Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

スタイを使うのはいつからいつまで|メーカー別の特徴と使う時期

スタイは出産祝いや出産準備品として購入される方も多いです。可愛いデザインも多く、早くつけてあげたい気持ちもあります。しかし、実際にいつからスタイをつけてあげると良いのでしょうか。今回は、スタイをつけるのはいつからなのか、メーカー別のスタイの特徴をご紹介します。

スタイを使うのはいつからいつまで|メーカー別の特徴と使う時期

スタイを使うのはいつからいつまで

スタイを使うのはいつからいつまで|メーカー別の特徴と使う時期

出産祝いや赤ちゃんの準備品で定番なアイテムのひとつがスタイです。妊娠中にお母さんがハンドメイドで作ることも多いです。しかし、実際はいつからスタイを使用すれば良いのでしょうか。赤ちゃんはいつからよだれが増えてくるのでしょうか。

赤ちゃんのよだれが多い理由

赤ちゃんは元々唾液の分泌量が多く、口に溜まった唾液も処理できないので、口から溢れてしまいます。

唾液が溢れてしまうのは悪いことではありません。唾液は食事の消化を助け、口腔内を殺菌・洗浄する役割を持っています。寧ろいつもは唾液が出ているのに、いつからか急に少なくなったというのは体調不良や脱水症状のサインである場合もあります。

よだれが出てしまうのは赤ちゃんの成長過程で必要なことなので、スタイやガーゼを利用して適切に処理してあげることが大切です。それではいつからスタイをつけてあげれば良いのでしょうか。

新生児のスタイはいつから使う?

赤ちゃんが生まれる前にスタイを購入するお母さんは多いです。新生児のスタイはいつかは使えるのでしょうか。

実は、新生児の頃は唾液の量が溢れる程多くありません。おしゃれとしてスタイを付けるのは良いですが、よだれかけとしてスタイを付ける必要はありません。

乳児のスタイはいつから使う?

新生児の頃はスタイを使う必要はありませんが、乳児のスタイはいつから使えるのでしょうか。生後2ヶ月〜3ヶ月になれば、唾液の分泌量が増えてきます。乳歯が生え始め、離乳食が始まる生後5ヶ月〜6ヶ月で更に唾液量が増えてきます。スタイをいつから使うといった決まりはありませんが、生後5ヶ月頃から使うのが一般的です。

この頃の赤ちゃんは口腔周囲の筋肉や嚥下が未発達なので、唾液を上手く飲み込むことができず、よだれが目立つようになります。唾液が口や首周囲に残ったままだと肌がかぶれてしまいますので、スタイやガーゼで拭いてあげましょう。

子供になってもスタイが手放せない時はどうすればいい?

乳児の時期をすぎてもスタイを使用している子もいます。唾液の分泌量は個人差もありますし、唾液を飲み込むのが苦手な子供もいます。唾液が出るのは悪いことではないので、心配は要りません。成長とともに治まるので見守ってあげましょう。

どうしても気になる場合は、口腔周囲の筋力を使う遊びを取り入れてみましょう。幼いうちは口を閉じられない子も多いです。ラッパのおもちゃを吹く等口を閉じる遊びをしたり、口を閉じるように少しずつ声かけをしてみましょう。すぐには難しいですが、徐々に口を閉じて唾液を飲み込めるようになります。

いつからいつまでスタイを使用すると決まっているわけではありませんので、個人のペースでスタイを外す時期を決めましょう。

メーカー別のスタイの特徴、いつから使うのか

スタイを使うのはいつからいつまで|メーカー別の特徴と使う時期

スタイは色々なメーカーから販売されており、それぞれ特徴が異なります。メーカーによるスタイの特徴と、いつから使用できるスタイなのかをご紹介します。

マールマール

マールマールのスタイは、360度どこからでも使えるようになっているスタイです。後ろについているリボンが、赤ちゃんが動くことによって前にきてしまったとしてもお洒落に見えますし、唾液もしっかりガードできます。デザインもお洒落なので、お出かけ用にも使えるスタイです。

マールマールのスタイは、いつから使えば良いのでしょうか。少し首の幅が狭いデザインのものが多いです。首回りが小さい、生後すぐの赤ちゃんから使用できます。

かわいい!
みんなに褒められます☺︎

息子はリボンを舐めるのが好きなようです

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R139L90MAOWL... |

ベビービョルン

ベビージョルンのスタイは、熱可逆性エラストマーという素材でできており、食事用のスタイとして活躍します。食べこぼしは下方のポケットに入るので、床や服を汚すことなく食事が行えます。使用した後も簡単に水洗いができるので、毎日衛生的に使えます。

ベビージョルンのスタイはいつから使用できるのでしょうか。ベビージョルンのスタイの対象年齢は生後4ヶ月となっていますが、食事用のスタイなので、離乳食が始まる時期から使用するのが良いでしょう。

いままで100均のエプロンを使っていましたが洗いを繰り返していると臭くなってきましたが、こちらは硬いので食器洗い洗剤でさっと洗え、食べ物もキャッチしてくれて1〜2年かなり重宝しました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3GRC1WWLKHI... |

エーデンアンドアネイ

エーデンアンドアネイはおくるみで有名なブランドです。エーデンアンドアネイのスタイは、モリスンコットンでできています。モリスンコットンは、使えば使う程柔らかくなり、使い勝手が良くなります。サイズも大きく、食事中につけると服が汚れにくくなります。

エーデンアンドアネイのスタイは、いつから使用すれば良いでしょうか。生地が柔らかいので生後すぐから使用できます。生後間もない時であれば、ミルクの吐き戻しの際にも使用できて便利です。

カーターズ

カーターズのスタイはシンプルなものも多く、男の子の赤ちゃんにおすすめのブランドです。吸水性もよく、乾きもよいので、普段使いにもおすすめです。中に水分を通さないような構造になっており、離乳食の時にもおすすめです。何枚かセットで販売していることが多く、値段もお手ごろなので何枚も揃えたくなります。

カーターズのスタイはいつから使用すれば良いでしょうか。生地も柔らかく、生後すぐから使用できます。離乳食の際や、買い増しをしたい生後半年以降から使用するのもおすすめです。

生地も厚手で友達の出産祝いであげました。デザインもかわいいし、色味もあげるには、丁度よく自分でも買おうかなと思ってます!
お髭がかわいー!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3R315DVSR5A... |

スタイとよだれかけとビブの違い

スタイを使うのはいつからいつまで|メーカー別の特徴と使う時期

スタイを探していると、よだれかけやビブと記載されていることがあります。それぞれ特徴やいつから使うのか等の違いがあるのでしょうか。

スタイは和製英語で、商品名の一部として使われたのが普及し、よだれかけの総称として広まりました。英語でスタイと言えば「ものもらい」のことを指すので、外国人にスタイと言っても全く意味が通じません。英語でよだれかけはビブと呼びます。

スタイやビブと呼び名は異なっても全て同じよだれかけを指す言葉ですので、間違えないようにしましょう。

スタイやビブに用いられる生地と特徴

スタイやビブには色々な生地が用いられています。スタイはおしゃれとしても役立つので、どのスタイをいつ使っても良いのですが、吸水性等が生地によって異なるので、時期によって効果的な生地が異なります。いつからどの生地を使うのが効果的なのか、スタイやビブに用いられる生地とその特徴をご紹介します。

ダブルガーゼ

一番柔らかい生地なのが、ダブルガーゼのスタイです。吸水性も抜群で、洗うたびに柔らかくなって使いやすくなります。ダブルガーゼのスタイはいつから使うのが良いのでしょうか。ダブルガーゼのスタイはいつからでも使用できますが、唾液量が多いと染み込んでしまい、服が汚れることがあります。生後2~3ヶ月の唾液量がそこまで多くない時期に使うと良いでしょう。

綿パイル地

綿パイル地のスタイも、吸水性が抜群です。洗濯するたびにゴワついてくるので、自宅で使うスタイにするのも良いでしょう。綿パイル地のスタイは、いつから使用すれば良いでしょうか。綿パイル地のスタイは吸水性が非常に良いので、唾液量が多い生後5~6ヶ月の赤ちゃんにおすすめです。食事中のスタイとしても使用できます。

リネンコットン

リネンコットンは綿よりも吸水性があり、乾きも早いです。リネンコットンのスタイはいつから使用すれば良いでしょうか。リネンコットンのスタイは、丈夫な素材でできており、洗濯するたびに肌触りもよくなります。唾液量が多くなり、頻繁にスタイを変える必要がある生後5ヶ月~6ヶ月の赤ちゃんに使うのがおすすめです。

スタイやビブの値段

スタイの値段は安価なものもあれば、高価なものまで様々です。大体スタイ1枚の値段は安くて500円、高価なもので3,000円程します。スタイとおもちゃ等セットになったものであれば1,000円~10,000円と値段の幅が広がります。プレゼントで選ぶのであれば、名前を入れることができるスタイや靴下やおもちゃがセットになっているスタイを選ぶと喜ばれます。

スタイの時期はその子に合わせて

スタイを使うのはいつからいつまで|メーカー別の特徴と使う時期

スタイをいつからいつまで使用するのかは個人差が大きいです。結局スタイを全く使わなかった赤ちゃんもいれば、毎日10枚程必要になる赤ちゃんもいます。

価格もお手軽で、おしゃれで可愛いものが多いスタイですが、買いすぎないようにしましょう。買う時期も、赤ちゃんが生まれる前に買うよりも、実際に必要になってから買い揃えた方が無駄が少なくてすみます。

1歳を過ぎて、唾液を飲み込めないといった場合でも、焦る必要はありません。口周囲の筋肉を使う遊びをしているうちにいつからか口を閉じる習慣がついていることもあります。

スタイを付けることができるのはこの時期だけの特権です。コーディネートの一貫として赤ちゃんと一緒に楽しみましょう。

Related