Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月31日

ベビーカーA型はいつからいつまで・おすすめの人気ベビーカーA型

赤ちゃんとのお散歩やお買い物のときなどに、必要なアイテムベビーカーを紹介していきます。ベビーカーの中でもA型タイプに着目し、更にはA型・B型の違い、ベビーカーを選ぶ時に重要視するポイントに合ったベビーカーの紹介などもしていきます。

ベビーカーA型はいつからいつまで・おすすめの人気ベビーカーA型

ベビーカーのA型・B型の違い

ベビーカーA型はいつからいつまで・おすすめの人気ベビーカーA型

赤ちゃんが生まれると、誰もが買うであろうベビーカー。お散歩のときや買い物など、お出かけの時には必要になってきますし、買おうと思うはずです。しかしそんなベビーカーにも種類があります。それは、A型やB型といわれ、それぞれ使用時期や重量なども様々です。

ベビーカーだからとどれも同じように思いますが、違いはどのようなものか、そしてA型B型の特徴などをしっかりご紹介していきます。

ベビーカーA型とは

ベビーカーのA型というのは、背もたれの部分がリクライニングでき、フラットな状態にまですることができます。まだ小さな生後28日ぐらいから使用でき、およそ24か月、つまりは2歳ごろまで使うことができます。しかし、ベビーカーによっては3歳ごろまで使えるものもあります。基本的には、そのベビーカーの耐性重量が合っていれば問題ないでしょう。

A型は対面式、背面式を選べる両対面式がほとんどです。そのときの気分や月齢などで簡単に切り替えることができます。

ベビーカーB型とは

ベビーカーB型というのは、腰がしっかりすわり、安定してきた赤ちゃんが乗るベビーカーになります。A型とは違い、リクライニングができないタイプが多く、リクライニングができたとしてもフラットにはなりません。使用年齢は生後7か月から24か月くらいまでとなっています。しかし、こちらも耐性重量が問題なければ2歳過ぎても問題ないでしょう。

そして、A型が進化したことで、B型の存在価値が薄れてきていますが、ベビー用品メーカーなどではB型を生産中止にして、3歳ごろまで乗れることができる「B型相当」タイプというのがあるようです。

AB型タイプというのもある

ベビーカーA型はいつからいつまで・おすすめの人気ベビーカーA型

A型、B型というそれぞれの時期が決まっていっるタイプのベビーカーだけでなく、AB型という長く使えそうなタイプのベビーカーもあります。これは、2000年頃に「B型並みにコンパクトで軽量でA型相当タイプ」として登場しました。

それがたちまち主流となり、2004年には旧AB型はA型に編入され、現在のA型のほとんどは急AB型なんだそうです。

ちなみに、A型B型というのは日本のSG安全基準というものにより定められていたものです。海外なんかは、「A型相当」「B型相当」のようになっています。乗れる時期も定まっていないようです。

ベビーカーA型はいつから使う?

ベビーカーA型はいつからいつまで・おすすめの人気ベビーカーA型

A型タイプのベビーカーは、新生児から使うことができます。新生児から色々歩き回ることはないと思いますが、首が据わっていない赤ちゃんの頃から安心して使え、およそ3歳ごろまでは長く使えることでしょう。大体体重15キロほどまで耐性がありますが、中には20キロまでOKなベビーカーもあります。

そして、A型はリクライニングができるので、赤ちゃんが眠ってしまっても倒して寝やすくしてあげられるという良い点もあります。

あまり大きいとA型タイプベビーカーを使う機会は少ないかとは思いますが、抱っこ紐よりはベビーカーを多用するなと思う方は、A型ベビーカーをオススメします。

A型ベビーカーは必要なのか

ベビーカーA型はいつからいつまで・おすすめの人気ベビーカーA型

A型ベビーカーが必要ないよっていう人も中にはいますが、自分にも必要なのか否か悩むところです。買ってしまって使わなかったときが勿体ないと思うことでしょう。そこで、どんな人がA型タイプを必要ないと思うのかを調べてみました。

ズバリ、「おすわりまで抱っこ紐でしのげる人」です。例えば、まだ首が据わらない時期は外へあまり出かけずに、それ以降は抱っこ紐などで移動できる人ということです。

おすわりできる時期は7か月~8か月ぐらいですが、赤ちゃんの成長具合のもよりますが、なかなか重くなってくる赤ちゃんを抱っこするのは抱っこ紐があってもキツイものです。ほとんど移動手段は車であるという人には良いかもしれません。

A型ベビーカーの人気とは

ベビーカーA型はいつからいつまで・おすすめの人気ベビーカーA型

対面式にしても背面式にしても、ハンドルの切り替えにより、前輪が自由になり後輪がロックされる機能をオート四輪といいます。対面式の場合、スムーズに走行できますので、そういったところが注目するべきA型タイプの良さです。

B型に比べるとやや重いですが、近年では軽量タイプも多く出ているのと、それでも安定感・安全性があり、自分たちの生活スタイルで選ぶ基準が変わってくることでしょう。

まだ小さいうちから使えるという点でも選ばれやすいタイプだと思います。

是非オススメしたいA型ベビーカー

ベビーカーを選ぶポイントというのは、人によって様々です。例えば、どういうシチュエーションで使いたいのかなどで違ってきます。

例えば、丈夫である程度の道もスイスイ進みたいというのなら、アップリカというメーカーの「スムーブAC」がオススメです。このベビーカーは、路面の衝撃を吸収してくれるパンクレスタイヤを使用し、空気入れが必要ないのと凹凸な道や段差でもへこたれず、難なく走らせることができます。

更には、赤ちゃんを乗せるところが高めに作られているため、乗せ降ろしが楽にできること、そして地面からのホコリなどもある程度守ってくれます。

このように、自身が重要視したいポイントに合うベビーカー探しをオススメします。

対面型のA型ベビーカー

ココロン A型ベビーカー

対面型というのは、赤ちゃんにお母さんの顔が見られるようになっているベビーカーです。大体、背面式にもできる量対面型が多く、対面しかできないA型ベビーカーはあまり人気が無い上に、頑丈であるがゆえに、かさ張るというマイナス面があります。

この画像のベビーカーは、「ココロン」というメーカーのA型両対面タイプのベビーカーになっています。赤ちゃんが据わるところが、地面から少し高めの位置に設置してあるため、乗せ降ろしさせやすく、更には下の物入れが大きいためにお買い物かごを乗せることも可能です。

こちらのベビーカーは、Amazonにて現在40000円のところが16800円のかなりお安くなっております。

軽量タイプのA型ベビーカー

ピジョン 軽量ベビーカー

自分のと赤ちゃんのとで、結構荷物が多くなってしまいがちになりますが、そういうときは重そうなベビーカーよりは、なるべくなら軽いタイプの方が持ち運びしやすいことでしょう。

こちらの画像のベビーカーは、赤ちゃんの用品などを取り扱う「ピジョン」というメーカーのベビーカーで、両対面A型タイプです。軽量5.4キロで、”押しやすさ”にこだわった商品だそうです。

他にも、軽量タイプのベビーカーは、ピジョンだけでなく他のメーカーでも取り扱っていますので、実際に自分で持ってみて買うのが良いでしょう。

コンパクトサイズのA型ベビーカー

babysing

こちらの画像のベビーカーは、「babysing 」というメーカーで、軽量なうえにコンパクトになるA型ベビーカーになります。ちなみに、0歳児から5歳児まで乗れるというベビーカーです。

一方の手で折りたたむことができ、重さは7.6キロです。更には座位も高めの設計されていて、赤ちゃんを有害な排気や砂埃などから守ることができます。加えて嬉しいポイントが、比較的安価であるということ。金額はAmazonで現在25800円となっています。

飛行機内での持ち込みも可能であり、折り畳みができるから自宅保管でも車内保管でも場所を取りません。折りたたんでも、自立するので倒れる心配は無しです。

ちなみにこちらのベビーカーは、全部で6色のカラーバリエーションです。

安価なA型ベビーカー

newjp

とにかく安価重視でいきたいなら、こちらの画像のベビーカーがオススメです。こちらは、「newjp」というメーカーで、生後一ヵ月から3歳ごろまで使用することができます。お日さま除けが大きくかぶるので、日差しの強い日やちょっと小雨が降ってしまった時などでも、赤ちゃんに当たりにくくなります。

重さは7.5キロと重めではありますが、サスペンションがついていることにより、振動をすくなくしてくれるベビーカーとなっております。金額は、Amazonで現在9980円です。3万以上するのが当たり前なベビーカーのわりに比較的かなり安価のベビーカーとなっています。

オシャレなA型ベビーカー

ベビーカーA型はいつからいつまで・おすすめの人気ベビーカーA型

比較的よく使うものは、お散歩のときでもお買い物の時でも、実用さは重要ではありますが、オシャレなものも魅力的に感じることでしょう。

そんな様々なベビーカーがある中で、実用的も良いけどオシャレなのを使いたいという方に、オシャレなベビーカーをご紹介します。

こちらは、「アップリカ」の三輪ハイシートベビーカー、スムーヴです。三輪のA型ベビーカーになります。ベビーカーというと四輪が当たり前に思えますが、三輪ベビーカーもちょこちょこ増えてきています。他とあまりかぶらず、かといって使いにくいわけではないので、デザイン性も良いでしょう。

エアタイヤを使用しているため、凸凹な道でも軽やかに走行できます。更にこのベビーカーは、赤ちゃんの寝る場所の部分の取り外しが可能であり、何かと汗やよだれなどで汚れても洗濯できるのは、衛生面でとても良いことです。下のカゴの部分も大きめなので荷物乗せられます。

こちらは、「ヘラサ」というメーカーの三輪のベビーカーですが、コンパクトに折りたためるようになっています。対象年齢は、新生児から4歳ごろまでと長く使えるものとなっています。

ハイシートで大きめなホロなのが特徴です。11.5キロと結構重めではありますが、アメリカン的なデザイオシャレ感を演出してくれることでしょう。更に、エアータイヤを使用していますので、丈夫でしっかりしています。

自分の使いやすいのを買おう

ベビーカーA型はいつからいつまで・おすすめの人気ベビーカーA型

たくさんのA型ベビーカーをご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。毎年毎年、数々のメーカーが試行錯誤していろんなA型ベビーカーを販売していますが、結局は自分自身が一番使いやすいのを選ぶと良いでしょう。メインで使うのは、お母さんなのです。

そして、自分が何を重要視するのか、買う前によく考えておきましょう。更には、今時インターネットで買うことも多いかと思いますが、実際店頭で見られるものは店頭で試し乗りしたりして、使い心地を知っておくのも大切です。

決して安い買い物かっていったらそうではありません。A型ベビーカーもピンキリな商品なので、しっかり吟味して、赤ちゃんにもお母さんにもより良いA型ベビーカーとなることでしょう。

Related