Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月14日

学年別中学生のお小遣いの平均金額・使い道|渡し方のルール

中学生の子供にお小遣いを渡す時、金額はどのくらいに設定していますか。世間ではどのくらい渡しているのか、お小遣いの使い道とは何かなど、1年生から3年生までの中学生のお小遣いについてご紹介します。お小遣い制度のやり方もお伝えしますので、参考にしてみて下さい。

学年別中学生のお小遣いの平均金額・使い道|渡し方のルール

お小遣いとは

お小遣いとは、親から貰ったお金を子供が自由に使うことを言います。このお小遣いは早ければ幼稚園に入った頃から貰う子供もいますが、大半は小学校にあがってから貰うケースが多いでしょう。

年齢があがるにつれて、与えられるお小遣いの額も増えていくことが多く、中学生にもなりますとグンと額が上がるケースが多い傾向が見られます。

定義

親から子供に与えるお小遣いの定義は、小腹が空いた時に食べれる分だけのお菓子を何個か買えるだけ与えるのが定義でしょう。

ですから、1日あたりにすると小学生の低学年なら50円ほど、高学年になれば100円前後、中学生にもなれば1日あたり200円くらいのお小遣いを与えるのが普通と考える親が増えます。

中学生は成長期ですから、昼から夕食までの間にお腹が空くことがあるので、親はお小遣いの金額を高めにするでしょう。

大人のお小遣い

子供だけではなく、大人にも自由に使えるお小遣いはあります。趣味に使ったり、スイーツに使ったりと、急に欲しいと感じるものが買えるように渡します。

大人の場合、1日あたり500円から1000円ほどの自由に使えるお小遣いを考えることが多いでしょう。コンビニでスイーツやドリンク、お菓子などを1日に3つほど買えるといいと考えて、この程度の金額にすることが多いです。

子どものお小遣い

物を無くし易い子供のお小遣いは、その日に渡すことが多いでしょう。ですから50円、100円と小銭を渡し、その中からガムを買うなり、駄菓子を買うなど、自分で計画を立てて買うように促すことが多いです。

子供は一度に使わず、何日か貯めてからおもちゃを買う、高めのお菓子を買う子もいます。

親は子供にお金を使うことと貯める楽しさを教えるとともに、自分で計算をし、物を買うことを学ばせることが多いです。

学年別中学生のお小遣い

小学生の時にはお小遣いを貰っていなかったけど、趣味や恋愛にも興味を示すようになり、色々な物が必要になる中学生になると貰う子供も多くなるでしょう。そんな中学生のお小遣い事情を学年別にご紹介します。

1年生

中学1年生になると、お小遣いを貰い、自分で好きなものを買う楽しみを体験する子供も多くなるでしょう。

この中学1年生では、どのくらいの割合でお小遣いを貰っているのか、金額をどのくらい貰っているのか、中学生の使い道などをご紹介します。

貰っている人の割合

中学1年生でお小遣いを貰っている人の割合は5割にはなるでしょう。じつに半数の割合でお小遣いを貰う中学生が増えるのも、自分で管理できると考えるから親が渡すのです。

特に、両親が共働きをしている家庭の中学生は家に帰ってもすぐに料理を作る人がいません。ですから、親にお小遣いを与えてもらい、そのお金で小腹が空いた時にポテトチップスやドリンクなどを買い、お腹を満たすことが多いでしょう。

金額

どのくらいの金額を貰っているのかと言えば、中学1年生であれば月にまとめて4000円から5000円を貰う中学生が多いでしょう。

1日あたり100円ほどとなりますが、中学1年生にもなると、まとめて月の始めに貰う中学生が多いです。

使い道

中学1年生のお小遣いの使い道は、惣菜パンやドリンク、スナック菓子などに使うことが多いでしょう。

休日に友達とお店でお菓子を買ったり、本や趣味に使う中学生もいます。ゲームが好きであればゲームを月に1つか2つ買うでしょう。

インテリアをお洒落にするアイテムやお洒落にする雑貨などに使うなど、自分のことに使う子もいます。

2年生

中学2年生にもなると、行動範囲も広がりますから、お金を使う機会も増えてくるでしょう。趣味にも目覚め、色々と買い揃えたいとの欲も出てきます。

そんな中学生のお小遣いの金額や使い道、貰っている人の割合とはどのくらいなのかをご紹介します。

貰っている人の割合

2年生でお小遣いを貰っている人の割合は10割中6割にはなるでしょう。体も大きくなる頃ですので、お腹も空きやすくなり、夕食まで何も食べないではいられません。

そこで、親に頼み、お小遣いが欲しいと頼む中学生も増えるので、5割以上は貰うことが多くなります。

金額

2年生が貰うお小遣いの金額は、月にすると5000円から6000円は貰う子が多いでしょう。

中学1年生の時よりも1000円から2000円ほどアップしてもらえるように、親に頼む中学生が多くなります。

友達と遊ぶことが多かったり、塾が遠い場合などは、月に6000円以上貰う中学生もいます。そこは親とよく相談して、金額を決めるでしょう。

使い道

中学生の2年生は小腹が空いた時、ドリンクやお菓子などを買うことが多いでしょう。夏の暑い日にはアイスクリームやコーラを買うこともあります。

他にはマンガやフィギュア、アイドル雑誌にグッズなども買う機会は増えます。休日にはお気に入りの店へ行き、好みの服をまとめて買うこともあるでしょう。

女子なら可愛い文具類を買い集めたり、ヘアアクセサリーに可愛い下着を買うために使います。

3年生

3年生にもなれば心も体も立派に成長します。大人びた子供は恋愛をして楽しんだり、楽器演奏をするためのアイテムを買う、女子はお洒落にも興味を持ちますからアクセサリーや靴を買う機会も増えるでしょう。

そんな3年生でお小遣いを貰っている人はどのくらいいるのか、その金額や使い道はどうなっているかなどご紹介します。

貰っている人の割合

中学3年にもなりますと、お小遣いを貰っている人の割合は7割ほどになるでしょう。親も成長した子供にお小遣いを与えないと不安になる人もいます。

子供もお小遣いがある程度ないと友達付き合いや恋人とのテキストなども買えず、勉強が捗らないと心配になります。

3年生にもなれば少し遠い場所にある遊園地やモール、街に行って遊ぶことも増えるでしょう。

金額

3年生が貰うお小遣いの金額は6000円から7000円程度になるでしょう。2年生の頃よりも1000円から2000円は高くなるのは、親も15歳になった中学生の子供にはこのくらいのお小遣いが妥当と感じることが多いからです。

中には月に7000円以上貰う中学生もおり、こういった子供は親の手伝いをよくするし、成績もいいとの理由でお小遣いが高くなることがあります。

使い道

3年生のお小遣いの使い道は音楽が好きなら音楽関連の物を買い、恋人がいればデート代に使うことが多いでしょう。勉強がしたい子供はテキストを買いますし、文具集めをすることもあります。

友人と休日に遊びに行く時にまとめて2000円,3000円使い、普段はまったく使わない中学生も多いです。

部活をしている中学生であればお腹が空くと感じた親はお弁当を買えるようにと1000円,2000円ほど多めに渡すことがあります。

お小遣いを考えるあなたにお勧めのサービスはこちら

お小遣いを渡してもいまいち中学生の子供が言うことは聞かないし、使い道が不安で困ると感じることはありませんか。

そんな中学生に渡すお小遣いについて考えるあなたにお勧めのサービスは電話占いのヴェルニです。

このヴェルニなら中学生に渡すお小遣いはどの程度にすればいいか、渡し方を占い師が親身にアドバイスしてくるでしょう。

中学生の性格や態度を変えるお小遣いの渡し方について占い師に聞き、参考にしてみて下さい。

お小遣いの制度

子供にお小遣いをあげる時、どのようにしてあげたらいいのか悩む人は多いでしょう。

月額制にするべきか、それともお手伝いをしたからあげるべきか、はたまたその都度あげればより、子供にお小遣いのありがたみをわかってもらえるのかと考えるのではないでしょうか。

そんな子供へのお小遣いの制度はどのようにすればいいのか、方法を3つご紹介しますので、ぜひ、参考にしてみて下さい。

月額制

仕事が忙しい人や子供がまとめて貰った方が嬉しいというのであれば、お小遣いは月額制にするといいでしょう。

忙しい共働きの親であれば、月の1日目にまとめて渡してしまった方が面倒なく渡すことができます。

また、子供が「まとめて貰いたい」と言うのでれば、月額制の方がより大事にお金の使い道を考えて使うようになるでしょう。一度に使わず、何回かにわけて、必要なものだけを買うように言って渡すことがポイントです。

お手伝い制

子供がお手伝いをしてくれないのであれば、お手伝い制でお小遣いを渡した方がいいでしょう。

食器を片付けないし、ゴミの分別もしてくれないのであれば、子供にきちんとやらせるためにもお手伝い制を導入した方がやるようになります。

親がやってもらいたいと感じた時、「お小遣いを渡すから掃除を手伝って」と頼んでみれば、快くやるようになるでしょう。お金をあげた方が反抗期の中学生は特に言うことを聞くようになります。

その都度制

月額制ではすぐにお小遣いを使ってしまう子供であれば、その都度制にして渡しましょう。

お金の使い方がだらしない中学生なら、「必要だからお金をちょうだい」と言ってきた時に渡すその都度制度の方がどんどんお金を使わなくなるでしょう。

このその都度制度のポイントは、子供に渡す時に「何に使うの」と聞くことが必要です。その使い道に納得すれば渡し、少し違うなと感じたらまた次回に必要な時に渡すようにしましょう。

中学生のお小遣いについて調べよう!

親がもっとお小遣いについて調べることが大事です。簡単に中学生の子供が「ちょうだい」と言うから渡す、かわいいから渡すでは、簡単にお小遣いがもらえると勘違いし、ありがたみがわからなくなるでしょう。

もう少しお小遣いとはどうして渡すのか、その意味をしっかり教えて渡すことが大事です。簡単にはお金は稼げないし、貰えないことを理解させることで、中学生の子供でも大切にお金を貰い、使うようになります。

他の年代のお小遣いについても調べてみよう!

他の年代のお小遣いについても調べてみましょう。1年生の子供を持つ親なら2年生はどのくらいのお小遣いを貰っているか、違う年代のお小遣いはどのくらい貰うかなど調べてみて下さい。

平均の年代別のお小遣いの金額を調べることで、子供に対してあげる金額は多すぎないかチェックできるでしょう。

下の関連記事のサラリーマンの小遣い稼ぎの方法や【年代別】平均のお小遣いを読み、色々と参考にしてみて下さい。

Related