Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月12日

【特徴別】おすすめのおんぶ紐|簡単/双子/家事に便利/夏/腰痛/安い

大手通販サイト・Amazonで高い人気を誇っている、おすすめのおんぶ紐をご紹介しています。また、用途や目的別におすすめのおんぶ紐についても、特徴や価格などをまとめているので、おんぶ紐を探している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

【特徴別】おすすめのおんぶ紐|簡単/双子/家事に便利/夏/腰痛/安い

使いやすくて安全!おすすめおんぶ紐12選

【特徴別】おすすめのおんぶ紐|簡単/双子/家事に便利/夏/腰痛/安い

赤ちゃんがいる家庭では、さまざまな道具が必要となります。初めて育児をする家庭では、どのような道具が必要なのかよくわからなかったり、どうやって揃えれば良いのか戸惑ったりすることも多いでしょう。哺乳瓶にベビーカー、ベビーベッドにおんぶ紐と、いずれも赤ちゃんとの生活に必要なものばかりですが、揃えれば良いというものでもありません。赤ちゃんとの生活を楽しく快適に送る為には、各道具をベストと言われている商品で揃えることをおすすめします。

今回は、ベビー用品の中でも、外出などの際の必需品とも言える、「おんぶ紐」に注目して、人気の商品やメーカーなどをご紹介していきます。特徴や価格などについてもまとめているので、安全で使いやすいおんぶ紐をお探しの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

大人気!おすすめのおんぶ紐ベスト3

早速、おすすめのおんぶ紐をご紹介していきます。まずは、Amazonでも特に人気が高いおんぶ紐について、1位~3位まで見ていきましょう。

各おんぶ紐の価格や特徴をご紹介するほか、人気の秘密や魅力についても考察していくので、おんぶ紐選びの参考にご活用下さい。

おすすめのおんぶ紐【1位】:昔ながらのおんぶひも 背当て頭あてつき

opperが販売している「昔ながらのおんぶひも 背当て頭あてつき」は、Amazonでも高い人気を誇っており、レビューや星による評価も、かなり良いものとなっています。

「昔ながらのおんぶひも 背当て頭あてつき」は、6カ月前後(※1)の首がすわっている赤ちゃんから使うことができるおんぶ紐で、おんぶ式として使う場合は30カ月(※1)になるまで使用することができます。

口コミやレビューでは、コンパクトな点や背もたれ付きな点を評価する声が多く、親だけでなく祖父母が孫のお世話をする際に購入するケースも少なくありません。

価格は、2017年6月17日現在、Amazonで3480円(※1)となっています。

おすすめのおんぶ紐【2位】: ベビー 抱っこひも ( 3ヶ月から3歳まで ) 前抱きタイプ

キーボートのおんぶ紐「ベビー 抱っこひも ( 3ヶ月から3歳まで ) 前抱きタイプ」は、便利な使用感とリーズナブルな価格が魅力的な、おすすめのおんぶ紐の1つです。2017年6月17日現在、Amazonでは2699円(※2)というリーズナブルな価格で販売されています。

「ベビー 抱っこひも ( 3ヶ月から3歳まで ) 前抱きタイプ」は、カラーバリエーションが豊富です。いずれも、シンプルな色のものなので、ファッションなどにも合わせやすいと評判です。また、男性でも装着しやすいデザインである点も、人気の秘密と言えそうです。グレーなどのシックな色合いのものが多い為、所謂「イクメン」からも高い評価を得ていると予想できます。

おすすめのおんび紐【3位】:ベビー 抱っこひも スリング X型 おんぶ紐

GudeHomeのおんぶ紐「ベビー 抱っこひも スリング X型 おんぶ紐」もまた、Amazonで高い評価を得ている人気商品の1つです。

「ベビー 抱っこひも スリング X型 おんぶ紐」の特徴は、素材が綿100%(※3)となっている点です。素材が良い為、赤ちゃんもゆったりしやすいと言われています。

また、価格がリーズナブルな点も、人気の理由の1つでしょう。「ベビー 抱っこひも スリング X型 おんぶ紐」は、2017年6月17日現在、Amazonで1859円(※3)で販売されています。上記でご紹介したおんぶ紐と比較しても、リーズナブルな価格と言えます。

特徴・用途別に見る!おすすめのおんぶ紐一覧

【特徴別】おすすめのおんぶ紐|簡単/双子/家事に便利/夏/腰痛/安い

上記では、2017年6月17日現在、Amazonでの売上が良いおんぶ紐や高い評価を得ているおんぶ紐をご紹介しましたが、上記でご紹介したおんぶ紐以外にも、使いやすいおんぶ紐や安全性が高いおんぶ紐は、多数存在します。

そこで続いては、さまざまな特徴を持っていたり、用途などに合わせて使うと便利だったりするおんぶ紐をご紹介していきます。特徴や用途別におんぶ紐を比較して、目的や好みに合ったおんぶ紐を見つけましょう。

安心安全!日本製のおすすめおんぶ紐:昔ながらのおんぶひも 日本製 ベージュ

上記でご紹介したopperのおんぶ紐で、日本製の生地で製造している「昔ながらのおんぶひも 日本製 ベージュ」という商品があります。商品名の通り、昔ながらのオーソドックスな形をしたおんぶ紐で、安定性や使い勝手が大変良い点が特徴です。

「昔ながらのおんぶひも 日本製 ベージュ」の魅力は、生地が綿100%となっている点です。赤ちゃんのデリケートな肌に触れる可能性があるものなので、素材などが良いおんぶ紐の方が、安心して使用できるという方も多いでしょう。また、丈夫と言われるツイル素材となっているので、シンプルながらも長く使える点も、特徴と言えます。

価格は、2017年6月17日現在、Amazonで3132円(※4)となっています。

肩車におすすめのおんぶ紐:肩車キャリー サドル シート

おんぶ紐というよりは、おんぶを卒業した子供や家族に向けた商品ですが、通販のトココが販売している「肩車キャリー サドル シート」は、大変個性的なおんぶ紐となっています。価格は、2017年6月17日現在、2039円(※5)となっています。

「肩車キャリー サドル シート」は、商品名の通り、おんぶではなく肩車をする際に使うアイテムです。ハンズフリーで肩車ができる構造となっているので、外出先などでも肩車がしやすくなります。また、子供にとっての座り心地についても追及されており、人間工学に基づいて設計されたサドルが付いています。

おんぶ紐という分類とは、やや異なる商品ではなりますが、安全性や機能性が大変優れており、Amazonのおんぶ紐のカテゴリーでも人気商品となっていることから、おすすめできる商品です。

赤ちゃんも快適でおすすめのおんぶ紐:ベビーキャリア

Rakukaが販売している「ベビーキャリア」は、おんぶをされる側である赤ちゃんの居心地にっこだわった商品の1つです。「べビーキャリア」を使用しておんぶされている状態の赤ちゃんでも、足などを動かしやすいよう、ゆったりとした構造になっています。

しかし、クッション入りのヘッドサポートなども備わっており、安全性や発育の面に関しても、考慮された構造となっています。赤ちゃんの居心地の良さと安全性を両立させている点こそが、「べビーキャリア」の魅力であり、おすすめの理由と言えるでしょう。

2017年6月17日現在、2080円(※6)で購入することができます。

おんぶがラクになるおすすめのおんぶ紐:ベビーキャリー 赤ちゃんの姿勢とママの負担を軽減させるために作られた新しい抱っこひも

抱っこ紐として掲載されている「ベビーキャリー 赤ちゃんの姿勢とママの負担を軽減させるために作られた新しい抱っこひも」ですが、おんぶ紐としても使うことができます。

「ベビーキャリー 赤ちゃんの姿勢とママの負担を軽減させるために作られた新しい抱っこひも」は、商品名の通り、赤ちゃんとおんぶをする人の負担を軽減する構造となっています。肩のストラッブにクッションが入っていたり、太いベルトになっていたりする為、骨盤や背骨などにかかる重さを分散する構造となっているのです。

2017年6月17日現在、セール価格で3150円(※7)で販売されています。

とにかく安くておすすめのおんぶ紐:多機能 ベビースリング

安さやコストパフォーマンスを重視する方におすすめのおんぶ紐が、「多機能 ベビースリング」です、ノーブランド品として販売されている商品ですが、Amazonのレビューの評価は、星4つとかなり高いものとなっています。

「多機能 ベビースリング」の魅力は、やはりリーズナブルな価格にあります。2017年6月17日現在、900円(※8)で販売されており、他のおんぶ紐と比べると、特に安いおんぶ紐と言えるでしょう。

伝統にこだわりたい人におすすめのおんぶ紐:別珍一本帯 おんぶひも

今でこそ多機能となっていきたおんぶ紐ですが、一昔前までは、1本の紐でおんぶをしていました。そのような伝統的なおんぶ紐は、現在祖父母の立場に在る方を中心に人気があり、あえて1本の紐になっているおんぶ紐を求めている方もいらっしゃると言われています。

上記のように、伝統的なおんぶ紐をお探しの方におすすめなのが、ラッキー工業の「別珍一本帯 おんぶひも」です。綿100%の日本製という高品質な点も魅力的で、昔ながらのおんぶで子供や孫の世話をしたい方から、高い評価を得ています。

価格は、2017年6月18日現在、Amazonで3244円(※9)となっています。

おんぶ・抱っこどちらも使えるおすすめのおんぶ紐:昔ながらのおんぶひも(おんぶ・だっこ兼用子守帯)

おんぶ紐を探しつつも、抱っこ紐としても使いたいとお考えの方も、少なくないでしょう。そのような方におすすめなのが、「昔ながらのおんぶひも(おんぶ・だっこ兼用子守帯)」です。

日本製で高品質という点も魅力的ですが、やはりおんぶと抱っこ、どちらに対応している点が特徴と言えるでしょう。最長で2歳6カ月(※10)くらいまで使用可能とされている為、長く使うことができるのも、おすすめの理由の1つです。

2017年6月17日現在、Amazonで4550円(※10)で販売されています。

スリーピングフード付きでおすすめのおんぶ紐:抱っこひも 赤ちゃん おんぶ紐 スリーピング付き

LaNovaが販売している「抱っこひも 赤ちゃん おんぶ紐 スリーピング付き」は、商品名の通り、赤ちゃんを直射日光や強風などから守る、フードが付いたおんぶ紐です。外出時などにおんぶをしている際に、日差しなどが赤ちゃんにあたることを気にする方も多いと思われますが、そのような方におすすめのおんぶ紐です。抱っこ紐として使える点も、おすすめの理由の1つと言えるでしょう。

「抱っこひも 赤ちゃん おんぶ紐 スリーピング付き」は、2017年6月17日現在、3150円(※11)で購入することができます。

おんぶ紐でおすすめのシリーズ

【特徴別】おすすめのおんぶ紐|簡単/双子/家事に便利/夏/腰痛/安い

上記でもたくさんのおんぶ紐をご紹介しましたが、おんぶ紐にはさまざまなシリーズやメーカーが存在します。どのメーカやブランドも、おんぶをする人と赤ちゃんの負担を軽減することや機能性などを追求した商品を開発・販売していますが、その中でも特におすすめなのが、「昔ながらのおんぶひも」シリーズです。

日本製の製品も多く、価格がリーズナブルなものが多い「昔ながらのおんぶひも」シリーズですが、カラーバリエーションや形態が豊富です。また、機能性を重視したクッションや背もたれが備わっているタイプもあるので、赤ちゃんの年齢や用途などに合わせて複数のタイプを購入し、使い分けるのも良いでしょう。

おんぶ紐を選ぶ際は、機能性と安全性に注目!

【特徴別】おすすめのおんぶ紐|簡単/双子/家事に便利/夏/腰痛/安い

いかがでしたでしょうか?今回は、「おんぶ紐」をピックアップして、Amazonで人気があるおんぶ紐の特徴や価格などをご紹介しました。

現在、たくさんのメーカーやブランドがおんぶ紐を販売していますが、機能性や価格、素材などは、各メーカー・ブランドで大きく異なります。大切な赤ちゃんをおんぶする際に使うおんぶ紐は、価格やコスパだえでなく、安全性や機能性なども意識して選ぶことをおすすめします。

Latests