Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

ベビー布団はいつまで使えるのか|ベビー布団を使う理由3つ

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日のほとんどを布団の上で寝たまま過ごします。ベビー布団は、赤ちゃんにとってとても大切なものです。では、ベビー布団はいつまで使えるのでしょうか。ミニサイズのベビー布団や寝相の悪い赤ちゃんの場合いつまで使うのが正しいのでしょうか。

ベビー布団はいつまで使えるのか|ベビー布団を使う理由3つ

ベビー布団とは

ベビー布団はいつまで使えるのか|ベビー布団を使う理由3つ

ベビー布団とは、一日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃんが、快適に過ごせるように作られた赤ちゃん専用の布団です。

赤ちゃんの小さな体はまだ未熟で、体温調節も未発達で発汗量も大人とは違います。「敷き布団が合わない」というだけで、成長が妨げられることがあると言われています。

下記では、赤ちゃんに適したベビー布団の選び方をご紹介します。

硬さ

ベビー布団は、赤ちゃんの背骨をしっかりサポートできるよう、適度に硬さがあるものを選びましょう。

赤ちゃんの身体は、骨や関節が成長しきっていない状態です。大人の布団は柔らかいので、身体が曲がった状態が維持されてしまい、骨が曲がったまま固まったり、脱臼の危険性もあり身体の発達が妨げられてしまいます。

サイズ

ベビー布団には、レギュラーサイズとミニサイズがありますが、ミニサイズは使用期間が短いため、レギュラーサイズがおススメです。

しかし「今後、家族の布団で一緒に寝たい」や「ベビー布団を敷く場所がない」など、ミニサイズの方が使い勝手が良い場合は、家庭の状況に合わせてサイズを選びましょう。

素材

掛けふとんの素材は、大きく分けて羽毛とポリエステルの2種類ですが、汗をよく吸収して、ムレにくい「羽毛」がおススメです。

ポリエステルは「安価でお手入れも楽」なのが特徴で、自宅で洗濯できるものも販売されていますので、生活に合ったものを選びましょう。

セット内容

【ベビー布団に最低限必要なセット】
・敷布団
・掛け布団/カバー
・肌布団/カバー
・シーツ


その他にも、まくらや防水シーツなどがセットになっているものも販売されています。購入の際は、セット内容をよく確認しましょう。

ベビー布団を使う理由3つといつまで使えるのか

初めての出産は、購入するものも多く準備が大変です。「本当にベビー布団は必要なの?」「どうして大人の布団と分けるの?」と戸惑ってしまう人も多いでしょう。

下記では、ベビー布団が必要な理由と、使用期間についてご紹介します。

日本製オーガニックコットンでこの価格!しかも、豊富な11点セット。カバーの柄も好きなのが(10柄からひとつ)選べるしどれも可愛らしい。しかも、家で洗濯ができちゃう。こんな満足な商品は他にはないです!!

出典: https://www.amazon.co.jp/doudou-11%E7%82%B9%E3%82%BB%E3%8... |

ベビー布団を使う理由

ベビー布団は、絶対に必要というわけではありませんが、ベビー布団を使用したほうが「赤ちゃんにとって良い効果をもたらす」と言われています。

下記では、ベビー布団を使用した方がよい理由を3つご紹介します。

1:窒息を防ぐため

赤ちゃんの頭は大きく、首もすわっていないため、柔らかい大人の布団では、頭が沈み込んで呼吸を妨げたり、寝返りをしてうつ伏せや横向きになれば、窒息の可能性があります。また、添い寝する時に大人の布団が赤ちゃんにかかると、重くて窒息してしまう危険があります。

ベビー布団は、赤ちゃんの窒息を防ぐため「敷布団は固く、掛け布団は軽く」作られています。

2:体温調節しやすくするため

赤ちゃんは体温調節ができず、新陳代謝も活発なので汗をよくかきます。寝ている時は、更に汗をかくので蒸れやすくなり、蒸れた状態でいつまでも寝ていると身体が冷えてしまいます。

ベビー布団は、大人の布団よりも通気性がよく、軽いので湿気や水分が布団に残りにくいように作られています。

3:清潔を保つため

赤ちゃんは、寝ている間に大量の汗をかき、ミルクの吐き戻しやおもらし、オムツ替えで汚れることもよくあります。大人の布団は、一度汚れてしまうと洗うのが大変です。

ベビー布団は小さくて軽く、洗濯も楽なので、赤ちゃんがいつでも清潔な布団で眠れるように、大人の布団とは分けておくほうが良いでしょう。

いつまで使えるのか

赤ちゃんにとっていいことばかりのベビー布団ですが、いつまで使うことができるのでしょう。赤ちゃんの時期の少しの期間しか使えないとしたら、勿体なく感じる人もいるでしょう。

下記では、ベビー布団の使用目安をご紹介します。

ミニサイズは1歳

ミニサイズのベビー布団は、大体1歳~1歳半頃まで使用出来ます。ミニサイズのベビー布団は約90×60cmで、一般的なベビー布団よりひとまわり小さく、赤ちゃんが成長すると窮屈に感じてしまう可能性があります。

1歳を待たずに、添い寝に切り替えてベビー布団を卒業する子供もたくさんいます。家庭の環境に合わせて対応しましょう。

普通サイズは2~3歳

一般的なベビー布団のサイズはで120×70cmで、3~4歳頃まで使用可能です。

赤ちゃんの骨や筋肉、内臓などが著しく発育するのは2~3歳の時期です。出来ればその時までは、硬いベビー布団で寝かせてあげるのが良いでしょう。

ベビー布団を使わない場合

ベビー布団はいつまで使えるのか|ベビー布団を使う理由3つ

ベビー布団を用意したほうが「赤ちゃんにとって良い効果をもたらす」と言われていますが、いつまでもずっと使うものではないですし、絶対に必要というわけではありません。

下記では、大人の布団と一緒に寝るメリットもみていきます。

添い寝することで夜中の授乳が楽

赤ちゃんの授乳感覚は3~4時間と言われ、昼夜関係なくお腹を空かせて泣いてしまうので、お母さんはその都度授乳しなければなりません。

同じ布団で添い寝することで、移動することなく泣いたらすぐに授乳ができるため、夜中のお母さんの負担を減らすことができます。

寝返りをしてもはみ出しにくい

赤ちゃんは、いつまでも大人しくすやすやと眠ってくれるわけではありません。生後5~6ヶ月頃から寝返りが始まり、寝返りが始まった赤ちゃんは、1時間に20回程度、1歳でも10回程度寝返りを行います。

寝返りをが出来るようになると、ベビー布団では小さく、はみ出てしまうので、大人の布団切り替える人が多いです。

赤ちゃんとの生活に向けて準備をしよう

ベビー布団はいつまで使えるのか|ベビー布団を使う理由3つ

今は、ベビー布団を含めベビー用品もたくさんの種類が販売されています。やわらかい優しい生地や、速乾性のあるものなど、快適な睡眠のために赤ちゃんに合ったベビー布団を用意してあげましょう。

ママのお腹の中で守られてきた赤ちゃんは、初めて環境にとまどい、不安な思いをしています。赤ちゃんにとってできるだけ安心できて、快適な環境になるように、ママとパパで話し合って工夫していきましょう。

Related