Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月01日

ユニットバスの使い方・コツ・間違えた体験談|シャワーカーテン

ユニットバスの使い方についてご存じでしょうか。ユニットバスは普通のお風呂とは使い方が異なります。間違った使い方をしてしまうと、お掃除が大変になってしまいます。正しい使い方を覚えときましょう。また、なるべく広く使うためにも、壁に棚を取り付けるなど工夫しましょう。

ユニットバスの使い方・コツ・間違えた体験談|シャワーカーテン

特徴別一人暮らしやホテルでのユニットバスの使い方

ユニットバスの使い方・コツ・間違えた体験談|シャワーカーテン

例えば出張や旅行では、ホテルに宿泊することになりますが、ホテルではユニットバスが用意されています。ですが、このユニットバスの正しい使い方についてご存じでしょうか。

ユニットバスはもともとシャワーを浴びることを目的として設計されていますが、中にはどうしても湯船に浸かりたいという方も少なくありません。

そこで今回は、ホテルのほかにも、ご自宅でユニットバスを利用する場合には、どういった使い方をすれば良いのか、正しい使い方についてご説明しましょう。

ホテルのユニットバスの脱衣場について

ユニットバスの使い方・コツ・間違えた体験談|シャワーカーテン

ユニットバスには基本的に脱衣所が設けられていません。そのため、着替えをどこでするのかについて悩まれる方も少なくありません。ホテルのユニットバスの使い方は、着替えをお部屋で行い、ユニットバスに入るときには裸になる必要があります。

ですが、一人だけの場合にはこの使い方構いませんが、例えばほかに誰か宿泊者がいる場合には、お部屋で裸になることに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。その場合には、下着にバスローブを羽織るなどしてユニットバスに入りましょう。

それも嫌だ、という方の場合には、ユニットバスの中で着替えをし、脱いだ衣類が濡れてしまわないようビニール袋などに入れておきましょう。

シャワーのみ使用する場合

ユニットバスの使い方・コツ・間違えた体験談|シャワーカーテン

ホテルのユニットバスの使い方では、シャワーのみ済ませるのであれば浴槽に入ったあとでカーテンを浴槽の内側に入れてから入ります。なぜカーテンを内側にしておくかについては、ユニットバスの中にはトイレも設置されているため、トイレの床を汚してしまわないようにするためです。

カーテンを外側にしたとしても、極端に汚れてしまうことはありませんが、湯気でカーテンに水滴が付いてしまうと、トイレのある床が濡れてしまう場合もあります。そのため、なるべくカーテンが内側に入れておきましょう。

スリッパはどこで脱ぐか

ホテルのお部屋ではスリッパや内履きを履きますが、この内履きはどこで脱いだら良いのでしょうか。ホテルでのユニットバスの使い方は、浴室の前で脱いでおくのが一般的です。ユニットバスに入るときには裸になっておくのが基本です。

ですが、場合によってはトイレの中までスリッパをはく方もいらっしゃいます。これは、ユニットバスにはトイレも設置されているため、トイレの床を裸足で歩くことに抵抗がある方も多いためです。

海外のホテルでは

海外では土足が基本です。そのため、海外でのユニットバスの使い方では、中に入るときに土足で入ってしまっても構いません。ですが、ユニットバスの中までスリッパ、または内履きを履いて入ってしまうと、ユニットバスの使い方によってはスリッパを濡らしてしまう可能性もあります。

スリッパを中まで入っていきたいのであれば、スリッパの上にビニールなど何か被せておくと良いでしょう。

ユニットバスとは

ユニットバスとは、お風呂とトイレが一緒になっている物のことを言います。このユニットバスには、2点ユニットバスと3点ユニットバスの二つのものがあります。それでは次に、この二つの意味と使い方についてご説明しましょう。

3点ユニットバスとは

3点リミットバスとは、お風呂のほか、トイレや洗面台がいっしょの部屋になっているもののことを言います。

3点ユニットバスのデメリットは、室内が狭いということですが、3点にユニットバスのメリットは、お風呂やトイレ、洗面所が一緒になっているということで、お掃除が楽になるということです。

水場の床や壁は汚れやすいものですが、主な水場が一室に纏められているということで、掃除道具を持ったまま移動しなくても掃除が可能です。そのほか、壁と床の繋ぎ目がないため、水漏れの心配がありません。

2点ユニットバスとは

2点ユニットバスとは、トイレは別の場所に設置されており、洗面台と浴槽が一緒になっているタイプのお風呂のことを言います。2点ユニットバスのメリットは、トイレが別な場所にあるため臭いを気にしなくても済むということです。また、トイレが別の場所にあるということで、3点ユニットバスに比べてお風呂を広く使うことができます。

ユニットバスのシャワーカーテンの使い方

ユニットバスの使い方・コツ・間違えた体験談|シャワーカーテン

ユニットバスのシャワーカーテンの使い方は、トイレや洗面台の床を汚さないため、浴槽の内側に入れて使用するのが基本です。ですが、このシャワーカーテンには別な使い方もあります。

例えば、ユニットバスの浴槽にお湯を張って使う場合、その中にカーテンが入っていると何となく気持ち悪く感じる方も少なくありません。そのため、お風呂に浸かるときだけは、カーテンを外側に出しておくと良いでしょう。

初めに浴槽に浸かって体を温めた後で、シャワーを浴びるときには外側に出しておきます。ユニットバスのシャワーカーテンは、お風呂に入り終えた後で外側に出しておきましょう。

この場合、カーテンを閉めた状態のまま下げておくと、折り畳まれた部分にカビが生えてしまいますので、カーテンは開いた状態にしておきましょう。

シャワーカーテンを清潔に保つ

ユニットバスのシャワーカーテンは、どんなに気をつけていてもカビが生えてしまいます。そのため、ユニットバスのシャワーカーテンは、こまめに取り外して洗濯をしましょう。シャワーカーテンを洗うには、浴槽にお湯を張り、浴槽の中に漂白剤を入れて浸け置き洗いにします。カビが取れたのを確認した後で日当たりの良い場所でしっかり乾燥させましょう。

二人で入る場合のユニットバスの使い方

ユニットバスの使い方・コツ・間違えた体験談|シャワーカーテン

一人暮らしの方がユニットバスを使うには、何も問題になることはありませんが、例えば二人暮らしをされている方の場合にはユニットバスの使い方に注意が必要です。

二人暮らしの方の場合のユニットバスの使い方では、ユニットバスにどちらかがお風呂やトイレに入っていると、入っている方が外に出るまで使用することができません。特に女性の場合はおふろの時間が長いため、その間はトイレに入れなくなってしまいます。

二人暮らしの方の場合には、女性の方が後でユニットバスを使用するなど、使用時間をあらかじめ二人で話し合っておきましょう。

ユニットバスの使い方・コツ

ユニットバスの使い方・コツ・間違えた体験談|シャワーカーテン

それでは次に、ユニットバスの使い方とコツについてご紹介しましょう。ユニットバスは室内があまり広く設定されていないため、入る順番に注意が必要です。ユニットバスは通常の浴槽に比べ狭いため、どのタイミングで浴槽に浸かるか、体を洗うかについては重要なポイントとなってきます。

お風呂など浴槽の使い方

例えば、寒い冬の時期にはしっかりと浴槽に浸かり、体を温めたいです。ですが、ユニットバスの浴槽は狭いため、シャワーだけで済ませているという人も少なくありません。ユニットバスの浴槽に浸かるためには次の順番がおすすめです。

ユニットバスを使う順番

まず、ユニットバスにお湯を溜め、初めはなるべく熱いお湯を入れておきましょう。ユニットバスには追いだき機能が付いていないことが多いため、特に冬はすぐにお湯がさめてしまいます。

先にシャワーを浴びてしまうと、お湯が溜まるまでの時間、体を冷やしてしまいますので、先にお湯に浸かった方が良いでしょう。次に髪を洗います。せっかく体を温めても、髪の毛を最後に洗ってしまうと体を冷やしてしまいます。

髪はお湯に浸かりながらでも洗うことができますので、先に髪を洗い最後に体を洗うようにしましょう。体を冷やしてしまわないよう、お湯を抜きながら体を洗うと体を冷やしてしまう心配がありません。

シャンプーの置き場所について

ユニットバスは室内がそれほど広くないため、シャンプーやコンディショナー、洗面用具などの置き場所に工夫が必要です。そのため、ユニットバスにはシャワーラックを用意して、そこにシャンプーやボディーソープ、コンディショナーといった道具を置いておきましょう。

ユニットバス用のものとしては、シャワーのフックに取り付けができるものなどいろいろなタイプのものがありますので、なるべくコンパクトに収められるものを選びましょう。

タオルの置き場所について

ユニットバスは天井に突っ張り棒を作っておけば、そこにバスタオルを干しておくことができますが、例えば洗面用のタオルや、体を洗うためのスポンジやタオルの置き場を作るために、タオルバーシェルフを壁にぶつけておきましょう。

これは、吸盤が付いていますので、壁に穴をあける必要もなく、吸引力がしっかりしているものを選べば、タオルやブラシ、スポンジなどを置いておくこともできます。

ユニットバスの使い方を間違えていた体験談

ユニットバスの使い方・コツ・間違えた体験談|シャワーカーテン

ユニットバスは、普通のお風呂とは使い方が違うため、間違って使っていたという方も少なくありません。ユニットバスのシャワーカーテンを外側に向けて使用してしまう方は多いですが、そのほかの失敗談として、トイレのふたを閉め、トイレの床部分で体を洗ってしまう方がいらっしゃいます。

しかし、トイレの床には排水溝が設けられていないため、トイレのある床で体を洗ってしまうと床がびしょびしょになってしまいます。ユニットバスに慣れてしまっている方にとっては信じられない話しですが、ユニットバスの使い方を説明してくれる方というのは案外いらっしゃいませんので、こういった状況もあり得ることです。

ユニットバスの床で体を洗ってしまうと、後で掃除が大変になってしまいますので正しい使い方を覚えておきましょう。

家族でのユニットバスの使い方

ユニットバスの使い方・コツ・間違えた体験談|シャワーカーテン

最近では、お家を新築にする場合にユニットバスにされる方も多く見られるようになりました。ユニットバスを利用することで、リビングやキッチン、子ども部屋を広くすることができますが、ご家族でお風呂に入る習慣がある方の場合には、浴槽選びに注意が必要です。それでは、ご家族でユニットバスを使用する場合には、どの程度の広さが必要になるのでしょうか。

家族向けのユニットバスの広さ

ユニットバスにすることで、そのほかのお部屋の間取りを記録することができたりと、メリットはたくさんありますが、御家族でユニットバスを使うにはどういった注意が必要なのでしょうか。

例えばご家族全員でユニットバスを使うには、十分な広さが必要です。ユニットバスの広さには、0.75坪からいって1.5坪のものまでありますが、0.75坪のユニットバスは一人暮らし向きの広さです。

お子さんと一緒にユニットバスに入るには、一坪以上の広さが必要です。また、ユニットバスの浴槽にはいろいろな種類があり、ワイドタイプのものも用意されています。これは通常のユニットバスの浴槽の大きさに比べ、10cmから20㎝ほど幅が広く設計されています。

大人二人で入る場合やお子さんと一緒に浴槽に入るのであれば、ワイドタイプのユニットバスがおすすめです。

正しい使い方でバスタイムを快適に

ユニットバスの使い方・コツ・間違えた体験談|シャワーカーテン

はじめのうちはユニットバスを不便に感じる方も少なくありませんが、ユニットバスは慣れてしまうと案外便利です。ですが、ユニットバスの基本的な使い方は、一般的なお風呂とは使い方が異なりますので、正しい使い方を覚えときましょう。

間違った使い方をしていると後々恥をかいてしまうことにもなりかねません。また、お掃除が大変になってしまったり、ホテルといった宿泊施設で間違った使い方をすることにより、ホテル側に迷惑をかけてしまいます。

ユニットバスは、浴槽が大きく作られているものも得られますので、お家を新築にするときにユニットバスにしようと考えている方の場合には、なるべく広く作られたワイドタイプのものを選ぶとよいでしょう。

Related