Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月19日

赤ちゃんの柵のDIYと手作りの場合の作り方・テレビやベッドへの設置

赤ちゃんの柵の種類がありすぎて迷ってしまう。ベビーゲートとベビーフェンスの違いは?値段や機能でおすすめの柵を紹介します!レンタルや中古ってどうなの?100円ショップのグッズで激安手作りの方法など一挙公開!赤ちゃんの安全を考えるママさん必見です。

赤ちゃんの柵のDIYと手作りの場合の作り方・テレビやベッドへの設置

ベビーベッドの柵の必要性

赤ちゃんの柵のDIYと手作りの場合の作り方・テレビやベッドへの設置

赤ちゃんの柵を使用することに迷いのある方必見です。「動物みたいで可哀想」「常に綺麗にしておけば必要ない」などの声もありますが、どこまで綺麗に掃除していても守りきれない場所もあります。そんな方にもこの記事で赤ちゃんの柵の安全性や必要性を知っていただきたいです。

ベビーゲートとベビーフェンスの違い

赤ちゃんの柵のDIYと手作りの場合の作り方・テレビやベッドへの設置

赤ちゃんの柵にもベビーゲートと、ベビーフェンスという2つの種類があります。その違いをよく理解し、柵を置きたい場所などによって使い分けましょう。赤ちゃんの成長に伴い変えてもいいでしょう。

ベビーゲート

開閉式の扉型の柵をベビーゲートと言います。ロック機能の付いているものを選ぶと、赤ちゃんは自分で通ることができません。また、いくら赤ちゃんが押しても引っ張っても動かない固定式になっているので安心です。

ベビーゲートの中でも全面タイプと柵になっているタイプがあります。布製の全面タイプだと赤ちゃんがハイハイしながら突進しても頭の衝撃を防ぐことができます。柵タイプだと、柵の外側からでも赤ちゃんの様子を見ることができます。

柵を設置する幅が調整できるものもありますが、ある程度限られているので注意しましょう。階段や玄関など転落防止、寝室やリビングと廊下を隔てたい時の使用をおすすめします。ロックし忘れ防止のためにオートロックのものもあります。

ベビーフェンス

ベビーゲートの開閉式とは違い、完全固定式の柵をベビーフェンスと言います。ハイハイする赤ちゃんの高さに合わせているので高さが低く、大人はまたいで通るタイプになります。ロックなどの機能がなく、置くだけ、突っ張るだけのものが多いので比較的安価で購入することができます。設置箇所の幅があっても設置可能なのもベビーフェンスのメリットです。

テレビ台周辺の小物の多いところや、キッチンの引き出しの多いところ、ストーブや扇風機周辺などにおすすめです。柵をまたぐ作業をしないといけないので、よく通るところでの使用はなるべく避けましょう。

少し大きくなり力が強くなると、置くだけのタイプの柵は動いてしまう可能性もありますので、転落防止や侵入防止、ストーブの周りで使うのは避けましょう。

赤ちゃんの柵を手作りしよう!

赤ちゃんの柵のDIYと手作りの場合の作り方・テレビやベッドへの設置

「市販で買うには高い!」と柵の購入を迷っている方、ご家族で赤ちゃんの柵を手作りしてみませんか。手作りでも十分赤ちゃんの安全を守れます。手作りの柵のメリットと作り方をご紹介します。

柵を手作りするメリット

赤ちゃんの柵のDIYと手作りの場合の作り方・テレビやベッドへの設置

手先の器用な方は、手作りの柵を作ってみるのもいいでしょう。手作りの場合、材料費のみですので比較的に安価で作れる場合が多いです。また、赤ちゃんを守るという意識をより高くすることができ、愛着が持てます。

自分の家に合ったサイズのものが見つからない時にも、手作りなら置きたい場所の採寸をしてから作れるので「もう少し大きければ」「もう少し低ければ」など自分のわがままに全て合わせられるのが最大のメリットです。

柵を置きたい場所が一箇所だけではない場合も、階段用、テレビ周辺用、キッチン侵入防止用など、同じメーカーで揃える苦労なく全ての色合い、デザイン、形などを家の雰囲気に統一することもできます。使わなくなった時にも、解体すれば処分に困ることもありません。

柵の作り方

動画では木材のカットから行われていますが、欲しい材料の寸法さえわかれば、ホームセンターなど材料を購入する時に同時に指定した大きさにカットしてもらえます。金具を取り付ける溝や円柱の穴など素人には難しい部分もあるように見えますがこのようなサービスを受ければあとは自分で取り付けるだけでできます。

だいたい1カット30円〜50円の安価で行えるので是非利用しましょう。柵の用途によって必要な材料とその寸法をメモしてからホームセンターにいくとスムーズに作ることができます。塗装の際に赤ちゃんの名前を入れたりしても良いでしょう。世界で一つだけの赤ちゃんを守る柵を是非作ってあげてください。

100円ショップ購入品で赤ちゃんの柵を作ろう!

100円ショップで買えるものを使ってもっと簡単に安く、柵を作ることもできます。例えば、つっかえ棒2本を壁に横平行に固定し、その間にワイヤーネットを結束バンドで固定するだけでベビーフェンスの出来上がりです。

すごく簡易的なものにはなりますが、割と強度もしっかりしています。少しぶつかるだけでも赤ちゃんにとっては痛いので、クッションや布でワイヤーネットを覆ってあげると、より一層安全でしょう。ワイヤーネットにS字フックなどで赤ちゃんのおもちゃを吊るしてあげると、しばらくはそこで1人遊びをしてくれるようになります。

これなら手先が不器用な人でも簡単に作れますし、柵が必要なくなった時に解体してまたその材料を再利用することもできます。ワイヤーネットの大きさを変えるだけで高さも調節できます。

赤ちゃんの柵を設置場所別で選ぼう

赤ちゃんの柵のDIYと手作りの場合の作り方・テレビやベッドへの設置

ベッド

「ベビーベッドで寝かせてもすぐ泣いて起きてしまう」「短い間しか使えないのにベビーベッドは勿体無い」など、様々な理由で大人用ベッドで赤ちゃんを寝かせている方も多いでしょう。
でもベビーベッドと違い、普通のベッドには柵がありません。安全の為に転落防止用の柵を使用しましょう。フレームとマットレスの間に差し込むタイプのものが多いのでとても簡単に設置することができます。

寝返りを覚えた赤ちゃんが寝ながらぶつかっても起きないように、布製のものを選ぶと良いでしょう。また、赤ちゃんは代謝がいいので暑がりです。夏の通気性を考慮してメッシュ生地のものにすればムレ防止や、熱がこもるのを防ぐことができます。

テレビ

テレビの周りにはDVDプレーヤーやコード類、ゲーム機器を置いている家庭は少なくないはずです。またフィギュアや写真立て、小さな小物などテレビ台の周辺には危険がいっぱいです。ズリバイやハイハイをし始めた赤ちゃんにとっては遊べるものの宝庫なので、好奇心で色々なものを触ってしまいます。

こまめに掃除をしないとホコリも多かったりするので、あまり近寄らせたくはないのが本音ではないでしょうか。テレビ周辺には置くだけタイプのベビーフェンスがおすすめです。置くだけタイプのものなら掃除をするときも楽です。

柵状になっているものだと隙間から手を伸ばして触ってしまう可能性があるので、全面タイプを選ぶようにしましょう。

階段

家の中で最も危険なのが階段ではないでしょうか。階段は上の段の転落防止も大切ですが、下の段にも誤って登ってしまわないようにガードが必要です。もし落ちてしまったり段差で頭をぶつけてしまうと大怪我の事故につながってしまいます。そんな事故を避ける為にしっかりと柵で赤ちゃんを守ってあげましょう。

赤ちゃんが押し切って動いてしまっては意味がないので、突っ張るタイプやネジで固定するタイプのものを選びましょう。オートロックのベビーゲートを使用するとより安心です。またぐタイプのものは大人にとって逆に危険が増してしまうので、避けましょう。段差のない、バリアフリーのものだと大人も安全に使用することができます。

布団

布団なら落下の心配もないので大丈夫と思っていませんか。布団でも危険は沢山あります。例えば寝返りをし始めた赤ちゃんは、寝ながらでも移動してしまいます。さっきまで頭があった位置に足があることも珍しくないです。

また、赤ちゃんが起きても泣かずに一人で動き回って遊んでいることもあります。自分の寝ている間にもし勝手に危ないところに行ってしまったら、と不安で眠りが浅くなるお母さんも少なくないです。

そんな時に赤ちゃんが乗り越えられない障害が左右に少しあるだけで家族みんなが安心して寝ることができるので布団用ベビーガードもおすすめです。夜泣きなどで寝不足になるお母さんが、つい赤ちゃんのお昼寝中に一緒にうたた寝してしまっても安心です。

キッチン

育児も大切ですが、主婦はそれ以外に家事もこなさなくてはなりません。赤ちゃんが寝ている間に、と思っても水を出す音や、袋を触る音が一瞬ガサッと鳴るだけでも起きてしまうことがあります。少し目を離しても大丈夫な環境を作ることができれば、心にも時間にも余裕ができるのではないでしょうか。

ハイローチェアやバンボにおとなしく座ってくれているうちはそれで十分ですが、成長に伴い自分で降りようとし、おとなしく座ってくれるばかりではありません。

少し目を離したいときには、四方向囲われたベビーフェンスがとても役立ちます。キッチンの小さなスペースから、リビングまで大きさを変えられ、組み立てもとても簡単なのでお母さん一人の時でも出し入れ簡単にできます。

玄関

「ピンポーン」という音に反応して、赤ちゃんや小さな子供が玄関までお迎えに行ってくれる事ありませんか。勢い余ってそのまま転落してしまう恐れがあります。玄関も階段同様危険な場所なのでしっかりと対策しておきましょう。

玄関は急いで家を出る時もある中、手間のかかるロックは煩わしい場合があります。オートロックのものを使用するのが1番いいですが、簡単にロックでき一瞬で開閉できるロール式もおすすめです。買い物帰りに荷物を持って、赤ちゃんを抱っこしながら帰ってきた時でも楽々と開閉できます。

また、玄関には大体の家庭に段差があるので、柵には段差のないバリアフリーのものをおすすめします。

おすすめの赤ちゃんの柵

赤ちゃんの柵のDIYと手作りの場合の作り方・テレビやベッドへの設置

窓の転落防止に

【World box】ベビーガード ¥6,980
転落事故を未然に防ぐ、突っ張り式で簡単設置!!
窓に柵を付けておけば、事故を未然に防ぐことができます。
複数購入すれば、連結も可能なので幅の広い窓枠でも取付ができます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90World-box%E3%80%91%E3%8... |

ソファの上やベッドの近くに窓があると、誤って転落してしまう可能性があります。そんな事故を防ぐために、窓にも転落防止の柵があると安心です。窓の近くは湿気が多い為、カビたり木が弱ったりしてしまうので、木材の柵はなるべく避けましょう。

World boxの柵ならつっぱり式なので簡単に設置することができます。窓だけでなく他の場所にも設置可能なので用途によって変えましょう。窓の転落防止の柵は全面式にすると通気性が悪く、窓の開閉も困難になるので、柵状のタイプを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんがハイハイし始めたら

日本育児 ベビーサークル ミュージカルキッズランド DX 6ヶ月~3歳半対象 おもちゃパネル付のベビーサークル 価格:¥10,796
赤ちゃんの楽しい安全スペース、カラフルなパネルや様々なおもちゃがついたパネルでお子様大満足!
組み立て時角から角約140cm、面から面約110cm
対象年齢:6ヶ月~3歳半頃まで

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%82%B2%E5%8... |

赤ちゃんが寝返り返りをするようになり、方向転換しながら寝返りするようになり、そしてズリバイができるようになり、ついにはハイハイできるようになります。約1年でこんなにも動ける幅が変わってきます。赤ちゃんの成長は嬉しいものですが、その分危険が伴い、目が離せなくなってきます。

自分で座ることができるようになってもまだ不安定で頭から倒れてしまうこともしばしば出てくるでしょう。でもお母さんも常に付き添っていては家事が何もできません。

そんな時にはベビーサークルと言われる柵を使用するといいでしょう。赤ちゃんはこの範囲内でしか動くことができません。日本育児のベビーサークルなら、赤ちゃんが遊べるように壁に様々な仕掛けが工夫されています。見た目もカラフルでとても可愛いです。

少し歩けるようになってからでも興味を示せるような遊具もついているので対象年齢の幅も広く長く使えます。柵の中にプレイマットや布団を置いてあげればより安全になり、お母さんも助かります。

赤ちゃんの侵入を防ぐ

エンドー オートクローズ ゲート ラブリーベビーズ2 開けた後に自動で閉まるベビーゲート ¥5,590
開けた後に自動で閉まるオートクローズシステム 前後どちらからも開閉できる(両開き) 片手開閉システム サッと水拭きできるからお手入れ簡単
ヨーロッパEC基準適合品 生産物賠償責任保険付
保証期間: 6か月間
[本体サイズ] 高さ910×奥行き40×幅710~980mm、重量6.0kg
[素材] PE・ABS・スチール

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89%E3%8... |

侵入禁止の柵は様々なメーカーからデザインや色、いろんな機能のついたものが出ているので迷う方も多いでしょう。

エンドーのオートクローズゲートが他の柵とは違う点は、前後どちらからも開閉できる両開き式であることです。片手で簡単に操作できるので手がふさがっている時でも簡単に通ることができます。また値段もお手頃なのでおすすめです。

オートロックはついてないですが、開けた後に元の位置まで自動で戻ってくれるので赤ちゃんは簡単に侵入できないようになっています。また拡張フレームがついているので各ご家庭の壁にも合わせやすくなっています。

置くだけで簡単

日本育児 ベビーゲート キッズパーテーション 6ヶ月~24ヶ月対象 カラフルで自由度の高いパーテーション ¥19,620
仕切りたい場所に合わせて形を変えられるカラフルで自由度の高いパーテーションが登場しました
本体パネル約幅83.5×奥行3.5×高さ61cm、ジョイント約幅26×奥行3.5×高さ56cm 取り付け可最少幅147cm最大幅361cm(※角度をつけて幅調節可)
6ヶ月~24ヶ月対象 自立式
[セット内容・付属品] 本体パネル3枚(標準パネル2枚、扉パネル1枚)、ジョイントパネル4枚、サイドパネル2枚、スタンド2個
[本体サイズ] 本体パネル:W83.5×D3.5×H61cmジョイント:W26×D3.5×H56cm
[製造国] 中華人民共和国

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%82%B2%E5%8... |

置くだけで簡単な柵のメリットは簡単に設置できることと、移動がスムーズなことです。お掃除の時にも楽々と退けることができます。日本育児のキッズパーテーションなら最大361cmという幅が魅力です。設置場所によって形を変えることができるのでこれ1つでいろんな場所を守ることができます。

壁につければ広めのベビーサークルの役目も果たしてくれるので、赤ちゃんのお友達が来ても十分広々と遊べ、お母さんたちがゆっくりする時間を与えてくれるでしょう。薄い柵ではないので倒れる心配はないですが、力が強くなってしまうと動いてしまう可能性があるのでドアストッパーを下に差し込んで固定するなど工夫しましょう。

ハンズフリーの柵

コンビ ハンズフリーゲート ¥10,000
オートクローズ&ハンズフリーゲート
[素材] PP
[セット内容・付属品] 本体 1台/アジャスターノブ 4個/アジャスター(短)4本/アジャスター(長)2本/拡張カップ 4個/拡張フレーム 1本/スロープA 1個/スロープB 1個

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93-%E3%... |

ベビーカーやチャイルドシートなどベビー用品の人気ブランド、コンビからハンズフリーのベビーゲートが出ました。両手がふさがった状態でも上からレバーを軽くプッシュするだけで開閉できるようになっています。簡単に押せるレバーですが赤ちゃんの身長では届かない設計になっているので勝手に操作する心配もないです。別売りの拡張フレームを使えば105cmまでの幅で使用可能です。

全面タイプですがメッシュ生地なので柵の向こう側を見ることができるので赤ちゃんも安心できる設計になっています。

レンタルできる赤ちゃんの柵

赤ちゃんの柵のDIYと手作りの場合の作り方・テレビやベッドへの設置

ベビー用品のレンタルは様々なものがありますが、中でも人気なのが赤ちゃんの柵です。購入する時には値段が高く、使わなくなってからの処理に困るという声から、レンタルする場合が多いです。また、色々な種類があってわからないので購入前に色々なタイプをお試しの形でレンタルを利用する人もいます。

レンタル料は試用期間などにもよりますが、相場では1ヶ月で2千円前後、半年で6千円前後の所が多いです。試用期間を考えると購入する場合とさほど変わりないように思いますが、使わなくなってからの処理などを考えなくてもいいのはメリットです。

中古で安く抑えたい!

レンタルではなかなか購入と金額が大差なかったですが、中古ならどうでしょう。赤ちゃんが使用するものなので「知らない人が使った後はちょっと」という方も、知ってください。

中古だからといって全て使用済みとは限りません。例えば「せっかく購入したのに設置場所の幅と合わなかった」「早くから購入していたのに使うまでに引っ越してしまった」など、未使用なものもあります。流行りのフリマアプリなどでも未使用品、美品等あります。

また中古でも気にならない、なるべく安くしたい、という方はジモティーという地域掲示板もあります。「無料でお譲りします」「送料のみ負担してください」など、最安価で手入ることもあります。

普段から赤ちゃんが舐めたりする部分は気になるかもしれませんが、玄関やお風呂場、窓の柵など直接赤ちゃんがあまり触れない部分は中古にする、など使い分ける方法もいいでしょう。

赤ちゃんの安全を守る為に

赤ちゃんの柵のDIYと手作りの場合の作り方・テレビやベッドへの設置

赤ちゃんを守ってあげれるのは普段一緒にいる家族しかいません。なんでも触りたい、なんでも口に入れたい好奇心旺盛な赤ちゃんを危険から守るために、柵を利用して事故を防ぎましょう。あなたの家に合った柵がきっと見つかります。

常にそばにいて守ってあげられるのが一番ですが、それでは家族も疲れてしまいます。たまにはお昼寝したい、目を話せる時間が一瞬でもあればいいのに、と少しくらい甘えてもいいのです。少し赤ちゃんから離れて、その分違うタイミングでいつもの倍、赤ちゃんと触れ合ってください。その余裕が家族と赤ちゃんにより良い関係をもたらしてくれます。

Related