Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月31日

出産が怖い・逃げられないと感じるときに乗り切る方法

出産が怖い・逃げられないと感じて不安になってはいませんか?この記事では、出産が怖いと感じる理由と、出産が怖い・逃げられない時の気分転換の方法などを紹介します。出産が怖いからといって落ち込まず、出産が楽しみ!という気持ちになれるよう努力しましょう。

出産が怖い・逃げられないと感じるときに乗り切る方法

出産が怖い・逃げられないと感じるときに乗り切る方法とは?

「子どもが欲しい・・・でも痛いのは怖い」
「妊娠したけれど、産むのは怖い」
「2人目の出産だけど、何が起こるかわからない出産は怖い」
「お母さんはみんな通る道だけど、私は大丈夫なんだろうか」

出産は、初産の時だけでなく何人産んでも不安になるものではないでしょうか?なぜ出産は怖いと感じるのでしょうか?こちらの記事では、出産が怖い・逃げられないと感じる理由をまとめ、どのように対処すれば良いのかを考えることで、前向きに出産に向き合うための内容を紹介します。

初産

初産の場合、出産は未知の世界なのでより一層怖いと感じることでしょう。出産経験があったとしても出産が痛いという事実は変わらないのですが、初産の場合は情報だけなので逆に怖いというイメージが先行してしまい不安になることが多いです。

友人や知人から「想像以上に痛かった!」という話を聞くと怖いと思うでしょう。しかし、「安産だったからすぐに生まれたよ」「思ったより痛くなかった」という話を聞いたりしてほっとすることもあるかもしれません。

不安と安心を行ったり来たりすることで不安定な気持ちになるとは思いますが、産むと決断した時点で覚悟を決めなければならないのです。

2人目

出産が怖い・逃げられないと感じるときに乗り切る方法

2人目、3人目など経産婦の場合でも、出産は怖いものです。1人目の出産の大変さを知っているからこそ、身構えてしまうこともあります。

経産婦になると、初産の時と比べてお産の進みが早くなる傾向があります。しかし、痛みは変わらないので、体が慣れる時間を十分に取れず体にも気持ちにも余裕がなくなってしまうこともあるのです。

また、初産が難産だった場合など、これから始まる出産の痛みをあれこれと想像してしまい、より怖いと感じてしまうこともあります。

このような時は、1人目の出産時の経験を活かして、辛くない体勢をとったり、痛みを軽減できるグッズを使用したりして気持ちをしっかり持てるようにしましょう。

痛みが怖い〜陣痛〜

出産では、痛みを一番怖いと感じるのではないでしょうか。出産の痛みと聞くと分娩を思い浮かべるかもしれませんが、それだけではありません。

まずは、陣痛です。陣痛には、「前駆陣痛」といって普通の下腹部痛と勘違いするような痛みのものもあります。早い人では出産の1ヶ月も前に起こることがあります。

次に、「本陣痛」があり、これは出産の準備が整うと赤ちゃんを押し出すために子宮口が強く伸縮することです。陣痛の感じ方は様々ですが、痛くなったり治ったりを繰り返し、出産が近くなるとその感覚が短くなります。人によっては、分娩よりもこの陣痛が辛かったということもあります。

痛みが怖い〜分娩〜

陣痛の次の痛みに、会陰切開があります。妊娠中は女性ホルモンの影響で会陰も柔らかく伸びやすくなっていますが、赤ちゃんの頭を出すために会陰をはさみで切開するという処置が施されます。

これは、会陰裂傷の予防の意味もあり、直線で切開することによって縫合しやすく感染のリスクも回避できます。しかし、分娩中に行うことが多いので、処置をしても気づかないことが多いです。

いよいよ出産となると、分娩の痛みが待っています。いきんで赤ちゃんを外に出す時に、先生や助産師さんからお腹を押されたり産道に手を入れられたりする処置に痛みを感じることがあります。いきむ長さには個人差がありますが、怖いと感じることが多いでしょう。

痛みが怖い〜その後〜

分娩後は、子宮に残った胎盤を出す必要があります(後産)。この時、体から胎盤を自然に出すために、再び陣痛のような痛みが起きます。

自分では分からないくらい自然と胎盤が出る人もいれば、そうではない人もいるので個人差があります。なかなか胎盤が出ない場合は、先生や助産師さんがお腹を押したり産道に手を入れるため、場合によっては分娩よりも痛いと感じる人もいるのです。

胎盤は子宮にくっついているため、剥がれると出血することもあります。胎盤を出した後は、会陰部分を針と糸で縫合します。麻酔が切れた後は痛みを感じますが、痛みは3〜4日でおさまってきます。

帝王切開

帝王切開による出産は年々増加していますが、「陣痛を経験しなくて楽をしている」「お腹を痛めて産んでいない」といった偏見を持っている人もいるのが現状です。

しかし、陣痛とはまた異なる痛みを持っているので、理解することが大切です。帝王切開には、予め自然分娩が難しい場合に手術日を決めて行う「予定帝王切開」と、分娩前や分娩中のトラブルによって行われる「緊急帝王切開」があります。

術中や抜糸の際は痛みを感じることは少ないですが、背中(脊髄)に麻酔を打つ時の痛みや、術後麻酔が切れた時に傷口の痛みがあります。また、しばらくはお腹に力入らず思うように体を動かすことができません。

しかし、動いた方が子宮の戻りも早いため、痛み止めを使用しながら行うなど、医師に相談しながら行うと良いでしょう。

無痛分娩

頭ではわかっていても、どうしても出産が怖いという人で無痛分娩を選ぶ人もいます。無痛分娩とは、局所麻酔を行い出産の痛みを軽減する方法で、欧米では一般的に行われている出産方法です。

自然分娩と比べて痛みが少ないので、その分体力の回復が早いというメリットもありますが、いきみが弱くなるので押し出す力も弱くなり分娩に時間が掛かってしまったり、費用が高かったりというデメリットもあります。また、対応している病院も限られているため、よく話し合って決める必要があります。

出産が怖いと不安に感じる理由とは?

出産が怖い・逃げられないと感じるときに乗り切る方法

なぜ出産が怖いと感じるの?

「鼻からスイカを出すくらい痛い」とよく聞きますが、出産が怖いと感じる理由の一番は、やはり出産の痛みに耐えられるかどうかではないでしょうか。

また、医療の発達した現在でも出産は命に関わり、命がけの作業なのは変わりません。自分の子どもに会える幸せなことだとわかっていても怖いのは、やはりこの命がけの作業が不安であり責任を感じるからではないでしょうか。

しかし、出産が怖いと思うほど、出産の痛みも強く感じてしまうこともあるので、前向きに捉えることが大切です。

出産が怖い・逃げられないと感じるときに乗り切る方法

未知なる出産

初産婦のママに多い傾向として、初めての出産のため、知らない=怖いという考えに陥りがちだということがあります。知らないがゆえに辛い、痛い、苦しい、というようなイメージだけが先行してしまうのです。

初めてのことなので怖いという気持ちがあるのは当然ですが、ネガティブな気持ちにまでなってしまうのはよくありません。あまり深刻に思い詰めず、怖いという気持ちを少しずつでも緩和できるように努力することが大切です。

情報に惑わされてしまう

出産が怖い・逃げられないと感じるときに乗り切る方法

知らない怖さがある一方、知りすぎてしまう怖さもあります。現在はインターネットなどで簡単に情報に触れることができるため、初期から情報収集をする熱心なママもいます。

しかし、世間に溢れている出産の情報に振り回されてしまい、痛みに対する恐怖心も増長されてしまうことがあります。出産で起こる多くのリスクを目にしたり、必要以上に情報を知りすぎたりすることで悪いイメージに傾いてしまう恐れもあります。

幼少期の記憶

出産が怖い・逃げられないと感じるときに乗り切る方法

出産が怖いと思う理由の1つに、幼少期からの刷り込みも挙げることができます。例えば、自分の母親に「あなたを産むのは大変だった」「逆子だったから難産の末やっと生まれてきてくれた」など、小さい頃から体験を聞いていると、自然と出産は怖いというイメージが出来上がってしまいます。

このような時は、「大変だったけどそれだけ母親は子どものことが大切だったんだ」と思うようにしたりして、ネガティブなイメージを払拭しましょう。そして、子どもが誕生することに対する感謝の気持ちを持つと、怖いという気持ちも和らぐでしょう。

出産が怖くてどうしてもしたくないときの気分転換は?

出産が怖い・逃げられないと感じるときに乗り切る方法

出産が怖いと感じてしまう時、どのような気分転換の方法があるでしょうか。簡単に試すことのできるものを中心に紹介します。自分が好きなもの、自分に合うものを取り込んで実践してみましょう。

出産の動きを予習する

出産が怖いと感じる理由の1つに、イメージがつかないために不安になるということがあります。陣痛から出産に至るまでの大体の時間や過程を予習して、それに合わせた呼吸法などを意識するとよいでしょう。

分娩第一期(開口期)は、本陣痛の間隔が10分以内になり子宮口が10cmの全開大になるまでの期間のことで、分娩の大半の時間を占めます。所要時間は個人差がありますが、目安として初産婦で10〜12時間、経産婦で4〜6時間です。いきみ逃しをしながら過ごすことになります。

分娩第二期(娩出期)では、初産婦で2〜3時間、経産婦で1〜1.5時間を要し、医師や助産師のアドバイスを受けながらいきみ、赤ちゃんを生み出します。

分娩第三期(後産期)は、初産婦で15〜30分、経産婦で10〜20分とされ、軽い子宮収縮が起こり胎盤を娩出します。

体を動かす

出産が怖いと感じたら、体を動かすことも有効です。体を動かすことに集中することで、怖い気持ちも紛れるでしょう。効果的な運動としては、昇降運動として階段を使用すると良いでしょう。

しかし、妊娠中はお腹が大きく足元が見えにくいので、手すりなどを使用して安全に気をつけましょう。また、スクワットも有効です。足をしっかり開いて行うことでお腹も邪魔になりません。

ですが、疲れている時は控え、無理をしないことが大切です。ウォーキングやマタニティヨガなども気分転換ができておすすめです。さらに、家事を行うことも立派な運動です。掃除に力を入れて家中をピカピカにすることで、気持ちよく過ごすこともできます。

好きなドラマや映画を観る

出産が怖いと感じたら、テレビやDVDなどの映画を観ることも有効です。自分の好みに合った作品を観ることで気分も紛れ、怖いという気持ちから楽しい気持ちになれるでしょう。いつも観ることができるように、好きなDVDをセットしておくことも効果的です。

胎児に良いからと興味のない作品を無理して観るより、自分の好きなジャンルを観てリラックスする方が良い効果をもたらします。しかし、気持ちが暗くなるような作品は気分が落ち込みやすくなるため、控えた方が良いでしょう。

散歩する

出産が怖い・逃げられないと感じるときに乗り切る方法

出産が怖いと感じる時は、散歩をしてみるのも効果的です。家の中で考えているだけでは、煮詰まってしまうので、外の空気に触れて気分を変えることが良いでしょう。

また、外に出ることで沢山の情報に触れることができます。出産が怖いという気持ちも飛んでいってしまうでしょう。

だらだら歩くより、少し速いテンポで緩急をつけて歩くと効果的です。しかし、臨月時はいつ破水が起こってもおかしくない時期のため、あまり遠出をせず長時間の外出は控えるようにしましょう。動きやすい服装で、無理をせずに楽しく歩ける範囲で散歩をすると良いでしょう。

アロマや足湯

出産が怖いと感じるけれど、外に出たり動いたりして解消するのはちょっと難しい・・・という時は、家でも実践できるアロマや足湯がおすすめです。アロマディフューザーを使用しても良いですが、大きめなバケツや洗面器にお湯を張り、好きな香りのアロマオイルを数滴加えることでも効果を得ることができます。また、椅子に座って足湯をすると気持ちが和らぐのはもちろん、血流が良くなりむくみも取れるのでとても効果的です。

先輩ママに相談する

出産が怖いという気持ちを軽減させるには、先輩ママに話すことも有効です。出産経験のある友人などに相談することで、気持ちを落ち着かせることができるでしょう。「みんな怖かったんだ」と分かることで、誰もが通る道だと感じ、安心と覚悟が生まれるでしょう。

出産準備を整える

出産が怖いという気持ちが大きくなったら、悩む前に出産準備をテキパキと済ませてしまうのが良いでしょう。陣痛が始まると手を回せないこともあるので、先にできることから早めに行動することが大切です。

出産予定の病院の情報などをまとめた紙を携帯していれば、突然具合が悪くなった場合に周囲の人に助けを求めやすくなります。出産準備を進めていくことで、出産に対する意識をしっかりと持つことができ、怖いという気持ちも薄れていくでしょう。

ノンカフェインのお茶や紅茶でリラックス

出産が怖いと思ってふさぎこんでしまうような時は、一度深呼吸をしてから自分の好きなノンカフェインのお茶やコーヒーなどを淹れると効果的です。コーヒーや紅茶の香りによってリラックスすることができます。

また、甘いものなども少し口にしてみることもおすすめです。飲む場所も、テーブルではなくソファや庭、ベランダで飲むと気分もすっきりして怖いという気持ちを和らげてくれるでしょう。

部屋の模様替えをする

出産が怖いと感じる時、生まれてくる赤ちゃんの生活をイメージして部屋の模様替えをすることも効果的です。赤ちゃんを寝かせる場所、遊ばせる場所、洋服などはどこに置くのか、などイメージをしながら配置を決めていきましょう。

また、赤ちゃんの目線になって考え、部屋の中で危険なものや場所があれば対策をしておくことも大切です。楽に体を動かすことができるうちに、できるだけのことはやっておくと気分的にも良いです。準備を進めていくことで、怖いという気持ちより楽しいという気持ちの方が大きくなるでしょう。

絵を描いてみる

出産が怖いと感じる時、赤ちゃんとの生活をイメージして絵を描くこともおすすめです。楽しい、と感じることが思い浮かんだら、それを絵に描き見えるところに貼っておきましょう。

また、母子のイラストや写真を飾っておくのも良いです。幸せや楽しみ、というイメージを身につけることで、怖い気持ちよりも早く赤ちゃんに会いたいという気持ちの方が大きくなるでしょう。

母親教室

出産が怖いと感じる時、自治体や産婦人科で行われている母親教室に参加することも効果的です。1人で家に居ると、ちょっとした悩みが悪い方へ向かってしまうことがあります。助産婦さんからしっかりした情報を教えてもらえるだけでなく、同じ不安を持つ母親同士のつながりもでき悩みを共有できます。

また、出産だけでなく出産後の情報を手に入れることもできるでしょう。さらに、父親と一緒に参加する教室の場合、一緒に親になる自覚が生まれるため協力的になってくれるでしょう。

お守り

出産が怖い・逃げられないと感じるときに乗り切る方法

いろいろ準備をしたけれどまだ出産が怖い!という時は、最後の神頼みです。安産祈願で有名な神社にお参りに行き、お守りを購入していつも身につけているようにしましょう。

そうすることで、気持ち的に安心することができます。また、神社のお守りでなくても、自分にとってこれがあれば安心だというアイテムを持つことで、気持ちを安定させることもできるでしょう。

お母さん1人だけの不安ではない!

出産が怖い・逃げられないと感じるときに乗り切る方法

出産が怖いという気持ちは自然な気持ちです。初めての出産でも、2人目以降でも不安な気持ちになることはあります。そのような時は、自分の好きなことをして気分転換をしたり、自分の不安を周囲の人に話したりして溜め込まないことが大切です。

少しずつで良いので、不安だな、怖いな、と感じることを減らしていきましょう。子どもの誕生を楽しみにすることで、出産に向き合うことができるのです。

ママさんは、妊娠した時点ですでに赤ちゃんと一緒に頑張っているのです。これから生まれてくる赤ちゃんのためにも、良い状態で迎え入れてあげるためにできることから取り組んでみましょう。

Related