Search

検索したいワードを入力してください

デニムのリメイクアイデア12選|デニムを簡単リメイク!

初回公開日:2018年11月28日

更新日:2018年11月28日

記載されている内容は2018年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

いらないデニムを何かにリメイクできないかと考えることはありませんか。どのようなリメイクをすれば個性的に、格好良い物にできるか知りたい人のために、素敵にデニムをリメイクできるアイデアを12選ご紹介します。また、リメイクにあると便利なアイテムもお伝えしましょう。

デニムのリメイクアイデア12選|デニムを簡単リメイク!

デニムのリメイク方法

着なくなったデニムパンツやジャケットを気軽に自分の好きなものにリメイクして、便利なアイテムにすることができます。

リメイクする方法は意外と簡単で、針を使わない、手で縫う、ミシンを使ってリメイクするなど、家で楽しく作り、使えるアイテムにできるでしょう。

今回は、デニムをどのようにして作ればいいか、簡単にできる方法からしっかり縫える方法などを3つご紹介します。

針を使わない

デニムを簡単にリメイクするなら、針を使わない方法がおすすめです。針と糸を揃えなくても、布専用の接着剤を糸代わりにして、布と布を貼り合わせてみましょう。

気軽にティッシュボックスやスマホケース、袋などを作ることができます。デニムにはデニム専用の強力な接着剤を選ぶことで、しっかりと布を貼り合わせられます。

手縫い

デニムを手縫いで縫い合わせることができます。接着剤よりもしっかりと布と布を合わせられる手縫いなら、ティッシュボックスや鍋式、小さめの巾着などを作る時におすすめのリメイク方法です。

頻繁に使うから破けやすい財布やスマホケースは手縫いの方がしっかり縫えます。手縫いをすることで愛着を持てますから、大事に使うようになるでしょう。

ミシン

ミシンを使えば、大きなサイズでも早くデニムをリメイクすることができます。トートバックやリュックサック、楽器カバーなどにリメイクしたい時は、ミシンで縫えばより早く作ることができるようになります。

二重に三重に縫うことで、より丈夫なトートバックとなりますし、チャックもしっかり付けられるでしょう。

ミシンであれば厚みを持たせたい底をしっかり縫えますし、折り返しをして、より角を丈夫に縫うことができます。

デニムのリメイクアイデア12選

穿かなくなったデニムを上手くリメイクしてみたいと感じた時、どのような物にリメイクすればいいのかと悩むでしょう。リメイクして良かったと感じるお洒落なアイデアを12選ご紹介します。

1:ブルーデニム椅子の座面

ブルーのデニムを使い、椅子の座面をリメイクしてみましょう。背もたれ付きの椅子の座面の上から被せて、裏側に専用の留め具で留めてみてください。

四角の椅子や丸い椅子など、色々な形状の椅子の座面をリメイクしてみて、キッチンや寝室などにさりげなく置くだけでも部屋が一段とお洒落になります。ダメージ具合を見て、素敵に座面をアレンジしてみてください。

2:黒デニムエプロン

黒デニムをエプロンにリメイクしてみましょう。黒デニムパンツを1本丸ごと使うエプロンは、パンツのお尻部分を腰から下までの長さに切ります。

胸元部分にはパンツの左か右の前部分を使い、先ほどカットした布の腰部分に縫い付けて、素敵なレトロシックな黒エプロンにリメイクをしてみてください。

首に掛けるネック部分には、太ももの裏部分を使い、紐状に作ります。または、太い紐をネック部分にするのもお洒落でしょう。

3:ベレー帽

帽子が欲しい人は、ブルージーンズをリメイクして、ベレー帽にしてみましょう。自分の頭のサイズを測り、帽子のサイズを決めてみてください。少し余裕を持たせて、頭の周りのサイズを測ることがポイントです。

明るめのデニムを少し細長く三角形に5枚ほどカットして、丸みをもたせながら左右の側面を縫い合わせます。

1枚だけは違う柄付き布を使えば、よりお洒落なベレー帽にできる色落ち部分を取り入れて、個性的にしてください。

4:リース

クリスマスにおすすめにデニムのリメイクアイデアは、少し色が褪せたデニムを使うことがポイントで、幾つも切った四角い布を無造作にクルクルと巻くだけと簡単にできます。

巻いた布を接着剤で貼り合わせていき、リースの形にしていけばいいのも魅力的なデニムのリメイクとなるでしょう。

ジーンズのバックに付いているタグをリースに紐で結んで素敵なアクセントを付けるのもポイントなります。

5:スマホケース

スマホをしっかりしたケースに入れて持ち歩きたい人にピッタリなデニムリメイクアイデアはスマホケースです。

スマホをスッポリとケースの中に入れて、フックで落ちないように留めるアイデアは賢く、安心してケースにスマホを入れられるでしょう。

ダメージをあえて表に出し、デニムの風合いを楽しめるケースをより一層格好良く仕上げるにはレトロ感のあるタグを数枚付けてみることがポイントです。

6:クシュクシュ

髪の毛をポニーテールにしたり、三つ編みなど、束ねることが好きな人におすすめのデニムのリメイクアイデアはクシュクシュです。

明るめのブルーや水色などのデニムを幾つか使い、交互に縫い合わせてみたり、1色のみ、他の切れ端と縫い合わせたりとデザインしてみてください。

デニムのダメージ部分を使ったり、ポケットや縫い代部分をあえて見せてみるのも面白いクシュクシュができます。

7:ボア付きスリッパ

足元が冷える冬におすすめのデニムリメイクは、ボア付きスリッパです。黒デニムのお尻部分のベルトを通す部分を前に出したお洒落なスリッパは、タグを見せるアクセントがワンランク上のお洒落テクとなるでしょう。

片方のスリッパはパンツのチャック部分を中心にして、左右のデザインを変えてみてください。ボアはベージュでもいいですし、白でも黒でも自分の好きな色をプラスすればより楽しく履けるスリッパになります。

8:シックなツギハギトートバッグ

黒デニムや明るめのグレーデニム、青デニムを使ったツギハギトートバッグは色々な物を入れて、気軽に持てるアイテムとなるでしょう。

底面と側面に厚みをもたせ、黒デニムに青デニムを縫い合わせてから表側に明るいグレーデニムを縫います。ダメージのポケットを表側に接着剤で貼り、モード系のタグを付ければ、シックなトートバッグになるでしょう。

9:デニムパッチワークラグ

4色以上のデニムをリメイクして、パッチワークのように繋ぎ合わせて大きなラグを作ってみましょう。

黒デニムやネイビーデニムを好きな大きさに切り、縫い合わせます。その上に明るめの水色デニムやダメージなど、個性あるデニムを好きなサイズに切り、接着剤で張り合わせれば、より個性的なリメイクしたラグにできます。

パンツのポケット部分やタグ、色褪せた部分の貼る場所を自分なりに考えるのも、楽しいラグになります。

10:三色使いのバッグとフリルバッグ

個性的なトートバッグにしたい人のデニムリメイクでおすすめは、3色使いのグラデーションデニムを使った少し大きめのトートバッグとフリル付きのバッグです。

ネイビーとブルー、水色の3色デニムを合わせたバッグはフリンジを付けたり、ショルダー部分を付けてみましょう。

もう1つのバッグは大きめのフリルを段にして付けて、可愛さをアップしたバッグにリメイクしてみてください。

11:クッションカバー

クッションカバーにデニムをリメイクしてソファやベッドに飾り、部屋にリビングをパッと明るくしてみましょう。ネイビーや水色、ベージュ、ダメージなどのデニムを切り、縫い合わせてクッションを作ってみてください。

インパクトのある色や柄の布で個性を出すのもお洒落にできますし、ダメージジーンズのチャック部分を表側にするのもユニークなカバーにできます。

12:黒デニム大きめがま口ショルダーバッグ

可愛さ溢れる取り出しやすいバッグがほしい人は、黒デニム大きめがま口ショルダーバッグにリメイクしてみてください。

黒デニムをがま口の形に合わせて切り、がま口部分を取り付けます。表面にはパンツのチャックとボタン部分からウエスト部分を切り、斜めに貼り付けてみれば、粋で個性溢れるショルダーバッグになるでしょう。

より格好いいアクセントを付けるなら、英文字がある布切れなど表側に貼るのもお洒落リメイクテクです。

デニムをリメイクしたいあなたにおすすめはこちら

デニムを上手くリメイクしたいと考えたけど、初めてでなかなかリメイクできずに悩む人は多いのではないでしょうか。悩むあなたのために、デニムのリメイク方法に便利なアイテムをご紹介します。

ジーンズのかんたんリメイク

やるなら人よりも個性的なアイデアがほしい、ワンランク上のお洒落なリメイクがしたいと考えるでしょう。

デニムをリメイクするにはどのようなアイデアがあるのか知りたいあなたにおすすめのアイテムは「ジーンズのかんたんリメイク」です。

色々なデザインのバッグの作り方からベスト、コサージュ、エプロン、ぬいぐるみなど、作ってみたくなる好奇心をくすぐるアイデアが満載です。

リメイクにあると便利なアイテム

接着剤やはぎれ、飾りなど、リメイクにあると便利なアイテムがあります。より気軽に、お洒落で個性的なデニムリメイクアイテムを3つご紹介しますので、参考にしてみてください。

接着剤

手縫いで厚いデニムを縫う代わりに、ただ布に塗れば簡単にデニムを貼り合わせることができる布用の接着剤を使うといいでしょう。

接着剤を選ぶポイントは、厚地も貼り合わせることが可能で、洗濯しても大丈夫な強力ボンドです。アイロンで熱を加えればよりしっかりデニムを貼ることができるタイプもおすすめです。

はぎれ

もっと個性的なデザインのデニムリメイクにしたいなら、はぎれを使ってみましょう。パンツのダメージがかった部分のはぎれを自分の好きな形にカットして貼り付けたり、お洒落な柄や色のはぎれを貼ってみるのもお洒落にキマります。

飾り

細い紐や革でフリンジを作り、デニムのリメイクしたアイテムに飾りとして付けてみましょう。ボタンを付けたり、色々な色のデニムをいっぱい付けて飾りにしてみてください。

他にもパンツに付いていたタグをキーホルダーのようにして飾ったり、パンツのボタンやチャックを飾りとして付けてみるのもいい方法です。

デニムをおしゃれにリメイクしよう

使い古したデニムをおしゃれにリメイクして、楽しい毎日にしてみましょう。もう穿けないとデニムを捨ててしまうのではなく、再利用することで、また新しいデニムのアイテムとして使うことができます。

モダンなタグを付けて、レトロなイメージにしてみるとか、フリルを付けて可愛くしてみるなど、アレンジしてみてください。まずは簡単にできる接着剤を使い、小さなデニムのリメイクにチャレンジしてみるといいでしょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう

素敵なデニムのリメイクアイデアに関連する ジーパンの洗濯機の洗濯方法などの情報もチェックしてみましょう。色々な情報を集めることでより個性的で使い易い便利なアイテムをつくることができるようになります。

Related