Search

検索したいワードを入力してください

ゴーダチーズの食べ方・作り方・レシピ・チェダーチーズとの違い

初回公開日:2018年04月13日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年04月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ゴーダチーズはオランダを主要な生産国とするセミハードタイプのチーズです。マイルドな味わいとクセが強くないために日本人にも大変食べられやすいです。そのまま召し上がる以外にも、溶けやすさ故に料理にも幅広く使用されている万能なチーズです。

ゴーダチーズの食べ方・作り方・レシピ・チェダーチーズとの違い

ゴーダチーズの食べ方

ゴーダチーズの食べ方・作り方・レシピ・チェダーチーズとの違い
※画像はイメージです

ゴーダチーズとは、オランダ発祥のチーズであり、実が世界で最も広く食べられているかつ最ものあるチーズのひとつです。また、ゴーダチーズはそのクセのない味の特徴により、日本人の味覚に最も合うチーズでもあります。この記事ではゴーダチーズの美味しさの特徴、食べ方、保存方法、ゴーダチーズのレシピについてご紹介します。

ゴーダチーズの表面のワックス

ゴーダチーズは通常は表面をワックスでコーティングされています。これは長く保存可能にするためです。このワックスがとても硬くてナイフを入れない限りは急激に熟成が進むことはありません。

ゴーダチーズの発祥の国のオランダでは丸ごと裸の状態で売られていることが多いです。ワックスをかけている状態の表皮は明るい黄色の一面です。

そのワックスの中は淡い黄色からオレンジ色の引き締まった組織です。

ゴーダチーズの切り方

ゴーダチーズはくさび形の三角形に切られた状態で市販されていることが多いです。中心と外側が均等に入るように、お好みの厚さに切ってもらうことも出来ます。このタイプの形に切られるチーズはゴーダチーズ以外にロックフォール、ミモレットなどが挙げられます。

本場オランダでは塊として売られていることも多いです。そうするとご家庭で保存し少しずつ切って食べることが出来ます。

ゴーダチーズをそのまま楽しむ

ゴーダチーズの食べ方・作り方・レシピ・チェダーチーズとの違い
※画像はイメージです

ゴーダチーズの本来のコクとクリーミーな味わいを楽しむのであれば、調理や加工せずに切ってそのまま食べることが一番です。その素朴な味はスライスしたものをパンやクラッカーに乗せる食べても味わうことができます。

スライスだけではなく、キューブ型にキルト、ブドウやドライフルーツと組み合わせた時におしゃれに見えて、手でつまみやすいです。パーティで大活躍できそうなおつまみになります。

ゴーダチーズは料理に使いやすい

ゴーダチーズの食べ方・作り方・レシピ・チェダーチーズとの違い
※画像はイメージです

ゴーダチーズはクセの無さと豊かな旨みから非常にの高いチーズです。日本ではチェダーチーズと共に、プロセスチーズの主な原料としても使われていることから、自由自在にアレン気が効くチーズだということがわかります。さらに溶けやすいチーズです。そのため料理にも色々な方法で活用できます。

豊かな香りとコクが料理にプラスされますので、例えば、オムレツ、ピザ、グラタン、などのオーブン料理、ディップ、サラダやチーズフォンデュにです。意外ですが、チーズケーキやクッキーなどお菓子作りまで使えます。まさに万能なチーズです。

ゴーダチーズのレシピ

以下ではいくつかのゴーダチーズを用いた美味しいレシピを紹介いたします。どれも揃えやすい材料でパパッと家で作れるものです。

以下で紹介する食べ方以外にも色々ゴーダチーズのアレンジメニューが作られます。例えば、サンドイッチの具としてもですし、リゾットやグラタンなど普段よく作られる料理の他のチーズをゴーダチーズに替えるのもよいです。一般的にチーズのお供にワインがポピュラーですが、ワインはもちろん、ゴーダチーズは、実は焼酎や日本酒にも合います。

ベーコンほうれん草ゴーダチーズのクリームパスタ

ゴーダチーズの食べ方・作り方・レシピ・チェダーチーズとの違い
※画像はイメージです

以下では、見た目も豪華でいかにも食欲が湧いてくるゴーダチーズのパスタのレシピを紹介いたします。多くのパスタのレシピでは、ほうれん草とクリームソースがコンビになっていることからでもわかるように、本当に相性がいいです。

ここで必要とされる材料はスパゲッティ、ほうれん草、ベーコン、ゴーダチーズ、生クリーム、そして普段よく使う調味料(固形コンソメ、オリーブオイル、塩・コショウ)です。ポイントとしてはベーコンは薄切りにせず、塊を使って厚い角切りにした方が存在感も出て、おいしく仕上がります。

炒め挽肉入りチーズフォンデュ風ディップ

ゴーダチーズの食べ方・作り方・レシピ・チェダーチーズとの違い
※画像はイメージです

このおしゃれ満載のレシピでは、GABANの調味料であるエルブ・ド・プロバンスで風味をつけてひき肉を炒め、 それをゴーダチーズを使ったチーズフォンデュ風のディップに入れています。仕上げはパプリカ(こちらもGABANが)とバジルを振ってさらにおしゃれ感を出しております。

パーティメニューとしても活躍できそうで、ゴーダチーズの風味のコクはクラッカーやワインとよく合うでしょう。

Related