Search

検索したいワードを入力してください

学年別中学生のお小遣いの平均金額・使い道|渡し方のルール

初回公開日:2018年10月25日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2018年10月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

中学生の子供にお小遣いを渡す時、金額はどのくらいに設定していますか。世間ではどのくらい渡しているのか、お小遣いの使い道とは何かなど、1年生から3年生までの中学生のお小遣いについてご紹介します。お小遣い制度のやり方もお伝えしますので、参考にしてみて下さい。

学年別中学生のお小遣いの平均金額・使い道|渡し方のルール

お小遣いとは

学年別中学生のお小遣いの平均金額・使い道|渡し方のルール
※画像はイメージです

お小遣いとは、親から貰ったお金を子供が自由に使うことを言います。このお小遣いは早ければ幼稚園に入った頃から貰う子供もいますが、大半は小学校にあがってから貰うケースが多いでしょう。

年齢があがるにつれて、与えられるお小遣いの額も増えていくことが多く、中学生にもなりますとグンと額が上がるケースが多い傾向が見られます。

定義

親から子供に与えるお小遣いの定義は、小腹が空いた時に食べられる分だけのお菓子を何個か買えるだけ与えるのが定義でしょう。

ですから、1日あたりにすると小学生の低学年なら50円ほど、高学年になれば100円前後、中学生にもなれば1日あたり200円くらいのお小遣いを与えるのが普通と考える親が増えます。

中学生は成長期ですから、昼から夕食までの間にお腹が空くことがあるので、親はお小遣いの金額を高めにするでしょう。

大人のお小遣い

子供だけではなく、大人にも自由に使えるお小遣いはあります。趣味に使ったり、スイーツに使ったりと、急に欲しいと感じるものが買えるように渡します。

大人の場合、1日あたり500円から1000円ほどの自由に使えるお小遣いを考えることが多いでしょう。コンビニでスイーツやドリンク、お菓子などを1日に3つほど買えるといいと考えて、この程度の金額にすることが多いです。

子どものお小遣い

物を無くし易い子供のお小遣いは、その日に渡すことが多いでしょう。ですから50円、100円と小銭を渡し、その中からガムを買うなり、駄菓子を買うなど、自分で計画を立てて買うように促すことが多いです。

子供は一度に使わず、何日か貯めてからおもちゃを買う、高めのお菓子を買う子もいます。

親は子供にお金を使うことと貯める楽しさを教えるとともに、自分で計算をし、物を買うことを学ばせることが多いです。

学年別中学生のお小遣い

学年別中学生のお小遣いの平均金額・使い道|渡し方のルール
※画像はイメージです

小学生の時にはお小遣いを貰っていなかったけど、趣味や恋愛にも興味を示すようになり、色々な物が必要になる中学生になると貰う子供も多くなるでしょう。そんな中学生のお小遣い事情を学年別にご紹介します。

1年生

中学1年生になると、お小遣いを貰い、自分で好きなものを買う楽しみを体験する子供も多くなるでしょう。

この中学1年生では、どのくらいの割合でお小遣いを貰っているのか、金額をどのくらい貰っているのか、中学生の使い道などをご紹介します。

貰っている人の割合

中学1年生でお小遣いを貰っている人の割合は5割にはなるでしょう。じつに半数の割合でお小遣いを貰う中学生が増えるのも、自分で管理できると考えるから親が渡すのです。

特に、両親が共働きをしている家庭の中学生は家に帰ってもすぐに料理を作る人がいません。ですから、親にお小遣いを与えてもらい、そのお金で小腹が空いた時にポテトチップスやドリンクなどを買い、お腹を満たすことが多いでしょう。

金額

どのくらいの金額を貰っているのかと言えば、中学1年生であれば月にまとめて4000円から5000円を貰う中学生が多いでしょう。

1日あたり100円ほどとなりますが、中学1年生にもなると、まとめて月の始めに貰う中学生が多いです。

使い道

中学1年生のお小遣いの使い道は、惣菜パンやドリンク、スナック菓子などに使うことが多いでしょう。

休日に友達とお店でお菓子を買ったり、本や趣味に使う中学生もいます。ゲームが好きであればゲームを月に1つか2つ買うでしょう。

インテリアをお洒落にするアイテムやお洒落にする雑貨などに使うなど、自分のことに使う子もいます。

2年生

学年別中学生のお小遣いの平均金額・使い道|渡し方のルール
※画像はイメージです

中学2年生にもなると、行動範囲も広がりますから、お金を使う機会も増えてくるでしょう。趣味にも目覚め、色々と買い揃えたいとの欲も出てきます。

そんな中学生のお小遣いの金額や使い道、貰っている人の割合とはどのくらいなのかをご紹介します。

Related