Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月19日

ジャケットのシワにならないたたみ方|スーツ/旅行/出張

シワのないジャケットはお洒落の楽しみ方も広がります。シワのつかないたたみ方や、長期保存できるたたみ方を知ることで、お気に入りのジャケットを長く愛用することも可能です。そんな大切なジャケットの上手な収納方法についてご紹介します。

ジャケットのシワにならないたたみ方|スーツ/旅行/出張

ジャケットの簡単なたたみ方とは

しわのないジャケットは格好が良いです。でも、食事の際や少し歩いた後など、ちょっと脱いだ時、さっとたたんだ時の折り目やしわが残ってしまって、そのあと着用したらがっかりということはよくあることです。

簡単なジャケットのたたみ方を覚えておけば、しわや折り目など不意なアクシデントを回避することができ、不安も悲しい思いも軽減します。なによりデートだって不安なく挑むこともできます。

ジャケットに無用な圧力がかからないことがポイント

ジャケットに使用される素材は、そもそもハリのあるものが多いです。こうした素材は上からかかる圧力に弱いです。そのためたたみ方を誤ると、上から圧力がかかる状態にしてしまいシワやヨレの原因になってしまいます。

腕の部分を内側に折り込んだたたみ方をすると、肩口から脇にかけて背中側は生地が張った状態になる反面、内側にはシワが寄ります。さらにそのまま折り込むと、ジャケット全体の重みが圧力となってシワが残ってしまうこともあります。

簡単に折りたたむときには、袖部分を内側に織り込まず、また全体的にゆるく折り込むようなたたみ方を心掛けることで無用な圧力がかからず、シワの無い状態を保つことができます。

スーツのジャケットのたたみ方はどうするのが正解なの?

スーツは、伸縮性の高い素材を用いていることが多いです。それは色んなビジネスシーンで使用頻度があるために、スーツのジャケットは動きやすさを大切に作られています。ですからこうした伸縮性のあるものは、例えばたたみ方を誤ってシワがついても、着用後に動いている間で消えてしまうことが多いです。

しかし、すぐに重要な取引先の方と面接の予定があるなど、急用で対応しなければならない場合も多いのがビジネスシーンです。なるべくならシワのつかないたたみ方を覚えたほうが安心です。

この場合、スーツのジャケットを背中心を起点に折ること、そして袖部分を内側に織り込まないことをオススメします。

スーツは意外と汗を吸っています。水分が重みになって知らず知らず重量が増えてしまい、織り込んだ内側にシワが残ることがあります。背中部分は着用後、身体に合わせて伸縮しますので、多少しわがついてもすぐに取れますので、心配ありません。

旅行や出張の場合にジャケットがシワにならないたたみ方とは?

出張や旅行の際に、ジャケットは必須です。寒い地域から出かける場合なら着用していくことも可能ですが、向かう先のため、荷物として持つ場合、シワが気になります。シワにならないジャケットのたたみ方をご紹介します。

スーツケースに収納する場合

スーツケースは、ビジネスマンの活用しやすいよう様々な工夫が施されている場合が多いです。よく確認してみると、スーツケースを開披すると、脇口にハンガーフックが取り付けられている場合があります。これを活用してジャケットを収納しましょう。

スーツケースにジャケットを収納する場合は、なるべく折らないこと、たたみ方としては小さくたたみすぎないことをポイントにします。ジャケットをハンガーにかけた状態のまま、ハンガーフックにかけ、ジャケットの内側にはその他の衣類や下着などを入れて、ふくらみをもたせるようにすると、無用なシワがつくのを回避することができます。

コンパクトなカバンなどに収納する場合

出張や旅行の日程の都合上、あまり大きなスーツケースを持って行けないとき、コンパクトなカバンを準備することになります。コンパクトなカバンにジャケットを入れれば、おのずとシワシワのジャケットを作成できることは想像できます。

しかし収納の際に、たたみ方に気を配るとこの結果を回避することも可能です。まずは、内側にタオルや下着などを挟み込むこと、そして圧力がかかりづらいカバンの上部に収納することです。こうした配慮を欠かさないことでシワを避けることができます。

裏返してのたたみ方はNGでしょうか

よくジャケットを裏返して折りたたむ姿を目にします。一見、シワでも付かなそうに見えます。しかし、安易にやってしまっては危険です。裏返して折りたたむとき、ジャケットの表面にニオイなどが付かないようにする目的なら、このたたみ方でも良いです。

しかし、雨天時など湿気の多い時期には表面についた水分や、湿度などで内側に折り込んだ部分にシワが付く可能性もあります。とくにカバンに収納する場合には、他の衣類のニオイなどが気になる場合など、必要以上に裏返しにしないよう心掛けましょう。

なるべく収納しないファッションが楽です

旅行や出張でジャケットを持って行く場合、たたみ方も大切ですが、なるべくなら着用していくことがオススメです。飛行機などの場合、気圧の変化でスーツケースやカバンの中でジャケットにシワがついてしまいます。

現地でいざ着用するとなると、シワが残ったままのものを着用することになります。こうなってはたたみ方の問題ではありません。

お手回りに問題がなければ、ジャケットを持つか着用するなどして、着シワや手持ちの際のたたみ方に注意しておけば、不測のシワに悩まされることもありません。

衣替えでの収納におすすめのジャケットのたたみ方とは?

お洒落な方だと、毎年衣替えのシーズンには、お手持ちのジャケットのたたみ方に頭を悩ませることでしょう。ジャケットは素材によっては、たたまずハンガーにかけて収納する方が良い場合もあります。

しかし、大きなクローゼットなど収納スペースがないかぎり、全てのジャケットを掛けるのは難しいことです。そこで、シワにならないたたみ方が必要になります。

まず、縫い目を折り目に合わせることです。生地の縫い目のない部分を折ると、折りシワができます。縫い目は折りシワがつきづらいので、長期間収納するなら縫い目に合わせることです。

それから他のものと重ねないことです。上の衣類の圧力がかかれば必ずシワができます。袖口も、内側に柔らかい布や新聞紙を入れて、少しのすき間をつくるようにすると、無用なシワがつきません。

100均などの収納袋を活用する

100均など身近にある収納袋を活用した方法で収納するのもオススメです。こうした収納袋は臭いや虫から衣類を守ってくれます。

さらに衣替えの前には、ジャケットをクリーニングに出して清潔に保つことを忘れずに。またクリーニング店から帰ってきた際のたたみ方にも注意が必要です。そのたたみ方によっては折りシワの原因になることもあります。クリーニング店の包装も、いったん袋から取り出した方が湿気防止になります。

お気に入りのジャケットなら、ぜひ来シーズンも着用したい気持ちになります。衣替えはたたみ方だけでなく、長期保存に対応できる環境であるかチェックしましょう。

アパレル業界でのジャケットのたたみ方とはどんな方法なの?

お気に入りのブランドでジャケットを購入したとき、どんなたたみ方をしているか、観察してみましょう。アパレル業界では、長期保存の目的でのたたみ方ではありません。顧客が購入後、自宅などに持ち帰るまでの間、汚れやニオイが付着しないよう配慮されたたたみ方をしています。

店舗によっては、天候や気圧、湿度といったその日の状態に合わせて、ビニールカバーを掛けたり、ジャケットの折りシワが付かないよう、内側に薄い布を敷いたたたみ方をしているところがあります。

スーツなどジャケットの素材の場合には、こうしたワンクッションを敷くことで、一定の時間折りシワが付くのを防ぐことができるからです。

店員さんからアドバイスをもらう方法もあります

こうしたアパレル業界は、服飾に精通した店員さんも多く在籍しています。もし、お気に入りのジャケットを購入したなら、その際に店員さんにたたみ方を聞いてみるのもオススメです。素材などを把握したうえで、シワになりづらいものか、シワになる部分はどういった注意を払うべきか意見をもらいましょう。

そして聞いた後は、一度ご自宅でチャレンジしてみることです。聞いたすぐ後なら思い出せます。このジャケットはたたみ方を教わったものだと記憶してしまえば、その後着る機会があった時に、思い出すのも楽になるでしょう。

オークションなどでジャケットを発送する際のたたみ方とは?

オークションサイトなどで販売する場合、後にクレームなどつけられないためにも、シワの無い状態で発送したいです。そんなときのちょっとしたコツを紹介します。

オークションサイトの定められた梱包方法

オークションサイトによっては、発送者に梱包方法を指定してくる場合があります。定められた方法に従いましょう。もし適当な扱いをした場合、本来の評価より低くなることも考えられます。金額の大幅な変更になってしまうことになりかねません。

絶対事項として、ジャケットのたたみ方などオークションサイトに定められた方法、若しくは指導内容を遵守することを忘れないことが大切です。

たたみ方の注意点として

オークションなどで発送する際、たたみ方を丁寧にすることは大切ですが、ちょっとポイントがあります。まず、何か挟んだ方がシワになりづらいだろうと、新聞紙を挟んだたたみ方をした場合、生地によっては新聞のインクが衣類に移ってしまう場合も考慮する必要があります。

またニオイも気になるところです。一度、陰干しするなど衣類の湿度を取り除いた方が、たたみ方が多少器用ではなくても、余計な折りシワが残らずに済むこともあります。

ジャケットの素材に配慮したたたみ方を知ろう

近年は、様々な素材のジャケットが出回っています。生地の特性を把握しておくことで、シワなく気持ちよく着続けることができます。

品質表示タグは目安になる

たたみ方は、素材がポイントになります。ウールが多く入っている場合や、ポリエステル製品の場合、またサテン生地の場合などによって異なります。それぞれによって、たたんで収納することが可能な場合と、収納袋などに納めてハンガーにかけた方が良い場合があります。

その目安に活用できるのは、ジャケットの内部に取り付けられている品質表示のタグです。タグにはその製品が何でできているのか、素材を表示しています。洗濯の際にも重要な役割を果たすタグですが、収納の際にも忘れてはなりません。

品質に合った収納方法を行うことで、ジャケット自体も長持ちするので、長期間好みのジャケットを楽しむこともできます。

お洒落を楽しむにはたたみ方とクリーニング

ジャケットのシワにならないたたみ方|スーツ/旅行/出張

お気に入りのジャケットを長く楽しむためには、保存方法とクリーニング法を間違えないことです。そしてこれは難しいことではありません。ジャケットの素材を把握して、その素材に合った方法を行うだけです。

シワのないジャケットは誰が見ても格好良いです。そしてそんなジャケットは自分を更に魅力的に見せてくれる素敵なアイテムになります。

お洒落はちょっとしたコツさえ履行できれば、楽しめます。お気に入りのジャケットを長く楽しむために、適切なたたみ方を知ることは大切です。

出張などの旅行の際にもシワにならないたたみ方を覚えておけば、快適にお仕事や旅を楽しむことができます。そして衣替えの際や、オークションで売りに出す際なども、適切なたたみ方をしておくことで、季節を経ても楽しめたり、発送先の相手に喜ばれることにもなります。

おしゃれのためにも、シワになりづらいたたみ方を、ぜひマスターしましょう。

Related