Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月03日

マキタ掃除機おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

さっと掃除ができる便利なコードレス掃除機ですが吸引力が落ちるデメリットもあります。しかしマキタ掃除機ならそんなお悩みも解消します。今回は豊富な種類の中からおすすめの機種や特徴を紹介します。マキタ掃除機の選ぶ際の参考にしてみてください。

マキタ掃除機おすすめランキングTOP10|選び方・口コミ

コードレス掃除機が注目されています

ひと昔までは、掃除機といえばキャニスター型という電源プラグをさして使うタイプが主流でしたが、今はコードレスなスティック型やロボット掃除機など、豊富な種類の掃除機が販売されています。最近は、夫婦共働きの世帯も増え、掃除に費やせる時間も少なくなってきてるのではないでしょうか。しかし、快適に過ごすためにも掃除は大事です。

そんな時、さっと掃除のできるコードレス掃除機が注目されています。その中でも、今とても人気のある「マキタ」の掃除機を紹介します。

「マキタ」って知っていますか?

マキタとは、愛知県安城市に本社があり、電動ドライバーや電動ドリルなど木工電動工具を主に手がけている国内シェアNO.1の電動工具メーカーです。建築業界では特に認知度は高く、世界的にも有名なメーカーです。

なぜマキタ掃除機が人気なの?

それは業務用ならではの魅力ではないでしょうか。一般的な家電メーカーのコードレス掃除機は、スタイリッシュなデザインでインテリア性もよく、また空気清浄機能などが搭載されている多機能なものが多いので、平均5〜8万円と価格が高いのが特徴です。

一方電動工具メーカのマキタ掃除機は、業務用掃除機とての実績があり、ハイパワーモーターやバッテリーが搭載されいるため、パワフルな吸引力や短時間充電で長時間使用が可能なのが特徴です。デザインはシンプルですが、業務用ならではの耐久性もあり、お手入れも簡単です。そして、何と言っても約1万円代〜4万円の低価格なのが1番の魅力ではないでしょうか。

マキタ掃除機の選び方

マキタ掃除機は、業務用として新幹線や建築現場などの清掃に長く使われていますが、通販番組で紹介され年間売り上げが1位になり、口コミなどでも製品の評価の高さが広がり、このように注目されるようになりました。

しかし、マキタ掃除機は種類が豊富なため選択肢が多く、初心者は何にしようか迷ってしまうでしょう。

選び方には、バッテリーの種類、電圧の大きさ、集じん方式(紙パック式orカプセル式)、電源スイッチの形態と選ぶポイントが大きく分けて4つあります。それぞれ特徴があるので、用途に合わせて選んで見ましょう。

マキタ掃除機の特徴

使いたい時に使えるコードレス

コードレス掃除機の1番の特徴は、使いたい時にサッとすぐ使えるということではないでしょうか。また、コンパクトで軽くスティック状のパイプがあるため、腰を曲げずに使用できるため、身体に負担がかかりにくく幅広い世代に人気があります。そして、段差が多い場所や電源プラグがない場所でも使用できるのがコードレスの魅力でしょう。

1.バッテリーの特徴

バッテリーが交換式

マキタ掃除機のパワーの秘訣でもあるのが、交換式のバッテリーです。バッテリー内蔵型のコードレス掃除機は、使用月日がたつとバッテリー消耗も早くなり、吸引力が落ちてくることがデメリットでした。内臓バッテリーは簡単に取り外しかできないため、バッテリーの消耗とともに掃除機本体を新しく買い換えなければなりません。

しかし、マキタ掃除機はバッテリーが取り外しでき、電動工具と同じリチウムイオンバッテリーを採用しています。そのため、バッテリーが劣化しても自分で簡単に交換ができ、吸引力が落ちずに使用できるのが最大の魅力でしょう。

バッテリーの急速充電が可能

マキタ掃除機バッテリーは、セパレートチャージ式で本体から取り外し、専用充電器で充電をします。そのため、14.4v、18vの業務用モデルには急速充電器が付属されていて、約22分で充電が完了します。

リチウムイオンバッテリーがおすすめ

マキタ掃除機のバッテリーには3種類あります。おすすめなのは、リチウムイオンバッテリーです。マキタは、10年前以上から電気工具にリチウムイオンバッテリーを採用しており実績があります。そのリチウムイオンバッテリーは急速充電もでき、バッテリー寿命が長いのが特徴です。また、自己放電しにくいので長期保存にも強いです。継ぎ足し充電も可能です。

ニカドバッテリーは、今現在はマキタの家庭用モデルの掃除機に採用されています。こちらは、バッテリー残量を使い切らずに充電をすると、バッテリー寿命が短くなってしまうというデメリットがあります。完全にバッテリーを使い切ってから充電をしなくてはなりません。

外付けバッテリーがおすすめの理由

マキタ掃除機のリチウムイオンバッテリーは、取り外しが可能な外付け式のバッテリーがおすすめです。バッテリーを掃除機本体から取り外し、専用充電器で充電します。そのため、約22分と急速充電が可能です。

また、バッテリーに寿命がきてもバッテリーを交換すれば吸引力が復活しますし、バッテリーは同じ電圧の電動工具に互換性があり使い回すことができます。予備バッテリーを購入しておけば、取り替えて使うこともできます。

内臓バッテリーのおすすめできない理由

マキタ掃除機の内蔵バッテリータイプは、本体の中にバッテリーが内臓されています。本体にコンセントをさし充電するので、充電時間が約3時間と長いのがデメリットです。すぐ使いたい時に充電がない時など困ります。

そんな時は、コンセントで充電しながら使うことはできますが、コードレスの意味がないので不便でしょう。また、バッテリーに不具合や劣化が起きた場合は、取り替えることが難しいのもデメリットです。

メリットは、外付けバッテリーのタイプより安価で購入できますので、バッテリーの寿命がつきるまで使えればいいという方には内臓型でも良いでしょう。

2.電圧の特徴

マキタ掃除機のバッテリーの大きさである電圧には、コンパクトな差し込み式が7.2vと10.8vがあり、ハイパワーなスライド式には10.8v、14.4v、18vがあります。電圧が大きくるほど吸引パワーも上がり、使用可能時間も長くなります。しかし、電圧が大きくなるほど重量が重くなり、バッテリーの価格も高くなるので選ぶ際に注意が必要です。

7.2v・10.8v

マキタ掃除機は、とにかく手頃な価格で買え、日常のちょっと使いをしたい方には7.2v・10.8vがおすすめです。約1kgなので軽く、女性やお年寄りにもおすすめです。バッテリーや充電器つきで、約1万3千円〜2万円以下で購入できます。連続使用時間は7.2vは8分、10.8vは12〜16分です。

14.4v・18v

マキタ掃除機でとにかく吸引力が欲しい、色んな部屋を掃除したいという方には、14.8v・18vがおすすめです。バッテリーや充電器付きで約3万〜4万円以内購入できます。約1.4kgと重さはありますが、連続使用時間は20分と長めです。

3-a【紙パック式の特徴】ゴミ捨て簡単清潔に使える

マキタ掃除機の紙パック式の特徴は、ゴミ捨が簡単で清潔に使えるのが1番のメリットです。ゴミ捨てする際埃が飛び散りにくく、頻繁なフィルター掃除も必要なく清潔に使えます。

紙パック式の掃除機を購入すると、抗菌紙パックが10枚ついてきますが、使い捨てなのでどうしてもコストがかかってしまうのがデメリットです。抗菌紙パックは、10枚で税別600円で別売りしています。

コストを気にする人は、洗って何度も使えるダストパックを使うといいでしょう。こちらも、紙パック式の掃除機を買った時に1枚付属してきます。不織布で一枚税別170円別売りもしています。さらに、高機能ダストパックもあり、1枚 税別1,000円で別売しています。

3-b【カプセル式の特徴】経済的なフィルタータイプ

マキタ掃除機のカプセル式は、カプセルをくるっと回して中のゴミを簡単に、こまめに捨てられるのがメリットです。紙パックが不要なため経済的です。

しかし、定期的にフィルター掃除が必要なことがデメリットでしょう。フィルタが目詰まりすると吸引力が落ちてしまうので、掃除は必要不可欠です。フィルタには、フィルタ+プレフィルタの組み合わせか高機能フィルタがあります。

もし、フィルター掃除が面倒だと感じた方は、埃が落としやすい高機能フィルタの対象機種を選ぶといいでしょう。高性能フィルタは、1枚800円で別売りされていますが、モデルによっては標準搭載されているものもあります。

4.スイッチタイプの特徴

マキタ掃除機のスイッチは、上記で紹介した集じん方式によっても変わってきますので、選ぶ際はきちんと確認しましょう。

ワンタッチスイッチ式・スライド式=紙パック式

マキタ掃除機のワンタッチスイッチ式は、ボタンを押すだけで連続運転が可能になります。また、持ち方も自由になるため高い所や、狭い所なども掃除がしやすい特徴もあります。パワフル、強、標準と強さを変えることができ、強さによって音も違うので、日中は音をなるべく控えたい時は、標準など用途によって使い分けることができるメリットもあります。

スライドスイッチ式は、スライドさせて強弱を選ぶことが可能です。こちらは、家庭用モデルの4076DW、4093Dのみです。そして、どちらのスイッチ式も集じん方式が紙パック式になります。

ワンタッチスイッチ式のカプセル式

CL181FD、CL14FDのみワンタッチ式スイッチです。こちらは、集じん方式がカプセル式になります。

トリガー式のカプセル式

マキタ掃除機のトリガー式は、使いたい時にトリガーを軽く握るだけで使用できます。ON/OFFの切り替えが素早くできるので、バッテリー消耗も抑えられるのが特徴です。一瞬だけの使用、ゴミを素早く吸いたい時には便利です。このトリガースイッチ式は、集じん方式がカプセル式のみになります。

毛の絡まりのストレスなしのノーマルヘッド

マキタ掃除機の床用ヘッドは、回転ブラシがついていないノーマルヘッドが採用されています。そのため、髪の毛やペットの毛など糸くず状のゴミがヘッドに絡むというストレスを感じず使えるのがメリットです。こちらは、フローリングなどの平面の床などの掃除に向いています。

しかし、滑りが悪いためじゅうたんやラグの掃除には向いていません。また、じゅうたんなどの奥に入り込んだ髪の毛や粒子の細かいゴミは苦手というデメリットもありますが、数種類のアタッチメントノズルが別売りしているのでそちらを購入するといいでしょう。

別売りノズル・アタッチメントの種類

標準付属ノズル

マキタ掃除機を購入すると、ノーマルヘッドノズルとサッシ(すきま)用ノズルとストレートパイプが標準付属されています。そのまま使用するならハンディー掃除機として、パイプをつければスティック掃除機にと用途にあわせて使い分けられます。

ノーマルヘッドを外すと斜めカットの吸込口になっっており、ストレートパイプやノズルが抜けにくい構造になっています。また、サッシ用ノズルは先端が細く、サッシの溝や床用ヘッドが入らないような狭いすきま掃除に便利です。

そして、別売りのアタッチメントの種類も豊富です。ノズルを変えることで、卓上、棚、車内など用途に合わせた掃除か可能になりとても便利です。各アタッチメントの特徴を紹介します。

じゅうたん用ノズル

マキタ掃除機のじゅうたん用ノズルは、ラグなどの繊維に絡みついた糸くずや髪の毛などを掃除したい時に便利です。こちらは、ヘッドの先端ににナイロンブラシが1列配置されていて、じゅうたんの奥のゴミを掻き出して掃除することが可能になります。全機種対応、税別1,200円です。

フロアじゅうたんノズル(じゅうたん用ノズルDX)

2016年に発売されたノズルで、ヘッドの先端部だけでなく、中間にもエチケットブラシが配置されているため、じゅうたん用ノズルより滑りが良いのが特徴です。そしてこちらは、じゅうたんにもフローリングにも対応しており、わざわざヘッドを取り替える手間が省けるというメリットもあります。全機種対応、税別1,900円です。

切り替えノズル

2016年に発売されたノズルで、フロア清掃とじゅうたん清掃の切り替えがスイッチ一つでできるのが特徴です。他のじゅうたんノズルよりもヘッドが幅広なので、広いスペースを掃除したい方におすすめです。

しかし、幅広のため吸込口も広くなり、吸引力が床用のノーマルヘッドよりも吸引力が落ちるデメリットもあります。そのため、対応機種も限られてきます。7.2v、9.6v、10.8v除く機種対応、税別2,700円です。

棚ブラシ

棚ブラシは、棚の上など傷つけたくない場所をブラッシングしながらゴミを吸引できます。短く腰の強いブラシがついていて、棚の隅のゴミも掻き出すことができます。全機種対応、税別850円です。

ラウンドブラシ

ラウンドブラシは、毛が長いので棚の上の置物や入り組んだ狭場所の掃除に便利です。また、毛が柔らかく傷つきにくいので、電化製品のフィルターやキーボードなどの掃除にもおすすめです。全機種対応、税別950円です。

フレキシブルホース

フレキシブルホースは、蛇腹状の延長ホースで、本体に接続して先端にノズルを装着して使用します。本体がはいらない狭い場所も、柔軟性のあるフレキシブルホースを装着することで、きちんと届くようになります。車内の入り組んだ狭い場所の掃除に便利です。全機種対応、税別500円です。

ターボ

通販生活モデルのマキタのターボは、パワフルな吸引力があります。こちらは、通販生活オリジナルの家庭用掃除機で品番はCL103DXです。強力な吸引力で、稼働時間も長いのに1万円代と低価格なのが特徴です。

しかし、内蔵型バッテリーなので充電に約4時間かかります。また、充電中はコードをつけたままでないと掃除機を使うことはできませんが、こちらのモデルは内蔵型バッテリーでも交換することが可能です。約500回がバッテリーの交換目安になります。交換用リチウムイオン充電池は、税込5,616円で通販生活にて別売りされています。

収納

マキタ掃除機は、パイプ、ヘッド、ノズルを分解してコンパクトに収納ができるのも特徴です。カゴやボックスにしまっておけば倒れる心配もなく安全です。しかし、さっと使いたい時に使えるのがコードレス掃除機の魅力でもあります。その場合は、どこにでも立てかけて収納できる専用のクリーナースタンドを使いましょう。

最新

2017年5月に最新のスティック型クリーナーCL070DSHとCL072DSHが発表されました。こちらの新商品は軽量にこだわり、フロントカバーがオープン式になり紙パックの交換が楽になったのが特徴です。

マキタ掃除機の人気ランキングTOP10

マキタ掃除機の特徴を紹介しましたが、まだどれを選んだらよいのか迷ってる方にこれから人気モデルのランキングを紹介します。

10位:CL180FDRFW

こちらは、18vのリチウムイオンバッテリーで、パワフルでこまめに掃除をしたい方におすすめのマキタ掃除機です。集じん方式は、カプセル型でトリガースイッチです。

私は普通の掃除機は使用しなくなりました。
吸引力は家がフローリングなので十分なパワーで満足です。
バッテリーの充電頻度も少なく全く気になりません。
高価ですが5.0Ahのバッテリーがオススメです。

<使ってみて>
・1年以上使用していますがバッテリーは元気です。
・カプセル式はゴミの廃棄が容易です。
・スイッチがトリガー式なのでこまめに掃除するのには実は便利で節電にもなります。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3SF0U10A0CV... |

9位:CL070DSH

2017年5月に新発売されたマキタ掃除機です。7.2vのリチウムイオンバッテリー搭載で0.81kgと軽量にこだわったモデルです。こちらは集じん方式は紙パックですが、同シリーズでカプセル式も発売されています。1万円弱で軽量コードレス掃除機が欲しい方におすすめです。

全室フローリングのため、こまめに埃や髪の毛を掃除
吸い取りパワーも全く問題なし

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2V2N10VSKER... |

8位:CL110DWN

こちらは、バッテリー内蔵型のマキタ掃除機で1万円以下で買えます。色は、アイボリーとレッドの2色があります。連続使用時間が10分と短いですが、カプセル式で経済的なため人気です。

ハンドル部分にフックがついており、立てかけて収納可能。思い立ったら、気軽に取って、すぐ使える。軽いし、コードがないので、どこにでも持っていって気軽に掃除できる。吸引力はそれなりといったレベルだが、その他の利点を考えると満足のいく商品。また、紙パックを購入しなくていいので、経済的。これがあれば、気軽に掃除するようになりそうな予感。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1VV2TELJY2L... |

7位:CL181FDZW本体のみ

こちらは、18v対応の本体のみのマキタ掃除機です。すでに18vの旧式モデルの掃除機をお使いであれば、バッテリーを使うことができますので、2台目購入を考えている方に人気です。ワンタッチスイッチ式の集じん方式カプセル式にしたい方におすすめです。

まず18vバッテリーを持っていたので18vは決定。
スイッチON-OFFはなし。トリガーも良さそうでしたが、ワンタッチスイッチを選択。トリガーも良さそうです。
ゴミの方式は紙パックは吸い込みが弱いとのことでしたので、カプセル式を選択。バッテリーをお持ちの方には10000円以下で買えるこの掃除機以外の選択肢はないでしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1EAGJMAC37K... |

6位:CL141FDRFW

こちらのマキタ掃除機は、14.4vのリチウムイオンバッテリー搭載です。カプセルをひねるだけでゴミ捨てができるカプセル式です。快適に連続使用できるワンタッチスイッチ式なので、高いところや狭いところなど持ち方を気にせず使用できるのが特徴です。

重い掃除機が大キライな私にピッタリでした。充電もそんなに時間がかからないし、ゴミ捨てもラクだし、コードレスで自由に移動できるし、いいことだらけでした。吸引力も悪くないです。リピートするつもりです

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R160PLG3ZFLW... |

5位:CL182FDRFW

こちらのマキタ掃除機は、18vのプロ愛用のハイパワーリチウムイオンバッテリー搭載で、集じんタイプが紙パック式です。新機能が追加されたモデルなので、ボタン一つでフロントカバーが開き、ゴミ捨てが手軽にできるようになったのが特徴です。

取り回しがとても簡単なため、いつでも手軽に掃除ができます。
キャニスタータイプに比較し、手軽に掃除ができます。
充電時間も早いし、吸引力もハンディタイプの中では、強い方だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RU4XSU484AU5... |

4位:CL106FDSHW

こちらのマキタ掃除機は、10.8vのスライド 式リチウムイオンバッテリー搭載で、急速充電が可能です。また、バッテリーの消耗を抑えられるトリガー式のマキタ掃除機です。集じん方式は、経済的なカプセル式です。

業務用にも使われているのは、充電器の性能の良さだと思います。
この充電器はすぐ充電完了するので、便利で実用的。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R32W9M43CN73... |

3位:CL181FDRFW

こちらは、18vと電圧が一番高いためパワフルな吸引力で、集じん式がカプセル式ですが、連続運転ができるワンタッチスイッチ式なので、長時間でも快適に使用できるのが特徴です。また、Amazonではバッテリー込みで2万5千円前後で買えます。

吸引力抜群!!ライトがつくので暗いところも掃除できるし、吸い取った埃の処分も簡単にできます
これは一家に一台ほしい!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1DCKKNPOZRF... |

2位:CL105DWN

こちらは、リチウムイオンバッテリ内蔵型のマキタ掃除機です。10.8vとパワフルな吸引力で連続20分と長く使えるのに、1万円弱で買えるというのが特徴です。充電時間は3時間と長いのですが、紙パック式で吸引力の強さと連続使用時間の長さを求める方におすすめです。カラーもアイボリー、ピンク、レッドの3色展開のため女性からも人気です。

部屋の大きさは3LDKです。
充電も持ちが良く、部屋だけでなくトイレ洗面所…家全部を掃除できます。
軽量で使いやすく吸引もあります。
コードレスレスでこの吸引力、軽さ、値段、全てにおいて大満足です。
軽量なので年配の方、階段の掃除等にもお勧めします。
また、小さいノズルも付いてるので車の掃除も楽々です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RSI24DJAZMBR... |

1位:CL107FDSHW

こちらは、10.8vのスライド 式バッテリ採用で短時間充電が可能で、1.1kgと軽量&パワフルな吸引力が人気の理由です。集じん方式は、紙パック式で清潔にゴミ捨てができます。

ペットがいるので、軽くて吸引力があって必要な時にすぐに使える掃除機を探していました。
とても重宝しています。吸引力も十分です。今まで使っていたものよりヘッドが小さいですが、大きいよリも使いやすいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2OH49PCBM92... |

マキタ掃除機のおすすめの販売店の紹介

楽天

楽天は、ポイント還元率が好いのが特徴です。パンダのキャラクター「SPU〜」と踊っているCMを見たことがある方は多いのではないでしょうか。通常100円で1ポイントたまりますが、SPU=スーパーポイントアップの楽天アプリを使ってお買い物をしたり、楽天カード決済をしたりなど、楽天サービスを使う事でさらにポイントがアップするサービスがあります。

通常ポイントは有効期限が長く、街のお店で使うことができるので、ポイントを貯めたい人におすすめです。

Amazon

アマゾンの特徴は、有料会員制度「アマゾンプライム」があることです。アマゾンプライムは配送が無料になったり、お急ぎ便などが使えます。早く商品が欲しい方や月2回以上Amazonを利用する方は、アマゾンプライムに入会するといいでしょう。

通販生活

通販生活は、通販生活オリジナルのマキタターボを購入したい方におすすめです。バッテリー内蔵型のマキタ掃除機になりますが、パワフルな吸引力なコードレス掃除機が安く手に入ります。

マキタ掃除機で家事を楽しく

マキタ掃除機の特徴や人気ランキングを紹介しましたがいかがでしたか。マキタの充電式コードレスクリーナーは、建築業や清掃業の方にはもちろん、階段の多いご家庭や小さな子供がいる方、ペットを飼っている方など幅広く人気がある掃除機です。軽くてコンパクトで、簡単に操作ができハイパワーなマキタ掃除機で快適な毎日を過ごしましょう。

Related