Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

ネクタイの収納と購入場所|ハンガー/100均/ニトリ/DIY

ネクタイを収納すると言ってもどんな風にしたらいいのかと悩んでしまいます。実際に収納しようとすると、何だか使いづらかったり、すぐに散らかってしまったりと上手くいかないことがあります。ここからネクタイ収納についてのさまざまな方法をご紹介しましょう。

ネクタイの収納と購入場所|ハンガー/100均/ニトリ/DIY

ネクタイの収納方法

細長く、中途半端なカタチをしているのがネクタイです。一本だけでも、たくさんあっても、収納をどうしていいか迷うケースが結構あります。

今日はこのネクタイをつけたいと考えるものの、そのネクタイがなかなか見付からないのも、収納の悪さから起こります。

まず、ネクタイはどのように収納すればいいかということを考える必要があります。なにも考えずただあたらこちら、スーツのかかっているハンガーにぶらさげている人もいるのではないでしょうか。

ネクタイ廃止の傾向

いま会社ではNOネクタイの傾向も高まっていて、どのようなネクタイとの向きあい方をしていいかわからないという人たちもいます。

そもそも、ネクタイとは、何の機能も果たさない不思議な物体です。ネクタイを私達がつけたところであたたかくはなりません。まるで大人のよだれかけのような物体はなんなのでしょうか。確かに、大人のよだれかけという説もあるみたいです。

意味

ネクタイは、私達に堅苦しいしきたりのようなものを要求しています。大事な人と向きあうとき、いまだにネクタイは要求されていますが、ネクタイを引き締めることで、首はしまりシャンとした気持ちを私達は持つことができるのではないでしょうか。

ネクタイとは、私達に規制をさせる道具として捉えることができます。しかし、私達は規制されながら仕事をしているという認識から解放されたいと考えているでしょう。

ですから、ネクタイ反対派がどんどん増加傾向になってしまうことになります。ネクタイとは、まるで首輪で繋がれている鎖というイメージもどこかにはあります。

撤廃

であれば、ネクタイは、この世の中から消滅して行っていい存在と考えがちです。事実、多くの企業では、ネクタイ不要論を推奨しています。

ちょっと以前では、ネクタイをしないで、胸をはだけている人は、だらけたイメージがありましたが、段々と、慣れてそのようなイメージもなくなって来たのではないでしょうか。

撤廃しない

しかし、それでも、ネクタイ不要論はどこかで頓挫している感じもあります。なぜなら、会社でNOネクタイが実現していたとしても、偉い人たちに会うとき、そして取引先との大事な交渉があるときなど、ネクタイをして相手と向かい合っているからです。

実際にNOネクタイの流れはアメリカから浸透して来ました。日本人は、100%アメリカ文化を受けいれることに臆病ということでしょうか。そうではなく、アメリカでも、100%NOネクタイ文化が実現している訳ではありません。

NOネクタイ文化

まず、ファッションとしてネクタイは成立してしまったから、しなくていいよと言われても、ネクタイを着用していたいと考える人たちが多いです。

実際にどうしてもまだまだ、NOネクタイでは、胸元がだらしないというイメージから払拭できず、ネクタイをしていた方が、男性が凛々しく、できる大人に見えるというのもそうでしょう。

そして、いつもネクタイをしていない生活が長く続けば、より、ネクタイをしたとき、しっかりあなたと交渉に向きあっているのですよということをアピールさせることができます。

ネクタイをもしして行かなければ、上手くいく取引も頓挫してしまうことは実際にあるでしょう。

目上

実際に文化的流れがネクタイ廃止の流れに向かっていても、頭に柔軟性が段々と失われつつある年配の方々がどう判断しているかわからないです。

会社では、そのような人たちとの交渉をすることもあり、どうNOネクタイという主張が強くなって来ても、した方が無難だという判断が消えないままでいます。

ネクタイ収納の問題

さて、再びネクタイ収納の問題に戻りますが、意外とネクタイ収納の問題に困っている人たちが多くいます。

ハンガーにかける

ちょっとネクタイ収納という意識を持てば、ハンガーにかけておくというケースが一番多いです。服も無数にあり、それぞれの服がハンガーにかかっていて、部屋のいたるところに散らばっているということもあるのではないでしょうか。

大事の商談があって、今日は、このネクタイをつけて行こうと考えるものの、なかなかどのハンガーにつるしていたかわからないという人たちもいます。ネクタイの本数をそれほど持っていない人たちのほうが、そのような傾向が出てきます。

ある程度本数を持っていれば、おなじハンガーにつるしておこうというモチベーションもきっと生まれるでしょう。しかし、それが、クリーニングから戻って来た針金のハンガーだったりして、何か見た目が全然よくありません。

そして、針金のハンガーでは、段々とネクタイの重さに耐えることができないで、ぐんにゃり曲がって来てしまうことでしょう。

平置き

ネクタイを畳むということをしている人たちがいます。ネクタイを畳んで、しばらく使用しないのなら、タンスの引き出しにしまったりします。

しかし、そのようなネクタイをいざ使用するとなれば、線がついて、恥ずかしい感じになってしまうでしょう。畳むというのはネクタイのあまりおすすめできる方法ではありません。

ならば、平置きというのがいいのでしょうか。しかし、平置きというのは、結構そのあとどこに置いていいかわからない難しい問題を抱えています。

タンスを購入して、なかには、ネクタイを平置きできるものも販売されているみたいですが、最初に高価なタンスを購入する段階で、ネクタイに対しての配慮があれば、もっと収納の問題はうまくいくのではないでしょうか。

デパート

デパートのネクタイ売り場などへ行けば、引き出しのなかでネクタイが平置きで並んでいたりして、全部がズラして配置されているので、そのようなモノを導入できればどのようなネクタイをして行こうかというときも一目瞭然です。

このような引き出しにも憧れがありますが、なかなか我が家ではそこまで実現できないという人たちも多いのではないでしょうか。

考える

ネクタイの収納について考えると、おおかた、平置き派と吊り下げ派とに分かれるみたいです。吊り下げのほうが、湿気を取りやすいというメリットもあります。しかし型くずれしないのは、平置きと言います。

吊り下げは、クビのあたりにいつも負担がかかり過ぎてしまうことになりはしないでしょうか。

とにかくネクタイは一度すれば、一日し続けるモノです。すると、結構ネクタイには、大量の水分が含まれていたりして、かつノット部分は、シワがよったままの状態です。

吊り下げ派の人たちは、このようなネクタイをそのままタンスの中に吊してしまうというのではなく、できるだけ風通しのいい場所に吊すのがいいでしょう。

大事にする

収納平置き派としての意見は、吊したままの収納の状態では、やはり、ネクタイは型くずれを起こしてしまうからといいます。ネクタイを吊して販売しているのは、ほとんどがそれほど高くないネクタイであり、リサイクル商品だったりします。

ネクタイを大事に扱おうというモチベーションを持っているのなら、やはり、収納は平置きという意識が正しいのではないでしょうか。

縦置き

さらにネクタイを縦置き収納している人たちもいます。箱にそのまま平置きというのでは何重にもなってしまい、奥に何が入っているのかがなかなかチェックすることができません。

ですから全体が見える縦置きのほうがいいでしょう。使わないネクタイを、靴箱程度の大きさの箱にうまく収納してみましょう。

しかし、靴箱程度の大きさで、折り畳むことになり、シワができやすいという点ではそれほどおすすめできません。

とにかく、シワを意識すれば、ネクタイは、縦に長いので、いろいろな方法を考えても、結構この問題に行き詰まってしまうことになります。

ネクタイがクタクタな感じですと、このビジネスマンは疲れているというイメージが出てきてしまうので、やはり、シワは重要視しなければならないでしょう。

丸める

さらに、シワの問題を軽視して、丸めて収納という人たちもいます。お店でもこのような方法を採用しているところもあるでしょう。

お店は、見栄えを良くするという必要性があるからそれでもいいのでしょうけど、靴箱程度の大きさの場所に、ぐるぐる巻きにして、収納している人たちもいます。

靴箱程度の大きさで、ネクタイがギュウギュウ詰めになってしまうから、結局は、このような方法でも、シワの問題を大きく抱えてしまうことになります。

であれば、もう少し、ゆとりのある箱に収納という考えも浮かびますが、 そのような箱だとしても、ネクタイの大剣が、箱と擦れるということはおなじです。

収納は吊り下げ派

であれば、収納は吊り下げ派の人たちを支持したほうがいいということでしょうか。実際にいろいろ収納のネクタイ用ハンガーが販売されているのでそのようなものを物色してみるといいでしょう。

いろいろ収納商品がありすぎて何を選択していいかわからないという声も多く聞きますが、多くの収納ネクタイ用ハンガーはネクタイ同士擦れ合ってしまうようなモノが多いので、そのような点を注目したほうがいいでしょう。

100円ショップで売っているような価格の安いものをあまり頼らないほうがいいです。やはり、ある程度ちゃんとしたものを購入したいというのなら、値段もある程度いってしまいます。

「マワハンガー」というものが販売されていますが、そのようなものを注目してみてはいかがでしょうか。

マワハンガー

マワハンガーとは、ドイツのMAWA(マワ)のハンガーです。特殊なプラスチック素材でコーティングしたハンガーです。ドイツのメーカーが開発した、スリムなのに機能性の高いノンスリップハンガーです。

このネクタイハンガーなら、ノンスリップ加工がしてあって、シルクなどの滑りやすいネクタイも落ちません。かける位置は4箇所に分かれて、16本のネクタイ全部が見えるようにかけることができます。

ネクタイを選ぶのも楽ですし、バーの間隔に余裕があるので取り外しがしやすくなっています。 マワハンガーのデメリットは、敢えて言えば、横幅がそれほど広くありませんので、クローゼットの奥の部分と前に、必要ないスペース空間ができてしまうことでしょう。

おすすめのネクタイの収納ケース

さらにいろいろなメーカーでは、どのようなネクタイ収納のグッズが販売されているかチェックしてみましょう。100円ショップで購入するような商品は、あまり期待しないとほうがいいという言い方もしてしまいましたが、最近の100円ショップはかなり頑張っているとも言うことになります。

ダイソー

ダイソーなど物色すれば、たった100円という価格なのに優良のかなりお買い得商品とも出会うことがあります。ネクタイをコンパクトかつ、折り目がつかないように収納することができるケースなど、ダイソーでも購入することができます。

旅行や出張、あるいは冠婚葬祭などで遠方に出かけたりしたときなど、ネクタイをカバンなどに入れて持ち歩くような場合に便利です。

キャンドゥ

おなじ、100円ショップですが、キャンドゥの携帯用ネクタイケースというのもちょっとしたアイデア商品です。 ネクタイを丸めこんで、コンパクトにできる収納ケースです。

鞄の中のネクタイがシワだらけだと恥ずかしいですが、このケースがあれば問題はありません。収納はくるくる回すだけでとても簡単で、コンパクトに持ち運べます。小物ケースも付いています。

セリア

セリアでも素敵なネクタイハンガーを見つけることができました。100円ショップ散策というものも結構楽しいです。理由は、この商品ちょっといいなと感じれば、すぐに100円なので購入できる点です。

実際に購入してみて、大したことのない商品だとしても、100円ショップなら怪我しないで済ますことができます。 見た目がオシャレな「ネクベルハンガー」は、ネクタイやベルト・スカーフなどをかけておけます。

最高で16本程度をかけることができます。単に、針金のハンガーというのなら限界はありますが、ハンガーから、さらにいろいろな発想をすることができます。

収納のアイデア

案外、安価で作ることができるから、100円ショップも他のお店から抜きんでるために、一生懸命アイデア勝負をしているのではないでしょうか。

1本1本かけられるためそれぞれの柄が確認できるのがいいところですが、ひっかける部分が短いところもあるため、ハンガーが斜めになると落ちてしまう事もあり、これが100円ショップの限界という感じでしょうか。

ニトリ

値段は安いですが、100円ショップよりもレベルの高いお店といえば、ニトリではないでしょうか。とても庶民的なお店ともいうことができます。この程度のお店で、ネクタイハンガーをチェックしてみましょう。

ニトリにも、しっかりネクタイハンガーは売っていました。ニトリのネクタイハンガーは通常のハンガーと同じような形状をしていていたってシンプルという感じです。

5つの輪っかがあり、ネクタイやベルトやスカーフを収納することができます。いきなりたくさんのネクタイ収納という感じではありませんが、ネクタイの数が5枚~10枚程度なら、ニトリのネクタイハンガー程度のもので充分機能を果たしてくれることでしょう。ハンガー2個分なので、クローゼットの場所も取りません。

たくさんの収納

ニトリではさらにたくさんのネクタイを収納したいときにもおすすめのネクタイハンガーが販売されています。このネクタイハンガーは、両側にフックが付いていてネクタイを重ねて掛けることができます。

それぞれ20枚のネクタイを収納することができ、最大で40枚の収納ができてとても便利です。収納する際は上に重ねることができ、取りだそうとすれば、横から引っ張れば大丈夫です。

一枚一枚丁寧に

一枚一枚丁寧にネクタイ収納したいという人たちには、ニトリで販売されているシダー ネクタイ&ベルトハンガーがおすすめです。このネクタイハンガーは、フックがたくさん付いていて1枚ごと掛けることができます。

最大で、40枚収納することができます。 シダーを使っていて、防湿・防臭・防虫効果にもかなりいい効果を期待することができます。

ネクタイストッパー

回転式というのも、私達の日常生活をちょっと楽しくさせてくれるアイテムではないでしょうか。そのようなネクタイハンガーも、ニトリで購入することができます。

円形にフックが付いているタイプで、最大20枚を収納することができます。回転させることができるというのは、結構楽しいです。

出し入れするときにも非常に楽という感じもあります。フックにはすべり落ち防止機能も付いていて、やはり100円ショップの商品とはどこか違うという感じはあります。多くの人たちが、この程度のレベルでだいたい満足しているのではないでしょうか。

ネクタイ以外も

ネクタイ以外も収納したいという人には、ネクタイハンガー 10段 黒(ブラック)などおすすめです。これもニトリで購入できる商品です。

10段のハンガーが横に3つ並んでいるので、最大30枚のネクタイを収納することができます。 段ごとにネクタイ、ベルト、スカーフなどいろいろなもの分別して収納することができ、このような商品を購入すれば、部屋じゅうスッキリした感じにさせることができるのではないでしょうか。

収納の問題は、やはり、ネクタイ、ベルトと言った細々としたモノです。部屋をとにかくキレイにしたいというのなら、ネクタイハンガーに一度注目してみるべきです。

無印良品

無印良品も、ニトリ程度に信用ができる商品を一杯販売してくれています。無印良品では、衣料などもいろいろ販売してますが、小物にだってかなり力を入れていて、観葉植物や、自転車、ベッドという商品までオールラウンドに購入することができます。

もちろん、みなさんの求めているネクタイハンガーも、無印良品で見つけることができるでしょう。地味だけど非常に使い勝手が良いのがアルミ製のネクタイハンガーです。

取りやすく落ちにくいメリットがあり、さらに、このようなネクタイハンガーを購入したら、ローテーションが簡単にできるようになります。

シンプル

やはり、シンプルなデザインがいいという人たちの期待にもしっかり答えくれることでしょう。場所を取らないというのもこのネクタイハンガーのメリットです。収納するときは、ただ上に載せるだけです。

面倒くさがりやも、しっかりネクタイを整理しようという姿勢も生まれるでしょう。取り出すときには、下から引っ張り出して取り出すこともできます。ですから、収納していてぐちゃぐちゃになりにくいメリットがあります。

ローテ

多くのサラリーマンが、ネクタイをローテして使おうという気持ちを持っているのではないでしょうか。このネクタイハンガーなら、その日着用したネクタイは一番上にのせます。

そして、朝はその日着用するネクタイを下から出すという使い方もできてしまいます。このネクタイハンガーで、いちいち朝面倒くさいネクタイ選びもしなくて済むという気持ちも起こるのではないでしょうか。

IKEA

IKEAでも魅力あるネクタイハンガーを見つけることができました。ハンガーに28個のマルがくっついているユニークな商品が、IKEAで販売されているマルチユースハンガーです。28個のマルを全部使えばかなりお部屋の中も気持ちよくスッキリさせることができます。

東急ハンズ

東急ハンズにもいろいろなアイデア商品が販売されています。まさに、ネクタイハンガーはアイデア勝負なので、このお店のネクタイハンガーは、ここの部分が良くないと感じれば、アイデアの宝庫の東急ハンズへ行ってみてはてどうでしょうか。

アイデアとは、みなさんの不満を解決するためにあると言っていいでしょう。いろいろな人たちの考えるアイデアを見ること自体とても楽しいと感じることができます。

DIYで作れるお洒落なネクタイ収納箱

どのお店へ行っても、なかなかいいネクタイハンガー・収納の方法を見つけられないという場合は、DIYで収納という意識を持てばいいです。みなさんが不満と感じることは、全部、100円ショップの道具など使用して、DIYで安く収納が実現できるでしょう。

ネクタイハンガーは比較的簡単に手にいれることができますが、収納箱などは、なかなかショップを物色しても理想は実現できないのではないでしょうか。

ネクタイ収納の意識

いかがでしょうか。みなさんも、もっとネクタイ収納という意識を持つことで、ネクタイとしっかり向きあうことができるのではないでしょうか。とにかく、まだまだ現代社会において、ネクタイはビジネスマンの武装グッズと考えていいでしょう。

Related