Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月02日

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?外出時間や服装・場所

生後1ヶ月頃は、ママがつきっきりで赤ちゃんのお世話をしないといけない時期です。気分転換に外出したい時もあります。生後1ヶ月頃の外出は、赤ちゃんにとって何か影響はないのでしょうか。他にも、外出した時の時間や持ち物、車移動はどうすれば良いのかをご紹介します。

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?外出時間や服装・場所

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?外出時間や服装・場所

生後1ヶ月頃の赤ちゃんの外出は、1ヶ月検診やお宮参りが主にあげられます。それ以外には外出しないほうが良いのでしょうか。

今回は、生後1ヶ月の赤ちゃんの外出の影響・季節別の注意点と、外出した時の時間や持ち物、生後1ヶ月の車移動はどうすれば良いのかをご紹介します。

生後一ヶ月の外出の影響は?

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?外出時間や服装・場所

生後1ヶ月の赤ちゃんは、まだ温調節がうまく出来ず、免疫や抵抗力が低下しているので、体が弱く病気に感染しやすいです。紫外線や強風、埃の刺激が赤ちゃんの負担になることがあります。生後1ヶ月の赤ちゃんの外出は1ヶ月健診が終わるまでは控えましょう。

生後1ヶ月は必要最低限の時間に留めるために、近所へ買い物に行くのはなるべく控えて、パパに買い物をお願いしたり、ネットスーパーの利用を行って過ごしましょう。短時間の外気浴は生後1ヶ月の赤ちゃんにとっては良い影響を与えるので、ベランダに出たり、家の周りをちょっと散歩したりして、外の空気に慣れさせましょう。

また、昼と夜の区別がつきはじめる、生後1ヶ月の赤ちゃんと外出する時は、生活リズムを崩さないことが大切です。長い時間外出しないといけない場合でも、お昼寝と授乳・ミルクの時間はなるべく守りましょう。

夜まで外出してしまうと、夜の睡眠サイクルがずれるので、赤ちゃんにとって質の良い睡眠がとれません。赤ちゃんにとって夜の睡眠は大切です。夜は遅くならないように、朝から昼を中心として公共交通機関を使う時は混み合う時間帯を避けましょう。

外出先に、居酒屋のような煙草の煙が多いところや騒音がある場所、コンサート会場のような光の激しい場所も、生後1ヶ月の赤ちゃんにとっては刺激が強過ぎてしまうので避けましょう。

生後1ヶ月ではどれくらいの時間外出してもいい?

生後1ヶ月の赤ちゃんとの外出は前述の通り、少なくとも1ヶ月健診が終わるまではほどほどにしましょう。

1ヶ月検診で問題がなければ、少しずつ外出することが可能です。外出する時間は、はじめは5分程度から始めて、その後10分や20分と時間を伸ばしていきましょう。

生後1ヶ月で外出する時の服装は?夏や冬での注意点。

生後1ヶ月の赤ちゃんと外出する時は、体が未熟で体温調節が苦手な事や、免疫力が低くて感染しやすいことを注意してあげないといけません。暑い夏と寒い冬の気温差や日差しに気をつけましょう。

外出する時期が、真冬や真夏である場合はより注意しましょう。外気浴も含めて真冬であれば、長い時間外出するのは春を待ったほうが無難です。真夏であれば早朝や夕方の比較的涼しい時間を見計らって外出するなど、負担がかからないようにしましょう。

夏や冬に生後1ヶ月の赤ちゃんが外出する場合は、服装にも配慮しましょう。以下に、夏と冬の赤ちゃんのお出かけ時の服装をまとめてみました。

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?外出時間や服装・場所

生後1ヶ月の赤ちゃんと夏に外出するのであれば、なるべく日差しがきつくない朝や夕方を選びましょう。赤ちゃんの体温は高いので、抱っこ紐などでママと密着して外出する場合、より暑くなるので注意しましょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんはまだ肌も弱くて、強い日光や汗で肌が荒れてしまう可能性もあります。外出の時間はなるべく短時間で行い、帰宅後には汗を拭いてあげて、母乳やミルク、麦茶での水分補給を行いましょう。

夏に着せる服の素材は、ガーゼ素材などの薄手で吸湿性が良いものを選びます。肌が弱くて汗疹が出来やすいので、赤ちゃんの背中に手を入れて汗をかいていないか確認し、汗をかいたらこまめに着替えさせてあげましょう。

夏の室内は冷房がよく効いているので、室内と外で気温の差が激しいです。赤ちゃんの体が急に冷えないように、レッグウォーマーやおくるみ等の体温調節出来る薄手の防寒グッズを準備しておきましょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?外出時間や服装・場所

生後1ヶ月の赤ちゃんと冬に外出するのであれば、病気に感染しないように、人混みは避けましょう。赤ちゃんは生後6ヶ月頃まで、ママの免疫がついています。しかし、絶対に病気に感染しないわけではないです。

外が寒いからといって、厚着をさせたまま暖房がきいている室内にはいると、赤ちゃんが汗をかいてしまいます。そのまま、再び外へ出ると、汗で身体が冷えてしまいます。服装は冬でも家と同じ服装をして、靴下や帽子、ポンチョなどで体温調節をしてあげましょう。肌着は通気性・保湿性の高いスムース生地が適しています。

抱っこ紐で外出する場合は、ママの体温で温まるので、レッグウォーマーや帽子程度の防寒グッズで大丈夫です。真冬で特に寒い日には、抱っこ紐の上から防寒ケープを羽織りましょう。

ベビーカーで外出する場合は、赤ちゃんの足元が冷えないようにひざ掛けを用意しましょう。背中にフリースのひざ掛けを挟んであげると暖かくなります。

帽子

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?外出時間や服装・場所

夏に、生後1ヶ月赤ちゃんと外出するのであれば、紫外線を避けるために、帽子はあった方が良いです。赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、脱水症状や熱中症にかかりやすいです。男女問わず帽子をかぶせてあげましょう。

しかし、日避けがついたベビーカーでの外出であったり、ママが日傘をさして抱っこ紐で外出すれば、無理に被せる必要はないでしょう。

赤ちゃんは生後3ヶ月を過ぎると、首がすわってきます。生後1ヶ月の時よりも、外出する機会は増えます。しかし、生後3ヶ月ではまだ頭は柔らかくて衝撃に弱いです。髪もはえきっていないので、頭皮に直接紫外線を受けます。帽子はその時に購入しても遅くはないでしょう。

生後1ヶ月で外出する時の持ち物は?

生後1ヶ月の赤ちゃんと外出する場所は、近場がメインになります。数分で帰れる距離であれば、持ち物は必要最低限のものにしましょう。1ヶ月健診やお宮参りと、外出時間が長くなりそうであればミルクやオムツの替えなどをマザーズバックに入れて持ち歩くと安心です。

また、生後1ヶ月に限らず、月齢や年齢が低い時には、急病などの問題が起きても大丈夫なように、母子手帳や保険証、乳児医療証は必ず持ち歩いておきましょう。

ミルク

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?外出時間や服装・場所

生後1ヶ月の赤ちゃんは、2~3時間ごとに哺乳が必要です。外出時間によって、哺乳瓶や粉ミルクを持ち歩きましょう。

外出先でミルクを準備するのは手間がかかります。粉ミルクはミルクケースに一回分を小分けにしておくか、使いきりのスティックタイプを持っていきましょう。お湯がないことも想定して、保温性の高い水筒にお湯を入れて持ち歩きましょう。

作り置きして持ち歩くと、雑菌が増殖してしまう危険性がありますので注意しましょう。手間ですが、外出時にその都度ミルクを作り、飲み終わった後は、軽く洗いましょう。母乳育児中であれば、授乳室がない場所でも良いように授乳ケープ・ポンチョを持ち歩きましょう。

ベビーカー

生後1ヶ月の赤ちゃんは、ベビーカーに乗せてお出かけすることは可能です。しかし、首がすわっていない状態でも乗せて良いベビーカーかどうかを確認しましょう。

長時間の移動が必要であれば、ベビーカーに赤ちゃんを乗せると抱っこの負担がなくて楽になります。しかし、操作に慣れていないと、かさばってしまいますし、電車やバスに乗る時は、人に当てないように注意しましょう。

生後2ヶ月頃になる前に、少しずつベビーカーも練習しておきましょう。抱っことベビーカーでは見える景色が違うので、赤ちゃんも楽しんでくれることもあります。首がすわるまでは、赤ちゃん中心で外出は判断しましょう。

エルゴ・抱っこ紐

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?外出時間や服装・場所

赤ちゃんがぐずってしまったときは、抱っこ紐やエルゴで抱っこしてあやすと、安心して落ち着くので、泣き止むことがあります。ベビーカーで外出するときでも、抱っこ紐やエルゴも一緒に持っていくと便利な時があります。

生後1ヶ月の赤ちゃんでも外出しやすい場所はどこ?

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?外出時間や服装・場所

生後1ヶ月の赤ちゃんとお出かけする場所は、赤ちゃん中心に考えましょう。はじめは、気分転換程度にして、長時間外出することは控えてください。

無理に小さいときから外出させるのではなく、月齢に合わせて、外出する距離や時間を徐々に伸ばしていきましょう。人混みがなく、静かな場所に出かけるほうが、赤ちゃんとママも気分転換が出来ます。

少し遠出が出来るようになれば、外出先の授乳コーナー、おむつ替えスペースを確認してから出かけると、いざと言うときも慌てることなく対処出来ます。

スーパーなど

慣れてきたらスーパーなどもいけます。なるべく平日の混みあっていない時間に行きましょう。魚や肉、冷凍食品を販売しているコーナーなどは急激に寒くなることもあるので、買い物は短時間で済ませることが出来るように、事前に買うものをリストアップしておきましょう。生後1ヶ月では、まだ首が座っていないので、十分に注意しましょう。

生後1ヶ月での車移動はどうすればいい?

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?外出時間や服装・場所

自家用車で移動するときは、生後1ヶ月の赤ちゃんでも使用出来るチャイルドシートを設置しましょう。タクシーで外出するときは、おくるみを巻いてあげておくと移動時も抱っこがしやすく、便利です。赤ちゃんにエアコンの風が直接当たらないようにしましょう。

ママに用事がある場合は、誰か面倒を見てくれる人に赤ちゃんを預けていくほうがおすすめですが、簡単に預けられない事もあります。人に預けるのは、必要な場合だけに留め、用事は出来る限り短時間で済ませましょう。

無理をせず外出を楽しもう

生後1ヶ月の赤ちゃんは外出させていい?外出時間や服装・場所

生後1ヶ月頃は、ママがつきっ切りでお世話をしないといけない時期なので、気分転換をしたい時もあります。この時期は、赤ちゃんも外の世界にまだ慣れていないので、無理をしないことが大切です。

生後3ヶ月を過ぎれば、首もすわってきて外出出来る機会も増えるので、本格的に外出するのはその頃からにしましょう。それまでは、赤ちゃん中心に考えて外出する時間や場所を決めてあげてください。

Related