Search

検索したいワードを入力してください

一人暮らしでラグは必要?一人暮らしのラグのサイズの選び方

初回公開日:2017年04月06日

更新日:2020年03月06日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

これから一人暮らしをするにあたり、部屋をどのようなインテリアでまとめるかなど、色々と悩みますよね。そこでラグを使うことで一人暮らしの部屋はより雰囲気が変わります。ラグ選びには様々な素材や質感の物があるのでじっくりと選ぶことが大切です。

一人暮らしでラグは必要?一人暮らしのラグのサイズの選び方

一人暮らし部屋でラグを使うメリットは?

ラグの使い方は?

皆さんは一人暮らしをする上でラグって必要に思いますか?ラグってつまりカーペットのことですが、最近ではラグと呼ばれるようになっていますね。部屋の床を彩るアイテムでもあり、家具を置く際に床に傷がつかないようにするなどの様々な目的があるかと思います。しかしラグはいろんな大きさがあり、どのようなデザインを選ぼうかといろいろと悩むかもしれません。

ラグの大きさによっては一人暮らしの部屋の雰囲気も変わってきますし、ラグを部屋全体に広げるのか、部屋の一部にラグを敷くのかでも印象は変わってきます。しかし特に冬になると床は冷たく足が冷えるのでふわふわなラグはとても役に立ちますよね。まずはラグのメリットについて考えてみましょう。

ラグを使うメリット

やっぱりラグを使うと部屋の雰囲気をよりオシャレにすることも出来ますし、テーブルやソファーを置く際にも床に傷を付けないと言うメリットがあります。ラグには様々なデザインのものがあり、無地のシンプルなアイテムから柄が付いている華やかなものまで幅広くあります。サイズも小さなものから大判のラグもあり、部屋のサイズや雰囲気に合わせたラグを選ぶことで一人暮らしの部屋の印象は大きく変わってきます。

小さなラグは部屋の一部のアクセントとして利用することが出来ますし、部屋のオシャレを演出することも出来ます。さらに空間演出上部屋を広く見せることも出来るので小さなラグはとても便利です。逆に大きなラグの場合は部屋全体を覆って一人暮らし部屋に統一感を出すことも出来ます。ラグの大きさで部屋の印象も変わってくるので、部屋の広さに合わせたり、どのような雰囲気にするかを考えてラグを選ぶと良いでしょう。

ラグがいらないと言う人も

ラグを必要としない人の理由は?

ラグは一人暮らし部屋のオシャレアイテムでもありますし、床に傷を付けないと言うメリットがあると先ほど書いてきましたが、実はラグはいらない、必要ないと言う人も中にはいます。そう言った人たちはどのような理由でラグを必要としないのでしょうか?

・色々な口コミを見てみると部屋の雰囲気に合うラグがない
・畳の部屋だからラグが似合わない
・インテリアが統一感がなくてラグを加えるとチグハグになる

などの理由があるそうです。もちろん、部屋の雰囲気に合わないと言った場合も結構あるかもしれませんね。特に畳の部屋だとラグを敷くとインテリアにも統一感がなくなってしまう場合もあり得ますよね。
もちろんラグを無理して購入する必要はありません。あくまでラグは部屋のインテリアの一部だったり趣味でラグを利用すると言った人が多いものです。ラグを必要としない人はもちろんラグを使わずにフローリングや畳の温かみを感じることが好まれる人も多いのでしょう。

ラグを敷きたくても敷けない人も

大きなテーブルやソファー、またベッドなどで部屋が狭くなってラグを敷きたくても敷けない場合もあり得ますね。ラグを敷く際にどうしても家具を持ち上げたりどかさなければ敷くことが出来ない場面って結構多いですよね。またラグを敷くと掃除が大変と言う人も多いでしょう。掃除機をかける際にラグを掃除機かけて、さらにラグの下も掃除機をかけるとなると手間が増えて面倒臭いと言う人もおり、ラグを敷きたくても敷けない人も中にはいるのです。

一人暮らし用のラグのサイズの選び方

ラグにはいろんなサイズがある

ラグはお店によって大きさは変わってくることが多いです。さらにラグにはサイズが様々で正方形、長方形、円形などがあるためその部屋の雰囲気や広さに合わせる必要があります。テーブルやソファーに使うためのラグであれば、一人暮らし用のサイズで部屋の形やテーブルやソファーの配置などによっても正方形や長方形のラグを使い分けることも出来ます。しかし、一人暮らしのワンルームとなると多くの場合が縦長の部屋か横長の部屋になるため、ラグも長方形のものを選ぶと部屋に合わせやすくなるかもしれません。

一人暮らし用にピッタリなラグのサイズは?

一人暮らしの部屋でも人によって部屋の広さは変わってきますが、大体平均的な部屋の広さは6畳〜8畳ほどなのではないでしょうか。その部屋の広さから考えると一人暮らし用のラグの大きさは使い方次第で変わってきます。


『ローテブルだけにラグを敷く場合』

ローテーブルにラグを敷くとなると一人暮らしようなのでそこまで大きなサイズは必要ないかと思います。大体120cm×80cmなどが丁度良いかもしれません。もしローテーブルやソファーのサイズがもっと小さければ100cm×60cmくらいのサイズでも良いかもしれません。


『ローテブルとソファー両方にラグを敷く場合』

一人暮らしの部屋でもしローテーブルとソファー両方にラグを敷く場合は少し大き目のラグを使用すると良いでしょう。その大きさは大体120cm×80cmまたは200cm×140cmなど、ローテーブルやソファーのサイズなどに合わせてみると良いかもしれませんね。

ラグのカラー選びについて

部屋の雰囲気に合わせてカラー選び

一人暮らしを行う上でラグを選ぶ際に、部屋の雰囲気にラグのカラーを選ぶと良いでしょう。ラグには無地のもなからデザイン性のあるものまで幅広く存在しているため、どんなラグにしようか悩むところですよね。ではどんなラグが販売されているのか…そこでラグを無地やデザイン性のあるものまでいくつかピックアップをしてオススメを紹介したいと思います。ではオススメラグ5選をご覧ください!

一人暮らしをよりオシャレにするラグ5選

1:ふわっと気持ち良いグリーンラグ

手触りがよく、ふわっとしているラグです。さらにグリーンカラーはラグの定番カラーの1つでもあるのでどんな部屋の雰囲気にもマッチします!カフェのような部屋やクラシカルな部屋など落ち着いた雰囲気からちょっと明るい部屋に調和するカラーなので、一人暮らしの部屋を彩ってみてはいかがでしょうか?大きさは250cm×200cmのちょっと大き目サイズなのでローテーブルとソファー両方をラグに乗せることが出来ます。さらに滑り止め付きなのでソファーを動かしたときでもラグはしっかりとズレないようになっているのでラグの位置を直す面倒もなくなりますね!

2:デザイン性が豊かで爽やか&クラシカルなラグ

ベルギー産のオシャレなラグですね!サイズは3サイズ展開されており、150cm×80cm、200cm×200cm、250cm×200cmなど部屋のサイズや雰囲気に合わせることが出来ます。ボーダーのデザインもミッドセンチュリーを思わせるクラシカルなデザインで、青いカラーリングも春や夏にとてもオススメで爽やかさがありますよね。季節ごとにラグを変えると言う人には春夏用としてピッタリなラグだと思います!

3:モダンクラシックな格安ラグ

まずデザイン性がモダンクラシックでオシャレなラグと言う印象ですね。インテリアがシンプルでクラシカルな物が多い場合に差し色としてオシャレに一人暮らしを満喫出来るかと思います。さらに洗えるのでいざ汚してしまった場合でも安心ですよね!サイズは4サイズあるので部屋の広さや家具の配置で大きさを選ぶと良いでしょう。さらにハンドメイドにもかかわらず価格も安いので何かとお金のかかる一人暮らしの生活でも、手に入れやすいラグなのではないでしょうか。

4:パッチワークがオシャレ!可愛らしいラグ

ベルギー産のパッチワークが印象的なラグで、少し可愛らしいアイテムですね!しかしどんな雰囲気の部屋でも実は合わせやすいマルチカラーのパッチワークデザインはポップな部屋からクラシカルな部屋、またカフェのような部屋など、どんな部屋にも合わせやすいのです。なのでもし普通のシンプルなラグに飽きたと言う人や人と違ったラグを敷きたいと言う人はこちらのラグはとてもオススメです!

5:シンプルな北欧デザインのラグ

シンプルで大きな主張をしない、あくまでラグとしての機能を果たしているラグですが、カラー展開4色あるので、カラーによっては多少の主張をすることも出来るので、それぞれの部屋に合わせることをオススメします。さらに日本製と言う安心感もありますよね。正方形のラグなので使い勝手もよく、ダイニングテーブルを乗せるのにもオススメです!サイズ展開も豊富なので正方形だけでなく長方形のアイテムもあるので、みなさんの部屋の形や家具のレイアウト次第でサイズを選ぶと良いでしょう。

一人暮らしをより充実させるラグ

気分転換にラグを買い換える

ラグには様々なデザインやサイズがあります。今回紹介したラグは全て四角形なので、円形のものは後ほどまた紹介したいと思います。ラグのデザインは好みなどもあるかと思うので、もし飽きたらラグを買い換えると言うことも考えておくと良いでしょう。もし買い換える際に今まで使ってきたラグをまた使うかもしれないと言う場合は丸めて仕舞ったり折りたたんで収納スペースに保管しておくことがオススメです。最近のラグは洗えるものが多いので保管して、また使うとなった時に洗ってから使用するなどと、ラグを2種類持っていても良いかもしれませんね。季節ごとにラグを変えると言う人も実は結構多いみたいです。

ラグを敷く場所次第で雰囲気は変わる

やっぱりラグを敷く場所で一人暮らしの部屋の雰囲気は大きく変わるかと思います。どうしても一人暮らしをしていると同じ部屋にずっと住むわけですから部屋の雰囲気に飽きると、色々なモチベーションが下がってしまうこともありますよね。仕事や勉強、また趣味などにも手が出なくなることがあるので、部屋の雰囲気を定期的に変えたり、気分で変えたりするなど、部屋のインテリアの配置を変えたりと色々な工夫が必要になってきます。

そこでラグも配置を変えたりすることで、同じラグでも一人暮らしの部屋の雰囲気は大きく変わり、仕事や勉強や趣味などにもよりモチベーションを上げることが出来るかと思います。リビングの中央に配置するか、部屋の隅に置いているソファーや作業用デスクに合わせるかなどの工夫次第で、一人暮らしを充実させることが出来るのではないでしょうか。

こじんまりとした一人暮らしをするなら

ソファーを置くスペースがない

一人暮らしの部屋によっては部屋の広さや物の多さで部屋が狭くなりソファーを置くスペースなんかないと言う人もかなり多いと思います。そこでラグを敷くのであれば小さなラグがオススメです。特に円形のラグはこじんまりとしたローテーブルに合わせて、ラグの上に座り食事をするなどと言う人も多いはず。では円形のラグのオススメってどんなのがあるのか…と気になる人もいるかと思いますので、円形ラグのオススメをします。

おそらくローテーブルを使用し、床に座って食事や作業をする人は小さなラグを敷きたいと言う人も多いかと思います。そんな人たちへオススメの円形ラグを紹介したいと思います!

狭いスペースに敷ける円形ラグのオススメ5選

1:ふわふわで気持ち良い円形ラグ

Amazonでのレビューでも多くの人たちがふわふわで手触りが良いと言う口コミが多く、実際に使ってる人たちは満足度が高いようです。ローテーブルを使って床に座る人でもお尻が痛くなりにくいかと思います。さらに寝転がっても気持ち良いかもしれませんね!カラー展開もサイズも豊富なので好きなサイズ、好きなカラーを選んで狭いスペースでもゴロゴロ出来るように円形ラグを使用してみてはいかがでしょうか?一人暮らしの快適さをより引き出すことが出来るでしょう。そして汚れたら洗うことも出来るので綺麗な状態を保つことも出来て大変オススメです!

2:抗菌・消臭の色鮮やかな円形ラグ

こちらの円形ラグも洗えて清潔に保つことが出来ます。何より色が鮮やかで目を惹きますよね!さらに抗菌・消臭と言った機能が付いているため、ペットの臭いなども抑える効果が期待出来ます。そしてやっぱりふかふかなので座り心地もよく寝転ぶのにも最適なラグですね。さらにカラー展開やサイズも豊富なので好きな色のラグを選ぶことが出来ますが、やはりターコイズブルーはとても綺麗で部屋の彩にピッタリなのではないかと思います!

3:パッと目を惹くデザインの円形ラグ

今までのアイテムよりはクッション性はありませんが、デザインでインテリアを意識したコーディネートを目指すならこちらの円形ラグはとてもオススメ!デザイン展開も数種類あり、好きなデザインを選んで部屋の印象をより高くすることが出来るでしょう。円の縁のフリンジがよりオシャレ感があり優しい印象も持っています!

4:ふわもこの気持ち良い円形ラグ

直径1mの小さな円形ラグですが、マイクロファイバーによりかなりふわふわしてモコモコするため本を読むためのスペースや、ちょっと寝転がるスペースとして大いに役立ちます。小さめの円形ラグを探している方はこちらをチョイスすることをオススメします!カラー展開やサイズ展開はなく1カラー、1サイズで色々なカラーを選ぶことは出来ないですが、洗濯機で洗うことも出来ますし、滑り止めが付いているのでフローリングなどの床に置いてもズレることがないので使い勝手はとても良さそうですね。

5:楕円形で使い勝手のよい円形ラグ

なんと言っても楕円形のラグはあまりないのですが、とても使い勝手が良いんです。ローテーブルを上に置いたときにソファーがなくてもラグの上に座って食事をするにもピッタリなふわふわなアイテムです。カラー展開12色とのことで部屋の雰囲気に合わせて好きな色を選んでみてはいかがでしょうか。きっと明るい色を選択することによって部屋の雰囲気はパッと明るく様変わりするかもしれませんね!

一人暮らし部屋のレイアウト

テレビやテーブルやソファーの配置決め

一人暮らしをする上で部屋の広さや部屋の形はそれぞれ異なって来ますよね。そこでテレビやテーブル、またソファーなどの配置を決めることで部屋の雰囲気や印象は変わってきます。まずテレビはどこに置くのか考えましょう。テーブルの正面に置くのか、テーブルとは別の場所にテレビを置くのか…などテレビはどんな風に見るのが自分にピッタリなのか試行錯誤をすると良いかと思います。もちろんテレビはテーブルの正面にないと落ち着かないと言う人も多いですし、中にはテーブルとソファーは別に使用し、ソファーの正面にテレビを置くと言う人もいます。それぞれ人によって家具や家電の配置が変わってくるので自分に合うレイアウトを探してみることで、きっと一人暮らしがより充実してゆったり出来るスペースなども確保することも出来るのではないでしょうか。

ベッドを置くスペースを考える

部屋のスペースを一番取るのがやっぱりベッドですよね。ベッドの配置によっては部屋を広く見せることも出来るし、逆に圧迫感を与えてしまい部屋が狭く感じてしまうこともあります。一人暮らしの部屋にも縦長の部屋や横長の部屋など様々なので、その部屋の形に合ったベッドの配置をすることでより部屋を広く見せることが出来るようになります。しかし狭い一人暮らし部屋の場合はベッドはどの位置にあっても部屋を狭くしてしまいますよね。そんな時はロフトベッドを使用して、スペースの確保をすることをオススメします。ロフトベッドの下にデスクを置いたり、収納スペースにすることなど様々な使い方があります。

ロフトベッド自体にデスクが付いている場合もありますし、ロフトベッドの下は何もないアイテムなど様々なので、ロフトベッドを色々と探してみてはいかがでしょうか。

一人暮らし部屋に仕切りを作ってスペースを確保

どうしても一人暮らしをしていると同じ部屋にずっと閉じこもることになってしまいますよね。趣味のスペースやのんびりゆっくり寝るためのスペースの確保などはとても難しいかと思います。2部屋ある部屋ならばそれぞれの部屋を使い分けて趣味の部屋として使うことも出来ますし、寝室として使うことも出来ますが、ワンルームになるとどうしても1つの部屋で暮らさなければなりません。そこでワンルームでも仕切りとしてパーテーションを使うことによって、作業スペースや趣味のスペース、また安眠用スペースを作り出すことが出来るようになります。

最近では突っ張り棒を利用したパーテーションが多く販売されているため、それらを利用することでより快適な部屋作りを可能になってきます。パーテーションには洋服をかけるためのハンガーラックが付いている物や、網目になっていてフックを利用してバッグをかけたりするなど、アイテムによって使い方は違ってきますが、便利なことには間違いありません!

一人暮らしのインテリアコーディネート

一人暮らし部屋の雰囲気を大きく変えるインテリア

充実した一人暮らしの部屋を実現させるにはまずインテリアコーディネートがとても重要になってきます。何かとお金がかかる一人暮らしで、さらにいざと言うときに一人暮らしだと何かと不便なことが多いですよね。そこで一人暮らしの部屋でも快適に過ごせるようにインテリアには拘ってオシャレな部屋にしておきましょう。仕事へのモチベーションや暮らし自体のモチベーションを上げるには「帰りたくなる部屋」を目指すことが大切です。特に一人暮らしだと「おかえりなさい」と言ってくれる人もいないですし、全て一人で家事を行わなければなりません。さらに一人暮らし部屋で出来る趣味があれば、より快適な部屋にすることで、趣味もより楽しめるようになるでしょう。

一人暮らしでもより快適な空間作りをするためにテーブルやソファー、ベッドだけでなくラグにも視野を広げることで快適な空間演出を作り出すことが出来るようになるかと思います。そして楽しい一人暮らしを目指してインテリアのコーディネートを重視してあなたにピッタリな気持ち良い空間に仕上げてみてはいかがでしょうか。

ラグで部屋の印象を変える

一人暮らしの部屋の印象はラグで大きく変わることがあります。今回ご紹介させていただいたラグを参考にして、季節によってラグの素材を変えたり、デザインを変えたりするなどして、飽きない部屋を保つことが大切です。ラグはかなり多くのデザインやサイズがあるのでAmazonなどを利用して様々なラグを見て参考にしてみてはいかがでしょうか。きっとお気に入りのラグを見つけて飽きない部屋を作り出し快適な一人暮らしを長く続けることが出来るようになるでしょう。

ポップな部屋からクラシカルな部屋まで様々なコーディネートのインテリアに合わせて、ラグもそれらの部屋にピッタリなラグが見つかると良いですね!

Related