Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

ハンディ掃除機おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

ちょっとした掃除や車の掃除に便利なハンディ掃除機。最近では国内外さまざまなメーカーからたくさんのハンディ掃除機が発売されていて、購入時に悩む方も多いでしょう。この記事ではハンディ掃除機の選び方人気ランキング、特徴別おすすめ機種についてご紹介していきます。

ハンディ掃除機おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

ハンディ掃除機の選び方

日常生活の中で、食べこぼしなどで気軽に掃除機を使いたい時、階段や車の中など普通の掃除機では掃除がしづらい場所を掃除したい時に、ハンディ掃除機が便利です。

最近では国内外さまざまなメーカーからたくさんの機種が発売されていて、購入時に悩む方も多いでしょう。この記事では、ハンディ掃除機の選び方、人気ランキングトップ10、特徴別おすすめ商品、ご紹介します。

ハンディ掃除機とは?

「ハンディ掃除機」または「ハンディクリーナー」と呼ばれ、スティック型や2way型、コード式や充電式、紙パック式やサイクロン式などさまざまな形や特徴の機種があります。

機能、性能で選ぶ

たくさんの機種の中から決めるのは大変な作業です。まずはハンディ掃除機を選ぶ時に知っておきたいポイントをご紹介します。

吸引力

機種によって吸引仕事率、吸い込み仕事率などの表記があります。どれくらいゴミを吸い込むかの目安になります。

電源

コード式や、充電式のコードレス、電池式のものがあります。充電式のものは充電時間と稼働時間が重要です。

形状

スティック型、ハンディ型、どちらも使える2wayタイプなどがあります。

集塵方式

サイクロン型、紙パック式、カプセル型などがあります。

お手入れ方法

水洗い可、分解可、紙パックを交換するだけなどがあります。

吸引力の表記に注意

吸引力は吸引仕事率または吸込仕事率という表記でW(ワット)の単位で記されることが多いです。

しかし、消費電力を表す単位もWと表記でき、見分ける事はできません。その為、高い消費電力を吸引仕事率と誤認させる悪質な商品も存在します。消費電力が高ければ吸引仕事率が高いわけではありませんので、メーカーのホームページなどでしっかり確認してから購入することが大切です。

使うシーンを想定して選ぶ

性能や機能ももちろん大切ですが、自分がハンディ掃除機を使用するシーンを想定して選ぶことも大切です。たとえ素晴らしい機能が付いていても、自分が求める機能でなければ使いづらくて、使わなくなってしまう事も考えられます。

車の掃除に使うのでコンパクトで車の電源が使えるもの、階段や廊下の掃除用にしたいのでコードレスで軽いもの、主に使用する人は女性なので軽いもの、リビングに立てかけて置いて使いたいので、見た目がおしゃれで自立するものなど、自分の優先するポイントを選びましょう。

口コミを参考にする

口コミは買ってよかった点や、使ってみたら不便だった、壊れやすかったなど、実際に購入した人の意見が聞けるので大変参考になります。気になる商品の口コミはチェックしてみると良いでしょう。

ハンディ掃除機のおすすめ人気ランキングTOP10

10位 ツインバード ハンディージェットサイクロンEX HC-EB51GY

第10位はツインバード社の【ハンディージェットサイクロンEX HC-EB51GY】です。
「とにかくよく吸うハンディクリーナーを作りたい」コンセプトで開発されたハンディ掃除機です。コード式のサイクロンなので吸引力は強力と評価も非常に高いです。Amazonで5,000円ほどで購入できるので、安さと吸引力のコストパフォーマンスで選ぶなら最適な一台と言えます。

ただし、重量1.9㎏と同タイプのハンディ掃除機の中では重たく、コード式なので使用場所、用途が限定されてしまうため第10位としました。

デザインも吸引力も気に入りました。
コードレスとずっと悩んでましたがたまにちょこっと部屋を掃除するぶんにはやはりこっちの方がいいと思いました。
音がうるさい、重いという評価もありましたが自分は全然気にならずに満足です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%8... |

第9位 三菱電機 iNSTICK(インスティック) HC-VXG30P-N

第9位は三菱電機iNSTICK(インスティック)です。
こちらの特徴はスタンドに空気清浄機が搭載されています。
収納したときのデザインがとても美しく、掃除機を常に出しておきたい人には大変おすすめです。

バッテリーは最大30分の連続運転が可能で吸引力もあり、ヘッドは自走式とハンディ掃除機としての性能は充実しています。

しかし空気清浄機としての性能は普通の空気清浄機に比べるとやはり若干劣るようですので、
すでに空気清浄機を持っている、空気清浄機能が不要な方にはもう少し価格を抑えたほかの機種で代用が可能であるとして第9位としました。

スタイリッシュなので、リビングに置いていても、掃除機とは誰も思いません。まず、このアイデアとフォルムに感動です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E9%9B%BB%E6%A... |

第8位 Electrolux エルゴラピード・リチウム ベッド・プロ・パワー ZB3233B

第8位はエレクトロラックスのエルゴラピード・リチウム ベッド・プロ・パワーです。
「スティッククリーナー」「ハンディクリーナー」「布団クリーナー」の3wayタイプで、
足元のスイッチでヘッドに絡みついた髪の毛を切断してくれる「ブラシロールクリーン」など便利な機能が多数備わっています。

充電時間は4時間で、通常モード45分、最大モード15分の連続運転が可能です。
吸引力は非常に高く、付属のノズルの種類も豊富なので場所、用途を選ばずに活躍できる一台です。

エレクトロラックスらしいデザイン性の高さと、自立が可能なので部屋に置いていつでも使用することができます。
しかし、ごみ捨ての手順が多く、お手入れ時にゴミがこぼれやすいという点で8位となりました。

ヘッドに絡まる髪の毛を、カッターでバリバリ切って吸い込めるところが良い。
コードが無いので、気楽に掃除機出す回数が増えます。
狭い所には潜れないけど、満足してます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%8... |

第7位 シャープ RACTIVE Air EC-A1R

第7位はシャープのFREEDです。
自走式ヘッドのパワーアシスト機能「e-ドライブ」と高速吸気風で床の微細なゴミを強力に吸い取る「高圧吸引ノズル」により、強力な吸引力です。

他にも、重心が高いスティック型ハンディ掃除機には珍しい自立式で収納も便利、バッテリーが2個付属しているので交互に充電して使用することで最長60分の長時間使用が可能とハンディ掃除機としての使い勝手は抜群です。
しかし口コミによると初期不良が目立つので第7位となりました。

軽くて使いやすいです。掃除の途中で充電が切れて使えなくなるとイラっとしてしまいますが、バッテリーが2個あるのでその心配もなし。充電時間も短い。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%8... |

第6位 シャープ RACTIVE Air EC-A1R

第6位はシャープのRACTIVE Airです。
同価格帯のサイクロン式ハンディ掃除機の重量が2.5㎏に対し、このラクティブエアーはヘッドを含めても1.5kgという軽さで強力な吸引力です。さらにブラシの回転する力で進む自走ヘッドで操作性と機動性はトップクラスと言えます。

スティック掃除機とハンディ掃除機の2wayタイプで使う場所も選びません。充電時間80分で標準モード30分の稼働が可能と、バッテリーの持ちもよいです。
しかし、高圧で吸引するためにパイプが大変細く、大きめのゴミなどは詰まりやすい点、フックはついているものの若干収納しづらいという意見もありましたので6位としています。

1.5kgしかないので片手でもスイスイ取り回すことができるので階段が楽。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%8... |

第5位 パナソニック イット MC-SBU510J

第5位はパナソニックのイットです。

サイクロン式は大きくて横幅のあるデザインの機種が多いですが、
このイットは本体幅7.2㎝と他にはないすっきりとしたデザイン性の高さが特徴です。
しかし決してデザイン先行ではなく吸引力も高くバッテリーの持ちも良く、便利な機能が充実しています。

中でも、手首をひねるだけでノズルがT字型からI字型に変形する「くるっとパワーノズル」、ノズル前面のシャッターが壁に当たると開き、ノズルローラーで壁際のゴミもかき出して吸いとる「ガバとり構造」の二つの機能は、気密性が高く壁際にゴミが溜まりやすい日本の住宅に合った一台といえます。

収納時は充電台に固定する「壁掛け充電」と、プラグを直接本体に差し込む「立てかけ充電」に対応しており場所を取りません。
しかしハンディ掃除機の形態で使用したときに本体が長く、車の中など狭い場所での使用には向かないため、第5位となりました。

素晴らしいね。軽いし、壁際にゴミが残らない
価格以上の価値です

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%8... |

第4位 充電式クリーナーCL181FD

第4位はマキタの充電式クリーナーCL181FDです。

こちらのCL181FDは強力な18Vのリチウムイオンバッテリー搭載です。
特にマキタのリチウムイオンバッテリーは性能が高く急速充電や継ぎ足し充電にも対応しており、他の電気工具類と電池の共用が可能なので、建築の現場やDIYをする人たちの中では高い人気を誇っています。

またCL181FDは高機能フィルタが付属しておりゴミの捕集率も下位機種よりも協力になっています。ヘッドや機能面など総合的に見てかなりシンプルな機種です。
スタンドが付属していないので収納にやや不便な点、他の機種に比べると機能が少ない点で第4位となりました。

バッテリーをお持ちの方には10000円以下で買えるこの掃除機以外の選択肢はないでしょう。
某高級サイクロン掃除機も持っていますが、全然マキタのみで足ります。
車にも1台置いておきたいぐらい。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%82%BF-%E5%... |

第3位 Anker HomeVac Duo

第3位はモバイルバッテリーで有名なAnkerのHomeVac Duoです。

10,000円代という低価格にも拘らず、スティック掃除機ととハンディ掃除機の2in1タイプで、
他のメーカーの高価格帯のハンディ掃除機と同じ21.6Vの高電圧バッテリーを搭載、ヘッドはモーターヘッドで収納は自立が可能で隙間ノズルやブラシの付属品も充実しており、コストパフォーマンス重視の方にはおすすめです。

高価格帯の機種と比べると耐久性などに若干問題が見られるようですが、価格と機能のバランスを考慮して第3位としています。

直立でき、吸引力あり、ゴミ捨て簡単、重さ想定内、デザインもよし、でこの価格。満足しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/eufy-HomeVac-%E3%82%B3%E3%83%BC%... |

第2位 Dyson V8 Absolute Extra

第2位はダイソンDyson V8 Absolute Extraです。
V8シリーズは数種類あり、主な違いはカラーと付属品で本体はどれも同じです。
床を傷つけにくく多様な場所の掃除が可能なフラフィーヘッド(ソフトローラーヘッド)が付属している

fluffyシリーズ、硬めのブラシでカーペットやラグのゴミを強力にかき出すダイレクトドライブヘッドが付属しているanimalproシリーズ、どちらのブラシも付属しているAbsoluteシリーズなどがあります。

V8シリーズの特徴は排気口に空気清浄機にも使われる高性能フィルターが搭載されており、
細かいハウスダストなどもしっかりキャッチできるので排気が非常にきれいな点、本体に吸音性の高い素材を採用したことで全モデルよりも格段に静かになった点です。

吸引力はもちろん、静音性、クリーンな排気、強いバッテリーと掃除機としてはとても優れているのですが、専用スタンドが付属品も多いので収納がし辛い、ブラシの付け替えが手間である点で第2位とします。

コンセントをさす手間が省けて掃除が楽になりました。吸引力もコード付掃除機よりも強力でさすがV8なんだなと感じました。音がうるさいイメージがありましたが、以前使っていた掃除機よりも全然静かでびっくりしました。アタッチメントも他の機種よりもたくさん付いているようでペット用も付いており、犬の毛もなんなく簡単にすいとることができて便利です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%8... |

第1位 TORNEO V cordless(トルネオ ヴイ コードレス)VC-CL1400

第1位は東芝のTORNEO V cordless(トルネオ ヴイ コードレス)です。自走式で様々な種類の床や壁ぎわのゴミまで強力に吸引する、ラクトルパワーヘッドに、バランスを考えられた本体設計、重量約1.9kgと機動性に優れた機種です。

また、東芝独自の「バーティカルトルネードシステム」により微細な塵や花粉ま分離し、排気清浄フィルターのゴミ付着による目詰まりが少ないため吸引力が持続する他、水洗い可能でお手入れも簡単です。バッテリーも性能が高く、他にもゴミ取りセンサーの搭載やハンディ掃除機では珍しいエア ロー機能も付いています。

収納は壁掛け用ホルダーが付属していますが、壁付けなので賃貸では使用しづらいようですが、他は大変優れた機種なので第1位としています。

使い勝手ですが、軽い、ありえなくらい滑らかに動く、スティックとホースのつなぎ替え、それぞれの先に丸ブラシと通常のヘッドなど様々な組み合わせが可能で、本当に片手ですいすい掃除ができます。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E8%8A%9D-%E3%82%B9%E3%... |

ハンディ掃除機の特徴別おすすめ10選

価格で選ぶおすすめのハンディ掃除機

TWINBIRDサットリップHC-E202W

価格で選ぶのであればツインバード工業の【サットリップ HC-E202W】がおすすめです。こちらはAmazonで3,000円程度で購入できます。

立てて収納できるコンパクトなボディに重量は約1.1kgととても軽く、デスク周りの掃除や、埃や糸くずなどの「ちょっと掃除したい」時に役立ちます。8時間の充電で稼働時間は約10分間と高価格帯のハンディ掃除機と比べるとやや短く、部屋全体の掃除には不向きですが、メインの掃除機は持っていて、部分掃除用の二台目としては価格以上の活躍が十分に期待できるでしょう。

軽くて、使いやすく、吸引力もあります。机や棚の上の細かいゴミを掃除するのに全く問題なし。立てて収納できるのも良いです。そして、何よりお安いです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B002OR602E |

吸引力で選ぶおすすめのハンディ掃除機

DYSON DC61motorhead DC61MH

吸引力で選ぶとすれば【ダイソンDC61motorhead DC61MH】がおすすめです。

吸引力の目安となる吸込仕事率の数値だけで見れば他社の方が高い製品はたくさんあります。しかし、吸引力でこの【ダイソンDC61motorhead DC61MH】をおすすめする理由は、「吸引力が落ちにくさ」です。

吸引力の低下はゴミを吸い込むうちにフィルターが徐々に目詰まりすることが原因ですが、ダイソンの製品にはルートサイクロンテクノロジー(下記リンク参照)が採用されており、このルートサイクロンテクノロジーによってフィルターが目詰まりしにくいため、吸引力が持続します。

さらにこちらのモデルはヘッド部分がモーターヘッドのため、吸引力を十分に活かすことができますので、吸引力を求める方におすすめです。

ハンディタイプで、吸引力は落ちないし排気もきれい

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00EY8ZDGA |

コードレスのおすすめハンディ掃除機

パナソニック 掃除機 ハンディー クリーナー MC-B20JP

コードレス式のハンディー掃除機であれば【Panasonic ハンディークリーナーMC-B20JP】がおすすめです。

コードレス式の利点の一つとして、すぐに使える事が挙げられますが、多くのハンディ掃除機の稼働時間は約10に対して充電時間は6〜8時間と長く、使いたい時に充電できていない事も考えられます。

たまに使う程度なら十分ですが1日に何度も使いという方には少し不便に感じられる事でしょう。その点この【Panasonic ハンディークリーナーMC-B20JP】は2時間の充電で、強モードで約10分、標準モードで約22分の使用が可能です。

また、口コミでは「吸引力が高い」「耐久性に優れている」という意見が多く見られ、この価格帯のハンディクリーナーとしては大変優秀な機種だと評されています。

吸引力は普通の掃除機に負けません。
車のフロアマットに絡まった小石でも簡単に吸い込んでくれます。
今まで使用していたハンディクリーナーとは全く別格の製品で、やっと本物に出会えました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/reviews/B001UDS9MM/ref=cm_... |

車の掃除におすすめのハンディ掃除機

Hikeren 車用掃除機 4300-4500PA

車の掃除におすすめなのが【Hikeren 車用掃除機 4300-4500PA 】です。
5mのシガーソケットケーブルでパワーが落ちることなく車内の隅々まで掃除できます。
乾湿両用で水洗いが可能なステンレスフィルターにより、小石から水滴まで強力に吸い込みます。

暗い車内でも掃除することができるLEDライトを搭載し付属品も隙間ノズルやパワーブラシがついており、1台で車内の掃除が完結します。
また、収納バックもついているので普段はコンパクトに収納や持ち運びにとても便利です。

価格もAmazonで2,000円台で購入できるので、車用にぜひ持っておきたい一台です。

なんといってもシガーソケットに差し込むだけですぐ使えますので、とても便利です。
しかも、吸引力はなかなかのものです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B01MTSNMEH |

強力でおすすめなハンディ掃除機

ブラックアンドデッカー ピボット PV1020LB

強力な吸引力でおすすめなハンディ掃除機は【BLACK+DECKER ピボット PV1020LB】です。BLACK+DECKER社といえば、コードレスハンディ掃除機を開発した世界初の電動工具メーカーで、バッテリーやモーターの技術力の高さに定評があります。

吸引力の高いコードレスハンディ掃除機は性能を活かすためサイズが大きめになってしまうことが多いようですが、こちらの【BLACK+DECKER ピボット PV1020LB】は、コンパクトなボディで吸引力に優れています。ノズルの角度が調節可能でき、重量は1.3㎏と軽量なので棚の上なども楽に掃除ができます。

デザインもスタイリッシュで、Amazonで10,000円ほどで購入できますので2台目の掃除機としておすすめです。

ハンディタイプでコードレスで吸引力強でゴミ捨て簡単で言うことなしです。
髪の毛・埃・食べかす・煙草の灰などガンガン吸ってくれます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B01AYXSR2U |

紙パック式でおすすめのハンディ掃除機

日立 こまめちゃん PV-H23 A

現在ハンディ掃除機はサイクロンが主流で、次いでフィルター式の物が多いですが、紙パック式の利点は、紙パックがフィルターの役目をしているのでフィルター掃除がいらない事、ゴミ捨て回数が少なくて済む事です。サイクロン式は頻繁にゴミ捨てが必要になるので、お手入れを簡単にしたい方にはおすすめです。

この【日立 こまめちゃん PV-H23 A】は本体にローラーが付いており、付属のは延長パイプを装着するとキャニスタータイプの掃除機の掃除機と同様の使い方ができます。吸引力も十分にあり収納もコンパクトなので、広過ぎない部屋であればキャニスタータイプの掃除機の変わりとして活躍できます。

蛍光灯の虫とかを吸った後のゴミ処理が嫌なので、紙パック式のこまめちゃんにして正解でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B001UR1A56 |

コード式でおすすめのハンディ掃除機

パナソニック スティッククリーナー MC-D25CP-WA

コード式のハンディ掃除機のおすすめは【パナソニック スティッククリーナー MC-D25CP-WA】です。

コード式の利点は充電時間がかからず、稼働時間を気にすることなく使える点です。こちらの【パナソニック スティッククリーナー MC-D25CP-WA】は電源コードが5mと長く、部屋中を掃除することが可能です。吸込仕事率は145wと高く、本体サイズは幅125㎝高さ29㎝奥行き19㎝のコンパクトさで、多様な使い方での活躍が期待できます。

この掃除機はコードタイプなのでバッテリー切れの心配がなく、使いたいときに使えます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B001SN8FAA |

充電式でおすすめのハンディ掃除機

マキタ 充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW

充電式のハンディ掃除機では【マキタ 充電式ハンディクリーナー CL182FDRFW】がおすすめです。

プロ用充電工具のハイパワーモータの搭載で清掃業から建築業まで使える1台です。充電時間は約22分で、連続使用時間は「強」で 約20分「標準」約40分と他のハンディ掃除機と比べても圧倒的な能力です。

充電器は短時間で充電できるのも良い点でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B002DCHPYM |

静かさでおすすめのハンディ掃除機

アイリスオーヤマ ラクティ IC-SDC2-W

音が静かなハンディ掃除機のおすすめは【アイリスオーヤマ ラクティ IC-SDC2-W】です。

ハンディ掃除機の性能や形状で音を小さく抑えるのは非常に難しいとされており、静音に特化したハンディ掃除機は少なく、非常に高額です。音の大きさや不快さの感じ方には個人差がありますが、Amazonをはじめとする、通販サイトや家電比較サイトなどの口コミでもこちらの【アイリスオーヤマ ラクティ IC-SDC2-W】は静かさに定評のある商品です。

また、シンプルでスタイリッシュなルックスに吸引力も十分にあり、自立式で収納もし易く、Amazonで10,000円以下で購入できるので、マンション住まいの方や一人暮らしの方には一台で十分活躍できる、おすすめのハンディ掃除機です。

小さくて手軽、音の静かな掃除機でさがしました。充分その通りでたいへん満足しています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B014I8LHD8 |

布製品におすすめのハンディ掃除機

DYSON V6 Mattress HH08COM

布団やベッドマットレスなどの布製品には【DYSON V6 Mattress HH08COM】がおすすめです。

従来のダイソンv6シリーズの吸引力はそのままに、空気の排出口に高性能フィルターを介することで、クリーンな空気を排出し、微細なハウスダストまでしっかりキャッチします。また付属のノズルで、細かい部屋の隅やソファや車のシートの隙間などあらゆる布製品に対応します。

さらに運転音も静音に改良されており夜でも使用可能です。寝具で埃が立ちやすい寝室や、乳幼児のいるご家庭におすすめです。

布団クリーナーとしてだけじゃなく、カーペットにも問題なく使用できてます。お手入れも割とし易いです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00XHCML5A |

おすすめのハンディ掃除機のメーカーは?

ダイソン

イギリス日本社を置く、初めてサイクロン式掃除機を開発した会社として世界中で有名です。
吸引力の高さに定評があり、サイクロン掃除機はたくさんの種類が発売されています。

株式会社マキタ

電動工具市場シェア世界第2位の日本の会社で、電動工具、園芸工具を扱っています。充電式のバッテリーに定評があります。スティックタイプのハンディ掃除機は、もともと建設現場などで掃除に使われていたものが家庭でも使われるようになり、充電式バッテリーを他の工具と兼用できる機種があります。

シャープ株式会社

日本の電機メーカーで、両開き冷蔵庫やプラズマクラスターなどの他社にないオンリーワン製品を数多く送り出している会社です。掃除機も、キャニスター型からハンディ、スティック、ロボットと多くの製品を発売しています。

日立製作所

日本最大級の電機総合メーカーで、「技術の日立」と称されるほど、技術力に優れたメーカーです。

サイクロン式が得意なメーカーは?

2000年代前半に登場して以来、それまで主流だった紙パック式を抑え、各メーカーから多くの機種が発売されています。

やはりサイクロン式といえばダイソンが有名ですが、近年では国内外どこのメーカーもサイクロン式の開発に力を入れており、国内メーカーのSHARP、Panasonic、HITACHIに続き、低価格路線のアイリスオーヤマやツインバードなどもサイクロン式ハンディ掃除機を発売しています。

自分に合ったハンディ掃除機で快適な暮らしを

この記事ではハンディ掃除機の選び方や、人気ランキング、特徴別おすすめをご紹介しました。どのメーカーの商品も、各機種にこだわりや個性が見られます。実際に家電量販店に行って全てを試してみる事は難しいので、買ってから後悔の無いように悪い評価の口コミも参考にしながら自分に合ったハンディ掃除機を選びましょう。

Related