Search

検索したいワードを入力してください

2018年11月27日

冷風機おすすめ人気ランキングTOP5|メリットとデメリット

エアコンや扇風機は知っているけれども、冷風機を知らないという人は多いです。冷風機とは具体的にはどのような機械なのでしょうか。冷風機とは、吸い込んだ空気を内部で冷却して涼しい風を出してくれる機械のことです。今回は、冷風機やおすすめの冷風機についてご紹介します。

冷風機おすすめ人気ランキングTOP5|メリットとデメリット

冷風機とは

冷風機おすすめ人気ランキングTOP5|メリットとデメリット

エアコンのように部屋を涼しくしてくれる機械のことを冷風機といいます。エアコンや扇風機ほど知名度がないので、冷風機のことを知らない人も多いです。冷風機とは具体的にはどのような機械なのでしょうか。

冷風機とは、吸い込んだ空気を内部で冷却して涼しい風を出してくれる機械のことです。エアコンとは異なり、局所的に使用することができるので、スポットクーラーと呼ばれることもあります。

エアコンや扇風機との違い

冷風機は、エアコンのように冷たい空気を出してくれますが、エアコンとの大きな違いとしては、室外機と室内機が近くにあるということです。エアコンの場合、熱風を外に逃がす構造となっていますが、冷風機の場合は、前からは冷風が出て後ろからは熱風が出るようになっています。

また、扇風機や冷風扇などもありますが、扇風機は送風のみを行う機械で、冷風扇は水の気化熱によって空気を冷やすものですので、冷風機とは異なります。

おすすめ冷風機の選び方

冷風機を選ぶ時には、性能やサイズを見て選ぶようにするのがおすすめです。高い冷房性能や送風性能がある冷風機であれば、暑い場所であっても広範囲を冷やすことができるようになります。また、除湿機能がついている冷風機であれば、湿度が高くなりすぎることもないので、部屋干しをしたい時におすすめです。

しかし、機能が良い冷風機はそれに応じてサイズも大きくなりますので、サイズ感も考えて選ぶことがおすすめです。

冷風機おすすめ人気ランキングTOP5

冷風機にはさまざまなものがあります。どのような冷風機を選ぶのが良いのでしょうか。SHARPのコンビニクーラーやBIANCOのスポットク―ラーなど冷風機の機能や口コミなどを参照に冷風機をランキングにしてみました。これから冷風機を購入しようと考えている人は参考にしてみてください。

第5位:BIANCO スポットク―ラー

BIANCOのスポットク―ラーは、送風モードや冷風モードなど3つのモードから選ぶことができる冷風機です。付属の保冷剤を使用すると、さらに冷たい風を送ることが可能となります。吸水フィルターは洗えるので、いつでも清潔に使用するこができます。

クーラーが苦手なので優しい涼風が心地よく、寝ていて直接風が当たっても冷えすぎず良かったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1W8381240Z1... |

第4位:山善 排熱ダクト付スポットエアコン

山善の排熱ダクト付スポットエアコンは、キャスターがついているので、持ち運びに便利な冷風機です。熱がこもりやすいガレージなどエアコンが使いにくい所で活躍できます。送風ダクトは上下に可動するので、送風する角度も調整することができます。

今年は非常に気温が高く、これまでも夏季の倉庫対応「数分」ですが、日々数回の対応で何とかならないかとのことで、購入しました。
省エネを考えると倉庫内全体空調は考えられず。  古いエアコンはありますが稼働しても効果が出るには数時間運転となるのでほとんど意味がありませんでした。  スポットエアコンを導入して以降倉庫内作業は快適とのことでした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R31PSQXN7MYN... |

第3位:SHARP コンビニクーラー

SHARPのコンビニクーラーは、プラズマクラスターの技術が使われているので、冷却機能だけでなく、空気を除菌することが可能です。空気清浄機の機能も使用したいという場合にはおすすめの冷風機となります。また、部屋干しをしたいという時にも役立つという口コミが多いです。

週末に雨ふりが続き、洗濯物が溜まってうんざりしていた時に部屋干ししたくてこれを買いました。
今まで生乾きのニオイが気になってなかなか部屋で干さなかったんだけど、これをつかって干したら外出中にカラッと乾燥してくれるし、例のプラズマクラスターイオンの効果なのか不明だけど臭いはつかなくなりました。
確かに音は大きい気がするけど、冷風がでて扇風機代わりにもつかえるし、満足してますよ。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2OGA197W0I0... |

第2位:トヨトミ スポット冷暖エアコン

トヨトミスポット冷暖エアコンは、冷温運転ができるので、夏だけでなくオールシーズン活躍できる冷風機です。着脱式のリモコンがついているので、遠隔操作が行えるところもおすすめのポイントです。

冷風機はノンドレン機構となっており、水を捨てる手間を省くことも可能です。連続排水も可能となっています。

届いた日から、使えて助かりました。
今年の猛暑はハンパなく暑く、母親の部屋に設置しました。
おかげで熱中症にならずにすみました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1HA0OBY8VW7... |

第1位:コロナ どこでもクーラー

冷風機の機能にこだわりたいのであれば、コロナのどこでもクーラーがおすすめです。コロナのどこでもクーラーは、冷風を送るだけでなく、除湿や衣類乾燥、送風といったさまざまな機能がついている冷風機です。

タイマーもついているので、冷風機を消し忘れてしまう心配もありません。衣類乾燥まで行えるので、夏だけでなく年中活躍してくれるおすすめの冷風機です。

冷風機がほしくて購入したのですが、かなり風も涼しく、快適です!音も思ったよりも静かで、快眠できます。これで、乾燥機能もついているので、洗濯物も室内干し出来て、本当に買って良かったです!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2URQU16FEBS... |

冷風機のメリット・デメリット

冷風機おすすめ人気ランキングTOP5|メリットとデメリット

冷房機器には、冷風機の他にもエアコンや扇風機などがあげられます。使用する場面や状況によって、どのような冷房機器がおすすめなのかが変わってきます。

広い部屋をしっかり冷やしたい場合には、エアコンがおすすめですが、さまざまな場所に持ち運んで局所的に冷やしたいのであれば、冷風機がおすすめです。また、お金を節約したいのであれば、扇風機がおすすめになります。冷風機のメリットやデメリットについてご紹介します。

メリット

冷風機にはさまざまなメリットがあります。冷風機のメリットとしては、エアコンのように工事をする必要がないので、どのような部屋でも使用できることや使用方法によってはエアコンほど電気代がかからないことがあげられます。

少しの時間でも良いので、一部分を冷やしたいといった場合には冷風機がおすすめです。冷風機のメリットをくわしくご紹介します。

メリット1:工事不要

冷風機のメリットとしては、工事をしなくても良いことがあげられます。エアコンを設置する時には、専用の業者さんに来てもらってエアコンを設置してもらうという手間が必要になりますが、冷風機であれば自分で設置することが可能です。

工事をする必要がないので、どのような部屋であっても使用することができます。忙しくてエアコンを設置してもらう時間がないという人であれば、冷風機を購入することをおすすめします。

メリット2:エアコンほど電気代がかからない

使用の仕方によっては、冷風機はエアコンほど電気代がかかりません。エアコンは常に稼働しつづけるため、電気代が多くかかってしまいますが、冷風機であれば必要な時のみ利用することが多いので、電気代を節約できます。

しかし、暑い部屋で継続的に使用する時には、冷風機が常にフルパワーで動く必要が出てくるため、エアコンよりも電気代が高くなります。短時間使用する場合には、冷風機がおすすめです。

メリット3:持ち運びができる

冷風機の一番のメリットとしては、エアコンよりもコンパクトで持ち運びが可能であることです。エアコンは一度設置してしまうと、再度工事をしない限りは同じ部屋しか冷やすことができませんが、冷風機であれば、持ち運ぶことでどのような部屋でも冷やすことができます。

そのため、キッチンや脱衣所、作業場など一時的に使用したい時であれば、エアコンよりも冷風機を使用することをおすすめします。

デメリット

冷風機にはメリットだけではなく、デメリットもあります。冷風機のデメリットとしては、エアコンよりも音が出てしまうことや広い範囲を冷やすことができないということ、閉め切った部屋で使用すると暑くなってしまうことなどがあげられます。

冷風機を使用する環境によっては、冷風機ではなくエアコンや扇風機を活用するのがおすすめです。冷風機のデメリットを知って、どのような冷房機器を使用するのかを考慮しましょう。

デメリット1:音が出る

冷風機はコンプレッサーを使用しているものもあります。冷風機は、エアコンの室外機を室内で動かしていることになりますので、コンプレッサーを使用している冷風機であれば、使用している時に冷蔵庫のような音が出てきます。

そのため、静かな空間に冷風機を置くと音が目立ってしまうこともあるので注意しましょう。静音性に優れている冷風機もありますが、冷却するパワーは弱くなってしまうので、考えて選ぶようにしましょう。

デメリット2:閉め切った部屋で使うと暑くなる

冷風機は冷やすための機械ですが、冷えた空気がでるのは前方だけで、後方からは熱風が出てきます。また、電気を使って動いているので、閉め切った部屋の中で使い続けると、全体的に温度が上がって暑くなってしまいます。

冷風機を効果的に使用したいのであれば、閉め切った部屋で使用するのではなく、部屋の扉を開放して、部屋に熱がこもらないような環境で使用することがおすすめです。

デメリット3:部屋全体は冷やせない

冷風機は、局所的に冷やすということが目的ですので、エアコンのように部屋全体を涼しくすることはできません。そのため、広い部屋を涼しくしたいという場合には、冷風機よりもエアコンがおすすめです。

冷風機を使って少しでも広い範囲を冷やしたいのであれば、冷風機を部屋の境界において、熱風が室外に出ていくような環境で使用することをおすすめします。冷風機専用のダクトを装着することも効果的です。

おすすめの冷風機を見つけよう

冷風機おすすめ人気ランキングTOP5|メリットとデメリット

冷風機にはさまざまな種類があります。冷房機能に特化している冷風機もあれば、コンパクトに持ち運べることを売りにしている冷風機もあります。冷風機を使用する状況を想定しておすすめの冷風機を見つけてみましょう。

また、使用する状況によっては冷風機だけでなく、扇風機やエアコンを使用するほうが良い場合もあります。使用する状況や条件を考えて、どのような冷房機器を購入するかを検討してみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

冷風機ほど局所的な冷却にこだわらないのであれば、扇風機や冷風機のほうが電気代は安く済む場合があるのでおすすめです。電気代を節約して安くしたいというのであれば、扇風機や冷風機についても知っておきましょう。

また、冷風機にはさまざまな機能がついているものがあります。口コミや情報を参考にして、冷風機の購入も検討してみましょう。

Related