Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月14日

三人兄弟の特徴・性格の特徴・メリット・デメリット・育て方

三人兄弟の家族って楽しそう、でも大変そうと思う方も多いのではないでしょうか。ここではそんな三人兄弟の特徴や性格、子育て方法や部屋割りなどを紹介しています。三人兄弟のパワーに負けず、その特徴を上手く利用して気楽で楽しい子育てできるヒントを見つけましょう。

三人兄弟の特徴・性格の特徴・メリット・デメリット・育て方

三人兄弟それぞれも特徴とは?

三人兄弟の特徴・性格の特徴・メリット・デメリット・育て方

子供は男の子と女の子の違いもありますが、一人っ子か兄弟の多さによってもその育ち方には違いがあります。ましてや三人兄弟と聞くと、男兄弟の中で激しくもまれて育つやんちゃなイメージがありますが、実際の三人兄弟とはどんな風に育つのでしょうか。また兄弟それぞれに特徴はあるのでしょうか。

ここではその三人兄弟の特徴や性格の違い、三人兄弟で育ったためのメリット、デメリット、その育て方を紹介します。

長男はしっかり者?

三人兄弟の長男と言えば、兄弟をまとめるしっかり者、強くて頼りになるお兄ちゃんと言うイメージです。実際に三人兄弟のママに長男の性格を聞いてみると、兄弟の中でも責任感が強く、リーダーシップを発揮するという意見が多く、ママにとってもとても頼りになる存在です。

しかしその反面お兄ちゃんと言う存在でいなければならないというプレッシャーを感じていることも多いのでしょう。三人兄弟の中で一番神経質であったり、甘え下手であると感じることもあります。

ママにとっては下の弟たちをまとめる同志的な存在でもありますのでつい頼りにしてしまいがちですが、本人は甘えたいのを我慢して一生懸命大好きなママのために知らず知らずのうちに無理をしていることもあるでしょう。たまにはお兄ちゃんをお休みして愛情をたっぷりと与えて上げることも必要です。

真ん中は実は甘えん坊?

三人兄弟の次男は生まれた時から自分の指針となる頼れるお兄ちゃんがいます。しばらくは自分の天下で家族皆が自分に注目してくれて可愛がってもらますが、下の弟が生まれると状況が一変します。自分のことをいつも見てくれたママが下の弟の世話に取られてしまうことで愛情の喪失を感じやすいこともあるでしょう。

また自分を見て欲しいとい思いが強く、兄と弟にライバル心を燃やしながらも上手く兄弟間を立ち回ります。時に兄として、時に弟としての役割を求められる中間子は、社会に出ても要領よくその場で自分の求められる役割を演じることが多いでしょう。反面自分を見て欲しい、注目してほしいという目立ちたがりの性格もこのような背景から現れます。

三男はちゃっかり甘えん坊!

三人兄弟の三男は男兄弟ばかりで育つという環境から、上下関係に厳しく男の子っぽい子に育つ傾向があります。親も三人目ということで他の兄弟より比較的おおらかに育てることができ、危険なこと以外は厳しく注意することもありません。そのようなことから、親の愛情をたっぷり受けながら、兄二人からも可愛がられるので、愛されることに慣れており他人から可愛がられて育ちます。

もちろん兄二人の様子をしっかり見ているのでどうすれば怒られないか、どのように言えばいいのかなどを日頃から研究しています。力では勝てない兄たちに対抗する術として口が達者になる子が多いのも特徴の一つです。また甘え上手、愛され上手でどうしたら可愛がってもらえるかもわかっているので三人兄弟のなかでは一番立ち回りが上手いです。

三人兄弟の性格の特徴とは?

三人兄弟の特徴・性格の特徴・メリット・デメリット・育て方

三人兄弟の特徴を見てきました。それではそれぞれの性格はどんな特徴があるのでしょうか。三人いることで、一体どんな風に育つのでしょうか。

長男はおっとりマイペース

第一子であり親にとっても初めての子である長男は、三人兄弟の中でも親と一対一で向き合う時間があるので比較的おっとりとした性格の子が多いです。これは弟ができるまで親の愛情を独り占めできたということ、親も一人にかける時間がたっぷりあり、愛情を惜しみなく注いだ結果です。

しかしその反面、親の期待を一途に受けてきたことが影響して、親の視線や態度などを気にする傾向があります。産まれてからは親にとっても長子にとっても初めてのイベントばかりなので、手探りの中進んでいくことから慎重に物事にあたるタイプも多いと言えるでしょう。

次男は永遠の思春期

次男の性格の特徴として言えるのは、その要領の良さでしょう。常に兄と弟の間で育つ次男は、周囲の空気を読んで自分がどのように立ち回ればよいのかということを常に考えている傾向があり、その力は外にも発揮されますのでとても社交的であると思われがちです。

しかしそれ故に周囲が何を考えているのかを過剰に気にしてしまったり、自分はどう思われているか悩んでしまったりすることもありますので、周囲は手がかからないと放っておかず、サポートできるようにしてあげることも大切です。

また兄ほどの親からのプレッシャーもなく、弟ほど手がかからず比較的自由に自分の思うとおりに道を突き進む子が多いです。これは自立心が旺盛であるという反面、注目を浴びたかったり愛情を欲する寂しがり屋の一面でもあります。親の言うこともあまり聞かないので、周囲にとっては扱いづらい面倒な性格だと思われてしまうこともあるでしょう。

末っ子は甘え上手

三人兄弟の末っ子は言わずと知れた甘え上手です。生まれた時から上に兄が二人もいて、力ではかなわない状況の中で自分の立ち位置を把握していきます。その結果、可愛がられることで自分の立ち位置が優位になることに気が付きます。そのため人に頼ること、可愛がられる能力を伸ばしていく、したたかな性格も持ち合わせています。

しかし、甘え上手というのは悪い意味では自分の労力を要さずに物事を成し遂げることができるので、自分の力に自信がないという結果に陥りやすいこともしばしばです。その結果、自身の力を過小評価してしまいがちで、常に上二人にはとうてい敵わないという気持ちが根底にあります。

三人兄弟のメリット・デメリットはあるの?

三人兄弟の特徴・性格の特徴・メリット・デメリット・育て方

ではそんな三人三様の性格もバラバラの三人兄弟ですが、三人いることのメリットやデメリットはどんなことがあるでしょうか。

三兄弟のメリットとは

三人兄弟の特徴・性格の特徴・メリット・デメリット・育て方

三人兄弟のメリットは、同じ男の子ですので一緒に同じ遊びができるということでしょう。男の子は女の子とは違い、一つの所にじっとしていることが苦手です。身体を動かして遊ぶことが好きな子が多いので、外に出れば鬼ごっこやサッカー、家の中でもたたかいごっこに明け暮れています。人数が必要な遊びでも親が相手をしなくても三人兄弟は三人で遊ぶことができます。

また遊んでいる中で二人が喧嘩になってしまっても、もう一人が仲裁に入ることもでき、自然と役割分担が明確になります。三人兄弟は小さな社会ができると言われますが、まさしくそのとおり兄弟の中で人間関係を学ぶことができます。

三兄弟のデメリットはあるの?

では三人兄弟のデメリットはあるのでしょうか。物理的なことでは一つの物を分ける時に取り分が少なくなることです。また親は二人しかいませんから、子供とペアを組むことになった場合、一人あぶれてしまうということもあります。

また休日にどこに行きたいか聞けば、三人が皆同じ答えとは限りません。誰かが我慢をしなくてはいけないことが多いでしょう。

我慢をするということは子供にとって大変な試練ですが、上手くいけばプラスに生じることも多いですから、どちらかといえば親にとっての試練となることが多いでしょう。三人兄弟に関わらず、三人以上子供がいる家庭は自然にいろんな知恵を振り絞って生活しなくてはいけません。そういった意味ではデメリットもメリットになるよう考えを変えていく柔軟な対応が常に求められます。

三人兄弟どんな風に育てれば良いの?

三人兄弟の特徴・性格の特徴・メリット・デメリット・育て方

それでは具体的にどのように育てていけばいいのでしょうか。男の子ばかりでてんやわんやの毎日を送り上手な子育てなど考える時間もない親御さんも多いのではないでしょうか。特に母親にとって男の子は何を考えているかわからない、何をするかわからない未知なるもの、宇宙人です。そんな男三人兄弟の特徴を生かす育て方など上手い方法はないものでしょうか。

三人兄弟の子育てとは?

三人兄弟の特徴・性格の特徴・メリット・デメリット・育て方

とはいえ子供にも親にもそれぞれ個性があります。子育ての方法も千差万別です。共通する上手い方法などあったら、誰もが実践したいところです。そんな中で言えることとして三人兄弟の子育てではとにかく上手く手を抜くことが大事ということでしょう。

これは三人兄弟だけにあてはまるものではなく、女の子を持つ親御さんにとっても同じく、子育てで手を抜くことはとても大切なことです。しかし、とにかく幼少期の男の子はじっとしていません。その背中を追おうとしたら体力がいくらあっても足りません。ましてや帰ったら大量の洗濯物と洗い物が待っています。

危険なことや迷惑をかけることは別ですが、その他はまあいいやと流せる力も必要です。

三人兄弟の部屋割りは?

三人兄弟の特徴・性格の特徴・メリット・デメリット・育て方

三人兄弟にそれぞれ一つずつ部屋を用意してあげたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。しかし実際に家を購入するにあたって部屋数が一部屋増えると数百万円のコストがかかってきますので、簡単に決断できないのも事実です。それでは三人兄弟の部屋割りを考えるに当たって、大切なポイントが3つありますので順に説明します。

子供部屋はずっと必要?

まず子供部屋の必要な期間を考えることが大切です。日本は欧米と違って赤ちゃんと添い寝をする文化があります。これは幼少期になっても継続する傾向があり、小学生に上がるまでお母さんと一緒に布団で寝ていた、もしくは一緒の部屋で寝ていた方も多いのではないでしょうか。このようなことから幼少期は一人部屋は必要ないことが分かります。

では一人部屋が必要な時期を考えてみますと、一番に思い当たるのが受験シーズンなど集中して勉強をしなくてはいけない小学生高学年から大学入学までの8年間です。しかしこの8年間ずっと一人部屋が必要かといえばそうでない時期もありますので、そのシーズン毎に三人兄弟で上手く使い回しができれば、三人に一部屋ずつ与えなくても乗り切れそうです。

一部屋を二人部屋として共有できる?

三人兄弟の特徴・性格の特徴・メリット・デメリット・育て方

また三人兄弟ですから、一人が受験シーズンで一人部屋を与えてもらった場合、残りの二人は一つの部屋を二人部屋として使うこともできます。もし机を置いて、布団を敷くスペースが足りないといった場合は、二段ベッドを活用するのも良いでしょう。

とはいえ、子供によっては一人のスペースを確保したいという時期もあるでしょう。そのようなときはカーテンなどで間仕切りを行うなどして一人部屋のようなスペースを確保するというやり方もあります。

用途によって部屋を分ける?

子供部屋を三つは用意できないが、二つなら確保できるという場合は先程の一人部屋と二人部屋に分けるというやり方も良いですが、用途別に寝る部屋と勉強する部屋に分けて使うというやり方もあります。

この場合、受験シーズンに他の関係ない兄弟が同じスペースでうるさくしたり遊んでいたりすると迷惑になりますので兄弟それぞれ相手を思いやって生活しなければなりません。共同生活を学ぶ上でとても大切なことですので、あえてそのような部屋割りにしてもよいでしょう。

三人兄弟って大変!でも楽しい!

三人兄弟の特徴・性格の特徴・メリット・デメリット・育て方

三人兄弟を育てるには、子供にとっても親にとってもいろんな意味で大変であるようなイメージがあります。しかし、大変ばかりではなく楽しいことも多いでしょう。せっかく三人同じ家にそろったのですから、その特徴をよくふまえて楽しんで子育てしましょう。

Related