Search

検索したいワードを入力してください

スマホスタンドを自作して楽しめるDIY例15選をご紹介

初回公開日:2018年10月02日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年10月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

スマホスタンドは、100均で材料を購入できる物や、自宅にあるものにひと手間を加えるだけで簡単に自作のスマホスタンドができます。また、スマホスタンドは、作るだけでなく家庭にある物の使い方を工夫するだけでも、即席のスマホスタンドに早変わりします。

スマホスタンドを自作して楽しめるDIY例15選をご紹介

スマホスタンドを自分で作ろう

スマホスタンドを自作して楽しめるDIY例15選をご紹介
※画像はイメージです

動画の視聴やサイトの閲覧のように、日常生活において欠かすことができないスマートフォンを長時間持ち続けると手が疲れてしまいます。

そこで、使用する材料やデザインに加え、機能性にもこだわった自作のスマホスタンドをDIYしてみませんか。

おしゃれなスマホスタンドの自作10選

スマホスタンドを自作して楽しめるDIY例15選をご紹介
※画像はイメージです

動画やサイトなどを長時間視聴するときに便利なスマホスタンドを安価な材料で自作できることをご存じでしたか。

自作のスマホスタンドには、DIYで使用する専用の工具は一切使わず、また、自宅にある材料だけでお手軽かつおしゃれなスマホスタンドが作れます。

DIY1:カッティングボード

100均で手に入るおろし金型の「カッティングボード」に合わせて、インテリアウォールを切断・接着するだけでの簡単作業です。

まず、スマホスタンドを支える支柱を裏側に張り付けるため、100均などで手に入る木材の片側を斜めに切り、切断した部分とボードの裏側を木工用ボンドで固定します。

次に、スマホを設置するインテリアウォールをボードに合わせて切断・充電線用の穴を開けたら、ボードに接着させて完成です。

DIY2:メッセージボード

メッセージボードにカットした木材を張り合わせてスタンド部分を作れば、見栄えも良い自作のスマホスタンドが完成します。

木材をカットしてスタンドを作るとき、スマートフォンが入る幅に合わせてサイズを決める工程が難しいですが、充電線が通るスペースを開けて張り付けることができるため、穴を開けるための道具を使わずに作れます。

DIY3:フォトスタンド

スタンドを支える部分が付いているフォトスタンドの表に、スマートフォンを設置するスタンドを付けるだけで、安定感抜群の自作スマホスタンドができあがります。

スタンドは、必要な長さに切るだけのインテリアウォールをそろえれば一瞬で完成です。また、大きいサイズのフォトスタンドで作れば、自作のタブレットスタンドに応用できたり、一つのスタンドに複数台のスマホを設置できます。

DIY4:木の板

長方形の木の板の片側にスマートフォンが挟める切り込みを入れ、仕上げにやすりをかけ、色付けして完成です。

立て向きにスマートフォンを設置する場合には、切り込みを入れて作った木の板でスマホの両側を挟むように立てかけ、横向きの場合には、片側に引っ掛けて使用します。作業工程が簡単なので、さまざまなデザインのものを自作してみてはいかがでしょうか。

DIY5:針金

針金をくねくねと曲げて作るシンプルなデザインが特徴のスマホスタンドは、針金一本で、ト音記号やハートのように、さまざまな形の装飾も自作できるおしゃれなスタンドです。

針金でスマホスタンドを作る場合、使用する針金はスマートフォンが立てかけられるくらいの太い針金を使用することが望ましいです。

DIY6:レゴブロック

子供の頃、一度は手に取って遊んだことのあるレゴブロックでもスマホスタンドが作れます。レゴブロックであれば、スマホスタンドの脇にペン立てなどの小物を収納する場所を加えられるなど、欲しい機能を自作できるというメリットがあります。

自分好みのデザインにブロックを組み立てられ、ペンキ塗りの手間がないことがメリットです。

DIY7:アイロンビーズ

土台となる部分に穴を開けて、スタンド部分には差し込み用の突起を作り、最後に組み立てれば一瞬で完成します。

アイロンビーズで自作のスマホスタンドを作るメリットは、レゴブロックやペンキで描くことが難しいキャラクターや自分の名前などを簡単にデザインしやすいこと、カラーバリエーションが豊富なのでオリジナルのスマホスタンドが作りやすいことです。

DIY8:トイレットペーパーの芯

Related