Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

インテリアコーディネートのコツ/部屋を広く見せる/色で考える

素敵なインテリアコーディネートができるようになるためにはどんなコツがいるのでしょうか。ここではプロがオススメするインテリアコーディネートのコツについてお伝えします。ちょっとしたコツを抑えることで、居心地の良い空間を作ることができるようになります。

インテリアコーディネートのコツ/部屋を広く見せる/色で考える

インテリアコーディネートのコツってあるの?

インテリアコーディネートのコツ/部屋を広く見せる/色で考える

おしゃれで落ち着く家に住みたい。これは多くの人が願うことではないでしょうか。簡単にできるインテリアのコツの本やインターネットのブログがたくさん出回り、初心者でも簡単に、インテリアコーディネートに挑戦することとができるようになってきました。

しかし、実際にインテリアコーディネートに挑戦してみると思ったようにいかないという人が多いのも事実です。本の写真に載っているような素敵で落ち着く空間を作るにはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、プロがおすすめするインテリアコーディナートのコツについてお伝えします。部屋を広く見せることができるインテリアコーディネートのコツや、色で考えるインテリアコーディネートのコツなど、ちょっとしたコツやルールをつかむと、驚くほど統一感が生まれるインテリアコーディネートにすることができます。

自分のライフスタイルについてよく把握しよう!

インテリアコーディネートのコツ/部屋を広く見せる/色で考える

まずは、自分のライフスタイルについて把握しておくことが大切です。例えば、一人暮らしなのか、夫婦ふらり暮らしなのか、子供がいるのかによって、ライフスタイルは大きく変わってきます。また昼間は仕事に出て、夜家で過ごすのか、それとも一日中家にいるのかによってもインテリアコーディネートに求めることは変わってきます。

雑誌で見て素敵なインテリアコーディネートだと感じたとしても、子供がいる家には向かないインテリアコーディネートだということもあります。落ち着くインテリアコーディネートを目指すには、まず自分のライフスタイルを把握しておくのがコツです。

イメージを膨らまそう!

インテリアコーディネートのコツ/部屋を広く見せる/色で考える

雑誌の写真などで見て、自分のインテリアコーディネートに取り入れたいイメージを探しましょう。例えば、カントリー調にしたいのか、モダンな雰囲気にしたいのか、バリのホテルをイメージしたエスニック調にしたいのかなど、それぞれ好きなイメージは異なります。

しかし、同じ部屋にいくつものイメージが置かれているとまとまった雰囲気になりません。例えば、ソファーはエスニック調、テレビ台はカントリー調、ダイニングテーブルはモダンにといったインテリアコーディネートをしているとごちゃごちゃしたイメージになってしまいます。

自分がやりたいインテリアコーディネートが決まったら1つの部屋は1つのテーマで統一するのがコツです。そうすることで、部屋に統一感が生まれリラックスできる空間を作りやすくなるからです。

同じ素材のものを選ぶ

インテリアコーディネートのコツ/部屋を広く見せる/色で考える

部屋に置くものを同じ素材のものにすることによっても部屋に統一感が生まれます。昔の家に統一感があったのは、多くのものが自然のものから作られていたからです。例えば、畳、障子、ドアなどです。それによって自然に、統一感が生まれていました。

現在は、多くものものを自分で選ぶことができるようになってきました。モダンなデザインのものも簡単に手に入れることができます。おかげで意識してインテリアコーディネートを選ばなければ、統一感がなくなってしまいがちになります。

自分がどのインテイリアコーディネートを目指しているのかを意識して、同じ素材のものを選ぶようにすることが、素敵なインテリアコーディネートを目指すためのコツです。

部屋を広く見せるインテリアコーディネートのコツってあるの?

日本の家は多くの場合、細かく仕切られていて、とても広いとは言えません。そんな家を広々と見せるためのインテリアコーディネートのコツをご紹介します。ちょっとしたコツを心がけることで、思った以上の効果を得ることができます。

窓の周りには何も置かない

インテリアコーディネートのコツ/部屋を広く見せる/色で考える

窓は外からの光を取り入れることができる場所です。窓の周りにものがなく、光をしっかりと取り入れることができると、部屋は広く感じます。反対に、窓の周りに大きな家具などの物が置かれていると、部屋がごちゃごちゃして見え、狭く感じます。光を取り入れ、部屋を広く見せる効果を取り入れましょう。

低めの家具を選ぶ

高さのある家具は収納力があり、狭い家で効率的にものを収納するのに向いています。そんな理由から高さのある家具を選ぶ人が多いのも事実です。しかし、高い家具を置いていると、部屋に圧迫感を感じます。

特に狭い家に高さのある家具を置くことによって、部屋を実際よりも狭く見せ、逆効果です。反対に低い家具を選ぶことによって、天井を高く見せる効果があります。このことによって、部屋を広く見せることができます。インテリアコーディネート初心者は、低めの家具を選ぶのがコツです。

白を基調とした家具を置く

インテリアコーディネートのコツ/部屋を広く見せる/色で考える

インテリアコーディネートの初心者にとって、簡単に、統一感のある広いインテリアコーディネートを実践できるコツは、白を基調とした家具を選ぶことです。

白には光を反射する効果があります。それで白を基調にした部屋にすることで、部屋に光を取り入れやすくなり、部屋を広く見せることができるコツとなります。また圧迫感を与えない色なので、実際以上に部屋が広く見えます。

鏡を使ってみよう!

部屋を広く見せるインテリアコーディネートのもう1つのコツは、鏡を効果的に使うことです。鏡を使うと、部屋に奥行きを作ることができます。その結果、部屋を広く感じることができます。

鏡を効果的に使うもう1つの方法は、外の綺麗な景色が鏡に映るようにな角度で鏡を置くように工夫することです。例えば、もし住んでいる家の景色に、木や花など自然の景色があるのなら、その景色が鏡に映るようにします。

そうすると、綺麗な景色を部屋に取り入れることができるという利点と、部屋を広く見せることができるという利点の両方を取り入れることができます。

色で考えるインテリアコーディネートのコツって?

さきほど、白を基調にした家具を選ぶことによって、部屋を広く見せる効果があると紹介しました。色の使い方はインテリアコーディネートに大きく影響します。インテリアコーディネートの色の選び方のコツを知ることで、素敵な統一感のあるインテリアコーディネートが生まれます。

テーマカラーを決めよう!

統一感のあるインテリアコーディネートの空間を作るために、テーマカラーを決めることは大切です。そしてここで、押さえておきたいことは、テーマカラーを使いすぎないことです。ベースカラー:テーマカラー:アクセントカラーの割合は、70%,25%,5%の割合で使います。

実際にやってみよう!

テーマカラーを青、アクセントカラーを茶色と決めたとします。ベースカラーは無彩色の中から選ぶことができます。例えば、ホワイトやオフホワイトなどの色を選んだとしましょう。に、クッションカバーやソファー、ベットカバーなどのポイントにテーマカラーを使用します。そこに同じくクッションカバーやランプなどにアクセントカラーの茶色を起用します。ベースカラーを多めにし、テーマカラーを多く使いすぎないことがインテリアコーディネートのコツです。そして、アクセントカラーをピリッと効かせましょう。

テーマカラーとベースカラー選びはネットを参考に!

インテリアコーディネートのコツ/部屋を広く見せる/色で考える

最近は色々なサイトから素敵なインテリアコーディネートの写真を見ることができます。このような写真を参考にすると、思いがけない色の組み合わせを発見することができます。例えば黄色とグレーなどの組み合わせは、ちょっとびっくりする組み合わせですが、上手に取り入れることによって、落ち着いたおしゃれな空間来ることができます。

色のルールを知って置くのもコツ!

色には10色の色相環があります。それぞれの色には補色という、お互いの色を引き立たせる効果がある色があります。例えば赤と緑が補色にあたります。

そして暖色系、寒色系の色のグループにも別れ、どちらにも属さない緑や黄緑、紫や赤紫を中間色と言います。それぞれ色の特色や役割を知って置くことは統一感のあるインテリアコーディネートを作るためのコツです。

コツを抑えて楽しくインテリアコーディネートしよう!

インテリアコーディネートのコツ/部屋を広く見せる/色で考える

これらはプロがオススメするインテリアコーディネートのコツです。色の使い方の割合に気をつけるコツ、同じ素材のものを選ぶという、家具などの選び方のコツなどちょっとしたことに気をつけるだけでも、素敵な居心地のいい部屋を作ることができます。

まずは自分のライフスタイル、なりたい部屋をよくイメージし、素敵な空間を作るように工夫してみましょう。

Related