Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

【場所別】布団の干し方・カバー・シーツの干し方|三つ折り

布団干しって大変だからサボりがち、そんな方も多いのでは?疲れをしっかりと取るためにも布団の状態はとても重要です。素材別布団の干し方、場所別の干し方などを知っていれば布団の状態を最善に保つことができます。今回は布団や寝具の干し方や時間などご紹介していきます。

【場所別】布団の干し方・カバー・シーツの干し方|三つ折り

場所別の効果的な布団の干し方

一日の疲れを取るには質の良い睡眠が大切です。そして質の良い睡眠に欠かせないのがフカフカの布団です。

人は一晩にコップ一杯程度の汗をかくと言われていて、その汗をシーツや布団などの寝具が吸い込んでいます。湿気のこもってしまった寝具で寝るのは衛生的にも良くないし、何よりも寝心地が悪くなってしまいます。

湿気を含まず、フワッと空気を含んだ柔らかな寝具で心地よい眠りにつくためにも、布団の除湿はとても大切です。

そして湿気だけでなくダニやホコリも除去しないと喘息やアトピーを悪化させてしまうので、寝具のケアってとても大切なんです。できれば毎日布団を干して湿気やダニ、ホコリを払い、夜には心地良い眠りにつけるようにしましょう。

今回は場所別の布団の干し方や、効果的な布団の干し方をご紹介いたします。

ベランダで布団を干す場合

一軒家やマンションでもベランダがあるご家庭は、他の洗濯を干すスペースなどを考慮してベランダの柵を利用して布団を干している方も多いのではないでしょうか。

柵の手すり部分をザっと拭きあげて、ホコリや汚れを払ってから布団を干す方が多いのですが、気をつけておきたいのが柵の側面の汚れです。ベランダ内側の汚れは目視しやすいのですが、外側の汚れは目視もしにくい上に拭き取りもしにくい部分になります。

花粉や黄砂、台風の後などベランダの側面もかなり汚れているので、そのまま干してしまうことで布団に汚れがついてしまい取り払いきれなかった場合には症状を悪化させてしまう危険性もあります。

ベランダの柵を使っての布団干し方には常に専用のシートを使うと安心だし、布団自体の汚れも防げます。

他のメーカーも使用しましたが、これが一番よい。滑り止めがあり、マジックテープで数ヶ所止められるので風がふいても干しやすい。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E5%92%8C%E7%94%A3%E6%A... |

室内で布団を干す場合

布団の枚数が多い場合やベランダで布団を干すスペースが足りない場合などは、室内に布団を干すしかありません。室内でも効果的に布団の湿気を飛ばす干し方をご案内します。

布団を床や畳に直に敷いていると、湿気の逃げ場がなく布団に困ってしまいます。できれば、すのこマット(すのこベッド)を床と布団の間に置いて湿気をスムーズに逃す干し方をするようにしましょう。

すのこマットは折りたためるタイプが多いので、起床後は布団をのせたまま途中まで折れば室内で布団干しができてとても便利ですし、就寝時にも起床後も布団の湿気対策に大いに役立ってくれます。

室内用の布団干しポールなどを利用する干し方もおすすめです。室内用の布団干しを選ぶ際には、ポールが2本あるタイプを選びましょう。布団を干した時に内側になる部分に空間が生まれるので、表裏ともに湿気を逃す効果が高くなります。

マンションで布団を干す場合

マンションの規定でベランダの柵に布団を干せない事も多いのではないでしょうか。とは言っても数枚の布団を室内干しするスペースもないなどのお悩みも多く、満足に布団干しができない場合もあります。

そんな時には、屋外用の布団干しを使ってみましょう。布団干しだけでなく物干し機能もあるタイプなら普段の洗濯物も干せるので、マンションのベランダの限られた物干しスペースを有効に使う事ができます。屋外用布団干しは横に伸縮するタイプを選ぶと、布団1枚と洗濯物、布団2枚と干し方を変えられるので便利です。

布団の枚数が多い場合は室外と室内を交互に

家族分の布団を全て干すことが難しい事もあります。例えば4枚の布団を干したい場合には、屋外物干しに2枚、室内に2枚と分ける干し方がおすすめです。日替わりで屋外干しと室内干しを交代してあげましょう。

室内に布団を干す時には、室内用布団干しを利用してもOKですし、イスを2台並べてその上に1枚の布団をまたがせる干し方もできます。布団の裏側の通気性が確保できるおすすすめの干し方です。

乾きやすくなる布団カバーの干し方

布団と同じく大物の布団カバーは干すにも場所をとってしまったり、上手く乾かなかったりと悩みも多く、かと言って洗わないわけにも行かず、冬は特に主婦の頭を悩ませる洗濯物となる存在です。

布団カバーは厚みがあるため、干し方に工夫をしないとなかなか乾燥しきれず時間がかかってしまいます。できる限り短時間でキッチリと乾燥させるための干し方を覚えておきましょう。

布団カバーは「M字」を意識して干しましょう。物干し竿2本に跨がせるように広げたら日本の物干し竿の中間部分にかかった布団カバーを少しずつ下に引っ張ります。すると布団カバーがM字の形になります。あとは洗濯ばさみでしっかりと固定してしまえばOKです。布団カバーの中心に隙間を作ることで風が抜け、乾燥が早くなります。

意外と簡単!三つ折りの布団の干し方

最近増えているのが三つ折り布団。布団の中心に芯が入っていたりして厚みのある布団でも梱包や収納がしやすくマットレスのような使用感で寝心地も良いのでユーザーが多い製品です。

使用感や収納のしやすさがメリットではありますが、唯一のデメリットは折り目が入ってる部分以外は曲がらないので干しにくい、という点です。ベランダの柵などに干そうとすると上手く曲げられなかったりで少々干すのに手間取ってしまう印象もあります。

そんな三つ折り布団に向いている干し方ってどうするの?そんな疑問を感じている方、これからご紹介する干し方を試してみて下さい。

コの字に立てて干す

とても簡単で労力を伴わない干し方は、三つ折り布団の折り目を曲げてコの字型の状態にして立てる方法です。室内干しやある程度広さのあるベランダ、サンルームなどに有効な干し方で、布団の湿気を飛ばすにも有効な方法です。コの字型にすると自立しやすいですし、もしも倒れてしまいそうなら後ろをイスなどで支えておきましょう。

室内で壁に立てかける

ウレタン制の場合には、天日干しをしてしまうと製品の劣化や耐久性の低下に繋がってしまいます。定期的に日陰で風を通す干し方をしましょう。

方法はとても簡単で、室内の壁に立てかけるだけです。敷いていた部屋の壁に立てかけるだけなので移動も少なく楽に干すことができるので、毎日干すのは難しくても2~3日に一度は壁に立てかけて風を通す干し方を実践しましょう。

外に干せない三つ折り布団のダニ対策

日陰干しが推奨されている製品や、外に干しにくい三つ折り布団はダニ対策が気になるという方も多いのではないでしょうか?立てかける干し方よりも、天日に当てて干した方がやっぱり安心なんじゃないかな、という不安もあるでしょう。

しかし、特にムアツ布団の場合にはほとんどの製品に防ダニ加工や抗菌加工が施されていますし、毎日もしくは数日に一度の風通しをしっかりと行っていれば、布団の湿気は排除できるので大きな心配はありません。

どうしても気になるのであれば、防ダニスプレーや布団用の掃除機を使ってダニ対策をしておきましょう。

乾きやすい&省スペース!シーツの干し方

布団カバーをつけていない場合は、毎日の就寝中にかいた汗を一番先に吸い取るのがシーツです。シーツの洗濯は毎日、3日に一度、週に一度などご家庭によってさまざまですが、やっぱり素肌に触れる物なので小まめに洗濯をして清潔を心掛けておきたいのが本音です。汗を吸い込ませたまま放っておくと臭いの原因にもなってしまうので定期的に洗っておきましょう。

シーツは生地自体にたいした厚みはないので、布団カバーに比べれば洗濯も干すにもまだ楽ですが、やはり大きさの問題はあります。シーツ1枚に場所をとってしまっては他の洗濯を干すスペースが取れなくなってしまうので、早く乾燥する干し方や省スペースに治まる干し方を知っておきましょう。

三角に干す

ベランダやお庭など洗濯スペースに余裕がある場合には、スペースよりも乾燥時間の短縮を狙った干し方がおすすめです。

ほとんどの方がシーツを長方形のままで物干し竿に掛けて干していますが、もっと早く乾燥させることができる干し方が三角形干しです。シーツの角の対角線を物干し竿にのせると垂れさがる面が三角形になります。物干し竿の向こう側とこちら側で、シーツの角が互い違いになっているはずです。

この干し方をするとシーツが重なり合う面積が小さくなるので乾燥時間が短縮できます。物干しスペースに余裕がある場合にはとても有効な干し方なのでお試しください。

ピンチハンガーを使ってジグザグに干す

室内干しやスペースの狭いベランダなどでシーツを干したい場合には、省スペースに収まる干し方を優先しましょう。

普段の洗濯に使うピンチハンガー(角型ハンガー)を用意したら、端からシーツをジグザグに止めていきます。シーツの大きさがあるので多少ゆったりとタワミを持たせてOKです。シーツの布が重なる面がないので乾燥も早く、省スペースに干すことができます。

もしも床に着いてしまいそうだったら、シーツを半分に折りたたんでからジグザグに干してみましょう。

色柄のシーツは裏返して干す

シーツの干し方を2つご紹介しましたが、最近は繊細な柄や奇麗なカラーのシーツを使用されている方もたくさんいます。そんな素敵なシーツの色や柄を長持ちさせるために気を付けたいのが生地の日焼けです。

洗いの際には汚れた面を表にして洗いますが、干す時には少々面倒でも裏返しにして、シーツの生地の裏側を表面に出して干しましょう。少しの手間でお気に入りのシーツの日焼けを防ぐことができ、色や柄の鮮明さを保つことができます。

裏返しに干すことで花粉や黄砂がシーツの表面に付着するのを防ぐことができます。

効果的な布団の干し方とかかる時間は?

ここまでに場所別の布団やシーツの干し方をご紹介してまいりましたが、どんな時間にどの程度干すべきか、その頻度はどのくらいといった根本的な疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

この章では、快適な睡眠を得るために布団の状態を最善に保つ効果的な布団の干し方をご紹介します。

布団干しに最適な時間帯

布団を干すなら良く晴れて気持ちのいい日を選びますが、布団を干すのに効果的な時間帯があるのをご存知ですか。

布団干しは布団の中の湿気を飛ばし乾燥させることが目的です。その目的は布団干しに適した時間帯に干すことで初めて効果を得ることができます。

布団干しに最適な時間は、午前10時~午後2時の間です。この時間は気温が上がり太陽の熱で空気中の湿気が蒸発しているので、より効果的に布団の湿気を飛ばせるゴールデンタイムになります。

できたら30分毎ぐらいで布団の表裏を返して、全ての面を乾燥させましょう。

午後2時を過ぎて夕方近くまで布団を干したままにしてしまうと、せっかく乾燥させた布団が空気中の湿気を吸い込んでしまうので逆効果になってしまうので、2時を目安に取り込んでおきましょう。

布団を干す時間は素材によって違う

布団と一言で言っても敷布団と掛け布団があって、その素材は色々あります。素材が違うなら効果的な干し方も其々に違いがあってもおかしくはありません。意外と知らない素材別の干し時間をご紹介しますので、今後の布団干しの参考にしてみて下さい。

綿布団の場合は毎日2~3時間の天日干し、合繊布団は毎日2~3時間の日陰干し、羊毛布団と羽毛布団は週に1~2回で日陰干し、天日干しの場合にはカバー必須です。

ご自宅の布団の種類に合った効果的な干し時間で干すことで、布団の状態を最善に保ちつつ長持ちさせることができます。

効果的な布団の干し方で快適な睡眠を

毎日使う布団、質の良い睡眠で一日の疲れをしっかりと取るためにも布団の状態は最善にしておきましょう。そのためには、布団の干し方や適性時間に今までよりも少しこだわってみるのもおすすめです。良い状態で使用する事で布団自体も長持ちします。

寝具は大きさがあるのでシーツやカバー類の洗濯もちょっと大変ですが、乾きやすい干し方や省スペースな干し方を実践すると、寝具のケアもしやすく面倒さも半減します。

布団の状態維持と質の良い睡眠のためにも、正しい方法で布団干しをしましょう。

Related