Search

検索したいワードを入力してください

100均「カッティングシート」の種類13選|メリット3つ

初回公開日:2019年01月21日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2019年01月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

カッティングシートという、リフォームやリメイクに便利なアイテムがあります。カッティングシートは登録商標ですが、類似の製品を100均で手に入れることもできます。本記事では、カッティングシートの特徴や使い方、100均製品のラインナップなどをご紹介します。

100均「カッティングシート」の種類13選|メリット3つ

カッティングシートとは

「カッティングシート」とは、粘着剤が付いた塩ビフィルムシートのことです。

一般名称としては「マーキングフィルム」と呼びますが、株式会社中川ケミカルの製品以外のマーキングフィルムも「カッティングシート」と呼んでいる人も多く見受けられます。

株式会社中川ケミカル以外の製品は、「リメイクシート」などの名称で販売されています。

簡単に部屋をおしゃれにできる

もともとマーキングフィルムという製品は、ガラス装飾に使うものでしたが、カッティングシートと認識されているマーキングフィルムは、壁や家具、雑貨に貼ってリメイクを楽しむことができます。

リメイクシートとしても販売されているカッティングシートは、素人でも簡単なリフォームができてしまう、便利なアイテムとしてDIY好きの間で人気があります。

100均で買える

カッティングシートの類似品は、100均でも購入可能です。見た目のチープ感は否めませんが、工夫次第ではそのチープ感も補うことができます。

100均のカッティングシート類似品は「リメイクシート」として販売されており、さまざまな色柄の商品がラインナップされています。

ちょっとした小物のリメイク用にも、部屋のイメージ変更のためのリフォームアイテムとしても利用できます。まずは100均ショップをのぞいてみましょう。

100均「ダイソー」のカッティングシートの種類

100均ショップのダイソーでは、カッティングシートと同類の機能の商品を「リメイクシート」という商品名で、10種類以上発売しています。

100均ショップでは、商品の入れ替えが激しいので、色々なカッティングシートを試してみたい人は、まめに足を運んでチェックしましょう。

サイズは小さめのサイズ(約30cm×80cm)と大きめのサイズ(約45cm×90cm)があります。

1:レンガ柄

100均ショップダイソーのカッティングシート同類品では、レンガ柄を3種用意しています。サイズは小さめのみの展開です。

・レンガ柄・ダーク
濃いめのカラーで、遠くから見てもレンガ柄だとハッキリとわかります。

・レンガ柄・アイボリー
淡い色合いのレンガ柄です。明るい色合いなので、ナチュラルインテリアと合います。

・レンガ柄・ライト
赤みがかった定番デザインのレンガ柄です。

2:ポイント・レンガ柄

ポイント・レンガ柄とは、白壁とレンガを組み合わせたデザインです。白壁にまだらにレンガが組まれたようなデザインになっています。

レンガの絵柄が途中で切れているので、横に複数枚使用するような場合は、絵の組み合わせ方が少し難しいでしょう。あまり広範囲ではない場所に向いています。

ポイント・レンガ柄のサイズ展開は小さめのみです。

3:コンクリート柄

100均ショップダイソーのカッティングシート類似品である「リメイクシート」のコンクリートデザインは、灰色一辺倒ではなくタイルイメージの細かい格子の組み合わせデザインです。

100均のカッティングシートは、チープな見た目の絵柄も多いものの、ダイソーのコンクリート柄は、陰影がキレイで、遠くから見るとカッティングシートには見えにくいクオリティです。

コンクリート柄のサイズ展開は、小さめのみです。

4:大理石柄

100均ショップダイソーの大理石柄リメイクシート(カッティングシート)は、小さめサイズ展開です。

大理石柄のリメイクシートは光沢感がありますが、模様が複雑で、2枚並べて使う場合は柄合わせが難解です。

・大理石柄・ブラック
黒色がベースなので、広い範囲に使うと重たい印象になります。ポイント使いがおすすめです。

・大理石柄・ホワイト
白をベースとしているので、広い範囲に使っても圧迫感がありません。

5:レザー調

レザー調のリメイクシート(カッティングシート)はブラックが販売されています。モノトーンのインテリアを作りたい場合におすすめです。サイズは小さめのみの展開です。

レザー調は、2枚以上並べて使う場合も柄合わせの必要がありません。広範囲に使用する場合も難しくありませんが、全体的に重いイメージになりすぎないよう注意が必要です。

遠目にはあまりレザー感はなく、近くで見るとレザー調であることがわかるデザインです。

6:板壁風

板壁風のリメイクシート(カッティングシート)は、大きめのサイズのみ展開されています。

100均のカッティングシートで人気が高いのは木目デザインで、その木目デザインの中でも特に人気が高いのが、板壁風のリメイクシート(カッティングシート)です。

ナチュラルウッドとシャビーシック ホワイト・ブルー・ブラウンの4種類の展開があります。インテリアなどに合わせて、色を選びましょう。

7:木目アンティーク

板壁風のシャビーシックよりも、アンティークな雰囲気のリフォームを考えている場合は、木目アンティークのリメイクシート(カッティングシート)を使ってみましょう。

色味のベースは茶色ですが、黒の割合が多いので、全体的にシックな印象の仕上がりを期待できます。横向きにも、縦向きに使用できます。サイズ展開は大きめのみです。

8:組気風木目柄

100均ショップダイソーのリメイクシート(カッティングシート)の中でも、木目の向きがはっきりと分かれている組木風木目柄は、インテリアのアクセントに使うことができます。サイズ展開は大きめのみです。

9:大理石

Related