Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

鍋料理の種類・鍋の調理器具の種類|レシピ/鍋の素/素材

寒くなってくると、身も心もあたためてくれる「鍋料理」。鍋料理は大きく3つの種類に分類できることをご存知でしたか。また、人気の鍋の種類はなんでしょうか。市販の人気鍋の素ランキングも発表します。圧力鍋、無水鍋、田舎鍋などの特徴もご紹介します。

鍋料理の種類・鍋の調理器具の種類|レシピ/鍋の素/素材

冬におすすめの鍋料理の種類・レシピ人気ランキング

寒くなってくると、食卓の主役はやはり鍋料理となります。最近では、鍋のつゆがキューブ状や濃縮液でたくさん種類が販売されており、小分けにして使えるので、独り暮らしの方でも気軽に鍋料理が食べられるようになってきました。味も多彩な鍋料理ですが、まず、鍋料理がどのような種類に分類できるのか見ていきましょう。

鍋の分類

日本には色々な鍋の種類がありますが、大きく分けると以下の3つの種類に分類できるといわれています。

・水炊き:だしを使わない、鶏肉など具材からでるおいしいだしで楽しむ鍋の種類です。薬味や調味料で各人が好みの味で食べれるのも魅力です。人気の常夜鍋などもここに入るでしょう。

・煮汁鍋:寄せ鍋、ちゃんこ、味噌鍋など多くの鍋がこの煮汁鍋の種類に分類されます。おでんなどもだしが使われているので、煮汁鍋の種類のひとつになります。

・すき鍋:すきやきです。鉄鍋つかってこってり味に仕上げるのが特徴の鍋の種類です。割下やみそダレで煮ます。

それでは、それぞれの鍋の種類で、人気があり、特におすすめのレシピをご紹介していきます。

鍋の種類ランキング

日本人が好きな鍋の種類ランキングを発表します。やはり、煮汁鍋のランクインが多いです。またランクインしていませんが、スープに特徴のあるトマト鍋、チーズ鍋など、洋風の種類のものがあるので試してみてはいかがでしょうか。

また、一時ブームとなったタジン鍋がお自宅にある方は、今年は使ってみてはいかがでしょうか。温野菜がおいしく食べられます。

5位:すき焼き

日本人のごちそうの代表、すき焼きが5位にランクインです。いいお肉を買って、お正月休みに食べるというご家庭も多いです。生卵とお肉という組み合わせは、すき焼きならではです。

4位:キムチ鍋

一昔前は、現在の豆乳鍋のように、少し変わった味の鍋という位置づけでした。1980年代後半に激辛ブームが到来しましたが、その流れでキムチ鍋も普及したといわれています。しかし、もはやブームでもなんでもなく、立派に日本の鍋に定着しました。

辛いものが苦手な方は、ピックルスの「ご飯がすすむキムチ」などのように辛くないキムチで作るというのも良いでしょう。お子さんにも安心して食べさせられます。

3位:水炊き

素材の味をストレートに楽しむなら、やはり水炊きです。作り方が簡単なのも人気の理由でしょう。鶏肉の水炊きが特に人気が高いです。コラーゲンたっぷりの鶏肉は、女性の美容にとっても効果が高く、積極的に食べたいお鍋の種類です。

2位:もつ鍋

弾力性とこりこりとした触感を楽しめるもつ鍋が2位にランクインです。にんにくや唐辛子を入れれば、寒い冬も乗り切れることでしょう。牛、豚の種類によらず、鍋に入れる前に軽く湯がいておきましょう。臭みが取れるのでおいしくいただけます。

もつ鍋には、ゴボウが合うのでぜひ用意しておきましょう。締めは、ちゃんぽんがぴったりです。ホルモンの種類が嫌いなひとも、食べやすいもつ鍋をきっかけに食べ始めてみてはいかがでしょうか。

1位:寄せ鍋

お気に入りの具材を入れるだけの寄せ鍋は、万人に愛される定番メニューです。作り方のコツとしては、肉や魚はだしになるので最初から入れておくこと、次に人参など火のとおりにくい野菜から順に入れること、最後に豆腐、しいたけ、白菜などを入れることです。お手軽な鍋ですが、種類に応じて入れるとおいしさがワンランクアップします。

鍋の素の種類ランキング

便利で味の種類も豊富な市販の鍋の素は、鍋料理にかかせません。どのような種類の鍋の素が人気があるのでしょうか。

第5位:カレー鍋

最近人気がのびてきているカレー鍋は、子供から圧倒的な支持を集めています。キムチ鍋と同様に鍋の定番入りを果たすことができるのでしょうか。

第4位:豆乳鍋

豆乳に抵抗がある方も、味噌ベースのため違和感なく美味しく食べられると評判の豆乳鍋が4位にランクインしました。現在では、大手メーカーのほとんどは、豆乳鍋をラインナップするまでになってきました。

第3位:キムチ鍋

鍋の種類ランキングでも上位に入ったキムチ鍋が、やはりランクインです。好みの辛さをもつ、鍋の素を探しましょう。

第2位:ちゃんこ鍋

具材を選ばないオールマイティな味がちゃんこ鍋です。冬になってくると、鍋が週3日を越える家庭もめずらしくないといわれます。こんなときも、飽きのこないのがちゃんこ鍋なので、鍋の素は多めにストックしておきましょう。

第1位:鶏だし鍋

鶏肉とベストマッチをしてくれるのが鶏だし鍋です。締めに食べる雑炊が絶品です。こちらも飽きのこない味なので、各メーカーの鍋の素を食べ比べてみてはいかがでしょうか

市販の鍋の素 人気ランキング

鍋の種類の人気ランキングと、鍋の素の種類ランキングをご紹介してきましたが、ここでは市販の鍋の素で人気があるものをランキング形式でご紹介します。

第5位:博多もつ鍋スープ しょうゆ味

このもつ鍋スープは、かつおとこんぶの旨みを効かせた、しょうゆ仕立てになっています。これさえあれば、本格的なもつ鍋がお店にいかなくても、ご自宅で食べることができるでしょう。もつ鍋の種類のなかで10年連続売り上げNo.1です。

毎月もつ鍋をしています。シーズンだとスーパーにも売っていますが、夏のこの時期はネット通販だけが頼りに。

味もおいしいし、いつでももつ鍋を食べられる大切な見方です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1T4R4QVU6RX... |

第4位:ミツカン 〆まで美味しい濃厚鶏白湯鍋つゆ

白湯とは、鶏を白濁するまでじっくり煮込んだスープの種類のことです。まろやかでクリーミーな味が特徴です。他のメーカーでも白湯は出ていますが、最も評価が高く、人気の商品が、このmizkan「濃厚鶏白湯鍋つゆ」です。画像にあるように、締めはラーメンでいただけます。また、うどんで食べるとおいしいという声も多いです。

今までで一番おいしい白湯スープです。 我が家の土鍋は大きいので一袋に水を加えて使っています。 最後は〆としてラーメンではなくうどんをいれてスープを全部飲み切っています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3QMCXHT02XM... |

第3位:ますやみそ あっさり鍋の素

豚肉がメインの種類の鍋なら、この商品がおすすめです。あっさり味でありながら、味噌ベースのスープが絶妙でニラとの相性が抜群です。子供に野菜をたくさん食べさせたい場合などにもぴったりです。締めはラーメン・雑炊・うどんとなんでもでき、レビュー・口コミが非常に高い商品です。

もつ鍋のスープにもピッタリ。野菜ラーメンにしても抜群。もちろん、みそ味の鍋としてもうまい。うますぎる。豚肉、キャベツと玉ねぎ、もやし、ニラ、しめじ、大根を入れて鍋にして食べたら激ウマ。味噌と香辛料のバランスが絶妙。豚肉を少し多めに入れるとさらにうまい。おすすめのスープです。まさに、お店の味です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RL5N42Y6IXIQ... |

第2位:エバラ プチッと鍋 寄せ鍋

一人鍋ができるように小分けになっているのが、こちらの商品です。他のメーカーの寄せ鍋にくらべて濃い味付けが支持されています。鍋だけでなく、野菜スープやチャーハンにも使えるので、味が決まっている調味料として便利に使うこともできるでしょう。

シンプルな醤油寄せ鍋のお味です。
一人分という事で、少し味に深みが無いのは難点ですが、肉や魚類と一緒に煮込めば十分な味だと思います。
野菜鍋の時は、鰹節や昆布をヒトかけ入れると個人的には◎でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2O8ZEK78J5N... |

第1位:ミツカン こなべっち 地鶏塩ちゃんこ鍋つゆ

1位は「こなべっち地鶏塩ちゃんこ鍋つゆ」です。ちゃんこは、他のメーカーも作っており、激戦区になっていますが、味のよさからこちらの商品が最も支持を集めていました。おいしさを濃縮した液体タイプとなっており、「あっさりしていてコクがある」味で、何度でも食べたくなります。

小袋に入った一人鍋用に便利なつゆ。核家族にも使いやすい量ですね。
1袋が濃厚なごま豆乳のスープですので、残り物の野菜を入れたり
冷凍ギョーザ、中華麺、卵スープにしても美味しいです。
鍋限定では無く、いろいろとお料理にアレンジ出来るのが便利ですね。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2F6WHH4BKH8... |

市販の鍋の調理器具の種類一覧

市販の鍋にはたくさんの種類がありますが、代表的な鍋をあげていきましょう。

・土鍋
・中華鍋
・圧力鍋
・田舎鍋
・無水鍋

などが代表的な鍋です。どの種類もひとつご家庭にあると、料理によって使い分けることができます。また、同じ鍋の形状でも、ル・クルーゼの鍋のように厚手のものは、保温力が高く、使うだけで料理がワンランクアップするという声も多いです。次項では、そんな鍋の種類ごとの特徴や、使い分けについてご紹介いたします。

煮物などは、蓋が重いのでよく煮えます
圧力鍋よりは圧力をぬかなくて
すむから、使いやすいです
使い分けてます

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RNL1AKKIY0ML... |

鍋の種類による使い分け方

土鍋

冬の主役、土鍋です。鍋物のシーズンにはかかせません。底が厚い土鍋は、ゆっくり火がとおり、一度あったまると冷めにくいというメリットがあります。冬以外は、片づけてしまう方が多いとですが、このメリットを生かして、ゆっくり余熱で料理するという方法も可能です。大根などは味が内までしっかりと染みます。

前に使っていた土鍋が焦げてしまい取れなくなったので、買い替え
スタンダードな土鍋で使いやすい

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RUZZECCX3EO6... |

中華鍋(底が平)

中華鍋は底が丸いので、4人家族など量が多いと向きませんが、底が平らなタイプでは、炒め物、シチュー、煮物など何でも使うことができます。ハンバーグを焼いた後に煮込むなどの料理にも便利です。また、チャーハンや焼きそばも作りやすいことから、キッチンにひとつあると非常に便利です。

チャーハン用に購入しました。
商品は非常に使いやすいです。
ただ、家庭用では30cmは大きすぎるので、
ワンサイズ下のものを購入したほうが無難です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3IYZVWEHR3D... |

圧力鍋

圧力鍋を、ひとつは持っているというご家庭も多いことでしょう。しかし、どれぐらいの時間火にかけていれば良いか分からない、爆発しそうで怖いという方もいることでしょう。

そんな方におすすめなのが、ティファールの「マルチクッカー クックフォーミー」です。ナビにしたがって具材を入れ、ボタンを押せば全自動で圧力料理を行ってくれます。時短になるし、ほったらかしにできるので、共働きの夫婦や小さなお子さんがいて忙しいなどのご家庭にぴったりで、ヒット商品となっています。

圧力料理以外にも、蒸す、煮込むなどマルチに利用できるので、食生活に小さな革命を起こしてくれることでしょう。

さつまいもの甘煮、ポトフ、塩肉じゃが、きんぴらごぼう
を作りました。タイマーが鳴ったらすぐに蓋を開ける事ができ、鍋を洗ったら次の料理にすぐ移る事が出来ます。
ガスの圧力鍋を使っていたので早さに驚きました!大きさも4人家族には充分な容量です。
本体全体は炊飯器よりひとまわり大きいと言ったところです。重たくて出したり閉まったりはできなそうなので、我が家はレンジ横に出しっぱなしにしていつでも使えるようにしています

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RU9ETI03I3OP... |

田舎鍋

時代劇のなかで、いろりにかかっているのが、この田舎鍋です。鉄製です。ただ、昔の大家族ならばいざしらず、普通のご家庭ではもっと小さな田舎鍋を使います。長所としては、水っぽくならないという点があります。

このためコテっと煮からめる、コクがほしいなどというときに使うと美味しさが一段階違います。また、見た目に風合いがあるので、煮上がった鍋を食卓にドーンと置くと、日本人の遺伝子が刺激され、あたたかく、ほっこりとした雰囲気になることでしょう。

特別な料理でなくとも、煮物全般、煮魚などにお使いいただけます。丸底なので汁がかぶりやすいという長所を生かして調理しましょう。

娘が貧血気味ということで、鉄分補給!こちらを購入して毎日味噌汁を作っています。重いのは少々我慢ですね。一度買ったら死ぬまで使えるでしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RONMR9OPC5EU... |

無水鍋

高い密閉性をもった鍋が無水鍋です。この特性があるため、野菜からの水分のみで調理をすることができます。味が薄まらない、素材そのものの味が楽しめるというメリットがあります。例えば、筑前煮をつくる場合でも、一切水を加える必要はありません。肉じゃがも同様に作ることができます。

こういった多機能調理鍋(?)はあまり使った事がありませんが、確かに保温性に優れており余熱での調理が十分なクオリティで行う事が出来ます。
願わくば、もうワンサイズ大きいと使い勝手が良いかなと。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3DG9J5HF0A5... |

北海道の鍋料理の種類

石狩鍋

北海道の代表的な鍋料理といえば、文句なしに石狩鍋になるでしょう。鮭と野菜を味噌味で煮込んだ石狩鍋は冬に食べたい鍋です。酒粕の風味が漂い、体があたたまる鍋です。バターなどを入れるのが好みというかたも多いでしょう。

大根、ごぼう、じゃがいもなどの根菜をたくさん入れられます。他の鍋と違う野菜が使えるので、鍋が多い冬でも変化をつけられます。ぜひ、鍋のレパートリーのひとつに加えておきましょう。贅沢気分を味わうには、イクラをのせるという方法もあります。

十勝鍋

石狩鍋の陰に隠れてしまい十勝鍋の認知度は、低いといえるでしょう。ひっそりと十勝鍋は、石狩鍋との違いを主張し続けてきました。その最大の特徴は、豚肉を使用すること、以上です。このため、豚肉をいれれば石狩鍋は十勝鍋となります。そのためか、レシピサイトを探しても十勝鍋はほとんど掲載されておりません。

中国鍋の種類

麻辣香鍋

中国だけでなくシンガポールでも人気のある鍋で、別名「干鍋」(ガン・グオ)とも呼ばれる重慶料理の代表的な鍋です。特徴としては、スープが少ないということ、そして「激辛」であるということでしょう。具材は豚肉や鶏肉、いかや白身魚、たけのこ、れんこん、きくらげ、セロリ、カリフラワーなどを使います。唐辛子好きの方におすすめです。

小分けになっていて使いやすいです。少人数でも火鍋を楽しめると量だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R37BKAHH8JO3... |

火鍋

火鍋は「フォグオ」と読みます。本場中国では、辛くない白湯(パイタン)スープと、たっぷりの山椒と唐辛子で作られた麻辣スープが二種類作る鴛鴦(ユェンヤン)という特殊な鍋を使って作ります。

火鍋は、辛いもの好きの日本人からの人気も高いです。Amazonでも何種類か火鍋用スープが売っているので、寒い冬にお試しになってはいかがでしょうか。

これまでナツメグやチコリ ・・・など香辛料を購入して火鍋スープを作っていましたが求めていた味のものに出会えました。
個人の感想ですが、同じくユウキから販売されているマーラーホーコーのモト液体タイプのものと混ぜて使用しています。二つを混ぜて使用することでコクと麻が効いて美味しいです。お好みで花椒を追加すると舌が痺れる感じが増して美味しいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R26ZKX3MPZO9... |

涮羊肉

涮羊肉は「シャンヤンロー」と読みます。薄切りにした羊の肉を熱湯にひたし、たれをつけて食べる中国料理です。日本のしゃぶしゃぶにあたります。他人鍋のふたの直径を小さくして、鍋の中に入れたような独特の鍋で調理します。

羊の肉と聞いて、それでは北海道の人達は涮羊肉をきっと食べているだろうと思った方もいるでしょう。こんな方は、百歩譲ったとしても、しゃぶしゃぶは羊の肉に決まっていると考えるでしょう。

しかし、こうした考えに対し、「普通に牛肉と豚を中心に食べてます」という北海道民からの反論の声がネットでは散見されるということをお伝えしておきます。

おいしい鍋ライフを!

鍋料理の種類・鍋の調理器具の種類|レシピ/鍋の素/素材

日本人に愛されている鍋料理ですが、大きく分けると水炊き、煮汁鍋、すき鍋の三種類と言われます。しかし、トマト鍋やチーズ鍋、カレー鍋などの新しい味も毎年のように販売されているので、今年はどのような鍋を楽しめるかわくわくさせてくれます。今では、定番のキムチ鍋もはじめは激辛ブームに乗って登場した鍋です。

現在は、一人暮らしでも使いやすい鍋の素がたくさんの味の種類で販売されているので、手軽に鍋を楽しめることができます。栄養が偏りがちな一人暮らしも、鍋料理ならばバランスが良い食生活になることでしょう。油も使わないのでヘルシーです。忙しい社会人でも、料理の手間がかからない鍋料理は助かります。

鍋と言えば土鍋ですが、他にも圧力鍋や無水鍋など、さまざまな種類の鍋があることをご紹介しました。それぞれの種類に応じて使うことで、よりおいしく食べることができます。鍋の種類を知り、おいしい鍋ライフを送って行きましょう。

Related