Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

スーツのシワの取り方|アイロン/スプレー/伸ばし方など

出張のときにスーツにシワができたときや、脱ぎ捨ててシワができてしまったときなど、すぐにシワが取りたいと思うことはよくあります。アイロンが使えないときでもさっとスーツのシワを取れる方法が見つかります。アイロンめんどうと思っている方も、ぜひチェックしてください。

スーツのシワの取り方|アイロン/スプレー/伸ばし方など

シワだらけのスーツは恥ずかしい

スーツは多くのサラリーマンにとって必要不可欠な仕事着です。スーツ姿がビシッと決まっていると、回りからの印象もよくなりますし、「仕事ができる」印象を持ってもらえます。逆に、スーツがシワだらけですと、だらしない印象や清潔感がないように見えてしまいます。スーツのシワをきれいに取って、好印象を与えましょう。

スーツのシワの取り方

仕事で疲れて帰ってきたり、仕事帰りに付き合いで飲んで帰ってきたときは、ハンガーにかけるのが面倒だったりと、ついつい脱ぎ捨ててしまってシワになってしまうことがあります。そんなときでも、シワをすっきり取り除く方法やグッズをご紹介します。

アイロン

スーツのシワを取ると聞いて、真っ先に思い浮かべるのは、やはり「アイロン」です。奥さんがしっかりもので、いつでもシワのないスーツを着せようと、きれいにアイロンをかけてくれるなら幸せですね。ですが、すべての方がそういうわけではありませんし、共働きの方も多いです。一般的なアイロンを使ってシワを取るのは、一苦労です。

最近では、ハンガーにかけたままで簡単にシワを取ってくれるような便利なアイロンもあります。それを使えば、アイロンがけのめんどくささも軽減されますので、購入を考えてもよいでしょう。

スプレー

シワ取りスプレーは、出張などアイロンをかけることができない場合にとても便利です。アイロンを荷物の中にいれて置くこともできないわけではありませんが、わざわざ重いものを持ち運びたくありませんし、ゆっくりアイロンをかける時間がないこともあります。

シワ取りスプレーは、ただシワを取るだけではなく、臭いを取ってくれるものもたくさんあります。出張先でのお酒の付き合いで、タバコ臭くなってしまったりすると、次の日のスーツの臭いがきになりますので、臭いも取ってくれるのは嬉しいです。使い方もとっても簡単で、スプレーしてシワの部分をトントンと軽くたたくだけというのも便利です。

伸ばし方

次に、ご紹介するのはシワを伸ばす方法です。伸ばすといっても、無理に引っ張ったりするのではなくて、重力を利用する方法になります。やり方は、とっても簡単でハンガーにかけておくのがメインになります。

ただ、ハンガーにかけておくだけなら、いつもと変わらないじゃないかと思いますよね。そこで登場するのが、霧吹きです。使い切った洗剤の霧吹きを、きれいに洗って使っても問題ありませんし、100均などで購入しても構いません。ただ、霧が細かい方がスーツがびしょびしょにならないので、なるべく細かい霧が出るものを選びましょう。

霧吹きにぬるま湯(給湯機のお湯でOK)をいれて、シワがついている部分にシュッと吹きかけましょう。そしたら、通気性のよい場所に干しておくだけです。しっかり乾かさないと、着心地も悪いですし、カビの原因にもなるので、クローゼットにしまうのはやめましょう。

クリーニング

ちょっとやそっとで取れないシワが着いてしまった場合には、やはりスーツをクリーニングに出してしまうのが一番です。こまめにクリーニングに出す方は、あまりいないかもしれませんが、スーツは思っているよりも汚れています。

ウォッシャブルスーツをお持ちなら、洗面台などで手洗いしてみるとわかりますが、しばらく洗っていないスーツは、掃除をした後の雑巾をバケツで洗ったときのように、水がにごります。アイロンなどでシワを伸ばしても汚れは残ったままですので、定期的にクリーニングは必要です。

予防

最後に、スーツがシワになりにくいようにする予防策を見ていきましょう。スーツのシワを防ぐのに注目する点は、2つあります。1つ目は、座るときの姿勢です。ジャケットは脱いでしまえば、シワになりにくですが、ズボンやスカートはそうもいきません。

足を組んだりしてしまうとシワになりやすく、頻繁に足を組みかえればそれだけシワになりやすくなってしまいます。よい姿勢は、楽な姿勢でもありますので、体勢を変えることも少なくなりシワの原因を減らすことができます。

2つ目は、保管方法です。クローゼットに隙間がないような状態で保管していたり、脱ぎ捨てるようなことがあると、シワになりやすいので、保管するときはきれいにハンガーに干しましょう。スーツに合ったハンガーを選ぶのもポイントです。ハンガー選びのポイントを紹介している記事がありますので、参考にしてください。

部分別でのスーツのシワの取り方

スーツの方の部分のシワは形状が特殊なこともあり、アイロンがけもなかなか難しいです。そうなると、アイロン以外の方法を使うのがおすすめです。霧吹きを使う方法をご紹介しましたが、それを応用すると、肩のシワをとるのが簡単になります。

アイロンでシワを取る場合には、スチームで湿らせて伸ばします。湿らせるのは霧吹きで代用できますが、肩の部分は生地が重なっていて乾きにくいので、霧吹きでしめらせたら、「ドライヤー」の温風で乾かしましょう。乾きにくい肩の部分も、しっかり乾きます。

スーツの袖の部分のシワをとるには、ちょっとしたものならスプレーなどで十分です。アイロンを使ってしっかりとシワをとりたい場合は、形が崩れないようにすることを意識するとよいでしょう。

力強くアイロンを押し当ててしまうと、ズボンのように折り目がついてしまうので、なるべく優しくがコツです。また、生地を縫い合わせている部分を利用してあげれば、折り目がつく心配もありませんので、縫い合わせの部分で生地が折れるようにしてあげましょう。

襟の部分のシワをとるのは、きれいな仕上がりにしたいのであれば、クリーニングがおすすめです。軽いシワならば、スプレーでもよいでしょう。アイロンを使う場合には、他の部分よりも難易度があがります。

襟の部分はカーブを描くような形状をしているので、強くアイロンをおしあててしまうと、逆にシワになってしまいますし、形が崩れてしまって見た目も悪くります。平らなアイロン台で行うよりもハンガーにかけたままの方が、形を崩さずにすみますので、ハンディータイプのアイロンがおすすめです。

ズボン

ズボンは保管する際に、ズボン用にハンガーを購入するとシワがつきにくくなります。また、スプレーや霧吹きをかけてから、保管するだけでもシワが取れやすいので、マメにお手入れをしてあげましょう。

アイロンもかけやすいのがズボンですので、休日などを利用して、シワを伸ばしてあげるとよいでしょう。特に、裾の部分がよれよれになりやすいので、アイロンでしっかりと伸ばしてあげると、綺麗なシルエットを保つことができます。

アイロンのかけ方を、画像付きで解説してくれているHPがありますので、そちらも参考にしてみてください。

スカート

スカートのシワを取る場合にも、霧吹きやスプレーが利用できます。臭いが気になる女性ですから、ファブリーズを使うのも手段の一つです。それでも取れない頑固なシワの場合は、アイロンの出番となりますが、スカートは筒状の形になっているので、上から押し付けるようにアイロンをかけるのは避けてください。アイロンの重さだけで優しく、折り目がつかないように気をつけましょう。

スーツがシワにならないたたみ方

スーツにシワがつかないたたみ方は、文字だけではわかりにくいと思います。画像を使って順を追って説明してくれているサイトがありますので、参考にしてたたんでみましょう。

動画で解説してくれているのものありますので、写真がわかりにくかったという方はこちらもチェックしてみてください。

普段の手入れには霧吹きが簡単

スーツにシワ取りについて、色んな方法を見てきましたが、これなら自分でもできそうと思うものは見つかりました?やはり、普段からスーツをマメに手入れをすることが重要ですので、続けられるものがいいです。アイロンをかけるのは、なかなか面倒ですし、場所によっては難しいこともあります。

それに比べて、スプレーをシュッとかけるだけなら、そんなに手間もかからないのでおすすめです。多くの人が使っている、ファブリーズならスーツの臭いも取れますし、お湯を入れた霧吹きなら、肝心なときにスプレーがなくなったという心配もなくおすすめです。

Related