Search

検索したいワードを入力してください

手作りで赤ちゃんをお出迎え!手作りベビーグッズおすすめ21選

初回公開日:2019年03月18日

更新日:2020年03月12日

記載されている内容は2019年03月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

これから生まれてくる大切な我が子のために、ぜひ赤ちゃんグッズの手作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。この記事では初心者でも簡単にトライできるおすすめグッズから、上級者におすすめのベビードレスまで、さまざまな赤ちゃん用の手作りグッズについてご紹介しています。

手作りで赤ちゃんをお出迎え!手作りベビーグッズおすすめ21選

赤ちゃん用に何枚も持っておいて損がないのが、肌着です。肌着は一番使用頻度が高く着用時間が長いので、手作りにしたいという親御さんも多いことでしょう。

肌着は、汗を吸いやすく肌に優しいオーガニックコットンやダブルガーゼの素材を使って手作りをするのがポイントです。

型に沿って裁断した後はミシンで縫うのがおすすめですが、ミシンがない場合にはまつり縫いで丁寧に縫っていけば問題ありません。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ7:ベビードレス

赤ちゃんのために少し凝った手作りアイテムに挑戦してみたい時には、ベビードレスの作成に取り掛かってみてはどうでしょうか。

ベビードレスを手作りする場合には、綺麗な仕上がりになるように、有料型紙を購入することをおすすめします。

ワンピースを作る要領で布を裁断・縫合し、裾にギャザーなどの飾りやリボン・レースをプラスすれば、シンプルでありながらも華やかさのあるベビードレスが完成するでしょう。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ8:ベビーケープ

寒い冬に備えて赤ちゃんのために手作りしてあげたいのが、ベビーケープです。ベビーケープの作り方はとても簡単で、型に沿って前見頃と裏見頃を同じサイズで裁断し、さらに前見頃は縦に二等分して前開きになるようにカットします。

また、フード部分の布も裁断し、それぞれのパーツをミシンで縫い合わせていけば、すぐにベビーケープが完成します。最後に、前見頃にボタンもしくはマジックテープをつけてあげるとよいでしょう。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ9:ベビー帽子

「赤ちゃん服を手作りするのはハードルが高い」という方におすすめなのが、ベビー帽子です。

肌触りのよいダブルガーゼなどの素材を使い、型に沿って同じサイズのパーツを6つほど裁断し、それらを円錐を作るようなイメージで縫い合わせていけば、すぐにベビー帽子ができあがります。

フロント部分を折り返し風にアレンジしたり、あるいはゴムを入れて落ちにくくするのもおすすめです。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ10:手袋

赤ちゃんの冬の外出に欠かせないのが手袋です。手袋も、比較的簡単に手作りすることが可能です。

ガーゼやコットンを使って半円形の裏生地・外生地を2つずつ裁断し、それらをまつり縫いして、最後に手首の部分にゴムを通すだけで完成します。

寒い地域にお住まいの場合は、裏生地に保温効果の高いフリース素材を使ってあげるとよいでしょう。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ11:ベビーシューズ

赤ちゃん用品の手作りに慣れてきた中級者以上の方におすすめなのが、ベビーシューズです。

最近ではベビーシューズの手作りキット本が発売されていますので、そのようなキットを使ってフェルト生地の型を取り、手縫いで各パーツを縫い合わせればOKです。

フェルト以外にもガーゼ生地を使って作ることもできますが、すり減りやすい靴底部分は丈夫で厚手のフェルト生地を使うのがおすすめです。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ12:オムツポーチ

手先が不器用で「赤ちゃんの着る服を手作りするのはハードルが高い」という場合には、オムツポーチをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

ネットで無料入手できる型に沿って表布・裏布を裁断し、ミシンでフェスナーを縫い付ければ比較的簡単に完成させることができます。

お好みで内ポケットや外ポケットを作るなど、アレンジを楽しんでみるのもよいでしょう。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ13:おしりふきポーチ

おしりふきケースならば、100均で売っている素材を使って短時間で手作りをすることができます。

まずは、おしりふきが入るサイズのポーチを100均で購入しましょう。おしりふきの蓋を取り外してポーチの真ん中に置いてマジックなどで型を取り、ハサミで切り取ってそこにボンドで蓋を張り付ければ出来上がりです。

非常にスピーディーかつ低予算で赤ちゃんグッズの手作りができるので、初心者におすすめです。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ14:ガラガラ

知育のために、手作りしたガラガラを赤ちゃんにプレゼントしてあげるのもよいでしょう。必要なものはとてもシンプルで、ペットボトルと音のなる素材(ビーズや鈴など)、マスキングテープの3点を用意するだけでOKです。

清潔に乾かしたペットボトルの中に音のなる素材を適量入れ、しっかりと蓋をしてマスキングテープでさらに補強するだけで完成です。お好みでシールなどを貼って飾りつけをするのもよいでしょう。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ15:ガーゼハンカチ

出産準備のために赤ちゃん用のガーゼハンカチの購入を検討されている親御さんも多いことでしょう。しかし、ガーゼハンカチなら10分ほどあれば手作りすることができます。

ガーゼを2枚用意して同じサイズにカットし、それらを重ねて返し口を除く四辺を縫っていき、返し口から表にひっくり返してその部分を最後に縫えば出来上がりです。

手縫いでできるので、赤ちゃんのために複数枚手作りしてみてはどうでしょうか。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ16:小さなぬいぐるみ

生まれてくる赤ちゃんのために、手作りのぬいぐるみを準備してあげるのもよいでしょう。最近ではビギナー向けの手作りぬいぐるみキットも発売されているので、そのようなものを使えば簡単に完成させることができます。

キットを使わない場合は、ネットで無料入手できる型の中から縫いやすいデザインを選び、赤ちゃんの肌に優しい素材を使用して一針一針手縫いするのがおすすめです。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ17:ベビーミトン

秋冬に赤ちゃんが温かく外出を楽しめるように、ベビーミトンを手作りするのもおすすめです。

ガーゼやフェルトを使って手縫いをするのもよいですが、秋冬用のベビーミトンを手作りするならば毛糸を使って編んでみてはどうでしょうか。

5号ほどのかぎ針を使い、細網と鎖網を組み合わせることで初心者でも2日ほどで完成させることができます。

手作りにおすすめの赤ちゃんグッズ18:ベビースリーパー

赤ちゃんが寝る時に欠かすことができないのが、肌触りがよく保温性に優れたベビースリーパーです。

夏用ならば袖なし・裏地なしでガーゼ素材を選び、秋冬用ならば袖あり・裏地ありで温かいフェルト素材を選ぶのがポイントです。

ネット上から型をダウンロードし、それを使って布を裁断し、肌に触れてもチクチクしないようにまつり縫いをしていけば簡単に出来上がります。

Related