Search

検索したいワードを入力してください

お米一合を計量カップで計ると何ccか・お酒一合は何ccか

初回公開日:2018年02月04日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2018年02月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

お米やお酒の量を表すときに「合」という単位を使っていますが、普段液体などの量を表す時は、「CC」や「ml」を使う人も多いのではないでしょうか?お酒やお米に使われている「合」という単位や、ご飯一合の炊き方や日本酒一合のアルコール量などをご紹介しています。

お米一合を計量カップで計ると何ccか・お酒一合は何ccか

一合は何CCなのか

「一合」は180CCです。これはお米もお酒も基本的には同じです。しかし、お米は、「一合180CC」で「約160g」に対し、お酒などは「一合180CC」で「180g」です。これは、水よりも米が軽いのため、重さに違いがあります。水などは、「1CC」は「1グラム」が基本になります。

他の調味料などの1CCをグラムに変換すると何グラムになるの?

水以外の調味料を1CCをグラムに換算すると何グラムになるのでしょうか。料理などを作るときに、レシピを見ると「CC」で書いてあるものと、グラムで書いてあるものがあり、悩んでしまうことがあります。

そのような場合は、下記の表を参考にしてみてください。

調味料の種類グラム数
1g
1g
1g
醤油1.2g
味噌1.2g
1.1g
上白糖0.6g
小麦粉0.5g
片栗粉0.6g
パン粉0.2g
ケチャップ1.2g
ウスターソース1.1g
マヨネーズ1g
油、バター0.9g
生クリーム1g
カレー粉0.4g
ショートニング0.9g
はちみつ1.5g
ベーキングパウダー0.7g

お米一合を計量カップで計ると何CCか

炊飯器を購入すると計量カップが付属されていることがあります。これは、お米用の計量カップなので、すり切り一杯で一合になるようになっています。お米一合は180CCなので、お米用の計量カップで計ると、すり切りで一杯で一合で180CCになるサイズになっています。

しかし、一般に市販されている計量カップは、すり切りにしたときに200CCになっています。お米用の計量カップを使わずに計るときは、間違えないように注意しましょう。

「合」とは

一合の「合」とは、尺貫法(しゃっかんほう)で体積の単位を表しています。尺貫法とは、日本古来の計量法で、長さの単位を「尺(しゃく)」、質量の単位を「貫(かん)」、面積に「歩(ぶ)」などが使われています。この単位は、水田(田んぼ)の面積や着物などの反物の長さを表すときに、今でも使われています。

お酒一合は何CCにあたるのか

では、お酒の一合は何CCにあたるのでしょうか。また、すべてのお酒が同じなのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

日本酒

日本酒の一合も、基本的には180CCです。(厳密には、180.39mlともいわれています。)基本は180CC(180ml)ですが、一般的に売られている一合用の「とっくり」は手作りの物や、作られた時期が違うと若干の誤差が生じることがあります。一合分きちんと計ったとしても使う「とっくり」によっては少し多かったり、少なかったりということがあります。

とっくり(徳利)

とっくりには、さまざまなサイズがあります。主に、お店などで使われている徳利のサイズは二種類ほどで、小さい方のとっくりがだいたい一合になっていることが多いです。

ちなみに日本酒などの場合、升(ます)の中にグラスを入れ、グラスからあふれるくらいに注がれて出てくることがあります(盛り切りと呼ばれています)。このスタイルでお酒が出てくる場合も、ほぼ一合だと言われています。

ちなみに、盛り切りとは、皿や丼に持った飲食物などを指していて、お代わりがないことという意味もある言葉です。

他の種類のお酒と日本酒一合のアルコール摂取量の関係

一般的に「合」という単位が使われる日本酒は一合は180CC(180ml)ですが、他のアルコールを飲んだ場合、どれくらいの量が日本酒一合(180CC)と同等のアルコール摂取量になるのでしょうか。

瓶ビール

大瓶サイズのビールの量を見ると、633mlと書いてあるのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。なぜ、こんな中途半端な量が使われているかご存知でしょうか。

お酒には、酒税という税金が課せられていることをご存知の人は多いでしょう。この中途半端な量になっている理由は、この酒税が関係しています。1940年(昭和15年)の3月に新しい酒税法が制定され、ビールに課せられていたビール税というものと物品税というものが一本化されました。

当時のビールメーカーで使用していたビール瓶の大瓶の容量を調べた結果、一番大きな瓶が3.57合(約643ml)で一番小さな瓶が3.51合(約633ml)だったそうです。そこから瓶ビールのサイズが633mlが使われるようになりました。

今の大瓶サイズは、633mlなので、量で換算すると大瓶の瓶ビールは約3.5合になります。

中ジョッキの生ビール

生ビールの中ジョッキのサイズはお店によって異なりますが、一般的に多く出回っているもので、435ml入るものが多いそうです。これは、ビールがぬるくなる前に飲みきれる最適な量ということで、この量が主流だと言われています。

アルコール換算表で調べてみると、日本酒一合は、ドリンク数という単位に換算すると2.2で、ビールの中ジョッキ(320ml)が1.3なので、日本酒一合をビールに換算すると中ジョッキで約2杯分になります。

健康診断などの問診票で、お酒の飲酒量を書く際の参考にしてください。

Related