Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月11日

ウォーターサーバーは節約になるか?電気代の節約方法

多くの人が生活や仕事の中で、水道水以外にミネラルウォーターを購入して使っています。ところが今、ミネラルウォーターを買うようりもウォーターサーバーを導入する方が節約できると話題です。なぜウォーターサーバーで節約できるのか、その秘密に迫ります。ぜひご覧ください。

ウォーターサーバーは節約になるか?電気代の節約方法

ウォーターサーバーとは?

最近、ミネラルウォーターを買う代わりにウォーターサーバーを導入することが節約になると話題ですが、そもそもウォーターサーバーとはどんな物でしょうか。ウォーターサーバーは専用ボトルをセットするだけで温水や冷水が補充できる便利な給湯&給水機器です。

もともとは業務用機器として誕生しましたが、最近は一般家庭用としても普及し始めています。ウォーターサーバーは、衛生的で便利、そして節約に繋がるということで人気が出てきています。

ウォーターサーバーでなぜ節約できるのか?

ウォーターサーバーを導入するにしてもコストがかかるはずです。本当にウォーターサーバーを導入することで節約になるのでしょうか。

ウォーターサーバー導入のコスト

実際にウォーターサーバー導入と非導入では、どんな点に費用がかかるのでしょうか。

【ウォーターサーバー導入】
■機器のレンタル料
■水の購入料金
■機器のメンテナンス料など

【ウォーターサーバー非導入】
■水道代
■ミネラルウォーターの購入料金
■水を冷やしたり熱したりするのに必要な光熱費など

この比較だけでは、ウォーターサーバーが本当に節約になるのか疑問に思えます。どうして節約になると言えるのか、その理由を掘り下げましょう。

冷蔵庫の消費電力を節約

ウォーターサーバー導入で、まずは電気代が節約できます。通常、ペットボトルの水を購入すると、冷蔵庫で冷やしておく場合が多いです。冷蔵庫内にペットボトルをたくさん入れ、中が混み合うと、冷蔵庫内を冷やすために多くの電力が消費されます。また、頻繁に冷蔵庫を開け閉めすることで冷蔵庫内の温度が上がり、再び冷やすために余計な電力がかかります。

ウォーターサーバーを使えば、最初から冷蔵庫で冷やしたのと同じ温度の冷水を飲むことができるため、冷蔵庫の消費電力を抑えることができるのです。

お湯を沸かすコストも節約

ウォーターサーバー導入で、お湯を沸かすコストも節約が可能です。通常、お湯を沸かすためには、電気ケトルを使ったり、鍋を火にかける必要があります。ウォーターサーバーであれば、最初から温水を用意することが可能なため、電気ケトルやガスを使ってお湯を沸かす必要が無くなります。

ウォーターサーバー自体の消費電力は?

ウォーターサーバー自体の消費電力が気になりますが、電気ポットの消費電力とさほど変わらないそうです。電気ポットを24時間保温し、たまに再沸騰をさせるのと、ウォーターサーバーを24時間稼働させるのでは同じくらいの電気代になります。もちろん場合によりますが、水を冷やしたり沸かしたりするコストと比較すれば、トータルでウォーターサーバーの方が節約できる可能性があるのです。

ミネラルウォーターを購入するよりお得!

500mlのミネラルウォーターは1本100円前後しますが、ウォーターサーバー用の水は12Lで平均1500円前後です。500mlに換算すると60円程度になるため、ミネラルウォーターをボトルで購入するよりも節約できます。

エコタイプのウォーターサーバーで更に節約可能!

ウォーターサーバーの中には、エコモードや節電モードを使用できるものもあります。エコモードや節電機能のあるウォーターサーバーを使うことで、電気代を更に節約することが可能です。ただ、そのような機能のあるウォーターサーバーは、レンタル料金が高めという場合もあります。その場合、電気料金のプランを見直し、電気料金を少なく使うプランにして節約できる場合もあります。

ウォーターサーバーで節約する秘訣は?

ここまで、ウォーターサーバーを導入することで、なぜ節約できるのか見てきました。しかし、飽くまで状況次第という点がまだ引っかかる人も多いのではないでしょうか。では、ウォーターサーバーを使って賢く節約するための秘訣を見ていきましょう。

ウォーターサーバーで電力消費が大きいのは湯沸かし

同じウォーターサーバーでも、使用方法によって消費電力は変わってきます。様々なタイプのウォーターサーバーで、冷水と温水の消費電力を比較したところ、どのウォーターサーバーでも、温水の方が消費電力がとても大きいことがわかっています。

従って、冷水よりも温水の使用頻度が高い場合、それに比例してコストも高くつきます。もしウォーターサーバーの導入を考えている場合、冷水と温水の使用頻度を考え、温水の使用頻度が高い場合は、節電タイプのサーバーをレンタルし、電気料金プランを見直した方がトータルでかかるコストを抑えることができます。

ウォーターサーバーの電気代は標準タイプと節電タイプで違う

ウォーターサーバーごとの消費電力はどの程度違うのでしょうか。実際に様々なウォーターサーバーの消費電力を調べてみると、同じ容量に換算した消費電力に大きな違いは無いようです。ただし、標準タイプのものと節電タイプのものでは大きく異なり、節電タイプを使うことで電気料金が1/2〜1/3に抑えることができる場合もあります。ただし、温水を使う頻度が高ければ、それだけ電気代がかかるので注意が必要です。

最適なプランを選びましょう

ウォーターサーバーをレンタルする場合、様々なプランから最適なものを選ぶ必要があります。プランは、本体の種類・容量の違いや月々の水の量によって異なります。大切なことは、ウォーターサーバー本体のレンタル料金だけでプランを選ばないことです。機械ごとの消費電力を確認し、さらに温水の使用頻度を踏まえ、最適なプランを選びましょう。

例えば、温水の使用がほとんどない場合、節電タイプのウォーターサーバーを選ぶことは逆にコストを増やします。なぜなら、冷水使用の場合は節電による電気料金の節約効果が少なく、節電タイプのレンタル料金だけが多くかかってしまうからです。

逆に、温水ばかり使用している場合は、逆に節電タイプの方が節約に繋がります。このように、普段の水の使用の仕方(冷水が多いか、温水が多いか)をしっかり踏まえ、電気料金と維持費の両面から最適なプランを選ぶ必要があります。

温水の温度設定は低めに

最近では、温水の温度を手動で設定できるものも登場してきています。その場合、温度設定をなるべく低めに設定することで消費電力を節約することができます。

ウォーターサーバーは温度変化の少ない場所に

ウォーターサーバーは、水の温度を変化させる際に電力を消費します。そのため、温度変化の大きい場所に設置してしまうと、それだけでコストがかかってしまうことになります。ウォーターサーバーは、なるべく温度差の少ない場所に置く方が節約に繋がります。直射日光の当たる窓際などは温度変化が大きいため、避けてください。

節約できるウォーターサーバーは?

ここまで見てきた通り、ウォーターサーバーは水の使用状況(冷水・温水の利用頻度)によって、節約できるかできないかが大きく異なってきます。そのため、具体的にどのウォーターサーバーがお得になるかは、水の利用状況次第です。ここでは、月々の消費電力が少なく、月額費用を抑えられそうなものを紹介します。ぜひ参考にしてください。

富士おいしい水(天然水・RO水)

■宅配可能エリア:沖縄県を除き全国
■注文単位(一回の配送):588円(12L)×2本~
■水の価格(500ml換算):天然水 39円~、RO水 24円〜
■サーバーレンタル料:550円 ※メンテナンス料が別途かかります。
■電気代:450円~
■月額費用概算(注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 メンテナンス料は別途):2,176円~

コストダウンに懸命に取り組んでいらっしゃいます。サーバーはレンタルか買取か選べ、料金体系もわかりやすくなっています。天然ミネラルが豊富な富士山の天然水を飲むことができます。

アルピナウォーター(RO水)

■宅配可能エリア:沖縄県を除き全国
■注文単位(一回の配送):686円(8L)×3本~
※8Lについては、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城のみ6本~
■水の価格(500ml換算):RO水 39円~
■サーバーレンタル料:572円 ※メンテナンス料が別途かかります。
■電気代:800円~
■月額費用概算(注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 メンテナンス料は別途):3,244円~

最高級天然水を濾過した水で、安全なピュア・ウォーターです。赤ちゃんの調乳などでも安心して使用できます。品質重視ですが、かなり低価格で使用できます。

プレミアムウォーター(天然水)

■宅配可能エリア:全国
■注文単位(一回の配送):1,680円(12L)×2本~
■水の価格(500ml換算):天然水 70円~
■サーバーレンタル料:0円~ ※メンテナンス料が別途かかります。
■電気代:504円~
■月額費用概算(注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 メンテナンス料は別途):3,864円~

3種類の天然水と5タイプのサーバーが取り扱われています。サーバーによっては、送料・レンタル料が無料のものもあります。無料の専用アプリで、水の配送日の確認・変更・追加注文などができます。

コスモウォーター(天然水・RO水)

■宅配可能エリア:全国(北海道・沖縄県・離島を除く)
■注文単位(一回の配送):1,760円(12L)×2本~
■水の価格(500ml換算):天然水 73円~、RO水 52円
■サーバーレンタル料:0円 ※メンテナンス料が別途かかります。
■電気代:403円~
■月額費用概算(注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 メンテナンス料は別途):3,923円~

口コミランキングサイトで圧倒的な一番人気を誇っているウォーターサーバーです。初期費用・送料・サーバーレンタル料が無料なので、毎月かかるのは飲んだ水代だけです。さらに、3種類の天然水とRO水の中から好きな水が選べることが人気を高めています。

うるのん(天然水・RO水)

■宅配可能エリア:全国
■注文単位(一回の配送):1,282円(12L)×2本~
■水の価格(500ml換算):天然水 69円~、RO水 53円
■サーバーレンタル料:0円〜 ※メンテナンス料が別途かかります。
■電気代:390円~
■月額費用概算(注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 メンテナンス料は別途):4,016円~

水の消費量によって料金プランが変わります。4週間で2本の水を配送すれば、スタンダードタイプのサーバーはレンタル料が無料になります。バナジウム天然水とRO水から好きな水を選ぶことができ、サーバーも5つのタイプ5つのカラーバリエーションから選べます。

ウォーターサーバーで節約ができる

ウォーターサーバーを導入することにより、水やお湯のコストを節約することが可能です。冷蔵庫や電気ケトルなどの電気代、ガス代を節約できるためです。ただし、普段の水の使用状況(冷水と温水の使用割合)には注意が必要です。温水使用が多い場合、省エネタイプのものがお得になり、冷水使用が多い場合、逆に省エネタイプだとレンタル料だけが高くついてしまいます。コストの低いウォーターサーバーがいくつもありますので、自分の水の使用状況に合わせ、ぴったりのものを選びましょう。

Related