Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月18日

手作りで赤ちゃんをお出迎え!手作りベビーグッズおすすめ21選

これから生まれてくる大切な我が子のために、ぜひ赤ちゃんグッズの手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。この記事では初心者でも簡単にトライできるおすすめグッズから、上級者におすすめのベビードレスまで、さまざまな赤ちゃん用の手作りグッズについてご紹介しています。

手作りで赤ちゃんをお出迎え!手作りベビーグッズおすすめ21選

クリーニングついでに洋服を預けてクローゼットすっきり!

KAJITAKU(保管付き宅配クリーニング)

シーズンが終わった服をしまおうとするとクローゼットがパンパンに・・・。
そんな方におすすめなのが「カジタク」

カジタクは保管付きの宅配クリーニングサービスです!
アパレル仕様の倉庫で最長9ヶ月洋服を保管してもらうことができます。

しかも、15点パックならコートもダウンも一律1,000円
預けたい洋服や数によって料金プランが選べます。

PC・スマホから簡単申し込み

赤ちゃんが生まれる前にベビーグッズを作ろう

「もうすぐ生まれてくる我が子を待ち遠しくてしかたがない」というプレママ・プレパパも多いことでしょう。

大切な我が子が生まれる前に、愛情をこめてベビーグッズを作ってみてはどうでしょうか。手作りのベビーグッズは、赤ちゃんにとってこの上なく幸せな最初のプレゼントになるはずです。

この記事では簡単に作れる、おすすめの赤ちゃんグッズをご紹介しています。ぜひこの機会に手作りに挑戦してみてください。

手作りのメリット

そもそも、数多くの市販のベビー用品がある中で、赤ちゃんのためにわざわざ手作りをすることのメリットはどこにあるのでしょうか。

手作りの最大のメリットは、大切な赤ちゃんへの愛情を形にすることができるという点にあるでしょう。また、我が子の成長に合わせてサイズや素材を自由にカスタマイズすることができるということも、手作りのメリットの一つに数えられます。

手作りの注意点

赤ちゃんは、大人が思う以上にデリケートな生き物です。愛する大切な我が子だからこそ、身につけるものや与えるおもちゃには安心で安全なものを心がけたいものだと言えるでしょう。

市販の赤ちゃん用品は、所定の検査を経て安全が確認されたものです。他方で手作り品はそのような検査を経ないため、安全性についてはよくよく確認する必要があると言えるでしょう。ここからは、手作りの注意点について見ていきましょう。

素材

まずは、素材に関して確認しておきましょう。赤ちゃんによっては肌がデリケートな子もいますので、できるだけ肌触りがよく、また肌に優しい天然素材のものを選んで赤ちゃんグッズを手作りすることが大切です。

また、季節に合わせて素材を使い分けるということも必要でしょう。例えば夏服を手作りするならば、通気性がよく汗を吸い取ってくれる綿素材を、冬服ならば保温性の高いフリース素材を選ぶのがおすすめです。

安全性

安全性は、赤ちゃんグッズを手作りする際に最も重視すべき点です。全くのオリジナルの赤ちゃん服やおもちゃを作ろうとすると安全性が担保できなくなるため、多くの人が利用している型紙や手作りキットを利用して赤ちゃん用品を手作りするようにしましょう。

特におもちゃを手作りした場合は、必ず隣で赤ちゃんの様子を見守りながら遊ばせるようにすることが大切です。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ

以上では、赤ちゃんグッズを手作りする上で気をつけたい基本的なポイントについて確認してきました。赤ちゃんにとって優しい素材を選ぶこと、そして安全性に十分配慮することの2点に気をつければ、きっと素敵な手作りグッズを完成させることができるでしょう。

ここからは、初心者でも簡単にできるおすすめの赤ちゃんの手作りグッズをご紹介していきますので、お時間がある際にぜひトライしてみてください。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ1:スタイ

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズとしてまず挙げられるのが、スタイです。スタイは裁縫初心者でも比較的簡単に作ることができる上に、赤ちゃんにとって欠かせないマストアイテムですので、はじめて手作りに挑戦されるという方にピッタリだと言えるでしょう。

ネット上で専用の型紙をダウンロードできるので、それに沿ってガーゼを裁断し、ミシンで縫っていけば簡単に完成します。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ2:おくるみ

おくるみも、手作りにおすすめの赤ちゃんグッズのひとつです。まずは表布としてガーゼ素材を、また内布として肌触りのよいタオル地のような素材を計測して裁断し、二つを重ねるようにしてミシンで塗っていけば簡単に完成します。

なお、小さめの布を正方形に裁断して三角形に折り、完成したおくるみにミシンで縫い付ければフードつきにアレンジすることもできるのでおすすめです。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ3:にぎにぎ

生まれたての赤ちゃんも使えるおもちゃとして、にぎにぎを手作りしてみてはどうでしょうか。

ネットでダウンロードできる型に沿ってパイル生地の肌触りの良い布を切り、中に綿を入れて手縫いしていけば、10分ほどですぐに手作りにぎにぎが完成します。

お好みに合わせてうさぎやクマのモチーフにしてみたり、目や耳、髭などをつけて表情をプラスするなど、可愛いデコに挑戦するのもおすすめです。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ4:カバーオール

カバーオールも、比較的簡単に手作りすることができます。夏のカバーオールを手作りする際には、大人のTシャツを使うのがおすすめです。

ネットでダウンロードできる型紙に沿ってTシャツを裁断し、股上と見頃、脇と裾、襟ぐりの各部分を縫い合わせていくだけで手作りがカバーオールできあがります。

汗をかきやすい夏でもTシャツの生地ならば吸湿性に優れているので、赤ちゃんも快適に過ごせるでしょう。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ5:ロンパース

大切な我が子のために、ロンパースの手作りに挑戦してみるのはどうでしょうか。ロンパースは外出着としてだけでなく肌着として活用することも多いので、肌に優しくソフトな素材を使用するのがポイントです。

例えばダブルガーゼやコットンを選ぶとよいでしょう。型に沿って布を前見頃・後見頃・袖の各パーツに裁断し、ミシンで縫い合わせるだけで手作りができます。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ6:肌着

赤ちゃん用に何枚も持っておいて損がないのが、肌着です。肌着は最も使用頻度が高く着用時間が長いので、手作りにしたいという親御さんも多いことでしょう。

肌着は、汗を吸いやすく肌に優しいオーガニックコットンやダブルガーゼの素材を使って手作りをするのがポイントです。

型に沿って裁断した後はミシンで縫うのがおすすめですが、ミシンがない場合にはまつり縫いで丁寧に縫っていけば問題ありません。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ7:ベビードレス

赤ちゃんのために少し凝った手作りアイテムに挑戦してみたい時には、ベビードレスの作成に取り掛かってみてはどうでしょうか。

ベビードレスを手作りする場合には、綺麗な仕上がりになるように、有料型紙を購入することをおすすめします。

ワンピースを作る要領で布を裁断・縫合し、裾にギャザーなどの飾りやリボン・レースをプラスすれば、シンプルでありながらも華やかさのあるベビードレスが完成するでしょう。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ8:ベビーケープ

寒い冬に備えて赤ちゃんのために手作りしてあげたいのが、ベビーケープです。ベビーケープの作り方はとても簡単で、型に沿って前見頃と裏見頃を同じサイズで裁断し、さらに前見頃は縦に二等分して前開きになるようにカットします。

また、フード部分の布も裁断し、それぞれのパーツをミシンで縫い合わせていけば、すぐにベビーケープが完成します。最後に、前見頃にボタンもしくはマジックテープをつけてあげるとよいでしょう。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ9:ベビー帽子

「赤ちゃん服を手作りするのはハードルが高い」という方におすすめなのが、ベビー帽子です。

肌触りのよいダブルガーゼなどの素材を使い、型に沿って同じサイズのパーツを6つほど裁断し、それらを円錐を作るようなイメージで縫い合わせていけば、すぐにベビー帽子ができあがります。

フロント部分を折り返し風にアレンジしたり、あるいはゴムを入れて落ちにくくするのもおすすめです。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ10:手袋

赤ちゃんの冬の外出に欠かせないのが手袋です。手袋も、比較的簡単に手作りすることが可能です。

ガーゼやコットンを使って半円形の裏生地・外生地を2つずつ裁断し、それらをまつり縫いして、最後に手首の部分にゴムを通すだけで完成します。

寒い地域にお住まいの場合は、裏生地に保温効果の高いフリース素材を使ってあげるとよいでしょう。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ11:ベビーシューズ

赤ちゃん用品の手作りに慣れてきた中級者以上の方におすすめなのが、ベビーシューズです。

最近ではベビーシューズの手作りキット本が発売されていますので、そのようなキットを使ってフェルト生地の型を取り、手縫いで各パーツを縫い合わせればOKです。

フェルト以外にもガーゼ生地を使って作ることもできますが、すり減りやすい靴底部分は丈夫で厚手のフェルト生地を使うのがおすすめです。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ12:オムツポーチ

手先が不器用で「赤ちゃんの着る服を手作りするのはハードルが高い」という場合には、オムツポーチをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

ネットで無料入手できる型に沿って表布・裏布を裁断し、ミシンでフェスナーを縫い付ければ比較的簡単に完成させることができます。

お好みで内ポケットや外ポケットを作るなど、アレンジを楽しんでみるのもよいでしょう。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ13:おしりふきポーチ

おしりふきケースならば、100均で売っている素材を使って短時間で手作りをすることができます。

まずは、おしりふきが入るサイズのポーチを100均で購入しましょう。おしりふきの蓋を取り外してポーチの真ん中に置いてマジックなどで型を取り、ハサミで切り取ってそこにボンドで蓋を張り付ければ出来上がりです。

非常にスピーディーかつ低予算で赤ちゃんグッズの手作りができるので、初心者におすすめです。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ14:ガラガラ

知育のために、手作りしたガラガラを赤ちゃんにプレゼントしてあげるのもよいでしょう。必要なものはとてもシンプルで、ペットボトルと音のなる素材(ビーズや鈴など)、マスキングテープの3点を用意するだけでOKです。

清潔に乾かしたペットボトルの中に音のなる素材を適量入れ、しっかりと蓋をしてマスキングテープでさらに補強するだけで完成です。お好みでシールなどを貼って飾りつけをするのもよいでしょう。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ15:ガーゼハンカチ

出産準備のために赤ちゃん用のガーゼハンカチの購入を検討されている親御さんも多いことでしょう。しかし、ガーゼハンカチなら10分ほどあれば手作りすることができます。

ガーゼを2枚用意して同じサイズにカットし、それらを重ねて返し口を除く四辺を縫っていき、返し口から表にひっくり返してその部分を最後に縫えば出来上がりです。

手縫いでできるので、赤ちゃんのために複数枚手作りしてみてはどうでしょうか。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ16:小さなぬいぐるみ

生まれてくる赤ちゃんのために、手作りのぬいぐるみを準備してあげるのもよいでしょう。最近ではビギナー向けの手作りぬいぐるみキットも発売されているので、そのようなものを使えば簡単に完成させることができます。

キットを使わない場合は、ネットで無料入手できる型の中から縫いやすいデザインを選び、赤ちゃんの肌に優しい素材を使用して一針一針手縫いするのがおすすめです。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ17:ベビーミトン

秋冬に赤ちゃんが温かく外出を楽しめるように、ベビーミトンを手作りするのもおすすめです。

ガーゼやフェルトを使って手縫いをするのもよいですが、秋冬用のベビーミトンを手作りするならば毛糸を使って編んでみてはどうでしょうか。

5号ほどのかぎ針を使い、細網と鎖網を組み合わせることで初心者でも2日ほどで完成させることができます。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ18:ベビースリーパー

赤ちゃんが寝る時に欠かすことができないのが、肌触りがよく保温性に優れたベビースリーパーです。

夏用ならば袖なし・裏地なしでガーゼ素材を選び、秋冬用ならば袖あり・裏地ありで温かいフェルト素材を選ぶのがポイントです。

ネット上から型をダウンロードし、それを使って布を裁断し、肌に触れてもチクチクしないようにまつり縫いをしていけば簡単に出来上がります。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ19:ベビー靴下

ベビー靴下ならば服ほど難しくなく、多少失敗しても目立たないので、手作りビギナーの親御さんにもおすすめできます。

ガーゼやコットンを使って手縫いをしてもいいですし、綿100%の糸と4号ほどの棒針を使い、ネットの編み図を参考にして編むのもよいでしょう。

なお、最近では糸も針も100均で豊富に取り扱いがなされているので、お得にベビー靴下を編むことができます。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ20:汗取りパッド

赤ちゃんは意外と寝汗をたくさんかくものなので、ベビーパッドを手作りしてみてはどうでしょうか。

肌に直接触れるものなので、オーガニック素材や吸湿性と肌触りのよいパイル素材、タオル生地のようなものを選びましょう。

まずは型紙を使って布を裁断します。そして生地を二枚重ね、返し口を残して全部手縫いしていき、表にひっくり返して最後に返し口を閉じれば完成です。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ21:授乳ケープ

外出先で授乳をする機会も多いことでしょう。そんな時のために、おしゃれで可愛い授乳ケープを作ってみてはいかがでしょうか。

肌触りのよい布を長方形に裁断し、左右上下を1cmほど折ってミシン縫いしていき、上部に首にかける紐を縫い付ければ簡単に完成します。

なお、薄い生地だと授乳時に透けて見えてしまう可能性があるので、できるだけ厚手でしっかりとした生地を選ぶことをおすすめします。

手作りおもちゃにトライするならこの本がおすすめ

赤ちゃんの知育のためにおもちゃは欠かすことができません。おもちゃを手作りしたいという親御さんにおすすめなのが、「手作り知育おもちゃの本」です。

0歳児の赤ちゃんから5歳児まで、それぞれの年齢に合わせたおもちゃの手作り方法がわかりやすく写真付きで解説されています。いきなりベビー服を作るのはハードルが高いという方でも、おもちゃならば手作りに挑戦しやすいでしょう。

不器用な私でも、作ることができました。子供も大変喜んで何度も何度も遊んでくれました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1038FUVMFPZ... |

もっと簡単!手作りキット6選

最近ではネット上で無料でダウンロードできる手作り用の型紙も多くあります。そのようなものを使い、自分で素材を用意して手作りをするのもいいですが、もっと簡単に手作りをしたいならば、キットを使うのがおすすめです。

ここからは、赤ちゃん用品の手作りキットのおすすめを6つ厳選してご紹介していきます。

手作りキット1:赤ちゃん・ベビー・キッズのおもちゃ

おすすめの手作りキットとしてまずご紹介したいのが、「赤ちゃん・ベビー・キッズのおもちゃ」です。

肌触りのよいパイル生地でできた、キュートなうさぎのぬいぐるみを簡単に手作りできる専用のキットです。

くねくねと動くので赤ちゃんの知育にもよいでしょう。頭部に鈴を入れてガラガラ代わりにすることもできます。

材料も必要な分だけ揃っていて無駄がなく、レシピも解りやすくて簡単。1日で作れました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R246ZQR6UJAV... |

手作りキット2:ペピ ガーゼスタイB ベビーキット

ペピの「ガーゼスタイB ベビーキット」も、プレママから高い人気を集めるおすすめの手作りキットのひとつです。

赤ちゃんの肌に優しい厳選された素材を使って、短時間で簡単におしゃれでキュートなベビースタイを作ることができます。

ミシンがなくとも手縫いでもOKなタイプなので、ぜひ気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

優しい色合いで生地も肌に優しく、よく吸収してくれるのでよかったです。お気に入りのスタイです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R29FNWVGJ88W... |

手作りキット3:手作りキット ダブルガーゼ

風邪をひきやすい冬には、赤ちゃんにもマスクを使わせたいところでしょう。「手作りキット ダブルガーゼ」を使えば、短時間ですぐに赤ちゃんの顔のフィットする肌触りのよいマスクを仕上げることができます。

生地の種類も豊富で、作り方の説明書も非常にわかりやすいと評判です。

柄は普通に使えそうなものから、子供向けのものまで入っていました。分かりやすい型紙が入っていたので早速作ってみました。
裁縫初心者でも作りやすいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R28GZCPL3PZX... |

手作りキット4:ペピ クマのガラガラ ベビーキット

赤ちゃんのためにおもちゃを手作りしてあげたいという親御さんにおすすめなのが、ペピ の「クマのガラガラ ベビーキット」です。

にぎにぎとガラガラがセットになったキュートなクマさんのおもちゃで、赤ちゃんに優しいガーゼ素材がセットになっているので安心して赤ちゃんに与えることができるでしょう。

思ったより簡単にできました。
我が子へのかわいい初・手づくりプレゼントになりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RIEVZWABCN9K... |

手作りキット5:BEE&BLUE 手作りフェルト

赤ちゃんの知育のためにも、いろんな色を見せてあげることが大切だと言われています。 「BEE&BLUE 手作りフェルト」は初心者でも簡単に作れる手作りおもちゃ用のキットで、色鮮やかなデザインになっているので、知育にピッタリだと言えるでしょう。

カエルにしましたがとても可愛いので子供も喜んでいます。
ボタンの色が6色で色の勉強にもなります。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2PS6IULFXPA... |

手作りキット6:KIYOHARA お気に入りベビー 目玉焼き スタイキット

よだれやご飯ですぐに汚れてしまうスタイは、何枚替えがあっても困らないほどです。おしゃれでキュートなスタイを手作りしたいという方におすすめなのが、「KIYOHARA お気に入りベビー 目玉焼き スタイキット」です。

乾きやすく肌触りのよい安心安全な素材がセットになっており、わかりやすい型紙・解説書つきなので手作りビギナーでも綺麗な仕上がりになるでしょう。

赤ちゃんグッズを手作りしよう

今回は赤ちゃんグッズやその手作りの方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

生まれてくる大切な我が子への贈り物として、ぜひ出産前の時間がある時に、赤ちゃんグッズの手作りに挑戦してみてください。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

我が子がすくすくと幸せに育つように、子育てのアイディアや方法についてチェックしておけばとても便利です。

以下の関連記事では赤ちゃん用のスリングの使い方のコツや、保育園の入園準備リストについて特集しているので、ぜひご覧ください。

Related