Search

検索したいワードを入力してください

おすすめ収納DIY7例・DIYに便利な100均アイテム4つ

初回公開日:2018年09月06日

更新日:2019年02月22日

記載されている内容は2018年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

DIYで収納スペースを作りたい。でもDIYに自信がない、という方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、この記事では初心者でも簡単にできるDIYの方法や道具の使い方、収納スペースの作り方、確保の仕方などを紹介します。

おすすめ収納DIY7例・DIYに便利な100均アイテム4つ

DIYで簡単にできる収納の種類

収納スペースに困った時はDIYで収納場所を作りませんか。DIY初心者でも簡単に収納できる物は作れます。棚やラックなど100円ショップでも手に入るアイテムを使えば、誰でも簡単DIYができます。

ではDIYで作れる収納とはどんなものでしょうか。例えば棚やラックなどをデッドスペースにちょうど良いサイズに作ってみたり、アレンジ次第ではおしゃれな収納も作ることができるでしょう。では収納の種類を3つ紹介します。

種類1:棚

DIYを初めてするには棚作りがおすすめです。収納棚はDIYの基礎が組み込まれているので棚を作ることによってDIYが学べます。基本の収納棚が上手に作れるようになれば、アレンジ次第でおしゃれな収納棚を作ることもできるようになるでしょう。

棚作りがうまくいくとDIYも楽しくなってくるので、まず棚作りから始めましょう。収納棚を作る材料は全て100円ショップで揃います。まずは使える材料を探しましょう。

種類2:かご

かごは100円ショップで揃えましょう。DIYでかごを使用するときは、100円ショップでかごを探すと便利です。今では種類もサイズも豊富にあるので、収めたい場所に合わせたかご選びができます。

100円ショップの「すのこ」と「かご」を使った収納棚や、ワイヤーラックで手作りかごを作るなど、収納アイデアはいろいろあります。100円ショップ以外でも、インテリアに合わせたかごを選べばおしゃれになるでしょう。

種類3:ラック

100円ショップのすのこでラック作りをしてみましょう。 すでに売っているラックを使った収納も良いのですがサイズが合わなかったり、色味が合わなかったりという問題もあるでしょう。

棚作りができるようになれば、すのこで簡単に隙間ラックを作ることができるようになります。DIY初心者でも簡単にできるのでチャレンジしてみましょう。下記サイトでラック作りを紹介しています。参考にしてください。

部屋別のおすすめ収納DIY

お部屋に合わせた収納スペースをDIYで作りましょう。リビングやキッチン、お風呂場や寝室など収納するものや場所は違います。

キッチンならシンク下に合わせた収納を、寝室ならベッドの下やクローゼットの収納を考えなければいけません。ではお部屋に合わせた収納とはどうすればいいのか、どのようにDIYすればいいのかを紹介します。

部屋1:リビング

リビングにカラーボックスを使って、おしゃれな収納を作りましょう。DIY初心者は一から棚を作ったり、壁面収納を作るのはとても大変です。カラーボックスはホームセンターで簡単に手に入り、初心者には扱いやすいアイテムです。

カラーボックスを何個か組み合わせてテレビ台を作ったり、壁面収納を作ったりとアイディアもたくさんあります。色も豊富にあるのでインテリアに合わせたDIYをしましょう。

部屋2:子供部屋

子供部屋の収納は片付けが楽しくなるように、子供目線の収納をDIYで作りましょう。 子供部屋は散らかりやすいのでいつも時間をとられてしまいます。子供が自発的に部屋を片付けたいと思えるような収納をDIYしてみましょう。

小さなお子様ならお子さまの目線に沿った収納をDIYすることによって、自発的に楽しくお片付けができるようになります。お子さまに合わせた収納を作り、散らかりにくい部屋を作りましょう。

部屋3:キッチン

収納が足りないキッチンは棚をDIYで作りましょう。キッチンは食器や調味料や細かいものを収納するために収納スペースを多く確保したいです。シンク下に全て収納できればいいですが、実際は収納しきれない方の方が多いのではないでしょうか。

キッチンの収納にはラックや棚を作ってスペースを確保しましょう。キッチンはちょっとした隙間が多いので、隙間ラックを作りらシンクのデッドスペースに棚を作れば収納スペースが増えます。

部屋4:トイレ

DIYで機能的かつおしゃれなトイレの収納をしてみましょう。トイレは小さく狭く限られたスペースしかないので収納も難しいです。トイレはデッドスペースも多い場所なので、うまくスペースを使って収納場所を確保しましょう。

例えば、突っ張り棒棚をDIYしてみたり、100円ショップのアイテムを使って小さな棚を作ってみたり、スペースを有効活用してインテリアを意識した収納場所を作ってみましょう。

部屋5:風呂場

お風呂場の収納は、カビ対策や細かいものを衛生面を気にかけた収納をDIYしましょう。 見た目もオシャレにこだわりたいならシャンプーやリンスの容器は市販で売られているものから、シンプルなモノトーンの容器に変えるなどして統一感を持たせましょう。

お風呂場では木のアイテムは使えません。かごやプラスチック製のラックなどをうまく取り入れ、突っ張り棒などで引っ掛ける収納をDIYしましょう。

部屋6:寝室

寝室は最もプライベートな空間です。プライベートなスペースだからこそすぐに散らかってしまうのではないでしょうか。寝室では計画的に収納を心掛けていきましょう。

寝室では押入れやクローゼットがある家が多いです。だからこそ、そこに大きな荷物が集中しがちです。荷物が溢れ出さないためにも収納する空間をきっちり分け、足りない部分はDIYで棚などを作り、収納スペースを確保しましょう。

部屋7:玄関

手狭な玄関でもDIYで棚を作ると、散らかりがちな靴もまとめて収納できます。玄関は家の顔です。だからこそ、散らかりっぱなしの靴や物を溢れさせておくわけにはいきません。

靴や傘を収納するスペースはもちろん必要ですが、もしスペースに余裕があるなら、子供のおもちゃや趣味の道具の収納場所も確保しましょう。手狭な玄関の場合はデッドスペースをうまく活用して、突っ張り棒などを使った収納スペースをDIYしましょう。

傷をつけないDIYにおすすめのアイテムはこちら

壁面収納におすすめのアイテムです。 賃貸物件では壁に穴を開けたり傷をつけたりすることができません。なので棚作りもなかなか難しいです。

このディアウォールは突っ張り棒のようなものなので、壁に穴を開けたり傷をつけたりすることもなく柱を立てることができます。2本立てて間に板を貼れば棚が完成します。カットも無料でご自宅のサイズに合わせた注文ができます。

収納DIYに使える便利な100均アイテム

DIYに必要なアイテムは100円ショップでだいたい揃います。超本格的なDIYをするとなればホームセンターなどで取り揃えなければいけませんが、小さな棚を作ったりちょっとした収納スペースを確保するだけなら、100円ショップのアイテムで十分DIYが可能です。

特にDIY初心者の方はまず100円ショップで手に入る道具でものづくりをされてから、本格的なものに手を出した方がいいでしょう。

アイテム1:すのこ

すのこはDIYで最も使われるアイテムのひとつです。すのこを使った棚作りや箱作りなどDIYでは、最もアイデアが豊富にあるアイテムです。すのこはどの100円ショップでも扱われています。

サイズも縦に長いものから正方形のもの、横に長いものや小さいものまでいろいろな形があるので、作りたいものに合わせたすのこ選んで、棚作りをしてみましょう。カラーバリエーションがないのでペイント剤の同時購入がおすすめです。

アイテム2:突っ張り棒

突っ張り棒はデッドスペースをうまく有効活用できるアイテムです。賃貸など壁に傷をつけたくない方は突っ張り棒うまく使えば収納スペースを確保できます。

例えば洗濯機や洗面所の上の狭いデッドスペースに突っ張り棒を2本平行に置き、間にカゴを挟み結束バンドで固定すればかご収納ができます。これなら釘やネジ接着剤も使わないのでDIY初心者にはおすすめです。

アイテム3:マグネット

マグネットを使った収納はちょっとした空きスペースで役立ちます。マグネットを使えばおしゃれな見せる収納も可能なので上手く取り入れたいです。

例えば100円ショップで売られている蓋付きの缶などにスパイスを入れ、裏にマグネットをはり付けてラベリングをして、冷蔵庫などに貼っておくだけでも見せる収納でおしゃれです。細かいものを収納するマグネットボードを作ってもいいでしょう。

アイテム4:グルーガン

グルーガンはスティック状の樹脂を熱で溶かして接着する道具です。熱が冷めれば溶けた樹脂が固まりきれいに接着することができるので、短時間の作業に向いています。

DIYをする方なら、このグルーガンを持っている方も多いでしょう。本格的にDIYをする方には少し物足りない感じですが、ハンドメイドなら十分使用可能です。溶かした樹脂はかなり熱いのでやけどに注意して使用するようにしましょう。

安くおしゃれに便利な収納をDIYしよう!

100円ショップのアイテムを使って気軽にDIYでおしゃれな収納を作ってみましょう。 DIY は本格的にやるならそれなりの道具を必要としますが、ハンドメイドのDIYなら100円ショップでほとんど揃えることができます。

DIYの収納術はいろんな方がアイデアを出しているのでみんなのアイデアを参考に、まずは作ってみましょう。

アイテム別の専用収納も作ってみよう

DIYに慣れてきたらアイテム別の収納も作ってみましょう。DIYに慣れてきたらどういったものを収納するのか考えるのも楽しくなってきます。

アクセサリーの収納ケースや化粧台などをDIYで作成するアイディアもあります。 自分だけのオリジナルな収納をDIYで作成してみましょう。

Related