Search

検索したいワードを入力してください

セーラー服のリボンの結び方・付け方・作り方・アレンジ

初回公開日:2018年01月11日

更新日:2020年01月29日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

昔から愛されてきたセーラー服。そのセーラー服に欠かせないのが胸元のリボンです。リボンの結び方、巻き方や色が違うだけで全体のイメージがガラリと変わります。なかなか個性が出し辛いセーラー服でもアクセントになるような結び方をご紹介します。

セーラー服のリボンの結び方・付け方・作り方・アレンジ

セーラー服のリボン・スカーフの結び方

まずは基本のセーラー服のスカーフの結び方を動画でご紹介します。三角タイの折り方から丁寧に解説されていて、鏡面再生もされるのでとても見やすくなっています。学生服メーカーが紹介している一番簡単で綺麗に結べる結び方です。

この他にもスカーフの結び方は、タイの折り方をはじめさまざまな方法がたくさんあります。また作り付けのリボンをカラーの下に通すというやり方も個性が引き出せるセーラー服の着こなしになり、とてもおしゃれに仕上がります。

セーラー服に付けるおすすめのリボン

セーラー服といえばスカーフが多いですが、少し違った雰囲気を出すならばリボンをチョイスしてみましょう。リボンを選ぶときに重要なのは、カラーと素材、大きさのバランスです。

カラーはどのようなものを選んでも基本的には合います。セーラー服と同系色を選ぶと大人しい印象になり、アクセントカラーを選ぶとポップな印象になります。

素材が安っぽく見えてしまうものもあるので実際によく見て触ってみましょう。サテン地などは特に注意が必要です。リボン自体の大きさはセーラー服全体の印象を左右するので、実際に付けてみて確認することががおすすめです。

EAST BOY

スクールユニフォームとして長年愛されている「EAST BOY」のスクールリボンです。EAST BOYのリボンの特徴は高級感のあるエンブレムが入っており、布地もしっかりとしていて形が崩れにくいことがあげられます。

セーラー服だけでなく、ブレザーにもよく用いられるので一つ持っておくと使いまわしもききます。カラーも豊富なので自分のイメージに合ったリボンを選ぶことができます。

OLIVE des OLIVE

アパレルブランドとして人気のある「OLIVE des OLIVE」のリボンです。セーラー服にも合う落ち着いた柄が特徴です。ワンタッチの留め具も忙しい朝にはとても嬉しいポイントです。

猫のモチーフがワンポイントとしてさりげなく刺繍されているデザインも可愛いです。カラーは4色から選べるので自分のセーラー服に合わせて選びましょう。

シンプルだけど、存在感のあるリボンでした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R182PSNQUCYY... |

100円ショップ

何でも売っている100円ショップならばリボンの販売もありそうなものですが、残念ながら置いている店はとても少ない様子です。運よく販売している店舗を見つけても、布地がペラペラで安っぽいなどの問題もあります。

しかし100円ショップには、リボンになり得る素材がたくさん販売されています。ハンドメイドで自分だけのリボンを作ってみるのも良いでしょう。

セーラー服のリボンの作り方

セーラー服に合わせるリボンをオリジナルで作る場合、100円ショップで売っているネクタイを使って簡単に作ることができます。最近の100円ショップのネクタイは、とても高品質で生地の質感も良いのでおすすめです。100円ならば色や柄の違うリボンを何個も作ることができるので気分や日替わりで楽しむこともできます。

こちらのブログではとてもわかりやすく、リボンの作り方を解説しています。金具などは準備する必要がありますが、オリジナルで個性的な物を求めるのならばぜひ作ってみましょう。

セーラー服のリボンの付け方

セーラー服にリボンをつける時は、襟の下にゴムを通して付けます。それぞれのリボンの形状によって、留め具がついているものやゴムのみで長さを調節するものなどがあります。

またリボンを引き立たせるために、セーラー服の上にカーディガンを着るのもおすすめです。こちらの写真のように白色のカーディガンを着用すると、リボンのカラーが引き立ちます。リボンのカラーが映えるようにアクセントになるカラーのリボンを選んでみましょう。

セーラー服のスカーフアレンジ

スカーフをリボンの形に結ぶやり方は、一見簡単そうにみえますが実は綺麗に結ぶのが難しく、慣れとコツがいります。結び目の力の加え方や襟元のスカーフのたるませ具合などで印象が全く変わってくるからです。

毎日同じ結び方に飽きてしまった方におすすめのアレンジをご紹介します。結び方や巻き方、さらに個性的なアレンジなど、いろいろな方法で毎日を楽しんでみましょう。

Related