Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

手作りの抱っこ紐収納カバーの作り方・使い方

赤ちゃん連れの必需品である抱っこ紐ですが、使っていない時にはかさばったり、だらんと腰から下げるのも不格好です。そんなときに便利なのが抱っこ紐収納カバーです。今回は、抱っこ紐をまとめて包んで持ち運べるおしゃれな抱っこ紐収納カバーについてご紹介します。

手作りの抱っこ紐収納カバーの作り方・使い方

抱っこ紐収納カバーは必要?

抱っこ紐はとても便利!

赤ちゃんがいるご家庭であれば、日常的に抱っこ紐を利用しているという方も多いのではないでしょうか。中でも、腰ベルトがあるタイプの抱っこ紐は、肩だけに負担がかからないため、長時間使用する場合でも快適です。このため、様々な種類の抱っこ紐がある中でも、特に腰ベルト付き抱っこ紐は大変人気があります。

使っていない時は邪魔になる?

しかしその反面、腰ベルト付きの抱っこ紐は、赤ちゃんを下ろしたときには途端にお荷物になってしまいます。腰ベルトを付けたままぶら下げているのは不恰好ですし、肩紐が地面についてしまうこともあります。

また畳もうとしてもバラバラになりやすく、しかも嵩張るというデメリットもあります。このように、収納や持ち運びに手間取りがちな抱っこ紐ですが、荷物が多いときなどでも、さっと収納できて便利なグッズがあると良いと思うでしょう。今回は、抱っこ紐をスマートに持ち運べる抱っこ紐収納カバーについてご紹介します。

抱っこ紐収納カバーの使い方

抱っこ紐を使用していない時に、荷物になるという悩みを解決してくれる抱っこ紐収納カバーですが、一体どうやって使うものなのか、まずはその使い方についてご説明します。

付け方は?

抱っこ紐収納カバーの付け方はとても簡単です。

1.まず抱っこ紐の腰ベルトの部分にカバーを付けます。

2.そのままベルトを腰に装着し、赤ちゃんを抱っこします。

3.赤ちゃんを下ろしたら、抱っこ紐の両方の肩ベルトを重ねてくるくると腰側に巻いていきます。

4.腰ベルトに付けたカバーで肩ベルトや背当て部分など全体を包みます。

5.商品によってマジックテープやスナップボタンなどをとめてできあがりです。

あとは、腰にそのまま付けて、ウェストポーチ風にしても良いですし、肩に斜めにかけてショルダー風にしてもおしゃれです。また、ベビーカーに掛けたりすることもできます。

おすすめの抱っこ紐収納カバーはこちら!

それでは、おすすめの抱っこ紐収納カバーをご紹介します。商品によってはサイズ展開もありますので、カバーを選ぶ際には、お持ちの抱っこ紐を丸めた時に、どれくらいのサイズになるか計っておくのが失敗しないポイントです。

ファムベリー 抱っこひも収納カバー

こちらは、ファムベリーの抱っこ紐収納カバーです。ドットやオリーブ柄などの柄物から、カラーもベージュやグレーやブラックなど、バリエーションが多く好みに合わせて選ぶことができます。マジックテープで固定して、ホックでとめるタイプとなっています。ベビーカーに下げたり、ショルダー風にしたり、ウエストポーチ風にも装着可能です。価格は1,831円です。

ルカコ 抱っこ紐(だっこひも) 簡単収納カバー

こちらは、ルカコの抱っこ紐収納カバーで、スナップボタンでとめるタイプです。エルゴアダプト、エルゴ360、ベビービョルンoneなど大きめな抱っこ紐にも使えます。サイズは、Lの他にMサイズもあり、お持ちの抱っこ紐の種類によって選択可能です。

こちらも、色や柄は豊富にバリエーションがあり、ファッションなどに合わせて選べます。3,070円と他のメーカーより少し値段は高めですが、日本製で修理保証もついているため安心です。色や柄によっても価格が違っていますので、選ぶ際にはご確認ください。

Jolie・Joie 抱っこ紐(だっこひも)収納カバー

こちらは、Jolie・Joie(ジョリージョア)の抱っこ紐カバーです。エルゴ、キューズベリー、コランなど多数の抱っこ紐に対応しており柄も豊富に揃っています。また、リバーシブルになっていて、裏は無地なので女性向けの柄を選んでも裏返せば、パパにも違和感無く使ってもらえるようになっています。

生地が厚めでしっかりした素材を使用しているため、包んだときにボコボコせず見た目もすっきりします。セール価格で、現在は2,000円になっていますが、価格は変動する可能性があります。

ナポレックス 抱っこひもカバー

こちらは、ナポレックスの抱っこ紐カバーです。ディズニーの柄がかわいらしく、色が落ち着いているので、どんな服装にも合わせやすくなっています。抱っこ紐をくるくるとまとめてホックでとめるタイプです。表地がポリエステルで裏地が綿となっており、丸洗いが可能です。価格は2,700円となっています。

チャックル *スウィートガール*小花柄抱っこ紐収納カバー

こちらは、チャックルの抱っこ紐収納カバーです。かわいい雰囲気の小花柄で、カラーはピンク、ブルー、イエローの3種類から選べます。抱っこ紐を巻いて畳み、カバーで包んでスナップボタンをとめるタイプです。生地がブロード二枚合わせで軽いのが特徴で、素材は綿100%となっています。価格は2,160円とお手頃です。

よだれがついても大丈夫な抱っこ紐収納カバーってあるの?

手作りの抱っこ紐収納カバーの作り方・使い方

赤ちゃんがいると、身の回りのものはなんでも舐めてしまうので、よだれが気になるという方も多いでしょう。抱っこ紐収納カバーについても、赤ちゃんの手の届く場所に置いてあれば、よだれが付いてしまうことも考えられます。

そんなときに、撥水加工の抱っこ紐収納カバーなら安心です。先ほどご紹介したファムベリーの抱っこ紐収納カバーの中に、撥水加工の物が有るので、よだれが付くのが気になる方は撥水加工のものを選びましょう。それ以外のカバーについても洗濯ができますので、よだれが付いた場合を考えて、洗い替えにもう一つ用意しておくのもおすすめです。

よだれ対策におすすめの抱っこ紐収納カバーは?

こちらは、BABYHOPPERのエルゴ用抱っこ紐収納カバーです。表地がナイロン、裏地がポリエステルなので、素材的によだれや雨に強くなっていておすすめです。価格は1,942円となっています。

手作りの抱っこ紐収納カバーの作り方

手作りの抱っこ紐収納カバーの作り方・使い方

使って便利、見た目もおしゃれな抱っこ紐収納カバーですが、実は手作りすることもできます。基本的な構造としては、抱っこ紐を包めるサイズの四角い布を2枚裏表に縫い合わせ、左右の両端にゴムを通し、上下はスナップボタンやマジックテープでとめるというものです。

直線に縫う作業さえできれば、初心者の方でも簡単に作成できますので、気に入った布地を用意して手作りするのもおすすめです。それでは、抱っこ紐の種類別に作り方をいくつかご紹介します。

エルゴその1

こちらは、手芸店によるエルゴの抱っこ紐収納カバーの作り方の解説です。綺麗な画像で見やすく、しかもアイロンを使うなど、細かい仕上がりのポイントまで説明してくれているので参考になります。

エルゴその2

先のエルゴの収納カバーとは、裏地の付け方が違う作り方の紹介ブログです。かわいい飾りを付ける方法なども説明されているので、女の子用の抱っこ紐にぴったりです。自身の失敗談も含めて説明されているため、とてもわかりやすくなっています。

アップリカ

こちらは、アップリカのコランビギに合わせて、抱っこ紐収納カバーを手作りされた方のブログです。工程については、手短にまとめて記載されています。装着の仕方まで写真がわかりやすく載っているので、アップリカの抱っこ紐をお持ちの方は参考にしてみてください。

ベビービョルン

こちらは、ベビービョルンONEプラスAirに合わせたサイズで、抱っこ紐収納カバーを作られた方のブログです。細かい作り方については、エルゴなどと同じなので省略されていますが、布地のサイズが、ベビービョルン用はエルゴより少し大きくないと、使いにくいということが実例として書かれています。

こちらのブログでは、ベビービョルンONEプラスAirに合わせたサイズについて記載があるので参考にしてください。

抱っこ紐収納カバーを持って出かけよう!

手作りの抱っこ紐収納カバーの作り方・使い方

抱っこ紐を使っていると、赤ちゃんを下ろしたときに収納に困ることは多々あります。しかし、今回ご紹介したような抱っこ紐収納カバーがあれば、抱っこ紐を使っていないときでも、スッキリ収納しておしゃれに持ち運ぶことができます。

ご自分で使うのももちろん、抱っこ紐をお持ちの方へのプレゼントにしても喜ばれること請け合いです。赤ちゃん連れのお出かけは荷物も多くなりがちで、億劫になってしまうこともあります。ですが、抱っこ紐収納カバーがあればストレスも軽減できますので、うまく利用して楽しくお出かけしてみましょう。

Related