Search

検索したいワードを入力してください

2019年01月11日

【月齢別】赤ちゃん旅行の持ち物リスト|3ヶ月/4ヶ月/5ヶ月/6ヶ月

待ちに待った赤ちゃんとの初めての旅行。楽しみ半分心配半分ですよね。何を持って行けばいいんだろう?気になることは沢山ありますよね。そんなママたちにぜひ参考にしてもらいたいです。事前にしっかり準備しておけばきっと素敵な旅行になりますよ。

【月齢別】赤ちゃん旅行の持ち物リスト|3ヶ月/4ヶ月/5ヶ月/6ヶ月

赤ちゃんとの旅行はいつから?

生後1ヶ月のお宮参りを終え、徐々にお散歩など外気浴を始める時期になってきました。待ちに待った赤ちゃんとのお出かけ、遠出やお泊りを含む旅行はいつから行けるのでしょうか。もちろん、いつからと決まりがあるわけではないですが生後3~5ヶ月くらいの首が座ったあたりからだとママたちの負担も少ないでしょう。

ですが、まだこの頃は免疫も弱い時期なので注意も必要です。いきなりお泊りの旅行だとハードルが高い場合は、日帰り旅行などを先に経験しておくと、グズらずにいてくれる時間や持ち物も把握できるのでおすすめです。

赤ちゃんとの温泉旅行の持ち物リスト

温泉旅行は、赤ちゃんが沐浴を卒業した頃から可能です。旅館を予約する際には、赤ちゃんが動きまわることのできる和室がおすすめです。お母さんもお世話をしやすいでしょう。以下が旅行に持っていく赤ちゃんの準備物です。

・着替え
・おむつ
・母子手帳、保険証
・離乳食・ミルク
・タオル・ブランケット
・赤ちゃん用のせっけんや保湿クリーム

旅行先では何が起こるかわかりませんので、事前に旅行先の病院を調べておくといいでしょう。また、温泉施設によっては赤ちゃん専用の石鹸等がおいてない場合が多いので、持っていくとよいでしょう。

赤ちゃん旅行の飛行機の持ち物リスト

赤ちゃん連れの旅行で飛行機に乗る際の持ち物ですが、基本的には車でお出かけする時と変わりません。

・哺乳瓶
・ミルク
・ガーゼハンカチ
・おむつ
・ビニール袋
・着替え
・おくるみ
・おしゃぶり

機内は狭いので、授乳が難しい場合もあるので完母であっても、ミルクは必ず持っていきましょう。キューブタイプの粉ミルクがおすすめです。おしゃぶりは、しゃぶらせておくと耳抜きがしやすいので持ち物に入れておきましょう。

また、日本では赤ちゃん連れを快く思わない人もたくさんいるのも事実です。文句を言われても仕方ないと割り切り、素直に「ごめんなさい」と言えるよう心に余裕をもって利用しましょう。

赤ちゃんとハワイ旅行での持ち物リスト

ハワイに赤ちゃん連れで旅行予定のみなさん、持ち物の準備は万端ですか。赤ちゃんの持ち物がしっかり準備されていないと、旅行を楽しむどころではないです。赤ちゃん連れでハワイ旅行へ行くときの持ち物をお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

・おむつ
現地でも手に入りますが、肌に合わなくてお尻がかぶれてしまっても可哀相です。多少荷物はかさばりますが、使えばなくなるものなので、使い慣れているおむつを持参することをおすすめします。

・帽子
ハワイは年中日差しが強く暑いので帽子は必須です。また、帽子は機内でも活躍します。夜に出発することが多いと思いますが、機内食が終わってしばらくしないと電気が消えません。明かりを遮るように目元だけふわっと覆ってあげると、子供が眠たいタイミングで寝れます。

・ブランケットやカーディガン
海外の航空会社だと機内がとても寒い場合が多いです。また、機内だけでなくショッピングセンター内やバスの車内など、あらゆる場面で寒いことが多いです。

・離乳食やミルク
こちらも現地で販売していますが、英語で書かれているので(当たり前ですが)英語があまり分からない方だと何が入っているのか確認できません。こちらもおむつ同様帰りにはなくなるので、心配いりません。ですが、離乳食は検疫の観点から牛・鶏肉加工食品は持ち込めないので、お魚系にしましょう。

・母子手帳
こちらはコピーでもよいので必ず持ち物に加えておきましょう。万が一現地で病院にかかることがあった場合、出産記録や予防接種の記録が分かるとスムーズに診察してもらえます。

・おしりふき
こちらも現地で調達できますが、海外製のものは水分が少ないものが多いので、お尻を何度もこすって赤くただれてしまっても可哀相です。ですからこちらも、いつも使っているものを持っていくのがベストだと思います。

夏の赤ちゃん旅行の持ち物リスト

夏休みは、旅行に出かけるチャンスです。ですが、赤ちゃんがいると、外の温度や体調面やなど心配事がたくさんあるかと思います。そこで赤ちゃんと夏の旅行を楽しむための持ち物をご紹介します。泊りの旅行に限らずですが、赤ちゃんと出かける際の持ち物は、以下の通りです。

・ミルク
・おむつ
・着替え
・母子手帳

この4つは必ず持ち歩きましょう。特に旅行であれば、着替えやタオルはいつもより多めに用意しましょう。赤ちゃんは汗をかきやすいので寝ていると背中はびっしょりになります。ですが表面は冷房で冷たいことがあります。そんな時すぐ着替えさせてあげたり、汗を拭いてあげましょう。

また、水分補給も忘れずにしてあげましょう。まだミルクしか飲めない赤ちゃんの場合は移動中でも調乳できるように準備したり、母乳のみの赤ちゃんであれば授乳ケープを持ち物に加えましょう。

月齢別赤ちゃん旅行の持ち物リスト

月齢によって少し持ち物が変わってくるので、月齢別の持ち物を確認してみましょう。

生後3・4ヶ月

この時期のお出かけや旅行に必要な持ち物は、ミルク・おむつを卒業するまで基本の持ち物です。

・おむつ
・袋(最近は捨てられるところも多いですが、持ち帰らなければならない場合もあるので準備しておきましょう。)
・着替え
・ミルク用品一式
・授乳ケープ(母乳の場合)
・ガーゼ・タオル
・上着・ブランケット
・お気に入りのおもちゃ

ベビーカーでお出かけする場合でも、新生児から使える抱っこひもを一緒に持っていくことをおすすめします。

生後5・6ヶ月

この頃になると首が据わってくるので、おすすめですが、意志も少しずつ出てくるのでベビーカーを嫌がる赤ちゃんもいるかもしれません。その場合は少し大変ですが抱っこひもを活用したりベビーカー用のおもちゃを用意したりしましょう。

基本的に3・4ヶ月の時と持ち物は変わりませんが、離乳食が始まる頃なのでベビーマグが持ち物に加わります。

生後7~12ヶ月

お座りができるようになったり、自分で自由に移動できるようになる頃からは、赤ちゃんも様々なものに興味が出てくるので積極的にお外に連れて行ってあげましょう。離乳食が本格的に始まり、段階も進んでくるとお食事セットを持ち物に加える必要が出てきます。お食事セットとは、以下になります。

・赤ちゃん用のスプーンとフォーク
・お食事用エプロン
・手口拭き
・離乳食

また、B型のベビーカーも使用できるようになり、とてもコンパクトで軽量なので公共交通機関を利用する際などおすすめです。

お出かけの注意点

生後6か月を過ぎると、赤ちゃんの免疫力が落ちてきます。そうすると、感染症にもかかりやすくなり初めての風邪や病気を体験することもあるでしょう。お出かけに慣れてきて、沢山外の世界に触れ刺激をもらうと同時に病気ももらいやすくなるので赤ちゃんも含め家族全員で帰宅時の手洗い・うがいを心がけましょう。

とはいえ、風邪をひくことで免疫力も付いていくので、気を付けながら楽しく旅行することが大切です。

赤ちゃんとの旅行を楽しみましょう!

今回は赤ちゃんと旅行へ行くときの持ち物を中心にご紹介しました。せっかくの旅行が赤ちゃんの負担にならないよう、スケジュールには余裕を持ち、赤ちゃんが普段通りの生活ペースを維持できるよう、「授乳」と「お昼寝」のタイミングは気を付けてあげましょう。

また、思いがけないハプニングがあってもパニックにならず落ち着いて冷静に対処しましょう。赤ちゃんとの素敵な旅行を楽しんでください。

Related