしはメンマにはなりません。

メンマの原料になる竹とは

メンマの原料になる竹・たけのこ・原料が割り箸という元ネタ
※画像はイメージです

メンマの原料はたけのことご紹介しましたが、実際にはどのようなたけのこが使われているのでしょうか。普段気にすることは少ないですが、竹にも種類があります。メンマの原料になるのは、麻竹というあまり日本ではなじみのない種類のたけのこです。

麻竹(マチク)ってどんな竹?

メンマの原料になる竹は麻竹(マチク)という種類の大型の竹です。生えてから1年ほど、大きさ1~2mほどの筍がメンマに加工されます。このサイズの麻竹はまだやわらかく、鎌で切り取れるくらいの固さ、普段私たちが見かける竹とは少し違った質感です。

麻竹ってどこに生えてるの?

メンマの原料である麻竹の主な生産地は中国や台湾で、日本で食べられるメンマも9割以上が中国産です。現地で発酵・乾燥させたものを輸入し、日本で味付けなどの加工をすることが多いです。また、量は非常に少ないのですが、国産の麻竹もあります。沖縄や鹿児島県の南部で生育しています。

メンマの原料におすすめのたけのこ

やはりメンマの原料としておすすめなのは麻竹ですが、日本で生の麻竹を手に入れることは非常に難しいです。では、入手しやすい日本のたけのこを原料にメンマを作ることはできないのでしょうか。スーパーや通販で購入できるたけのこの種類などもご紹介します。

その辺に生えているタケノコはどんな種類?

竹は日本でも見かけることの多い植物、小さな竹林は都会の片隅にも残っていることがあります。私たちが見かける竹はどのような種類なのでしょうか。これらは「孟宗竹(モウソウチク)」や「真竹(マダケ)」いう種類の竹で、もちろんメンマの原料になる麻竹とは別の種類です。よく筍として食卓に上るのもこれらの種類です。

孟宗竹(モウソウチク)

私たちが食卓で見ることが一番多いのが、こちらのたけのこではないでしょうか。大型で厚みがあり、歯ごたえもあります。えぐみも少く独特の甘味を含んだ上品な味わいが特徴です。

真竹(マダケ)

細めのたけのこで皮に黒い斑点があるのが特徴です。味がしっかりとしていて、あくや苦みも強いたけのこです。

Related