Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月21日

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

ベビーベッドのサイズは色々あり選ぶ時にはあらかじめ知っておかなければいけない事もたくさんあります。ベビーベッドの幅、奥行き、高さによって使用者の使いやすいサイズを選ぶ事で長く使え、ベビーベッドに使うマットレスや布団の種類も多くあるので下調べは欠かせません。

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

ベビーベッドの普通に使われるサイズって?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

赤ちゃんの出産や、出産祝いの贈り物でベビーベッドを買う時に初めてどういったベビーベットを買えばいいのかに直面します。それまで意識していなかったベビーベッドは必要になって初めて種類の多さにびっくりして混乱します。

色々なベビーベッドを見比べて大体普通の大きさってどれくらいなんだろうという疑問で、さらには普通というのが難物で普通の大きさのベビーベッドを店員さんに聞いても要領を得ない返答が返ってくるだけです。

なぜなら、ベビーベッドを置く環境によってサイズやスタイルが昔に比べて大きく変動するのでどうしてもサイズの括りが変わってきているからです。しかし、量産されているサイズでは内径120×70cmのものが標準とされ一般的には普通に使われるサイズといわれています。

ベビーベッドのサイズにどんな種類があるの?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

一概にベビーベッドといっても色々な種類があります。幅と奥行きが120×70cmの多く出回るタイプの物からミニサイズといわれる90×60cmのもの、ベビーベッドの床板までの高さが床から70cmのハイタイプと床から50cmのロータイプと高さのサイズにも色々と種類が出ています。

しかし、この4タイプのサイズがすべてではなくメーカーが商品開発をしていく上で赤ちゃんや子育てをする方に使い勝手がいいように考えられた結果均一のサイズではなく何センチか違いがどうしても出てきます。そのためこの4サイズを大体の目安としてベビーベッドやマットレス、布団を選びます。

ベビーベッドの標準サイズの決め手とは?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

ベビーべとを決める時の基準になる標準サイズですが、基本となったのはハイタイプと呼ばれる高さ70cm、幅120cm、奥行き70cmの物でそこから各メーカーが使い勝手や商品の良さを引き出すための工夫を取り入れるなどして色々なサイズのベビーベッドが生まれました。

アパートなどベビーベッドを置くにはちょっと狭い間取りにも対応できるようにミニサイズができて、膝立ちで赤ちゃんの世話ができるように50cmの高さの物ができたりとした結果、ベビーベッドに色々なサイズができてきました。

しかし、ベビーベッドを選ぶ時に基準となるサイズに位置付けられているのはハイタイプで赤ちゃんがある程度大きくなるまで使用できるサイズという点で標準のサイズといえます。

適切なベビーベッドのマットレスってどういうもの?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

ベビーベッドにいいマットレスを選ぶと時にふわふわのマットレスがいいのか、しっかりしたマットレスがいいのか選ぶ時に何を標準にしたらいいのか迷いますが、ベビーベッドのマットレスは大人を基準として選ばないということが大事になってきます。

赤ちゃんは大人と違って使用者の良い体の位置に自由に動かして寝相を調整できないため一度寝転んでしまうと何が原因で体を痛めることになるか分からない事もあり赤ちゃんのマットレスを選ぶ事を重点にマットレスのサイズや硬さを選びます。

ベビーベッドは眠るところの板の上はそのままベビー布団を引いてもかまいませんがマットレスがある事で赤ちゃんも眠りやすくなります。

ベビーベッドのマットレスのサイズって全部同じ?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

ベビーベッドのマットレスのサイズは色々ありますが、ベビーベッドのサイズにぴったりの物を選ぶのが一番適したサイズ選びです。ですが実はベビーベッドにぴったりというマットレスの方が少なかったりします。

大きいのか小さいのかで分かれてどうしたらよいのか分からない事が多いのがしばしばあります。ベビーベッドのサイズが色々ある事でマットレスのサイズもマットレスを作る各メーカーで決められたサイズで作られます。

ベビーベットメーカーが作るのではないため、どうしてもマットレスのサイズに差が生まれてしまい大きすぎたり小さすぎたりとベビーベッドのサイズからちょっとずれが生じてしまいます。

マットレスの硬さってどれくらいのものがいいの?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

赤ちゃんの使うマットレスはふわふわの方が良いという人もいますが、マットレスにしても布団にしてもふわふわの物は赤ちゃんには適しません。ふわふわのマットレスでは赤ちゃんが寝返りを打った時に顔が沈み込み窒息の恐れがあるからです。

大人であればふわふわのマットレスでも簡単に寝返りが打てますが赤ちゃんには一つの動作に大人が赤ちゃんのためにふわふわにしたマットレスや布団でも障害になって寝返り一つ打つ事もできない事があり危険がともないます。マットレスは柔らか過ぎない赤ちゃんの顔が沈み込まない固めの物を選ぶ事が大切になってきます。

ベビーベッドの布団のサイズはマットレスと同じでいいの?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

マットレスの上に敷く赤ちゃんの敷布団のサイズはマットレスにの大きさにあった物が好ましく、大体がサイズを敷布団にあわせるとセットになっているので別々にサイズを悩む必要はありません。

ただ、ぴったり合ったサイズを探し出すのはやはり難しく、敷布団を敷いた時に赤ちゃんの寝相で敷布団の下に赤ちゃんが入り込まないサイズで、ベビーベッドより大きくあまり過ぎて折り返って赤ちゃんの上にかからない物を目安にサイズを選ぶといいでしょう。

布団については丸洗いのできる物を選ぶほうが使っていく上で便利です。ミルクが零れたりおしめを変える時に失敗したりと洗濯したほうが布団が清潔に使える時があるので布団を選ぶ時には洗える物を選ぶのをお勧めします。

ベビーベッドのお勧めのサイズって?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

ベビーベッドをを使う時のサイズを思い浮かべてみましょう。新生児はどんなに大きくても53cm程ですがベビーベッドを使っている間その大きさで成長が止まっている赤ちゃんは存在しません。

また、ベビーベットを使う時の使い勝手も考えてベビーベッドのサイズを考えた時に使用者の手の届く横幅と奥行き、ミルクやオムツを替える時に手元にベット上に置きやすいか、置けるスペースが確保できるかを念頭に入れてベットのサイズを考えた時に一般的に出回っている大きさの120×70cmのサイズが一番お勧めできるサイズです。

赤ちゃんの足元に布団を置いた時に赤ちゃんの足にかかって邪魔にならずに、枕元にミルクやオムツのセットを置いてもミルクをあげたり、オムツを替えたりしやすいサイズになるからです。

ベビーベッドのサイズってどう選べばいいの?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

ベビーベッドの標準サイズといっても選ぶ基準にはなりますが生活に密接したサイズということにはなりません。確かに赤ちゃんのお世話で必要なスペースですが部屋に収まりきらなかったり、ベビーベッドを置けたとしても大人が行動できるスペースの確保ができなかったりしてはベビーベッドをおく意味がありません。

ベビーベッドを選ぶときは使用者がどういった生活をするのか、ベビーベッドを置く部屋はどれくらいの広さなのかを考えて選ぶようになります。部屋が狭くミニサイズのベビーベッドしか置けない場合では収納に特化した物を選ぶことで子育てをしていく上での広さを収納で確保して使い勝手を良くする事でベビーベッドのサイズの選びしろを増やすことができます。

ベビーベッドを送る時の梱包のサイズって?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

使っていたベビーベッドを譲る時や遠く離れた実家に送る時などベビーベッドを送る時にどうしたらよいかわからない時もあります。近くから譲ってもらったベビーベットでは組み立てられた状態で貰った場合は分解の仕方も分からずそのまま梱包して送ることになるのかと不安になる事もあります。

しかし、ベビーベッドは普通のベットのように分解する事ができてお店で買った時も組み立てを業者がしてくれる事もありますが安い物だったり通販で買ったものは使用者で組み立てなければいけません、そのため素人でも組み立てられるようになっています。

送る際の梱包は一旦ばらして紐で崩れないように固定した後にダンボールで梱包して送れば余計な傷がつく事無く送ることができます。

ベビーベッドの外寸のサイズってどれ位?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

ベビーベッドの内寸はマットレスや布団を選ぶときや使用者の使い勝手のよさの参考になりますが、外寸は設置時に必要なサイズになってきます。何もない部屋に位置からセットする場合でも動線や扉、収納を考えて設置する時にあらかじめベット大きさが分からなければ勝手が悪くなってしまいます。

新しい部屋でないすでに使用している部屋であればすでに机や箪笥だけでなく色々な物があり部屋にベビーベッドを入れた後で余分な隙間や動き回る時に邪魔にならないようにベビーベッドを買う時にはやはり外寸が大事になってきます。

ベビーベッドの外寸っていっぱい種類があるの?

実はベビーベッド内寸に種類があるように外寸にもベビーベッドの形状でいろいろな種類があります。内寸のサイズに大体5~10cmプラスした大きさが外寸で幅と奥行きの外寸が分からない時や内寸が分からない時には内寸と外寸の差を覚えて置くとベビーベッドのサイズを割り出しやすくなります。

この誤差は使われている木材の太さときの組み方ででる誤差で使われている木材の太さや木材の組み方は各メーカーで違ってきます。外寸の正確なサイズが知りたい場合は商品情報をインターネット調べると正確な外寸が記載されていますが、それでも5mm位の誤差はでるのでベビーベッドの購入の時は外寸でベビーベッドが部屋に収まるかどうかを確認します。

ベビーベッドの高さって色々あるの?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

ベビーベッドには用途によっての赤ちゃんが寝る床板の高さが違ってきて3段階に分かれます。ミニベビーベッドでもハイタイプでもロータイプでも3段階に分けられ用途がそれぞれ違ってきます。腰を曲げて使えるベビーベットが70cmでこの高さのベビーベッドが多く出回っています。

膝立ちで使えるベビーベッドは50cmでロータイプのベビーベットの高さで布団で寝ている状態からすぐに赤ちゃんのところにいけるので立ち上がる時の膝への負担が少なくてすみます。床と床板がほとんど変わらない高さのベビーベッドでは活発になった赤ちゃんのサークル代わりに使える利点があります。

ベットの高さは好みで変えられるベビーベッドもあるので使用者の使いやすい高さを購入するのがいいでしょう。

ベビーベッドの布団のミニサイズってどれ位?

ベビーベッドの標準サイズ・マットレス・布団・高さ・選び方

ベビーベッドのミニサイズは90×60cmと小さく1歳未満の赤ちゃんを対象に作られています。ミニサイズの布団サイズは敷布団は90×60cm、掛け布団は70×90cmに10cm前後の大きさの誤差があります。敷布団は90×60cmが多いですが掛け布団だけは誤差が出ています。

掛け布団が少し大きいのは赤ちゃんが掛け布団をかけたときに赤ちゃんの体を包み込めるように大人の掛け布団と同じように大きめに作られているからです。敷布団と掛け布団が同じ大きさだと赤ちゃんに布団をかけたときに両脇に隙間ができてしまいます。

ベビーベッドと布団のサイズを決めるには

赤ちゃんが生まれるときには必要となるベビーベッドはサイズも種類も多くカタログで適当に選んで買うというわけにいきません。赤ちゃんが使う時期や期間によってもそのサイズが異なりベビーベットのサイズを決めてもぴったりのマットレスや布団を揃えるのにサイズも種類もさまざまで、色やデザインだけで選ぶのは難しいです。

ベビーベッドの床板の高さもあわせて考えるとベビーベットの種類はさらに増えるので慎重に選び主に使用する人の生活スタイルに合ったベビーベットを探して部屋にあわせたベビーベットを購入する必要があります。さまざまな生活シュミレーションをしてからベビーベッドや布団のサイズを決めて購入しましょう。

Related