Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

服のしわの伸ばし方・しわ取りの方法|アイロン無し/ナイロン

人間の生活には欠かせない「服」。ですが、その服もお気に入りの服にシワがついてしまってショックを受けたり、明日は大事な会議だというのに、気になる部分にシワを発見してしまった、なんて場面に遭遇したことはあるはずです。そんな時に役立つシワ取りのコツを紹介します。

服のしわの伸ばし方・しわ取りの方法|アイロン無し/ナイロン

服のシワの取り方って知ってる?

人間の基本である「衣食住」の「衣」。デートに着ていきたい服にシワがついていたり、会議や面接などの大事な時に着る服にシワを発見したり、スーツのまま寝てしまってシワがついてしまった、なんていう場面には誰でも遭遇したことがあるはずです。そうゆうときは、焦りも覚え、シワをとるのが面倒だなー、なんて考えます。

この記事では、色んな素材への最適なシワの取り方や、忙しい人にオススメしたいシワをとるのに持ってこいな便利グッズなど紹介していきます。素材に合ったシワの取り方ももちろんですが、作業時間が短い方がいいのか、確実にシワが取れた方がいいのか、自分に合ったシワ取りの方法も見ていって下さい。

基本的にはアイロンで

現在、楽に早く服のシワをとってしまおうと便利なスプレーや、スチーマーなどのグッズが流行って活躍もしていますが、確実にシワを取りたいならやはり原点に立ち戻るのがオススメです。

それは、今もクリーニング屋などでも大活躍しているアイロンです。クリーニング屋などのアイロンは専門的で、服を置く台の下にバキュームという服を吸いつけ、かつアイロンの粗熱も同時に吸ってくれるという便利なアイロンがあるのですが、サイズも大きく、家庭用にはまず向いていません。

家庭用にはスチームが出るアイロンなどで、その素材に適した温度でアイロンをかけてあげることが、きちんと服のシワを取りたい方にオススメの方法です。服についている洗濯標示などが書いているタグには、一緒にアイロンのかけ方に関しても注意がしてある場合がありますので、よく注意をみてからアイロンをかけて服のシワをとって下さい。

特殊な素材に注意しよう

また、中には「当て布」という技法を推奨する生地もあります。服とアイロンの間にハンカチなどの薄い布を挟んでアイロンをしなければ布が焦げやすかったり、縮んでしまったりといった被害が出てしまう特殊な布地を使った服のタグに記載されていることが多い方法です。

現在は服の生地も便利に合成され、一般的な服にはあまり見られなくなりました。ですが、パーティードレスやダンス用のしなやかで光沢のある布などは、当て布や他にも気を付けなければ服が台無しになってしまう素材が使われていることもあります。

もしそのような服でシワが気になる方は自分でなんとかしようと思わず、クリーニング屋に持っていって相談してみることをオススメします。

素材別で見る服のシワの伸ばし方

では、家庭でもできる素材でアイロンをかけてシワを伸ばしたいといった場合にはどのように気をつければよいのでしょうか。服のタグに素材のパーセンテージが書いてありますが、まずはそこを見てください。現在の素材では、綿やポリエステル、ポリウレタン、ウールなどが代表的です。たまに、エスニックな服では麻素材もあるでしょう。

一般的な服でよく使われている素材別に、最適なアイロンの温度やかけ方もご紹介します。

綿素材

昔から一番使われている素材だろう「綿」のアイロンのかけ方のポイントは「霧吹き」です。スチームほど熱い蒸気が必要なわけでもなく、かといって普通のアイロンだけではちょっとシワが取りずらいかな、といった場面でも「霧吹き」はオススメです。

コットンシャツなどの場合は、霧吹きでしっかりと服に水を与えてから、生地を手で伸ばしてドライアイロンをあてます。綿100%のものは高温で大丈夫ですが、ポリエステルが入っているものは調節して中温以下にしましょう。縫い目は軽く引っ張りながら、袖口や襟は左右から中央に向かってアイロンをかけるのがコツです。

また、麻の素材も綿素材と同様に扱って大丈夫です。麻も油断してシワがつきやすい素材です。気を付けてみましょう。

ポリエステル素材

次に、最近オシャレな服に使われていることが多くなってきたポリエステル素材。なんとなく熱に弱そうなイメージがありますが、実はそんなことはありません。ポリエステルの特徴として、実はシワになりにくく、何度洗濯しても、型くずれの心配が少ないです。そしてシワが付いてしまった時も、他の素材と比べてアイロンがけしやすいのが特徴です。

では、ポリエステルでのアイロンがけはどうしたらいいのでしょうか。ポリエステルは熱に弱いわけではないとはいえ、高温のアイロンはあまり好ましくありません。基本的に160℃を限度とし、中程度の温度(140℃から160℃)でかけるのをオススメします。設定はドライで使用します。

もし、複数の繊維が混紡されている場合は、アイロンの温度は、低い方の繊維に合わせましょう。例えば、綿とポリエステル混紡なら、低い方のポリエステルに合わせるようにして下さい。

当て布はどういう時にするの?

ここまでアイロンの温度やかけ方を紹介してきましたが、当て布をする場合の生地も少しご紹介します。当て布をする生地は、デリケートな薄手のポリエステル素材の場合です。特に起毛繊維の場合は、アイロンの後、テカリが出やすくなるので、100均などで売っている当て布やハンカチなどを敷いてから、アイロンを掛けてみて下さい。

それでもダメな時は、アイロンを浮かせて上からスチームを満遍なくあててシワを伸ばしましょう。

ナイロン素材

アウターなどの丈夫な服に使われているナイロン素材ですが、ナイロン素材のアイロンのかけ方はどのようにするのがベストなのでしょうか。ナイロン記事は破れにくく、丈夫で乾きやすく、シワになりにくいなど良いところがたくさんあるのですが、一方で変色しやすかったり熱に弱かったりという特徴を持ちます。

ナイロン素材にアイロンをかける場合は、当て布をして低温でかけるようにしましょう。場合によっては、裂けたり、変色したりしてしまうので、上記の当て布の仕方を参考にしながらかけてみてください。

アイロンを使わない服のシワの取り方

緊急時にはアイロンをかけている時間なんてない場合が多いです。そこでアイロンなしでできるシワの取り方をご紹介します。

まずは、オーソドックスに、「水をつけてドライヤーで乾かす」です。伸ばしたい箇所に水や霧吹きで水分を十分に与え、ドライヤーで乾かしていきましょう。コツは、仕上げに冷風を当て、シワを戻しにくくすることです。

次に「シワ取りスプレー」です。最近のシワ取りスプレーは優秀で、本当にスプレーするだけで簡単なシワなら取れてしまいます。各メーカーさまざまな商品を出しているので、好きな匂いのものや、使い安さ、コスパなどを考えて購入を検討してみてください。

手近に済ませるもうひとつの方法は「ヘアアイロン」です。本来は髪に使用するアイテムになります。ですが、ヘアアイロンなら通常使う衣類用のアイロンより小さいので、細かい場所のシワに良いです。旅行先などでシワを伸ばしたい時に最適です。

服のシワ取りオススメグッズ

手短にシワを取りたい場合のスプレーや、じっくりしっかりシワを取りたい場合のスチーマーの評判の良いものを紹介します。参考にしてみてください。

ライオン スタイルガード しわもニオイもすっきりスプレー

汗の匂いも予防してくれるしわ取りスプレーの携帯用です。衣類にスプレーをかけ、軽く手で伸ばして吊るしておきます。少し待つだけでしわがとれる優れモノです。また、抗菌防臭効果で汗のニオイの発生を予防し、除菌効果で衣類を清潔に保ちます。花王独自のしわとり成分が繊維に浸透して、着用中や収納中についた繊維のよれをとります。

王道で人気のあるしわ取りスプレーが欲しいという人にオススメです。

スプレーして一晩置いておくと、本当にシワが伸びます。ワイシャツをアイロンがけ→畳んでスーツケースへ→出張先で広げる→スプレーする→翌朝には畳みシワがほとんど消えています。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%8... |

パナソニック 衣類スチーマー

安全面にも配慮してあり、使いやすさナンバーワンなのがパナソニックの衣類スチーマーです。

360度にスチームを広げて、素早くシワが伸ばせるワイドスチームが魅力です。アイロン台に押し当ててプレスすることができるので、男性物のスラックスやワイシャツにもオススメです。

また、除菌、防臭効果もついています。起動時間も24秒と早いので、急いでいる時でも安心して使用できます。

デザインもかっこいいしめちゃ気に入っています。商品自体は高級ですが高級感もあるし、問題ないです。使用していてコンパクトだし本当にすぐに電源入れて使うことが出来ます。わたしは電源入れてからタンクに入れる水を入れに行きます。数秒ですが水と入れるとすぐに使えます。朝の忙しい時間にはもってこいです。少しのシワでもスチーマーで直して出かけることができました。またプレスもできるタイプを選んでいるので押したり引いてスチーマーしたりとどんな衣服にもできてほんと助かっています。嫌だったアイロンがけはもうさようならです。あとスチーマーの感じなんですがアイロンスチーマーと違ってお上品に蒸気が出ます。が、衣類にとっては十分だし本当にお上品な蒸気だけですばやく伸びます。。。すごしパナソニックさんです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%8... |

シワのあるなしで第一印象は変わる

さまざまなアイロンのかけ方や、シワ取りの便利グッズをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。服のシワ一つでその人の第一印象は変わるといいます。これを機会に服のシワ取りを頑張ってみてはどうでしょうか。

Related