Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月19日

1歳の子供用のケーキの手作り方法・おすすめのケーキ|市販

1歳の子供にもケーキを食べさせたいけれど、大丈夫なのかと思っているママやパパは必見です。1歳の子供におすすめのケーキのレシピを紹介しています。さらに、市販のケーキで1歳児でも食べることができるものもピックアップしています。ぜひご覧ください。

1歳の子供用のケーキの手作り方法・おすすめのケーキ|市販

1歳の子供でも食べられるケーキの手作り方法は?

1歳の子供用のケーキの手作り方法・おすすめのケーキ|市販

1歳になった子供をお持ちの方は、一緒にケーキを食べたいなとおもう機会が多いでしょう。しかしまだ1歳ということで、砂糖や生クリーム、チョコレートがたっぷりというケーキは避けたい、というママやパパも多いのではないでしょうか。

ここでは、簡単に手作りできる1歳用のケーキレシピを紹介します。

卵なしの1歳用ケーキの作り方

卵にアレルギー反応を示す1歳の子供も多いです。市販のケーキは、卵がたっぷり使われていることが多いですが、手作りだからこそ、卵を使わずにケーキを作ることができます。ケーキに卵を使わずに1歳の子供にも優しいケーキのレシピを紹介します。

1歳の子供用ケーキ:卵なし!牛乳なし!アレルギー対応 ケーキ

用意するものをご紹介します。ホットケーキミックス:1袋、調整されていない豆乳:140ml、豆乳で作られたホイップ、1歳の子供が食べられるステック菓子、好きなフルーツをお好みで用意します。

卵なしの1歳用ケーキのレシピ

用意するものは、ホットケーキミックス1袋、調整されていない豆乳:140ml、豆乳で作られたホイップ、1歳の子供が食べられるステック菓子、好きなフルーツなどをお好みで用意します。

豆乳とホットケーキミックスを混ぜ合わせます。この時、ダマが残っていても大丈夫です。混ぜ合わせたホットケーキ生地をパッケージに記載されている指示時間を守って焼きます。ケーキに近づけるため、丸いホットケーキを2枚焼くことがポイントです。

豆乳ホイップもパッケージをよく読んで作りましょう。できた2枚のホットケーキに投入ホイップを塗り、好きなフルーツを挟んでいきます。

ホイップクリームをホットケーキの上と横部分にも塗ります。リボンを使って、ホットケーキの横に並べたスティック菓子を固めます。

ホットケーキの上の部分にも果物を乗せれば、完成です。

1歳の子もぱくぱく食べるおすすめのケーキとは?

1歳の子供用のケーキの手作り方法・おすすめのケーキ|市販

1歳の子供でも美味しく食べられるケーキを手作りしたいと考えているなら、ヨーグルトを使って作るレシピがおすすめです。

ヨーグルトを使った1歳用のケーキの作り方

水切りヨーグルトで1歳のお誕生日ケーキ

10枚切りの食パン3枚、プレーンタイプのヨーグルト450g、粉ミルク適量、好きなフルーツ、お好みの飾りを用意します。

ヨーグルトは1歳用のケーキを作る前日に水切りをして、一晩へ寝かせておきます。水を切ったヨーグルトに粉ミルクを足して、甘味を出します。大人も一緒に食べる場合や甘くないケーキが良い場合には、少なめにすると良いでしょう。

食パンを丸く切って、ケーキの形にします。食パンを3段重ねにし、水切りヨーグルトと果物を挟んでいきます。ケーキの横と上にもヨーグルトを丁寧に塗りましょう。

絞り器を使って、水切りヨーグルトをケーキの上の部分にトッピングすれば完成です。

市販でおすすめの1歳の子も食べられるケーキって?

1歳の子供用のケーキの手作り方法・おすすめのケーキ|市販

手作りのケーキを作りたいけど、忙しいというママも多いことでしょう。1歳でも食べることができる市販のケーキを用意してあげることもおすすめです。ただし、どんな材料が使われているのか確認する必要があります。

1歳の子供に市販のケーキを選ぶ際の注意点

生クリームが少な目のケーキを選ぶ

乳脂肪である生クリームは、1歳の子供にとっては負担が大きいです。乳製品が大丈夫であるという1歳の子供でも控えて目タイプを選ぶと良いでしょう。

チョコレートはできるだけないケーキを選ぶ

チョコレートは、できれば3歳までは与えることを避けた方が良い食品です。チョコレートのデコレーションが少量ある程度は仕方無いですが、チョコレートメインのケーキを1歳の子供に与えるのは止めておきましょう。

おすすめの1歳でも食べられる市販のケーキ

シャトレーゼのケーキ

シャトレーゼというお店をご存知でしょうか。山梨県甲府市に本社がある全国展開している人気のスイーツ店です。こちらのお店では、食物アレルギーに配慮したケーキが販売されていて、1歳用の市販のケーキを探している人にぴったりです。

知り合いのお子さんがケーキが食べられないということを聞き、乳と卵と小麦粉を使わないケーキを開発されました。

近くに店舗があるという人は、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

キャラクター系の乳幼児向きのケーキ

市販でケーキを探している場合には、子供用のキャラクターケーキを提供しているお店を探してみることをおすすめします。子供用のケーキ作りに慣れているので、1歳の子供でも食べることができる材料を使っている場合が多いです。

さらにキャラクターが描かれているので、1歳の子供でも喜んで食べてくれることでしょう。普段から好きなキャラクターがいる場合には、そのキャラクターのケーキを注文してあげることもおすすめです。

近くに店舗が無い場合には、通販などでも手に入れることができます。種類も豊富で、食べさせたくない材料が使われていないケーキを選ぶようにしましょう。

プレーンのホットケーキ

どうしてもケーキを食べさせたいなら、市販のプレーンタイプのホットケーキがおすすめです。プレーンタイプのホットケーキなら、生クリームやチョコレートが使われておらず、1歳児でも比較的食べやすいです。

ママやパパでどうしてもケーキが食べたいという場合にも、市販のプレーンのホットケーキは便利です。1歳児にはデコレーションせずに食べさせ、自分達はホイップクリームなどトッピングを楽しむことができるからです。

外出先でどうしてもケーキが食べたくなったという場合にも、プレーンのホットケーキは、1歳児でも食べることができる場合が多いので利用してみましょう。

チーズケーキ

乳製品がOKという1歳後半代の子供の場合、チーズケーキが食べられる場合があります。チーズケーキなら生クリームも乗っていないし、チョコレートも無いので市販のケーキの中でもデビューしやすいです。

初めて与える際には少量から試して、様子を観ていきましょう。

離乳食で作れる1歳のケーキとは?

1歳の子供用のケーキの手作り方法・おすすめのケーキ|市販

1歳のお誕生日がきて、初めてケーキをわが子にも食べさせたい、と考えるママやパパもいるでしょう。ただし、まだ1歳になったばかりというと離乳食が完成していないので、与えることができる食材も限られてきます。

ここでは、ご飯を使って作る離乳食期のケーキを紹介します。

離乳食期の1歳でも食べられる誕生日ケーキの作り方

離乳食用ケーキに必要な材料

80g程度の柔らかく炊いたご飯、お好みの量のホワイトソース、ミートボール1個、ミックスベジタブルなどの野菜を適量用意しましょう。

1歳にぴったりの誕生日ケーキの作り方

ホワイトソースは市販の物でも、手作りでも大丈夫です。手作りする場合には、やや硬めに作ると良いでしょう。ミートボールも1歳の子が食べられる物を用意します。ラップを使い、柔らかく炊いたご飯をケーキのような丸い形に整えていきます。

ご飯は強く固めずに、ふんわりと形成していくのがポイントです。ご飯をお皿に移し、ホワイトソースでデコレーションしていきます。ミートボールを上にのせ、周りを色どりの良い野菜で飾り付けすれば完成です。

1歳の誕生日なので、1と書かれたローソクや飾りを用意してあげると雰囲気が出ます。

1歳の子供はケーキは食べられるのか?

1歳の子供用のケーキの手作り方法・おすすめのケーキ|市販

1歳の子供でも誕生日などにケーキを食べることは可能です。ただし、できるだけ生クリームや砂糖、チョコレートを多く使っていないケーキを与えた方が無難です。

1歳なったばかりという頃なら、できれば手作りケーキや乳幼児用に工夫されたケーキを一緒に楽しむ方が良いでしょう。農薬が使われていないフルーツが使われているケーキを選ぶなど、慎重に吟味して与えます。

どうしても市販のケーキを食べさせたいなら、添加物が少ないものを選ぶなどの工夫が必要です。1歳未満の子供にハチミツを与えることは避けた方が良いですが、1歳になりたての場合でも、大量のハチミツ入りのケーキを与えることはやめておきましょう。

まずは、少量で様子を見てから、ハチミツ入りのケーキを食べさせると安心です。ただし、市販の普通のケーキを与えるのは、できれば3歳以降の方がおすすめです。

1歳の子供とケーキを楽しもう

1歳の子供用のケーキの手作り方法・おすすめのケーキ|市販

1歳の子供とは、工夫次第でケーキを一緒に楽しむことができそうです。一緒にケーキを食べられる幸せを親子で感じると良いでしょう。ケーキが食べられる段階まで来れば、大変だった離乳食作りもそろそろゴールが見えてきます。1歳の誕生日などにもケーキを手作りして、家族みんなで成長をお祝いしましょう。

Related