Search

検索したいワードを入力してください

パスタ一人前の分量とはかりを使わずをはかる3つの方法

初回公開日:2018年02月13日

更新日:2019年03月19日

記載されている内容は2018年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

一人前のスパゲティなどのパスタを計って、茹でて、料理するのは、手間だと思っていませんか?ここでは、簡単なスパゲティの一人前の計り方や楽なパスタの茹で方、一人前のスパゲティのレシピなどをご紹介します。茹で方を変えるだけで、気軽に一人前のパスタができます。

パスタ一人前の分量とはかりを使わずをはかる3つの方法

パスタ一人前の分量は

夕食にもランチにも、手軽に食べられるパスタ一人前は、いざ料理をしようと思った時に量に悩むことがありませんか。

最近では、結束したタイプのパスタ一人前も売っていますが、お得なパスタは結束されていないことが多いでしょう。

スーパーマーケットでよく見る結束タイプのパスタは、マ・マー、オーマイスパゲッティ、ポポロスパなどがあります。この3社のパスタは、どれも100gをパスタ一人前として結束しています。

男性の場合

平均的な一人前のパスタは何グラムなのか、まずは結束パスタの量をチェックしてみましょう。結束パスタの1束の量は100グラムです。このことから、平均的な一人前のパスタのグラム数が100グラムであることがわかります。

男性の場合は、平均的なパスタ一人前の倍にあたる150~200グラムが満足できる量だといわれています。

女性の場合

一般的には、パスタだけを食べる場合には、パスタ一人前が90~100g、軽めであれば80gほど、パスタを他の料理と合わせて食べる場合には60gぐらいが目安といわれています。

イタリアンの本格的なレストランなどで出されるパスタ一人前は、30~60gぐらい量が多く盛られています。

女性の場合は平均的な100グラムが、パスタ一人前の量として適当です。

子供の場合

子供のパスタ一人前の量は、子供の年齢や体力にもよりますが、普通よりすこし少ない80グラムが目安です。

ペットボトルの口のところだけカットして、パスタ一人前の計量ツールとして使うことができます。パスタ一人前を子供用に80gと軽めにしたければ、ペットボトルの口が2.0cmのものがぴったり合います。

大盛の場合

大盛のパスタ一人前は、通常の量の倍にあたる200~400グラムが妥当な量です。

大盛パスタ一人前は、レストランによって量に開きがあります。コースメニューなど、他の料理と一緒に食べる店は、パスタ一人前の普通盛の量が少なめに設定されているからです。

スパゲティには太さがいろいろあります。どんな銘柄のスパゲティでも1.7ミリのスパゲティで1グラムが目安になります。

パスタ一人前のはかり方

パスタ一人前のグラム数がわかっても、毎回グラムを量るのは手間になるでしょう。パスタ一人前を専用のキッチンツールを使わずにさっと知るには、いくつかの方法があります。

ちなみに、一人前のパスタの本数は、1.6mmの一人前100gのパスタで105本ほど、1.7mmで100本、1.8mmになると95本ぐらいになります。

パスタ一人前を100gとしたときの、さまざまな量り方をお教えしましょう。

指ではかる

もっとも道具を使わないのは、指を使ってパスタ一人前を量ることでしょう。

一度正確に量ったパスタ一人前、または結束タイプのパスタ一人前を、親指と人差し指で輪をつくって、隙間がないように握ってみましょう。この時に、人差し指の爪が親指のどのあたりに当たるかを覚えておきます。

すると、毎回指だけで、だいたいパスタ一人前100gの量を量ることができるようになります。

ペットボトルではかる

パスタ一人前を指で量るのは、やはり誤差が生じてしまいます。誤差を不満だと考える人には、ペットボトルで量る方法をおすすめします。

ペットボトルの口が2.3cmほどのものを探しましょう。パスタ一人前100gをまとめると、直径が2.3cmになるからです。

大きなペットボトルなら多少入れるのに手間がかかりますが、パスタを保存する容器として使えば、毎回ひっくり返すだけでパスタ一人前が量れます。

パスタの袋ではかる

パスタの袋がしっかりしていれば、袋に一人前を量る切り込みを入れるのもいいでしょう。袋を開ける前に端から2.3cmの切り込みを入れておけば、一人前だけパスタを取り出すことができます。小食な人には、一人前80gとして2.0cm切込みを入れるのをおすすめします。

弱い袋だと切込みがだんだん大きくなり、パスタ一人前の量が狂ってきてしまうので、注意しながら使うようにしましょう。

便利ツールを使ってはかる

パスタ一人前を量る便利ツールにはいろいろな種類があります。

・カメラの絞りのような中心にパスタを挿し込み、横の人数分のメモリ付きのレバーをスライドさせてパスタの量を量ることができるツールがあります。

・人数分に合わせて穴がいくつも空いていて、パスタを入れて量る樹脂のツールもあります。

・ステンレス製の筒にパスタを入れて、パスタ一人前ずつ量ってお湯に入れられる便利ツールもあります。

ショートパスタの場合

ショートパスタとは、スパゲティのように長いタイプではなく、マカロニやペンネのように短いタイプのパスタのことです。

ショートパスタ一人前の分量は、単品で食べる場合は60~80グラムが適当とされています。他の料理のおかずとして食べる場合のショートパスタ一人前は50グラムです。

ショートパスタ一人前をはかりを使わずに量る場合は、計量カップだと1杯で約70グラム、片手ですくうと1杯が約50グラムです。

パスタ好きなあなたにおすすめなのはこちら

「サンコープラスチック パスタケース パスタケース レッド」は、パスタの量を計量しながら取り出すことができる便利ツールです。

パスタ一人前の分量も、はかりを使わずに取り出すことが可能です。パスタの量は1500グラムまで縦置きでストックできるので、邪魔にならずに便利なツールです。

取り出し口は、100グラムと230グラムの大小2箇所あります。パスタ一人前が簡単に取り出せて使いやすいと、大好評の製品です。

パスタ一人前のカロリーは

一般的なパスタである日清フーズのマ・マースパゲティ1.6mmの一人前100gのカロリーは、358kcalです。ちなみに、ご飯を1膳160gとすると、一人前のカロリーは269kcalです。

パスタはすぐにエネルギーになる食材として、アスリートやダイエットをしている人にも人気の食事です。しかし、やや高めのカロリーが気になるところでしょう。

最近では、こんにゃくから作られた低カロリーのパスタなどもあります。

オイル系

パスタ一人前の料理のカロリーは、パスタのカロリーに、それにかけるソースのカロリーがプラスされます。ソースのカロリーによってパスタ一人前の料理のカロリーはかなり違ってきます。

オイル系のソースの代表料理であるぺぺロンチーノパスタ一人前で、508キロカロリーあります。

ペペロンチーノとは、オリーブオイル・にんにく・唐辛子・バジルなどで炒めたパスタ料理です。

トマトソース系

トマトソース系のパスタ一人前のカロリーは、ナポリタンで590キロカロリー、ミートソースパスタで614キロカロリー、ペスカトーレで740キロカロリーです。

ペスカトーレとは、トマトソース系に魚介類が入った漁師という名が付けられたパスタ料理です。残った魚で作ったトマトの煮込み料理が発祥とされています。レシピに決まりはなく、イカ・海老・ムール貝・ホタテ・カニなどの魚介類がトマトソースにからめられています。

クリームソース系

クリームソース系のパスタ一人前のカロリーは、カルボナーラで779キロカロリーあります。

たらこスパゲティでも、パスタ一人前で742キロカロリーあります。パルメザンチーズや油、クリームや卵が具材に使われているので、カロリーが高くなってしまいます。

クリームソースのパスタは、生クリームなしでも十分おいしくつくることができます。生クリームのカロリーが気になる方は、豆乳・牛乳・ヨーグルトなどで代用しましょう。

パスタ一人前の茹で方

パスタは一人前でも大きな鍋を使うことが、おいしいパスタになる茹で方です。一人前100gのパスタなら、水1リットル=1000g、塩1%=10g必要で、1リットルのお湯が沸くまで時間がかかります。

スパゲティなどのパスタは、量って茹でる手間のかかる料理です。特に一人前だと、面倒だと感じてしまう人も少なくないでしょう。量り方や茹で方を簡単な方法に変えると、一人前のパスタをおいしく食べることができます。

お湯の量と茹で時間

基本とはわかっていても、一人前のパスタのために、わざわざ大きな鍋で大量のお湯を沸かして茹でるのはちょっと億劫だと思う人も少なくないでしょう。

少ない水で一人前のパスタをゆでる方法としてテレビ番組で紹介されたのは、フライパンと蓋を使って茹でる方法です。

水は400mlで茹で時間7分で済みますし、お湯が沸くまでの時間もかかりません。しかも、同じフライパンを使って一人前のパスタを料理することが可能です。

Related