Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

おすすめの岩のりの食べ方・おすすめの乾燥・生の岩のり

岩のりといえば、佃煮と白いご飯を思い浮かべる人が多いでしょう。風味がある岩のりは、他の料理でもおいしく食べることができます。岩のりの特徴をおさえて、もっと食生活に香り高い岩のりを取り入れましょう。おすすめのレシピと乾燥・佃煮・生の岩のりについてご紹介します。

おすすめの岩のりの食べ方・おすすめの乾燥・生の岩のり

おすすめの岩のりの食べ方

のりの磯の風味が好きな人には大人気なのが、岩のりです。岩のりは、一般的には乾燥や佃煮が手に入りやすいでしょう。そのままご飯につけたり、汁物に浮かべるだけでもおいしい岩のりです。

ここでは、岩のりをおいしく食べるおすすめのレシピをご紹介します。

岩のりの佃煮を使ったおすすめレシピ

まずは、瓶詰などで手軽にかえる岩のりの佃煮を使ったレシピです。岩のりの佃煮があまりぎみの時の大量消費にもいいでしょう。

タラのムニエル♡岩のりソース

和風の岩のりを、フランス料理のソースのように仕立てるレシピです。白身の淡泊なタラに、岩のりの香りと佃煮の甘みが絡む絶品な一品です。特別な日やおもてなしの日にも活用できるレシピでしょう。

付け合せも、レシピ画像のようにおしゃれな色合わせにすると格段に料理のレベルがアップします。いつもと違う岩のりの使い方で、家族を驚かせてみましょう。

岩のりパスタ

岩のりの佃煮にわさびのアクセントをきかせた、大人のパスタのレシピです。岩のりの香りと生クリームのコクで、おなかいっぱいになるランチにおすすめです。きりっと冷えた白ワインとの相性もバツグンでしょう。冷蔵庫にある色とりどりの野菜を使えば、ママ友とのランチにも恥ずかしくない一品です。

子供と食べるときには、わさび抜きにしても十分においしいレシピです。

岩のりと椎茸のピザ

岩のりとチーズの相性がとてもいいのをご存知ですか?これは、岩のりをピザソースにするレシピです。

ピザクラストがなければ、餃子の皮や油揚げなどで代用することもできます。ランチだけでなく、お酒のおつまみにもおすすめの一品です。

乾燥岩のりを使ったおすすめレシピ

乾燥岩のりは、佃煮よりも磯の香りを楽しめる一品です。うまく風味を出すには、そのまま使うのもいいでしょう。

のりたま塩ラーメン

海に近いお店では、岩のりラーメンを提供しているところもあるでしょう。しかし、天然の岩のりは決して安くはないので、磯のりが代用されていることもあります。自宅であれば、本物の岩のりをふんだんに使って、岩のりの風味たっぷりのラーメンをおいしくいただけます。

市販のラーメンでも、仕上げに岩のりとごま油を使うことで、かなりおいしい一品になります。

パン好きの和朝食は “ のりたまサンドイッチ ”

普通ののりをサンドウィッチに使うレシピもありますが、岩のりだってサンドウィッチにあいます。玉子との相性もいいのでは、ふりかけののりたまで実証済です、のりたまをイメージしたサンドウィッチは、珍しい組み合わせでしょう。朝から子供のテンションもアップしそうなレシピです。

風味ゆたかな和風サンドウィッチは、幅広い年代の人が食べやすいでしょう。ハムもはさんでボリュームアップもおすすめです。

岩のりとマグロの和風カナッペ

マグロと岩のりをバゲットにのせたカナッペは、お酒のおつまみやおもてなしの前菜にぴったりの一品です。バゲットがなければ、クラッカーでもおいしくいただけます。

マヨネーズと岩のりで、マグロを中トロレベルくらいにもってくる最高のレシピです。風味豊かなカナッペは、どんなお魚にもあいます。ツナ缶やスモークサーモンなどいくつかの種類を揃えると、ゴージャスになります。

岩のりでおにぎりを作るなら韓国のりがおすすめ

風味の強い岩のりでおにぎりを作りたいと思い人も多いでしょう。岩のりで作られた板のりはほとんどないでしょう。

しかし、韓国のりなら岩のりを使っているものがあります。シンプルな塩むすびにごま油の香りと磯の風味を加えることができます。

竹塩生岩海苔セット (6切*180枚入り)2缶

おにぎりにちょうどいい、6つ切りの韓国のりが缶に入った便利な一品です。湿気も防げて、気軽いのりを使いやすいし、風味も逃がさないでしょう。高価な感じがしますが、かなりの量が入っているので、結果的にはお得でおいしい岩のりです。お弁当におにぎりの登場回数がふえそうです。

韓国に旅行に行く前に、必ず買って、お土産に配ります。家用にも残しておきます。
量もたっぷりだし、味も上品なので、どなたにも評判がいいですよ。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R6YA4SHXPEP0... |

おすすめの乾燥岩のり

お吸い物などのシンプル料理に岩のりを使いたいなら、乾燥岩のりを常備しておくのがおすすめです。一般的には、佃煮にしたものが多いですが、通販などでは乾燥したものも売っています。自分好みの味つけをできますし、日持ちもするので、好きな時に岩のりを使いやすいでしょう。

干し岩のり 20g ※島根県産

島根県は、岩のりの有名な産地のひとつです。手摘みして岩場で干したオーガニックな岩のりで、幅広く料理に使えます。海の香りと味を同時に楽しめるでしょう。

我が家ではお正月の必需品です。娘、息子に送りましたが、とても喜んでくれました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2L6LX19M19Q... |

越前宝や 天然 岩 のり 海苔 国産

こちらは、愛媛産の天然岩のりになります。お吸い物やお味噌汁はもちろん、和え物に加えると出汁がでます。しっかりした岩のり独特の歯ごたえも楽しめます。

歯応えもあり、磯の香りもあり
天然と感じました。
味噌汁に入れて食べました、、
おすすめです❗

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RVKJKEG3LN3W... |

最高級品といわれる岩のり:十六島海苔

収穫量が年間1トン未満の希少品であり、質の高さから最高級といわれるのが、 島根県出雲市十六島周辺で採れる「十六島海苔(うっぷるいのり)」です。

十六島海苔100%佃煮木箱入り 十六島岩のり

贈答品としても人気の一品は、木箱入りの佃煮です。手に乗るサイズで3000円弱と高価なものですが、瓶から引き揚げた時に、長い筋状に出てくるのは圧巻の佃煮の姿です。歯ごたえがあり、余計な添加物も使われていなく、安心しておいしくいただける一品です。

高級感あふれる木箱入り 原材料表記にも遺伝子組み換え食品とかおかしなものは一切入っていない
 味はまあそこそこであるが他のメーカーのものはブドウ糖果糖液糖てなもんが
 フツーに入ってるので向後はこれにすることに決めた

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R8CSLTGFQ3G4... |

家庭用におすすめは十六島海苔入り佃煮

ひと瓶で600円ほどと家庭向きの十六島海苔入り佃煮は、十六島海苔が13%入っています。優実は十分で、甘目の味付けで家族みんなで楽しめるでしょう。磯と醤油の香りが、ふたを開けた瞬間に広がります。スーパーマーケットで一般的に売っている岩のりの佃煮とは、あきらかな違いを感じられます。

NTV島根県のお雑煮特集で〈十六島〉すまし仕立てで餅と海苔を入れたシンプルなお雑煮を作ってみました。磯の香りがとても良かった。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R7TSBNTUF92C... |

岩のりのカロリーと栄養について

岩のりは普通ののり100gあたり164kcalに比べて、100gあたり151kcalと若干低カロリーです。

普通ののりよりも、ナトリウム、カリウム、カロテン、鉄分などのミネラルを多く含みます。逆に、ビタミンAやCなどは少ないです。また、葉酸たっぷり含まれているので、妊婦さんにもおすすめです。

おすすめの生の岩のりは自分で採取?

乾燥や佃煮になった岩のりは、簡単にスーパーマーケットなどで手に入ります。しかし、なかなか生岩のりは見かけません。大きめで魚売り場が充実しているスーパーマーケットなら、生のりは見かけるでしょう。生海苔の中には、岩のりが入っているものもあるようです。しかし、見分けがつきにくいでしょう。

生岩のりは、生産地近くでは流通はしているようですが、一般的には手に入りにくいといえます。そうなると、自分で岩のりをとってみたいと考える人もいるでしょう。

本場の岩のりの旬は11月から3月まで

販売されている岩のりの多くは、日本海側の岩場で旬に摘み取られたものです。旬は、11月から3月です。その時期の日本海の岩場は、寒くて波が荒い時期です。ですから、商品の岩のりを採取する人は、まさに命がけと言っても過言ではありません。

素人が岩のりを採取するなら?

自宅で生岩のりを楽しみたいといっても、命がけで採取に行こうとは思えないでしょう。そこでおすすめなのは、磁気に関係なく、海が穏やかで暖かくなって時期です。

近場の海で、中潮の干潮時間帯を選ぶのがいいでしょう。自然の岩のりは、コンクリートの防波堤や海岸の岩場などにも生えています。ただし、岩場や防波堤などは、場所によって漁業権の設定対象になっていることがあります。岩のりをとってもいいか、近くの漁業組合に聞いてみるのがいいでしょう。

取り方は?

まず、岩のりがある岩場はとても滑りやすいので、足元には十分に気をつけましょう。

岩などに映えた岩のりは、手で表面のだけ指でつまんでも採れます。この方法だと一度にたくさんは採れませんが、貝や石などの邪魔なものがついてこないので洗うのが楽になります。

ナイフなどを使って、岩からこそげ採ることもできます。この場合には、石などが入りやすいので、岩のりの表面だけを採るように心がけましょう。

網など袋状の物や適当な容器などに岩のりを集めて、よく海水で洗い、砂や石、貝などをとりのぞきます。ただ洗っても状態を見極めにくいので、時々岩のりを味見しながら不純物が残っていないか確認するのがおすすめです。

天然の岩のりを生で購入したいなら旬の時期を狙う

本当においしい岩のりの生を味わいたいなら、旬である12月くらいに通販で探してみるのがおすすめです。通販されている生岩のりは、旬の時期でも少ないですが、まったくないわけではありません。水産会社から直接お取り寄せするのがおすすめです。

たとえば、岩のりが有名な山形の水産会社もいいでしょう。

岩のりとあおさの違いは?

岩のりは、海苔の一種とみなされ、食用藻類のうちのひとつです。細かい分類で言うと、岩のりの高級品といわれるものは、アマノリ属の紅藻類の天然物のことを指します。

岩のりの名産には、差のご紹介した島根県出雲市十六島周辺の「十六島海苔(うっぷるいのり)」のほか、島根県大田市殿島周辺の「殿島海苔」、兵庫県豊岡市の「城崎海苔」、北陸地方の日本海沿岸の「雪海苔」などがあります。

対して、あおさは緑藻の総称ですが、細かく言うとアオサ属というのがあり、一般的には2層の細胞層からなる膜状体の緑色です。全国的に自生していて、岩のりと違い、地域で名産になっている代表的なあおさは明確ではありません。

また、売られている岩のりには粉末のものはないですが、あおさは粉末でも売られているでしょう。

粉末のあおさと青のりも似ている

粉末のあおさは、青のりと確かに似ています。しかし、香りが全く違うでしょう。青のりのほうが磯の香りが高く、高級品とされています。

また、あおさの粉末はフレーク状になっています。それに対し、青のりは糸状の海藻で、粉末状にしたものでも青のりの方が細やかに見えます。

多くの場合、青のりは食品のパッケージに「ヒトエグサ」と書いてあることが多いでしょう。青のりは、ヒトエグサ科のヒトエグサ属に属しています。

のりの香りが好きな人にはたまらない岩のり!

おすすめの岩のりの食べ方・おすすめの乾燥・生の岩のり

岩のりは、磯の香りが好きな人や海苔が好きな人にはたまらない食材でしょう。ただ汁物にいれたり佃煮のまま食べるだけでなく、いろいろなアレンジもできるのが岩のりです。おすすめのレシピに挑戦してみてください。

乾燥と佃煮の岩のりが多いですが、岩のりの旬の時期である12月から3月くらいには生の岩のりの購入できます。そのまま食べれば、いつもの岩のりとはまた違う味わいを楽しめるでしょう。

自分で岩のりをとることもできますが、滑りやすい岩場での採取になるので、細心の注意をはらわなければいけません。それでも、岩のりが好きな人は楽しみながら採取できるでしょう。

岩のりをいろいろアレンジして、もっともっと食卓で楽しみましょう。

Related