Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

お茶の茶葉の種類・効能・カフェイン含有量|日本/中国/薬草

お茶の茶葉の種類や効能、そしてカフェイン含有量まで詳しく説明しています。日本茶のみならず中国や薬草茶などお茶にまつわる関心度を広げています。お茶のことを詳しく知る中で私たちが日常的に積極的に摂取しやすいよう健康や美肌作りにいかせれるような情報も満載です。

お茶の茶葉の種類・効能・カフェイン含有量|日本/中国/薬草

お茶の時間

お茶の茶葉の種類・効能・カフェイン含有量|日本/中国/薬草

日本には現在さまざなお茶があります。「お茶」とひとえに言ってもその種類は豊富です。今回はそのお茶にまつわるさまざなコラムを紹介させていただきます。
・お茶の茶葉の種類
・日本のお茶の種類
・ペットボトルのお茶の種類
・人気のお茶の種類
・来客時おすすめのお茶の種類
・お茶の資格の種類
・香港のお茶の種類
・薬草のお茶の種類
・種類別お茶のカフェイン含有量
・渋いお茶の種類
・最後に、お茶の楽しみ方についてご紹介します。

お茶の茶葉の種類

お茶の茶葉の種類・効能・カフェイン含有量|日本/中国/薬草

日本にはさまざまなお茶があります。ここでは、お茶の茶葉の種類についてお伝えします。お茶の茶葉はもともとさまざまな種類のお茶の木があるわけではありません。実は、煎茶、抹茶、甜茶、玄米茶、ほうじ茶などと巷でよく目にするお茶はすべて同じ茶木、カメリアシネンシスという椿科の植物の芽や茎から作られています。

それでは、煎茶や甜茶、緑茶、ほうじ茶、抹茶、麦茶、ウーロン茶などのお茶の茶葉はどのような種類なのかについてお伝えします。

茶葉には豊富な種類があります。煎茶には新芽が使われており、玉露は新芽に覆いをかけて直射日光を避けて育てた茶葉を使用したり、ほうじ茶は新芽と6月中旬に摘む二番茶以降のかたい茶葉を摘み深く炒った茶葉を使用します。

そのほか、玄米茶は玄米を炊いて炒り、玄米の量と同じ量の蒸した新芽をもみながら乾燥させた茶葉と6月中旬に摘む二番茶以降のかたい茶葉と茎をブレンドしたもの、麦茶は茶葉ではなく大麦、また、ウーロン茶は煎茶や番茶と同じく、カメリアシネンシスの葉が原料となっています。

日本のお茶の種類

お茶の茶葉の種類・効能・カフェイン含有量|日本/中国/薬草

現在、日本のコンビニエンスストア、薬局、スーパーマーケットなどで販売されているお茶の種類は大きく分けて20種類です。煎茶、深蒸し煎茶、抹茶、甜茶、玉露、かぶせ茶、玉緑茶、釜伸び茶、釜炒り玉緑茶、茎茶、芽茶頭、粉茶、玄米茶、ほうじ茶、番茶、一番茶、二番茶、三番茶、秋冬番茶、新茶です。聞いたこと、見たことがある名前もあれば、聞いたことがない、見たこともないお茶の種類もあることでしょう。

それでは、お茶の種類もわかったところで、それぞれのお茶にはどのような効能があるのかについて種類別にお話します。

お茶の種類別効能

20種類もあるお茶なのですから、その効能も気になります。お茶の種類別に含まれる成分も多種多様です。このお茶にはこういう成分が含まれているから、夏の暑い時期にビーチへ行くときは紫外線が気になるからこのお茶に使用、逆に今日は忘年会で食べすぎてしまうからこのお茶にしようとお茶の効能を知っていたら、無駄なく賢く摂取して日々に役立てることができます。まずは、日本茶としても代表的な煎茶からお話します。

煎茶

煎茶や深蒸し煎茶にはカフェインやカテキンの含有量が高く、特にビタミンCが豊富です。煎茶に含まれているカテキンの含有量は実はウーロン茶の3倍もあると言われています。そのカテキンの効能は腸内で糖分を分解する消化酵素の役割を果たしてくれます。その結果、体内での当分の吸収を抑え、体外への排出を促します。

また煎茶に含まれるカフェインは脂肪燃焼率が高く体脂肪を落としてくれます。そのほかにも煎茶に含まれるビタミンCの含有量はレモンの3倍もあります。ビタミンB2は100gあたり1.3mgで干ししいたけと同量、ビタミンEは100gあたり70mg程度で小麦胚芽の約2倍と栄養価も高いです。

玉露

玉露はうまみの素となるアミノ酸の含有量が多く含まれており、ビタミンCも豊富に含まれています。そのため紫外線を受けた肌のダメージの回復や疲労回復といった効果が期待できます。

玄米茶

玄米茶にはガンマ(γ)オリザノールというポリフェノール、ギャバ(GABA)、ビタミンE、ビタミンB群、ビタミンC、カテキン、テアニンが含まれています。それぞれにどのような効能があるかについてお話します。まずはガンマオリザノールですが、肥満や糖尿病を予防する働きがあり、悪玉コレステロールを減少させ、動脈硬化の予防が期待できます。

ギャバはアミノ酸の一種でコレステロールと中性脂肪の増加を抑える働きがあります。

ビタミンEは強い抗酸化作用を持ち、血行を促進し老化を防ぎます。美肌効果や生活習慣病の予防や改善に効果を発揮します。ビタミンB群は玄米に多く含まれており、代謝を助け疲労回復をはじめ、貧血予防や成長を促進させる働きがあります。

ほうじ茶

ほうじ茶は独特の香ばしい香りが特徴です。ほうじ茶はそのほかの緑茶に比べて比較的カフェインが低いということで知られています。ほうじ茶には細菌やウイルス感染から体を守る働きがあります。食中毒でおなじみのO-157もほうじ茶の持つ殺菌作用でやっつけてくれます。そのほかにも期待できる効能が多々あります。

香ばしい香りが特徴的なほうじ茶は脳をリラックスさせてくれる効能があり、ビタミンCがレモンよりも多く含まれているため美肌効果も期待できます。

粉茶

粉茶は玉露や煎茶に使う茶葉を粉末しただけのものなので、効能も煎茶と玉露と同じと思われがちですが、その効能は煎茶や玉露以上に効果が期待できます。

粉茶にはカテキン、ビタミン、食物繊維が含まれています。特に、ビタミンCはレモンよりも多く含まれており、メラニンの生成を抑え、くすみや脂肪の予防につながります。カテキンは、脂肪燃焼させる効果があります。

また、粉茶ならではの効能もあります。もともと緑茶に含まれる植物繊維は不溶性です。しかし、粉末にすることで、緑茶に含まれる植物繊維がお腹の中で水分を吸収しやすくし、ゆえに、腸の蠕動運動を促し便秘の予防や改善に効果を発揮させます。

茎茶

茎茶は煎茶や玉露を作る仕上げ過程で茎や茶軸を選別してできるお茶です。茎茶の持つ栄養や効能についてお伝えします。茎茶にはテアニン、葉酸、カフェインが含まれています。

テアニンとは緊張を解いたり、興奮を鎮めたりする作用があり、気持ちをリラックスさせる働きがあります。また、テアニンには脳神経を鎮める作用があるので、睡眠前に飲料すると良質の睡眠が得られると期待されています。

葉酸は水溶性ビタミンです。葉酸はDNAを形成したり細胞の再生に欠かせない栄養素です。効能としては細胞分裂を活発にしてくれる作用がありますので、口内炎、下痢、舌炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの予防に効果を発揮します。

茎茶のカフェインには中枢神経に作用して集中力をアップさせてくれるほか、眠気を覚ましてくれる効果があります。また疲労から回復させる作用もあります。

抹茶

抹茶には健康や美容に効く多くの栄養素があります。抹茶にはテアニン、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンU、クロロフィル、カフェイン、β-カロチン、ポリフェノール、フロボノイド、サポニン、カテキン、食物繊維、ミネラルの14種類が含まれています。それぞれがどのような組み合わせでどのような効能をもたらすかお伝えします。

①テアニンは興奮を鎮め緊張を和らげる効果があります。なので、眠前に飲料することで良質の睡眠を得られます。また、テアニンには体内に取り込む中で脳がリラックスをし、集中力アップが期待できます。そのほか、PMS(月経前症候群)すなわち、月経前のイライラや無気力、眠気、不安、憂鬱、集中力の低下などの心身の改善にも効果的です。

②抹茶にはみかんの4~7倍ものビタミンCの含有量があり、ストレスからくる心的ダメージから予防する働きを備えています。

③カフェインは疲労回復に有効です。

④抹茶に含まれるカフェインやフロボノイド、ビタミンには口臭予防の働きもあります。ビタミン群やサポニンはシミやくすみの原因となる紫外線を受けた肌への効果的な回復に効果が期待できます。そのほか、O-157にも効果がある殺菌作用があるので、風邪対策や水虫の予防にも効果があります。

⑤カテキンは腸の蠕動運動を活発にし、皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼させる効果があります。そのほか食物繊維も含まれているので便秘にも効果的です。

麦茶

麦茶は大麦の種子を煎じて作られます。麦茶には炭水化物、ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、亜鉛、ビオチンが含まれています。麦茶には胃の粘膜を保護する働きや血行を促進する働き、その他、抗酸化作用があります。

特に、肥満や高血圧や脳卒中と言われている三大成人病の予防に一役かっているといっても他言ではありません。そして、以外にも麦茶にはバクテリアなど微生物や菌類などの生成や固着を予防する働きがあるので、虫歯予防に効果が期待できます。

ペットボトルのお茶の種類

手軽に持ち運びしやすく、気軽にいつでもどんな時でも飲むことができるペットボトルのお茶ですが、一体、現在ペットボトルのお茶はどれくらいの種類があるのでしょうか。
・伊藤園からは「おーいお茶」「カテキン緑茶」「むぎ茶」「おーいお茶(濃茶)」「2つの働きカテキン緑茶」
・キリンビバレッジ「生茶」「食事の生茶」
・サントリー「伊右衛門」「伊右衛門特茶」
・アサヒ飲料「匠屋」「十六茶」
・コカコーラー「綾鷹」「からだ巡り茶」
・サッポロ飲料「玉露入りお茶」
・ダイドードリンコ「葉の茶(玉露の旨み)」
・サンガリア「おいしいお茶」
・日本たばこ産業「辻利」
・JAふくおか「福岡の八女茶」
など、18種類ものペットボトルのお茶が市場に出回っています。

人気のお茶の種類

ペットボトルのお茶の種類が分かったところで、市場での人気のお茶の種類にはどのようなものがあげられるのでしょうか。堂々たる人気ナンバーワンは煎茶です。一般的な家庭の食卓にまた、おやつの時間によく飲まれているというのが理由です。また、最近は風邪気味の時に水分とビタミンC補給、殺菌効果があるので煎茶を好んで飲んでいる人が多いです。

続いて、2番目が麦茶、3番目がウーロン茶となっています。麦茶・ウーロン茶が来る理由として、冬場でも夏場でも、また冷やしても、ホットでも美味しく飲料することができるというのが大きな利点です。ウーロン茶は特に余分な脂を体外に排出してくれる作用がありますので、ダイエットを支持している女性からは多大な人気を得ています。

来客時におすすめのお茶の種類

お茶の種類も多様化している中、急な来客があったときどのようなお茶をお出しすればよいか迷ってしまいます。来客の方の「格」にもよりますが、実はお茶にも「品格」があります。一般的な来客であれば、煎茶であって何の問題もありませんが、上司や目上の方、義母や祖父母方には玉露を供するのが好ましいです。番茶やほうじ茶などは基本的に書く式が低いとされているので、来客時に出すことは控えたほうが無難です。

お茶の資格の種類

お茶と一口に言っても緑茶や紅茶、中国茶などお茶の種類も多様化しています。そして、多様化しているのはお茶の種類だけではなく、お茶の種類に応じて美味しい淹れ方やお茶の歴史も異なります。お茶のことをもっと詳しく知りたいときはお茶の資格を取ってみるとよいでしょう。お茶の資格にもいろいろな種類があります。どのようなものがあるか見ていきます。

日本茶アドバイザー

この資格はNPO法人日本茶インストラクター協会が認定する資格です。例えば、日本茶に対する興味や関心があったり、食育に興味や関心がある、また、日本茶カフェや販売店などで働いてみたいという方にお勧めの資格です。

資格の取得方法は①通学、②受験の2つのコースから選択できます。①の通学コースは日本茶アドバイザー養成スクールに通学、学習して、資格を取得するコースです。同じ目標を持つ仲間が持てるほか、情報の共有が捗れます。

②の通学コースは日本茶アドバイザー通信講座で学習後、日本茶アドバイザー認定試験を受験し資格を取得するコースです。通学するだけの時間的なゆとりがない方にお勧めです。自分のペースで学ぶことができるので、無理なく勉強を進めていくことができます。

日本茶検定

こちらは日本茶インストラクター協会が催している年3回(2月、6月、10月)の日本茶の検定試験です。日本茶に対する興味や関心が高く、日本茶のすべてにわたる知識や技術の程度が消費者や初級日本茶アドバイザーを指導することができる、いわば中級指導者向けの資格です。

日本茶スペシャリスト

自宅での食事中、外食、仕事中など一日の内で私たちが最もよく飲料するのが日本茶です。意識していなくてもついつい口にしてしまいます。日本茶スペシャリストとは、日本茶の製造プロセスから茶葉の分類、茶葉の種類別おいしい淹れ方までマスターして日本茶をとことん楽しむことができるプロを養成する資格です。

試験はWEBで、家でも外でも空いた時間を使っていつでも受験することができるというくらい手軽です。合格後は2.3週間で認定証が届きます。一度取得すれば自宅サロンの開業、ビジネスマナーの講師、日本茶カフェなど仕事のスキルとしても頼れるアイテムです。

日本茶セレクターW資格取得講座

こちらでは日本茶の基本から美味しい淹れ方、日本茶の文化や歴史などが学習できる講座です。最短2か月で日本茶セレクターと緑茶インストラクターの2つの資格取得が可能です。2つの資格取得後はスペシャル講座を受講して、日本茶の講師として自宅やカルチャースクールなどで講師活動に取り組むこともできます。

香港のお茶の種類

日本のお茶の種類に次いで次にお話をさせていただきたいのが香港のお茶です。香港のお茶は日本のお茶が侘(わび)寂(さび)であるのに対し、香港のお茶は見た目も香りもそして味までもが楽しませてくれるお茶です。そして女性たちに人気の秘訣は見た目以上に女性たち伸びも健康も叶えてくれます。それでは香港のお茶にはどのような種類があるのか見ていきましょう。

香港のお茶

香港のお茶は別名中国茶ともいわれており、その種類は1000種類にものぼります。中国茶は昔から食べ物や体調に合わせて飲まれています。香港のお茶の種類は大きく分けて6種類に分けられます。発酵度の浅い順から①緑茶(リョウチャ)、②白茶(パイチャ)、③黄茶(ファンチャ)、④青茶(チンチャ)、⑤紅茶(ホンチャ)、そして、微生物による発酵が加わることで⑥黒茶(ヘイチャ)となります。

緑茶

緑茶(リョウチャ)は不発酵茶ともいわれ、中国において最も生産量、消費量ともにも多いお茶です。日本の緑茶は蒸して発酵を止めますが、香港では釜炒りで発酵を止めます。茶葉の色は緑色をしていて、香りは豆や草のような香りです。代表銘柄に龍井茶(ロンジンチャ)、碧螺春(ピロチュン)、黄山毛峰(コウザンモウホウ)があります。

白茶

白茶(パイチャ)は弱発酵茶です。茶葉が芽吹いてきたとき白毛が取れないうちに採取し、発酵道が非常に浅い段階で自然乾燥させたお茶です。こちらは生産量が少なく、お茶としては希少価値のあるお茶です。香りはどことなく果物を連想させる感じです。代表銘柄は銀針白毫(ギンシンハクゴウ)や白牡丹(パイムータン)があります。

黄茶

黄茶(ファンチャ)は弱後発酵茶です。生の茶葉からお茶にする製造プロセスの中で軽度の発酵を行ったお茶です。白茶と同じくお茶として希少価値のあるお茶です。色は少し濃いですが繊細な味わいです。代表銘柄は君山銀針(クンザンギンシン)や蒙頂黄芽(モウチョウコウガ)があります。

青茶

青茶(チンチャ)は半発酵茶で、ウーロン茶に代表されます。味も香りも多種多様で等級がついています。代表銘柄に鉄観音(テツカンノン)や黄金桂(オウゴンケイ)、水仙(スイセン)があります。

紅茶

紅茶の由来はイギリスに端を発し、中国において独自の製法で生み出された紅茶です。代表銘柄に邪門(キーモン)があります。邪門は世界三大紅茶の一つです。

黒茶

黒茶は完成した茶葉に微生物を植え付けてはこうさせたお茶です。代表的なお茶にプーアールチャがあります。

薬草のお茶の種類

薬草のお茶の種類についてお話します。薬草茶とはどういうものなのでしょうか。一般にコンビニエンストアやスーパーで売られている薬草茶の代表的なものですが、ハトムギ茶、杜仲茶、ウコン茶、マテ茶などがあります。他にもドクダミ茶、ルイボスティ、カキの葉、クマザサ、アシタバ、ゲンノショウコ、イチョウ茶、よもぎ茶などがあります。

ハトムギ茶は美白効果が期待できるお茶です。杜仲茶は血圧を下げ、コレステロール吸収を働きがあり、肥満予防に効果的です。ドクダミ茶はすぐれた解毒作用や緩下作用があり、便秘の改善に効果が期待できます。そのほかドクダミ茶の優れた効能として、利尿作用もあるのでむくみのが以前にも効果的です。

種類別お茶のカフェイン含有量

どのお茶にカフェインが多いのか気になります。睡眠前に飲んでいいお茶と飲むのを控えたほうが良いお茶があるように、カフェインの含有量をあらかじめわかっていたら飲み方にも変化が出ます。それでは、種類別お茶のカフェイン含有量をお伝えします。

①玉露のカフェイン含有量は160mg/100gあたり
②紅茶のカフェイン含有量は30mg/100gあたり
③煎茶、ほうじ茶、ウーロン茶のカフェイン含有量は20mg/100gあたり
④番茶、玄米茶のカフェイン含有量は10mg/100gあたり
以上です。ぜひ、ご参考にしてください。

渋いお茶の種類

日本茶を愛飲する中で渋い昔ながらのお茶が好きな人もいます。そこで渋いお茶にはどのような種類があるのかお伝えします。まずは、サンガリアから出ているあなたの濃いお茶や伊藤園から出てるおーい濃いお茶は非常にメジャーです。そのほか、深蒸し茶や掛川茶も渋いお茶の一種です。

お茶の楽しみ方

いかがでしたでしょうか。お茶にもたくさんの種類があり、その効能はお茶の種類に応じて千差万別です。スーパーやコンビニエンスストアへ行ったらお茶の陳列棚を見てみる楽しみができました。まだまだ知らない味が楽しめるチャンスも多々あります。毎日嗜むお茶だからこそ、折角です、効能を知って生活習慣病や美肌作りに役立てたいです。

Related