Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

リビングの形状別インテリア配置例・風水で運気が上がる配置例

リビングには、縦長のお部屋と横長のお部屋のほか、正方形のお部屋など、いろいろな形状があります。また、窓の広さや位置、数によって家具の配置は変える必要がありますが、どこにどの家具を配置すれば快適になるかについて覚え、快適なリラックス空間を手に入れましょう。

リビングの形状別インテリア配置例・風水で運気が上がる配置例

リビングの形状別インテリア配置例

リビングの形状別インテリア配置例・風水で運気が上がる配置例

縦長のリビングや横長のリビングは、特にマンションに多いお部屋です。縦長リビングもの横長のリビングもほぼ同じと考えていらっしゃる方も少なくありませんが、縦長のリビングと横長のリビングには、それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらにも違いがあります。

まずこれからお家を建てようという方や、マンションを購入されるという方は、それぞれの特徴をふまえておき、家具の配置を決めましょう。

縦長のリビングのメリット

リビングの形状別インテリア配置例・風水で運気が上がる配置例

縦長のリビングのメリットは、壁の面積が広いため、その分家具が配置しやすく、並べて家具をおけることと、部屋の配置のバランスがとりやすいと言うことです。また、例えばリビングとその他のお部屋をひと続きにして使うなど、比較的自由に配置を変えられるということです。、

縦型のリビングのデメリット

縦長のリビングの場合は、キッチンが奥にあることが多いため、リビングに日の光が届きにくいということと、リビングダイニングの場合、キッチンとリビングの境界線が曖昧で、家具の配置が難しいところです。

横長のリビングのメリット

横長のリビングの特徴は、リビングが窓際に面しているため、開放感があり、お部屋が明るいためお部屋が広く感じられることです。

縦長のリビングとは違い、キッチンまでの距離が近く窓際にあるということで、キッチンを明るく保つことができ、それと並ぶリビングも窓が隣り合っていて明るいため、お部屋を広く感じられ、開放感があります。

横長のリビングのデメリット

これもまた縦長のリビングとは逆で、壁が少ないため家具のデフォルトに困ってしまうことが
あります。背の高い家具や、大きめの家具を置くのが難しいため、小さめの収納家具を増やすか、もしくは収納もできるソファーやテーブルを用意するなど、工夫が必要です。

正方形

リビングの形状別インテリア配置例・風水で運気が上がる配置例

正方形のリビングが、意外と配置が難しいタイプのリビングです。正方形のリビングに、ソファーやテーブル以外にも家具を置こうとすると、うまくリビングの中に入りきらなかった人、配置するにあたってことが必要になります。

また、「狭いから」、「狭くなるのは嫌だから」といって、小さい家具をいくつも置くと、リビングの中がデッドスペースだらけになり、余計お部屋を狭く見せてしまいます。そこで今回は、正方形のリビングを上手に配置するコツについてご紹介しましょう。

正方形のリビングダイニングの場合

例えばリビングダイニングの場合は、一見縦長の部屋に見えますが、ほぼ正方形に近い形をしています。また、リビングダイニングの場合は、10畳間から14畳間が一般的の小屋の広さとなっています。

リビングの配置は、縦長のリビングよりも横長であった方が家具の配置がしやすく、4人家族用のダイニングテーブルや2人掛けのソファーを置いても、まだお部屋に余裕があります。

正方形のリビングの場合、なぜ家具の配置が難しいのかと言うと、四角の一片の長さが均等で短いため、横幅のあるテーブルやソファーを置いてしまうと、どうしても狭くなってしまうからです。

正方形のリビングのソファーの置き方

まず、それほどリビングに広さがない場合には、お部屋に奥行きがないということが多いため、L字型のソファーを選ぶとよいでしょう。リビングの角に合わせてL字型のソファーを配置すれば、それほど奥行きのないリビングでも場所を取らずに済みます。ちょうどいいL字型のソファーが見つけられなかったときは、幅の狭いソファーベットやオッドマンを重ねれば、L字型ソファーの代わりになります。

テーブルを置かない方法

正方形のリビングがあるダイニングキッチンの場合には、キッチンカウンターが設置されていますので、そのカウンターを利用して、あえてリビングにテーブルをおかないという方法もあります。テーブルを置かずに済むため、その分リビングを広く活用でき、リビングが狭くほとんどの時はリビングで過ごすという方にもおすすめです。

正方形のメリット

正方形のリビングのメリットは、窓の大きさにあります。リビングの正面である間口が、同じ広さの縦長や横長のリビングに比べて広いため、その分窓が大きく作られており、開放感が得られます。

正方形のリビングの配置を考える場合には、この窓を遮らない家具の配置を考えましょう。正方形のリビングでも、配置を工夫すれば過ごしやすいお部屋に作り替えることができます。マンションなどの場合は、縦長や横長のリビングがほとんどですので、個性を生かした配置を考えてみましょう。

マンションやアパートの配置の基本

マンションやアパートにお住まいの場合には、まず家具の配置を決めてからお部屋の間取りを決めましょう。日本の家屋の場合、食事をする部屋とリビングはそれぞれ独立しているのが一般的でしたが、マンションやアパートの場合は、リビングダイニングといった、それらが一体型となっているのがほとんどです。

そのため、これからマンションやアパートに住まわれる場合には、お部屋の広さごとにその空間を十分に生かした家具の配置をする必要があります。まずは、ご家族の人数からリビングの広さを選ぶ場合には、何畳間のお部屋を選べばよいのかについてお話しします。

20畳のリビングに家具を配置するコツ

最近ではリビングが20畳と、広いリビングダイニングのお部屋も珍しくありません。ところがこの20畳というのが癖もので、広くもなく狭くもない微妙な広さのため、家具の配置に難航するという方も少なくありません。

20畳とは、坪数にして11坪、平米数に換算すると、およそ 36.5平方メートルになります。ちょっと想像しづらいという方は、6畳間二つ分と考えてみると良いでしょう。そのため、家具を配置する場合にも6畳ずつの家具の配置を考えてから決めると、バランス良く家具を配置することができます。

15畳のリビングに家具を配置するコツ

15畳のリビングは、ソファーのほか、ダイニングテーブルやキャビネットといった、その他の家具を配置したとしても、それほど狭く感じることはありません。例えば大きめのソファーを選んだり、収納を増やすためにチェストやキャビネットに大きめのものを選んだとしても、圧迫感や狭さを感じることはありません。

そのため、15畳以上の広さがあるリビングにお住まいなのであれば、家具の配置やインテリアに凝ってみるのもおすすめです。家具の配置が動線と異なっている場合には、使いづらさや狭さを感じる場合もありますので、家具を配置するときは、まず動線を第一に考えましょう。

12畳のリビングに家具を配置するコツ

ご家族が 4人の場合は12畳以上の広さのリビングが必要です。リビングは家族だんらんの場所でもありますので、ご家族4人でも余裕のある広さが必要です。リビングが12畳ほどあるのであれば、4人家族であっても比較的小さめの家具を選ぶなど工夫することで、かなりゆとりが持てるレイアウトにすることができます。

10畳のリビングに家具を配置するコツ

10畳間の広さがあるリビングであれば、4人家族の場合でも充分に生活することができます。例えば4人用のダイニングテーブルや、二人掛け以上のソファーを配置する場合でも、比較的小さめのタイプのものを選ぶことで10畳間でも十分余裕を持たせることが可能です。

ですがお子さんが成長し、大きくなってきた場合には、10畳間のリビングでは手狭に感じる場合もあります。10畳間のリビングは、お子さんがお一人だけの場合の3人家族、もしくはお子さんが2人いらっしゃった場合、まだ小さいお子さんの場合に適したリビングです。

リビングのおしゃれで使いやすい家具の配置例

リビングの家具は、その配置の仕方によっておしゃれに見せる方法もあります。ただリビングの広さに合わせて家具を選ぶのではなく、お部屋の広さごとに家具の選び方について注意が必要です。では、具体的にはどうすればよいのか、お部屋をおしゃれに、快適に演出するにはどのように家具を配置したらよいかについてお話しします。

パソコンの配置

横長のリビングの場合には、窓際にパソコンを配置しなければならない場合があります。ですが窓を遮ってしまうと、窓の開け閉めが億劫になったり、窓を閉め忘れてしまう場合があります。

また、光を遮ってしまう場合もありますので、窓際しかパソコンを配置するスペースがないと言うのであれば、光を遮らないよう、テーブルに脚だけがついたシンプルなデザインのものを選びましょう。光を遮ることのないパソコンデスクを選ぶことで、部屋を明るく保てます。

収納スペースを確保

例えば一人暮らしの方がリビングにパソコンを配置すると言うのであれば、まず他の家具を最小限に抑えると良いでしょう。リビングでお仕事をされるというのであれば、収納スペースも併せて確保することでリビングをスッキリと片付けられます。

パソコンデスクの周りをキレイに飾る

リビングにある程度の広さがあり、家具の配置に余裕があるのであれば、パソコンの配置をどこにしようか、狭いお部屋の方とは逆の意味で迷ってしまいます。そこで、少し変わった家具の配置を選んでみるのもおすすめです。

例えば、家具やパソコンは壁際に配置するのが一般的ですが、それをソファーの後ろなど、お部屋の中心に配置しても、案外すっきりと居心地良く見せられます。また、海外のインテリアを参考に、壁際にパソコンを配置する場合にも、ポスターやポストカードを飾ったりとディスプレイに凝ってみてもお店のような雰囲気が味わえます。

テレビの配置

窓の多いリビングで困るのが、テレビの配置です。窓が多いリビングの場合には、まずテレビの配置を先に決めておきましょう。テレビは電化製品ですので、当然ですがコンセントが必要です。どうしても置いておきたい場所がある場合には、延長コードを使えばどこにでも置くことができますが、見た目も悪くなり、躓いて怪我をする原因にもなります。

テレビに相応しくない配置と収納

テレビをリビングに配置する場合にはなるべく窓際を避けましょう。テレビはテレビ台の上に乗せますので、考えている以上に場所を取ってしまいます。そのため、窓際にテレビを配置してしまうと、窓の明かりや風を遮ってしまい、ゴミや埃が溜まりやすい、なんだか暗いお部屋になってしまったということにもなりかねません。

その他、窓際にテレビを配置した場合、逆光で画面がよく見えなくなってしまうということがあります。逆光になると、テレビ画面が黒くなり、何が映っているのかがわからなくなってしまいます。そのため、テレビを配置する場合には、窓際は避けておいた方が無難でしょう。

また、収納家具の配置には、なるべくデッドスペースを利用しましょう。例えば、テレビ台などに収納のあるものを選べば、普段使わないものやDVDなど、細かなものもまとめられ、お部屋をすっきりと片付けられます。

ソファーの配置

テレビのリビングの配置を決めたら、次にソファーの配置を決めましょう。大抵ソファーに座ってテレビを見るという方が多いため、例えば窓際にテレビを置いた場合、ソファーの配置は自然に窓側に決まります。

「窓際に家具を置きたくない」と言う意見も中にはありますが、お部屋の動線を意識して配置すれば行動しやすくなるため、ソファーを置いている位置についてはそれほど気にならなくなります。

リビングにふさわしいソファーの色

窓が多いリビングの場合、どうしても窓際に家具を置く必要がありますが、出入りの多い窓際にはなるべく家具をおかないようにしましょう。動線近くに家具をおくと、そこに視線が向くため、圧迫感を感じてしまいます。

また、リビングにソファーを置くのであれば、あまり圧迫感のないものがおすすめです。例えば、黒い色のソファーを選べば、お部屋が引き締まって見えますが、逆に膨張色である淡い色のものを選んだ場合には、リビングを狭く見せてしまいます。

コタツの配置方法

「冬はコタツ」という方も少なくありません。ですが、普段テーブルとソファーで生活している方がいきなり部屋の中心にコタツを配置させ、リラックス効果を期待したつもりが、いつもと雰囲気が違いすぎてかえって居心地が悪くなっとしまったという方も少なくありません。

最近では多くの種類のコタツが販売されています。普段は通常の脚の長いテーブルとして使い、冬の寒い季節になると、テーブルの脚を短いものと交換して使えるコタツなど、種類やタイプも数多くとり扱われています。

そのため、リビングにコタツを配置するのであれば、テーブルの脚を短いものと交換し、高さを抑えれば、リビングにコタツをおいてもそれほど違和感を感じることがありません。

コタツを目立たせる

リビングにコタツを配置するにあたって違和感が気になるというのであれば、逆の発想を用いてコタツを目立たせるという方法もあります。

ソファーやカーペットの色を同系色でまとめて統一感を出す方法もありますが、他の家具はデザインや色を統一し、コタツの布団をあえて別の色やデザインのものを選んで目立たせてみると、案外お部屋のバランスが良くなることもあります?

エアコンの配置方法

エアコンは配置する場所によって、効き目や電気代も変わります。例えば幅のある壁側にエアコンを配置してしまうと、エアコンの吹き出し口から十分に風が届かず、お部屋を冷やしたり温めるために必要以上に時間がかかることがあります。

エアコンは「ハの字」に風が送られますので、リビングにエアコンを設置する場合には、幅のない方の壁にエアコンを設置しましょう。また、窓や出入り口に向かって風が排出される場所にエアコンを設置してはいけません。

窓や出入り口付近は、暖かい風や冷たい風が入り込んできますので、お部屋を冷やしたり温めたりしにくくなってしまいます。

オーディオの配置方法

リビングにオーディオ配置する場合には、真上から見た時にスピーカーが等間隔になるよう配置しましょう。また、スピーカーとソファーの距離についても、それぞれ距離が同じになるように配置して下さい。オーディオのスピーカーを自分の頭と正三角形になるよう配置することで音がよく聞こえます。

テーブルの配置方法

例えば、リビングにキッチンカウンターが取り付けられている場合には、ダイニングテーブルをキッチンカウンターにつけて配置すればご家族とのコミュニケーションが取りやすく、お部屋をおしゃれに演出することもできます。また、キッチンカウンターと平行にダイニングテーブルを取り付けたい場合には、ある程度縦の長さに余裕が必要です。

また、お部屋を広く見せたいのであれば、リビングダイニングの壁側にダイニングテーブルを配置するのもおすすめです。ですが、この場合はリビングダイニングの壁側に窓がある場合には、ダイニングテーブルを配置することができませんので注意しましょう。

その他、リビングダイニングにダイニングテーブルを配置するのであれば、ソファーの大きさにも注意が必要です。

食器棚の配置方法

食器棚といった背の高い家具は配置が難しく、配置する際に最も頭を悩ませるところです。特に、食器棚は他の家具とのバランスが難しい家具のひとつですが、食器棚を配置する場合は、他の家具との組み合わせを工夫することにより、背の高い圧迫感のあるものを置いても開放的なお部屋にすることも可能です。

場合によっては大きい食器棚もアリ

例えばご家族の人数が多い方や、食器を集めるのが趣味という方にとっては、収納力の高い、大きめのものを選びたいところです。ですが、「部屋が狭くなるから」、と諦めていないでしょうか。

食器棚は、背の高い大きめのものでも、その存在感を利用して、お部屋のインテリアにしてしまえばお部屋の演出にも役立てられ、お部屋が実際よりも狭く見えてしまう心配もありません。大きめの食器棚が必要な場合には、デザイン性の高いものがおすすめです。

置き方を変えればスッキリ見せられる

天井に届くほど大きな食器棚の場合は、お部屋のデッドスペースに設置しましょう。また、タンスといった、その他の家具を一ヶ所にまとめておくと、お部屋をよりすっきりと見せられます。また、小さめの家具をいくつもリビングに置くよりも、背の高い食器棚をひとつ置いただけの方が、圧迫感を感じることもありません。

お部屋に立体感が生まれる

テーブルやソファーなど、ほとんどの数はそれほど高さがありません。そのため、背の低い家具ばかりを並べていると、お部屋が平坦な雰囲気になってしまいます。ですが、食器棚だけでもその高いものをひとつ置いておくだけで、お部屋に立体感が生まれます。

背の高い食器棚の置き方基本

背の高い食器棚のような家具は、お部屋に入ってすぐ目がいってしまいます。そのため、お部屋の配置のバランスを崩してしまう恐れもありますので、大きめの家具や背の高い家具を配置する際のコツを覚えておきましょう。

三角形を意識する

例えば、食器棚を配置する場合には、三角形になるように配置することで、視線を分散させられます。食器棚を中心として、その両側に鉢植えやフロアランプといった背の低い家具を三角形になるように配置すれば、バランスよく見せられます。両脇に配置する家具は同じ高さでなくても構いません。少しずつ高さの違うものをおけば、お部屋に立体感が生まれます。

背の高い家具や大きめの家具を配置する場合には、なるべく奥の方から順に配置することで、お部屋に遠近感が生まれ、狭いお部屋を広く見せることも可能です。また、家具はバラバラに配置するよりも並べておくことで、広がりを強調させることもできます。

お部屋を広く見せるためのリビングの収納

リビングは、その他のお部屋に比べて長くいることが多いため、どうしても生活必需品など散らかりがちです。ですが、お部屋が散らかっていると、どんなに家具をきれいに配置してもお部屋を狭く見せてしまいます。その場合は、リビングにも収納を作ってお部屋をすっきりさせましょう。

リビングにタンスやチェストを置く場合

リビングにタンスやチェストを置く場合には、お部屋に統一感を持たせるため、床の色と同系色の、少し濃いめのものや少し薄めの色を選ぶとお部屋を引き締めることができるためおすすめです。

また、インテリアのひとつとしてチェストを配置するのであれば、オープンシェルフもお部屋の演出に一役かってくれる家具のひとつです。

オープンシェルフは、雑多になりがちな小物類をおしゃれに配置することもできますので、特にインテリアにこだわる方におすすめです。

水槽の正しい配置場所は

リビングの形状別インテリア配置例・風水で運気が上がる配置例

水槽で金魚や熱帯魚飼うときにはお部屋の中でも特に静かな場所を選びましょう。例えばリビングに水槽を配置するのであれば、テレビの音下げたりと注意が必要です。

また、お部屋の入り口近くに水槽を配置する場合でも、人が頻繁に出入りするドアの側や、オーディオの近くなど、騒音や振動が気になる場所も水槽の置き場所としてはおすすめしません。

また、道路に面した窓際も避けましょう。生き物ですので、できるかぎりストレスを与えず、静かで穏やかな環境を作ってあげましょう。

直射日光を当てないこと

例えば夏場など、お部屋の中がいくら涼しくてもガラスで作られた水槽に直射日光が当たってしまうと水温が上がってしまい、熱帯魚や金魚が生きていけない温度になってしまう場合があります。

また、冬場であっても日光がガラスを通ることにより水温が上がり、熱帯魚や金魚が死んでしまう場合があります。どうしてもリビングに配置する場合、窓際になってしまうというのであれば、遮光カーテンやブラインドを用意して、日光を防いであげましょう。

水を交換しやすい場所を選ぶ

熱帯魚や金魚を入れた水槽をリビングに配置するのであれば、水の交換が行いやすい場所を選ぶと良いでしょう。熱帯魚や金魚水槽で飼うの場合、定期的にお水を取り替えてあげる必要があります。

ですが、水槽は水が入っていると極端に重くなってしまうため、水道のある場所まで持ち運ぶのが億劫になってしまいます。また、金魚を別の入れ物に入れ替えてあげたりと時間もかかりますので、リビングに水槽を配置するのであれば、水道の近くを選びましょう。

水槽をキッチンのそばに置くというのであれば、ガスコンロやIHヒーターの近くにはおかないでください。熱の影響受け、水槽の水音が上がってしまうと、熱帯魚や金魚は死んでしまいます。

風水で運気が上がるリビングの配置例

最近では、風水といった運気を上げるために家具を配置する方も多く見られます。特に風水では、家具の配置や色に注意が必要です。リビングは、ご家族や来客と人が集まる場所になりますので、ソファーやいすの配置には気をつける必要があります。

例えば、リビングにふたつのソファーを配置する場合、ソファーは相手と向かい合わせにならないよう注意しておきましょう。リビングにソファーを配置する場合には、L字型にするのがおすすめです。

長く神様に居続けてもらうために

風水を中心に家具を配置する場合には、なるべく長く神さまに居続けてもらうため、インテリアには注意が必要です。神様に長く居続けていただくためにも、リビングは常にきれいにしておきましょう。

リモコンや雑誌、お洋服などを部屋に散らかしたままになっていると、風水的にもよくありません。そのほか、壁にプリントされた書類などをごちゃごちゃにはったままおくのも運気を下げる原因となってしまいます。

狭いリビングを広く見せるインテリアの配置のコツ

リビングの形状別インテリア配置例・風水で運気が上がる配置例

例えば、賃貸物件にお住まいの方ね場合、どうしてもその土地にこだわりがあるときには、仕方なく狭いお部屋を選ぶ方も多いでしょう。

ですが、お部屋が狭いからといって、インテリアをあきらめり必要はありません。狭いお部屋の場合でも、工夫次第では自分好みのリラックス空間を演出することも可能です。

6畳間のお部屋の場合は

例えば、一人暮らしをされる方の場合は、お住まいの地域によって6畳間を選ばれるという方も少なくありません。ですが、6畳間のリビングにお住まいになる場合には、その家具の配置にも注意が必要です。

リビングが6畳の広さしかない場合には、あまり家具や小物が多いと、部屋がごちゃごちゃとちらかって見えてしまいます。それでは、6畳のリビングの場合には、家具をどのように配置すればよいのかについてお話ししましょう。

家具の高さを抑える

6畳間のリビングに家具を配置する場合には、テーブルやチェストといった家具の高さに注意しましょう。また、窓がない側の壁に家具を上手に配置して、なるべく圧迫感を抑え、リビングが広く見える工夫をしましょう。

収納を考える

6畳間の場合には、思い切って窓のない壁をすべて収納にしてしまうという方法もあります。例えば、木製の板がそのまま突っ張り棒のような形になったものを使い、それを利用して収納棚を作ればお部屋をすっきりと見せられます。

また、賃貸のマンションやアパートにお住まいの方の場合には、お部屋を傷つけることはできませんが、これを用いればお部屋を傷つけず、収納を増やすことができます。

小さめの家具を選ぶ

例えばテレビやエアコンは、生活する上でどうしても必要になります。そのため、6畳間にお住まいの方の場合であれば、リビングに配置するこれらの家具は小さいものを選びましょう。お部屋の広さに合わせて小さめの家具を選ぶことにより圧迫感を感じることもなく、お部屋を快適に保てます。

6畳間といった小さめのリビングの場合には、収納の数と家具の大きさがポイントです。また、6畳間のリビングに配置する家具は、ご自分の目線より低いものを選びましょう。

リビングの配置を工夫して居心地の良い空間作り

リビングの形状別インテリア配置例・風水で運気が上がる配置例

リビングは、家族が集まるだんらんの場でもあり、家の中心となるお部屋です。そのため、お部屋を選ぶ場合には、まずリビングの広さや形状を選ぶという方がほとんどです。また、リビングを選ぶ場合には、窓の広さや窓の数にも注意が必要です。

リビングに家具を配置する場合には、その動線を中心に家具を配置すると居心地が良く、使い勝手のいいお部屋にすることができます。より快適に過ごせるリビングにするためにも、家具の配置や大きさ、選び方について、どんなことに注意しておけばよいかについて覚えておきましょう。

それぞれのリビングの大きさと形状には、どういった特徴があるかについて覚え、快適なリビングを完成させて下さい。

Related