Search

検索したいワードを入力してください

口唇期に固着しない方法・克服方法・いつまで・特徴|指しゃぶり

初回公開日:2018年04月17日

更新日:2020年03月06日

記載されている内容は2018年04月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

フロイトの考え出した心理的性的発達理論の中にある、口唇期。この口唇期に着目し、口唇期に固着しない方法や克服方法、口唇期が満たされなかった人の特徴についてなど、口唇期に関するさまざまなことをまとめました。自身の振り返りにぜひ一読してみてください。

口唇期に固着しない方法・克服方法・いつまで・特徴|指しゃぶり

心理的性的発達理論とは

口唇期に固着しない方法・克服方法・いつまで・特徴|指しゃぶり
※画像はイメージです

心理的性的発達理論とは、オーストリアの精神医学者であり精神分析学者、さらには精神科医であるジークムント・フロイトが考え上げた人の発達に関する理論です。

成人の性欲は性器性欲ですが、子どもにはさまざまな多様性を持った幼児性欲があると定義されています。そして、この理論に基づいてそれぞれの発達段階として口唇期、肛門期、男根期、潜伏期、性器期の5つに分類されると発表しました。

それぞれの時期は年齢によって区分されており、段階に応じた欲求をきちんと満たすことができなかった場合、その後の性格に大きな影響を及ぼすと定義されています。この中でも、口唇期と肛門期は、その人の人格形成に最も大きな影響を及ぼすと言われています。

このフロイトの心理的性的発達理論は、心理学の中では基本となる理論として取り扱われており、「ピアジェの思考発達段階説」と共に発達心理学、児童心理学を支える理論となっています。

口唇期とは

口唇期に固着しない方法・克服方法・いつまで・特徴|指しゃぶり
※画像はイメージです

口唇期とは、フロイトが創り上げた5つの心理的性的発達理論の中における最初の段階のことを指します。年齢としては出生後~2歳の期間となり、口からの欲求を満たす時期となります。赤ちゃんが母乳を吸うことは、本能的な生存と密接な関係がありますが、この口からの満足を得ることで身体的にだけでなく精神的な欲求をも満たしています。

出生後~2歳のこの時期の欲求は主に口唇に集中しているため、口に関する欲求をきちんと満たすことが重要となります。この欲求をきちんとこの年代で満たすことができずに成長をしてしまうと、思春期以降における自身の性格や癖などに多大な影響を与えることとなります。

口唇期はいつまでなのか・年齢

口唇期に固着しない方法・克服方法・いつまで・特徴|指しゃぶり
※画像はイメージです

口唇期は、一般的には出生時からおよそ生後18か月くらいまでの時期のことをいいます。いわゆる「赤ちゃん」と呼ばれる時期で、母親の母乳から栄養を取るだけでなく、安心感や信頼感なども口から受け取っています。ですが、この時期にきちんとした口唇期を過ごすことができなかった場合、大人になってからもひきずってしまうケースもあります。

ここからは、「赤ちゃん」「大人」といったそれぞれの年齢と口唇期との関わりについてご紹介ます。

赤ちゃん

口唇期真っただ中で「赤ちゃん」と呼ばれる時期は、口からさまざまな満足を得ています。まさに出生時から生後18か月くらいまでの間です。そして、人間が最初に見つける快楽は口からによるものです。

この「赤ちゃん」と呼ばれる時期は人格形成においても重要な期間のため、口からの快楽をきちんと受け取れているか否かによってその後の人格にも大きな影響を及ぼします。

この時期に無理な断乳をしたり、きちんとしたコミュニケーションをとりながらの授乳ができていなかったりすると、口からの快楽を十分に得ることができていないため、いつまでも口の快楽にこだわることになります。

また、歯が生えてきた頃には攻撃をするということも覚えているので、母親の乳房を噛むという行動が現れることもあります。

子供

いわゆる赤ちゃんの時代に、十分に母乳を吸うことができなかったり、指やおもちゃをしゃぶっているのを無理やりやめさせられてしまったりした場合、赤ちゃんを終えたこどもの時代にも口唇による欲求を満たそうとします。

指をしゃぶる時間や期間が異様に長くなったり、何かをすぐ口にくわえたがったりと、口唇に関する行為を頻繁にするようになります。よって、無理にやめさせるのではなく、ある程度の時間をかけて見守っていく必要があります。

大人と口唇期との関係

口唇期に固着しない方法・克服方法・いつまで・特徴|指しゃぶり
※画像はイメージです

口唇期は出生後~2歳頃までとお伝えしましたが、この時期の欲求がきちんと満たされているか否かは、大人になってからも大きな影響を及ぼします。このことについて、ご紹介します。

大人

口唇期はいわゆる「赤ちゃん」の時代とお伝えしましたが、この時期に適切な快楽や満足を得られなかった場合、成長してからもある特徴的な性格を持つことがあります。このように、口唇期は赤ちゃんの時代のみならずその後の人生にまで影響を及ぼします。

大人になってからの性格や癖は、幼少期からのさまざまな事柄の積み重ねでできあがっています。何か自分の性格で悩んでいることや直したい癖がある場合は、幼少期までさかのぼってみることも大切です。

自身で思い出してみたり、育ててくれた人に話を聞いてみたりすることで解決策が見つかる場合もあります。

口唇期と保育園との関係

口唇期に固着しない方法・克服方法・いつまで・特徴|指しゃぶり
※画像はイメージです

口唇期とそれぞれの年代との関係をご紹介しましたが、口唇期においてとても大きな影響を持つもののひとつとして「保育園」があげられます。

口からの充足感を重要とする口唇期という時期ながらも、母親と離れて過ごすことになる「保育園」と口唇期との関わりについてご紹介します。

保育園

保育園に入園する子供は、早い場合は生後43日から預けられることになります。一般的な生後6か月や1歳からの保育園入園の場合でも、出生後~2歳の口唇期に当てはまります。

この保育園入園を機に無理な断乳をしてしまうと、子どもの欲求が満たされないため、この時期に精神的不安定やその後の人格形成に影響を与えてしまいます。

口からの欲求は人工的なおしゃぶりでは満たすことができませんが、抱きしめたり一緒に過ごす時間を大切にしたりするなどといった方法で補うこともできます。また、保育園以外の時間で授乳を続けることで口唇期ならではの欲求を満たすこともできます。

よって、早期から子供を保育園に入れる場合はしっかりと親子間のスキンシップをとることが大切となってきます。

口唇期が満たされなかった人の特徴

Related