Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月13日

残しておきたい赤ちゃんの写真アイデア10選|撮影のポイント

赤ちゃんが産まれると毎日変わっていくかわいい姿に思わずカメラを向けてしまう人も多いはず。でも、具体的にどんな場面をどのように撮影して写真に残したらいいのか悩みませんか。赤ちゃんの成長を素敵な写真に残していきたい人アイデアがたくさんあり必見です。

残しておきたい赤ちゃんの写真アイデア10選|撮影のポイント

クリーニングついでに洋服を預けてクローゼットすっきり!

KAJITAKU(保管付き宅配クリーニング)

シーズンが終わった服をしまおうとするとクローゼットがパンパンに・・・。
そんな方におすすめなのが「カジタク」

カジタクは保管付きの宅配クリーニングサービスです!
アパレル仕様の倉庫で最長9ヶ月洋服を保管してもらうことができます。

しかも、15点パックならコートもダウンも一律1,000円
預けたい洋服や数によって料金プランが選べます。

PC・スマホから簡単申し込み

赤ちゃんの写真の整理方法

赤ちゃんが産まれてから、毎日表情やしぐさが変化し見ていて飽きることはありません。その変化を写真に収めておきたいと感じる人は多いはずです。今はデジタルカメラや一眼レフカメラを所有している人も多く、携帯やスマートフォンでも写真が撮れる時代です。

気軽に写真を撮ることができるからこそ、写真データが増えていき整理に悩む人も多いのではないでしょうか。今回は、赤ちゃんの写真を賢く素敵に残していく方法をご紹介します。

方法1:フォトブック

一番分かりやすい方法はフォトブックです。従来のように、写真を現像印刷して選んだかわいいフォトブックにしまっていくこともお勧めです。アナログであるがゆえの懐かしさを将来子どもが大きくなったときに感じることでしょう。

また、最近ではスマートフォンで撮った写真をアプリや業者に頼むことで、本にしてくれるサービスもあります。料金も違うため自分に合ったサービスを選ぶとよいでしょう。忙しい人には特におすすめです。

方法2:データはバックアップ

赤ちゃんの写真は次から次へと増える一方です。毎日の育児や家事、仕事などに追われなかなか写真の整理ができないことも多くあります。そのような場合は、まずはバックアップをとっておくことをお勧めします。

バックアップをとっていなかった場合、最悪写真が消えてしまうこともあります。もし少し余裕があるときは、季節や月、年齢や月齢別にカテゴリしておくと後で整理するときに便利です。

残しておきたい赤ちゃんの写真アイデア10選

赤ちゃんの成長は毎日のようにめまぐるしく変化し、ママやパパも育児や家事、仕事に追われバタバタと毎日が過ぎ去ってしまっていたという瞬間も少なくないでしょう。忙しい毎日の中記念写真を撮りに行くことがなくても生活の中でたくさんの成長を写真におさめておくことができます。

残しておきたい赤ちゃんの写真のアイデアとお勧めグッズも合わせてご紹介します。

アイデア1:小さい手足

赤ちゃんの手足は気がつくとすぐに大きくなっていってしまいます。手型足型をとって残す方法もありますが、質感や細さ、小ささなど写真だからこそ残せるものがあります。

赤ちゃんの手足は単体で撮影するのもよいですが、親の手足と比べて撮ったり、お兄ちゃんお姉ちゃんなどの上の子と並べて撮るのも記念になります。また、写真と一緒に新生児時期の赤ちゃんの手型足型をスタンプで取っておくこともおすすめです。

思いっきり手形足形を取れるので良かったです。
数ヶ月後に、またやろうと、インクを足して使っても普通に使えました。インクのみも追加で買えるのもありがたいです♪

やる前にハンドクリームを軽く手に塗ってから手形をとると、お尻ふきなどのウエットティッシュで綺麗に落とます♪
オススメなので一度試してみて下さい♪

生まれたばかりの赤ちゃんの手形と足形をとりました。赤に見えるインクの色ですが、紙に手形を押すと濃い鮮やかなピンクです。把握反射で手を握ってしまうので苦戦はしましたが、モロー反射で手を開いた瞬間に紙を当てると無事に手形が取れました。半年、誕生日と長く使っていきたいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%81%E3%8... |

アイデア2:沐浴シーン

沐浴は通常生後1ヶ月ごろをめどに終了し、その後は大人と一緒の湯船につかることが多いです。沐浴を行う産後1ヶ月の間に沐浴の様子をカメラにおさめておくことをお勧めします。

沐浴は赤ちゃんの新生児特有のかわいらしい表情が撮れたり、沐浴槽や両親の手などの大きさから赤ちゃんの小ささがよくわかり、後に見返したときに貴重な思い出として残ります。また、かわいい沐浴グッズを使っての撮影もお勧めです。

洗面台での沐浴で使用するつもりで購入しました。新生児期は沐浴時に使用し、その後は脱衣所で一時的に下に置かなければいけない時に娘を寝かせるために使っています。厚みがあるので冷たくないのか寝かせてもぐずらなくて済むので買ってよかったです。

洗面所のシンクで赤ちゃんの沐浴をする時に使いました。シンクだけだと硬いし冷たいので、これがあって本当に良かったです!お花が可愛いし、すぐ乾くし、使い勝手も良し!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%93%E3%83%BC%E3%8... |

アイデア3:授乳シーン

授乳をしている時期は毎日のことで当たり前な日課となっていますが、赤ちゃんが大きくなり断乳や卒乳をすると授乳していた頃の姿を懐かしく感じます。授乳シーンにどうしても抵抗のある人は、哺乳瓶でミルクを飲ませているシーンでも構いません。

子どもが乳飲み子だった頃の様子は赤ちゃんだけではなく、ママやパパの赤ちゃんを愛おしく見つめる姿も魅力的です。長くは続かない授乳期間をぜひ、写真におさめましょう。

写真左と写真上が3年半前に購入したもの。分かりにくいですが、測ったところ新品の厚さは12cm、以前購入したものは7cmでした。やはり使用・洗濯を繰り返すとヘタります。しかし新生児期の授乳~腰座り前の赤ちゃんの腰を支えるクッションとして、十分使えて元は取れます。
厚みがなくなったクッションでは授乳しづらいため、今回は第二子出産に備えてリピ買いしました。
この値段でデザインも可愛く、日本製。本体・カバーとも洗濯可ならコスパが良くてお薦めです。

今使用しているものの洗い替え用に購入しました。本体が丸洗いできるので、吐き戻しなどで汚れても安心ですし、柄も可愛くて、腰回りのフィット感もとても良いので気にいっています。
フットボール抱きで飲ませる時も、厚みがあって少し固めであまり沈まないので、楽に読ませてあげることができて重宝しています♬
動物の名前が英語のスペルで書いてあるので、 4歳の息子が見て、「これはワニで、これはライオンだね〜」とお勉強できちゃうおまけ付き(笑)。
これでこの価格はお得だと思いました‼︎

出典: https://www.amazon.co.jp/HashkuDe-%E3%83%8F%E3%83%83%E3%8... |

アイデア4:お昼寝アート

赤ちゃんの寝姿や寝顔は、意外にも大きくなってからも変わらない場合が多いです。写真におさめておくことで、子どもが大きくなったときに赤ちゃんのときの様子と今の大きくなった姿を見比べることができます。

また、赤ちゃんの寝顔はとてもかわいらしく温かな気持ちにさせてくれます。新生児期特有の寝ている様子など、寝顔だけではなく寝相や寝姿も写真におさめることをおすすめします。また、テーマを決めての撮影も楽しいです。

モデルのえいちゃんが可愛すぎる!!起きてるときの写真はプロのモデルさん☆赤ちゃんでも撮られている、って分かっているんでしょうね。
自分がおひるねアートをやるようになって参考にしている本です。全く同じにはならないけど、同じ作品をたくさん作ってみたいです。多くのママやプレママにも見てもらいたい一冊です。

かわいくて癒されました。
我が子にも、ためしたくなるアートがたくさんあって、参考になりました!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%B2%E3%82%8B%E3%8... |

アイデア5:かわいい食器と離乳食

離乳食が始まり、赤ちゃんが口や手、顔いっぱいに離乳食をつけて食べている様子を写真におさめておくとよいでしょう。無邪気に顔や手を汚しながら食事をする幼い姿は段々と見ることができなくなります。

また、ママやパパが頑張って作った離乳食も時が経つと忘れてしまうことも多いです。赤ちゃんが離乳食を食べていたその成長と様子を記録しておくこともできます。食事タイムのかわいらしい様子を写真に記録しておきましょう。

間違いなく可愛いです。手に取ったときのずっしり感はル・クルーゼならではですね。長く使えそうです。他の方が仰ってるように、スプーンでは届かない部分があります、が私は気になりません◎離乳食作りが楽しくなりました!

離乳食が終わっても、ずっと使えるような
しっかりした作りで満足しています

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%8... |

アイデア6:ハイハイ・歩き出した様子

ズリバイやハイハイ、歩き出したときなど子どもの成長は日々めまぐるしいです。走り回るようになると、赤ちゃんの頃にハイハイしていた様子が思い出せないこともあります。ハイハイや、よちよちと歩き出したらカメラをかまえましょう。

写真には「いつ一歩、歩いたかどうか」の日付を記入しておくとよいです。倒れても転倒防止クッションがあれば、安心して撮影もできます。クッションがあることでかわいい姿をとることができます。

こういった類の製品が多かったのでレビュー評価のいいこちらを購入。
メインターゲットは7ヶ月のつかまり立ちができる子でしたが怖がってあまりつけてくれませんでした。笑
ですが2歳児が興味を示し、出かけるたびに背負っています。
軽量でメッシュ生地なので季節を選ばずつけることができると思います。
使い方は違いますが、2歳児にたすき掛けで付けて、外出の際に手を繋ぎたがらなかったら私が触覚を掴むことで、突然走り回ったり何処かに行ってしまうことを防止しています。

とてもかわいい!
いい感じの大きさでクッション性もあり、見た目通り!!
軽いので息子も嫌がらず、助かっています!

出典: https://www.amazon.co.jp/%E5%8F%AF%E6%84%9B%E3%81%84%E3%8... |

アイデア7:初めてのプール・水遊びの様子

夏の暑い時期の遊びで人気なのが水遊びです。庭にプールを出したり、風呂場で水を張って遊ぶ姿は可愛いです。また、小さな身体に水遊びパンツや水着を着て遊ぶ姿は小さな時期ならではの可愛さもあり、おすすめです。

気温や気候に配慮し、適度に水分補給を行いながらお気に入りのおもちゃを持たせてあげ、機嫌の良い時に撮りましょう。家庭用プールもたくさん種類がある中でも水が飛び出てくるプールは子どもも大はしゃぎです。

値段も手頃で子供が喜んで遊びました。説明書がなにもないですがすぐ使えますしなにより子供が楽しそうだったなでお勧めします。

思った以上に噴水感あります。小学校低学年くらいまでは大はしゃぎで楽しめました。小さいタイプだと、小さい子供なら2人。小学生なら1人でいっぱいです。説明書がなく、ホースのジョイントのところは、うまく取り付けられなかったので、ホームセンターでホースを止める器具を購入し対応しました。なので星は4つ。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%8... |

アイデア8:ガーランドもこだわって記念日

赤ちゃんが産まれてからたくさんの記念日があります。100日祝いや、お宮参り、誕生日、七五三など節目の祝い事の時には特別に写真館に行くことも良いですが、自分たち親の視点からの写真もとても素敵です。

また、最近では出張カメラマンなどもあるので、自分で撮ることに自信のないママでも選択肢はたくさんあります。家をかわいく飾り付けし赤ちゃんや子どもたちの記念の表情を写真におさめ記念にしましょう。

娘の誕生日会の飾り付けとして購入!!
フォトスポット用の壁にまとめて飾ると大変華やかになると思います!
写真はほかのセットと一緒に飾っているので少し多めですが、タッセルガーランドがすごく可愛かったです。
フラワーポンポンは広げるのに少し時間はかかりますが、ボリュームがありとても目立ちました!家族からも好評で本当に勝ってよかったですー

娘の誕生日の飾り付けに購入しました。
カラーコードは本人希望で黄色と緑だったので、この組み合わせはベスト!birthdayの文字やペーパーフラワーは周りに飾り付けこちらのボンボンは上から下げて素敵なパーティルームが出来ました。ボンボンはやはり気分を盛り上げてくれますよ。

出典: https://www.amazon.co.jp/Furuix-POMLS-Series-Furuix-%E8%A... |

アイデア9:おしゃれをして祖父母との記念写真

祖父母との写真は生活の中で意外にも撮影する機会が少ないです。お祝いのときや、家族親戚が集まったときには、赤ちゃんもおしゃれをして親戚家族と一緒に写真を撮ることをおすすめします。

幼い赤ちゃんができるおしゃれと言えば、赤ちゃん用の袴があります。赤ちゃんのおしゃれ着はサイズが変わるのが早いことから購入しない人も多いですが着せやすい作りになっており、赤ちゃんのおしゃれを手伝ってくれることでしょう。

見た目もよく、作りもしっかりとしており、洗濯しても生地がボロボロになったりしませんでした。
1歳2ヶ月の平均より少し大きめ(11kg)の子供に着用させましたが、80サイズがジャストでした。
90だとみっともなかったと思います。
スタイも和装に合ったものでしたし、よだれが多いわが子には非常に助かりました。
靴下も2足もついていて、紙袋もついていたりとセットも充実してますしたのでプレゼントにも使えると思いますよ。

3か月児、体重7キロ身長64センチで80を着せてこんな感じです。大きめとの事でしたが、想像通りのサイズ感で満足です。お食い初めに、年末年始に初節句までは使えそうなのでたくさん着せたいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88%E3%8... |

アイデア10:お外で遊んで自然な笑顔

戸外での写真は、自然光でとても活き活きと写ります。赤ちゃんが外で気持ちよさそうにしている写真を撮ると、自然な表情が残ります。緑の多い公園を選んだり遊具などがあると赤ちゃんも楽しみながら写真が撮れるでしょう。

ハイハイや歩き始めの赤ちゃんは特にボール遊びが好きです。さらに、お気に入りのキャラクターのボールだと、さらに喜んで遊ぶことでしょう。喜んで遊ぶ姿が見られたら、シャッターチャンスです。

一歳~二歳くらいの赤ちゃんのお手てにちょうどくらいの大きさです。やっと歩き始めたくらいの赤ちゃんは結構ワクワクして楽しんでいるようで大変うれしく思います。ありがとうございました。

当たっても痛くないので、投げっこして遊んでいます。
大きさはリンゴくらいです。
アンパンマンの製品は子どもも大喜びです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%83%84%E3%8... |

赤ちゃんの写真撮影のポイント5つ

赤ちゃんの写真を撮るときに、撮影技術だけではよい写真は撮れません。それは、赤ちゃんが特別で特殊な存在だからです。赤ちゃんは、周りの様子や機嫌などによって調子が変わります。かわいい写真を残すためには注意しておきたいポイントが5つあります。

撮影時、落ち着いて撮るためにもポイントを意識するだけで充実した撮影時間になります。5つのポイントをご紹介します。そのポイントを抑えて素敵な写真を撮りましょう。

ポイント1:自然光で撮影

赤ちゃんに限らず、自然光で撮影することは自然な肌色や様子を撮るためにとても大切なポイントです。日の暮れた時間帯の撮影をしなければいけない場合以外は、日中の天気のよい時間に撮影することをお勧めします。撮影場所が室内であっても晴れた日の日中を選びましょう。

また、日中の方が赤ちゃんも機嫌がよいことが多く、撮影も夜よりスムーズに行えるでしょう。特に、午前中は赤ちゃんの機嫌もよくお勧めです。

ポイント2:添い寝の位置から撮影

赤ちゃんのかわいい表情の一つは、正面や上からだけではなく横になって寝ていたりうつぶせで遊んでいたりする姿です。その姿を添い寝の位置から撮影することで、赤ちゃんの自然な表情や、赤ちゃん目線からの世界が背景となり、かわいい写真が撮れます。

また、ママやパパが近くに居ることで安心していつもの表情を見せてくれます。そして、近い場所で見る赤ちゃんの表情は愛おしさやかわいさも増すことでしょう。

ポイント3:背景にこだわる

赤ちゃん自身がとてもかわいいのですが、背景の生活観が丸出しだと写真の完成度が下がってしまいます。ガーランドやプレイマット、公園に行ってみたり、背景となる場所を整理整頓することも背景をきれいに写すためにお勧めです。

また、背景をぼかしたり写真のテーマに合わせてセッティングすることもよいでしょう。テーマに沿った世界観が赤ちゃんをよりかわいく、撮った写真の全体的なまとまりを助けてくれるでしょう。

ポイント4:頭の位置を高くしてあげる

まだ寝ている状態の赤ちゃんは真上から撮ろうとすると、影ができてしまったり赤ちゃんの目線の位置が不自然になってしまうことがあります。そのため、赤ちゃんの頭の位置を少し上げたり、腰の安定してきた赤ちゃんには背中と頭を少し高くしてあげることでかわいい表情を引き出すことができます。

まだ座位が安定していなかったり首が据わっていない赤ちゃんは特に思わぬ怪我に繋がらないように安全に行いましょう。

ポイント5:音のなるもので注意を引く

赤ちゃんは、音のなるものに反応し泣き止んだり、喜んだりします。音のなるものを鳴らしてあやしてあげると笑顔を引き出しやすいです。鈴やガラガラ、笛などさまざまな音を用意するとよいでしょう。また、音と一緒に声をかけてあげても喜びます。

事前に赤ちゃんの好みのおもちゃや音を把握し、機嫌がよくなる音楽や、注目するようなおもちゃや音を準備しておくと撮影当日に落ち着いて撮影することができてよいでしょう。

赤ちゃんの写真をたくさん残そう

赤ちゃんの成長は一日一日あっという間で、翌日には全く違う表情やしぐさをしていることが多いです。過ぎ去ってから、写真を撮っておけばよかったと後悔しないようにいろいろなシチュエーションの写真を残しましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

写真の整理や、将来見返すときに赤ちゃんのころの様子が鮮明に思い出されるのでお勧めです。写真には家族の思い出が詰まります。時にはアルバムを作ったり、業者に依頼するのもよいです。

その他、赤ちゃんの成長に関する記事も確認してみましょう。

Related