Search

検索したいワードを入力してください

2019年03月20日

シンク下の収納アイデア|引き出し/スライド/ラック

台所のシンク下の収納はどうしていますか。みえないところだからとついつい手を抜いてしまいがちです。水道の配管メンテナンスの人にシンク下を見られて気まずい思いしたことないですか。ここではシンク下の収納をすっきりきれいにさせる方法を紹介します。

シンク下の収納アイデア|引き出し/スライド/ラック

シンク下の収納を見直してみよう

皆さん、キッチンのシンク下に何を収納していますか?ライフスタイルの違いやキッチンの構造などの違いに合わせて収納するものは変わってくるでしょう。

しかしシンク下は奥行きが広かったり、棚や仕切りがない場合は物を乱雑に置きがちで、どうしてもごちゃついて見えてしまいます。

そして湿気がたまりやすく食品などの収納に適さない物もあります。また使いにくいと感じている方は物を詰め込みすぎている可能性があります。

まずシンク下の収納の見直しをしてみましょう。そして便利な収納グッズを上手に活用しきれいに収納してみませんか?おすすめの収納アイデアやコツを紹介いたします。収納に便利なアイテムや100円ショップの商品を使った収納術なども紹介いたします。

シンク下には水回りで使うものを収納しよう

シンク下には水回りでよく使うものを収納するといいでしょう。食材の下調理で使うボウルやざる、お鍋やフライパンなどの調理器具、タッパーなどの保存容器、食器用洗剤、スポンジ、ゴミ袋などのお掃除グッズなどを収納しましょう。ゴミ箱を収納してもいいでしょう。

食器や食品の収納には注意が必要

湿気のたまりやすいシンク下は食器や食品を収納する際には注意が必要です。食品なら調味料や、レトルト食品、缶詰などの劣化しにくいものがよいでしょう。乾物やお米など湿気に弱いものは避けた方がいいでしょう。食器を収納する場合は重ねたり、詰め込みすぎず、空間をあけて収納することを心がけましょう。

詰め込みすぎずに衛生的に使おう

シンク下は湿気もたまり、流しでお湯などを使うと温度もあがります。衛生的に使うには収納する物にも注意が必要ですが、掃除がしやすい収納をすることも大事です。

収納グッズを上手に活用して、詰め込みすぎずにゆったりとした収納をすることで通気性もよく掃除がしやすくなります。

シンク下の収納グッズの選び方の4つのポイント

シンク下は湿気がこもりやすいこともあり、収納グッズ選びも大事です。入れるものによりカゴやケースで区切ったり、ラックを設置したりするだけで使いやすくなります。しかし、安いからと買ったケースがサイズが合わず使いにくかったりしたことありませんか?また何だか統一感がなくしっくりこないことありませんか?

そのような悩みを解決するシンク下の収納グッズ選び方の4つのポイントを紹介します。

1.サイズをしっかり測ろう

シンク下のサイズ、必要な収納グッズのサイズは必ず測りましょう。

せっかく便利な収納グッズを買ってもサイズが合わなければ使いにくくなります。またサイズは収納するものによっても変わってきます。

まずは何処に何を収納するのかを明確にしましょう。そしてサイズを測りしっかりメモをしてから買いに行きましょう。

2.四角いものを選ぼう

収納ケースは角のある四角いものを選びましょう。

幅や高さのサイズが同じケースでも角が丸いだけで無駄な空間ができてしまい収納力も減ってしまうからです。またケースを並べた時も隙間ができずきれいに並べられます。

3.色を統一しよう

収納グッズの色は揃えるといいでしょう。

シンク下には調理器具、レトルト食品、掃除用具など収納する種類もバラバラなので、どうしてもごちゃごちゃとして見えてしまいます。

しかし収納グッズを同じ色にするだけで統一感がでてすっきりきれいに収納ができます。色は清潔感のある白が人気です。

4.木製や紙製は避けよう

木製や紙製はカビが発生する恐れもあるので避けましょう。

シンク下は湿気がたまりやすいため、湿気を含みやすい素材の収納グッズは適していません。プラスチック製品や、スチール製品、陶器製品などがおすすめです。

きれいに収納するコツとは?

シンク下の収納での一番の悩みはスペースの活用方法です。

シンク下が扉棚なのか、引き出し棚なのか、また何を収納するのかでも収納方法が変わってきます。ですがアイデア次第できれいに収納でき使いやすくなるでしょう。

それではお鍋、フライパン、ボウルやざる、食器、保存容器、調味料、ゴミ箱などの物別でそれぞれの収納のコツを紹介します。

ラックを設置しよう

扉タイプのシンク下は高さがあるのでラックを設置しましょう。

そうすることで下から上まで高さを無駄にせず空間を上手に活用できます。お鍋の大きさにあわせて高さや幅などを調節できるラックを選ぶといいでしょう。また普段使うものを上の段、あまり出番が少ないものを下の段に収納すると使いやすくなります。

重ねて収納しよう

シンク下が引き出しタイプの場合の鍋収納方法は、蓋をはずして重ねて収納しましょう。

引き出しタイプでも2段に分かれているとより収納しやすくなります。深さのありすぎる引き出しは上の部分がデットスペースになりやすいので、これから引き出しを取り付けるという方はお鍋の深さに合わせて数段に分けて設置するといいでしょう。

フライパン

フライパンは柄がついているためどうしても場所をとってしまいます。
しかしその柄の方向を変えるだけで取り出しやすくとても使いやすくなります。

シンク下が引出しタイプの場合はファイルボックスをうまく活用して立てて収納しましょう。立てると柄が上を向いているので取り出しやすくおすすめです。

ク5段 18-8ステンレス製 日本製

シンク下収納が扉の場合のフライパン収納におすすめの商品です。5枚収納でき収納力もあります。

天馬 FV32 ファビエ シンク下フライパンラック4段

フライパンが収納できる4段ラックです。横には蓋ホルダーもあり便利です。細かい網目のラックなので安定感もあるでしょう。

Belca シンク下 フライパン・鍋・ふたスタンド ワイドタイプ 60から90cm PFN-69

こちらは扉タイプでも引き出しタイプでもどちらのシンク下収納にも使える商品です。伸縮性なので自由に長さを調節できます。底には滑り止め加工もしているので安定性もあり安心して使えます。

ボウル・ざる・キッチンツール

ボウルやザルを複数個持っている場合は大きい物を下に、小さい物を上に重ねて収納しましょう。

おたまや、フライ返しなどのキッチンツールは筒状のケースに立てて収納するといいでしょう。キッチンツールは使う際にケースごとコンロの方へ持ち運ぶことができ便利です。

食器編

最近は吊り戸棚がなくスッキリとしたアイランドキッチンが増えています。そのため食器を収納するスペースがなく、シンク下に収納している方も多いのではないでしょうか。

しかし陶器の食器や大皿は重く、割れたりしたら危ないです。また衛生面もきになります。そこできれいに使いやすく収納できるアイデアを紹介します。

棚を増やしてみよう

扉タイプのシンク下には棚板があっても幅が広かったりとお皿収納には適していないことがほとんどです。

その場合はこの字ラックやディッシュスタンドなどで棚を増やしましょう。また扉タイプは奥のものが取り出しにくいデメリットがあります。その場合は引き出しケースを置くといいでしょう。

お皿は重ねすぎると、下の方のお皿を使いたい時、重たいお皿を持ち上げなければ使えなくなり大変ですし、お皿にも負荷がかかり割れる原因にもなります。大きさや種類別に分けて取り出しやすく収納することで見た目も綺麗で使いやすくなるでしょう。

ディッシュラック ディッシュスタンド 皿立て お皿 ホルダー 収納 食器ラック ディッシュストレージ タワー TOWER TOWER特集(ブラック)

こちらの商品はモノトーンでスタイリッシュなお皿スタンドです。6〜8枚のお皿が収納できます。

ボックスを活用しよう

引き出しタイプのシンク下収納にお皿を収納する場合は、大きな平皿は立てて収納するといいでしょう。

お椀などの深さのあるお皿はサイズ別に重ねて、小皿はプラッチックケースやワイヤーボックスなどに収納しましょう。

そうすることで何枚も同じお皿を使う時など一度で取り出せて家事も時短できます。

ディッシュラック ディッシュスタンド 皿立て お皿 ホルダー 収納 食器ラック ディッシュスタンド 皿 水切り タワー TOWER TOWER特集(ホワイト)

円形のお皿も立てて収納できる便利なディッシュスタンドです。モノトーンでスタイリッシュなデザインが素敵です。

引き出しを使おう

食器に臭いが移るのが心配な方は引き出しケースを利用するするのもありでしょう。

タッパー・保存容器編

最近は作り置きおかずブームもあり保存容器の数が増えた人も多いのではないでしょうか?
タッパーや保存容器は用途によって使うサイズや素材も違うことからどうしても増えてしまいがちです。

しかし、本当に使っている容器は意外と少なかったりしませんか?これを機に普段使っていないものは思い切って処分してみましょう。蓋がない容器など必要ありません。厳選した容器を大事に毎日使うことで綺麗に収納もできます。

収納しやすい保存容器選びの3つのポイント

1.サイズを統一する

サイズが同じだと蓋のサイズも同じことが多く、蓋を探す手間がなくなり管理しやすくなります。しかし同じサイズばかりだと使いにくいので大、中、小それぞれ必要な数を揃えるといいでしょう。

2.色を統一する

色が同じだとサイズや素材が違っても統一感がでて並べた時にきれいに見えます。清潔感のある白、かっこいい黒など好きな色でそろえましょう。

3.メーカーを統一する

メーカーが揃っていると、容器を重ねられることが多く安定しやすいので収納しやすいです。またデザインが一緒だとスッキリきれいに収納できます。

3つのポイントを使った収納例

こちらは同じサイズの保存容器を重ねて収納しています。蓋はブックスタンドを利用して立てて収納していて取り出しやすくなっています。色や形が統一されていると見た目もきれいです。

調味料

種類別にグルーピング収納をしよう

調味料など高さのあるものはファイルボックスを使うと安定感がでて収納しやすいです。また種類別にグルーピング収納をすると統一感が出て見た目もきれいで使いやすくなります。

ゴミ箱

シンク下にゴミ箱を収納している方も多いのではないでしょうか?
シンク下にゴミ箱があると生ゴミもすぐ捨てることができ便利です。しかし生ゴミは水分が多く菌も繁殖しやすいので注意も必要です。

メリットとデメリット、対策とおすすめのゴミ箱を紹介します。

メリット

メリットは家事の時短と生活感をなくせることです。

シンク下にゴミ箱があると調理の下ごしらえで出たゴミも移動せずすぐ捨てることができます。また最近は独立キッチンではなく、料理中も子供の様子がみえたり、ホームパーティーが楽しめるダイニングとリビングがつながったオープンキッチンが人気です。
そのため生ゴミなどがシンクにあったり、大きなゴミ箱がキッチンにあったりすると見た目が悪いです。

そんな時はシンク下の収納を活用しましょう。高さのあるシンク下の空間はゴミ箱を置くのにぴったりなスペースでもあります。

デメリット

生活感がなくなるのは嬉しいですが、やはり衛生面が気になるとおもいます。

シンク下は湿気が多く、さらに生ゴミを置くと菌が増殖し嫌な臭いも発生しやすくなります。また扉や引き出しを開けなくてはならず、手が汚れている時など困ります。小さなゴミを捨てる時も開け閉めが面倒というデメリットがあります。

しかしそのデメリットも注意点を守り対策をすれば解決できます。

ゴミ箱を置く場合の対策1

一番の注意点は湿気と臭い問題です。

シンク下にゴミ箱を置く場合はなるべくカンやビン、ペットボトルなどの水分の少ないゴミを入れましょう。

どうしても生ゴミを置きたいという方は臭いや湿気がシンク下に充満しないように蓋つきのゴミ箱を設置しましょう。また生ゴミは小さなビニール袋などに入れて口を縛ってからシンク下のゴミ箱に捨てると湿気が逃げにくく、臭いも発生しにくくなります。

ゴミ箱を置く場合の対策2

2番目は扉や引き出しの開け閉め問題でしょう。いちいちゴミが出るたびに扉を開けるのは面倒ですし、何より時間の無駄です。

調理時に出た生ゴミは調理が全て終ってから一緒に捨てましょう。最近は使い捨てのできる三角コーナーも100円ショップやホームセンターで売られています。

または思い切って扉を外してオープンスペースにするのもいいでしょう。ゴミ箱が丸見えになって嫌な人はのれんなどで目隠しできるようにしておくと見た目もすっきり気になりません

ステンレス ダスト ボックス シンク下 2分別 DS51

ステンレス製のゴミ箱なのでスタイリッシュなので見せても大丈夫です。扉タイプに便利な移動可能なキャスターと引き出しタイプに便利な定位置におけるアジャスターの2wayで使用できます。

天馬 イーラボホーム スマートペール 45L 本体 ベージュ

こちらのゴミ箱は3サイズ、7種類のフタから自由にカスタマイズができます。臭い問題にも強い味方の防臭フタや簡単にワンプッシュで開けられるプッシュオープンフタ、分別に便利なフタを前後どちらからも開けられるハーフオープンフタなど機能性もしっかりしているので、シンク下に置くゴミ箱におすすめです。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) 生ゴミが臭わない袋 Sサイズ大容量100枚入 生ゴミ処理袋

生ゴミを捨てる時に便利なゴミ袋です。水分の多い生ゴミは湿気と臭いの原因にもなりがちです。そんな時はこちらの商品を使ってみてはいかがでしょうか。生ゴミだけでなく、オムツやペットのシーツなど幅広く使えるのも評判が高く人気な理由です。

小さめの袋ですがこれに小まめに生ゴミをためて、口をしっかり縛ってキッチンのゴミ箱に入れておけば、ゴミをためておいても臭う事はなくなりました。
魚のゴミみたいなめっちゃ臭いそうなゴミですらこれできっちり密封してしまえば1週間置いておいても臭いません。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RLZ51RFQLRSX... |

ゴミだけではなく、にんにくの芽やネギなどの野菜クズもこちらで捨てると まったく臭わず良いです。お刺身を食べた後の容器も、この袋で処分するとほんとニオイません!またなくなったら注文したいです

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RK2ZHFUTSOF6... |

ラックを使ったシンク下収納

扉タイプのシンク下に棚がないとうまくスペースを活用できません。

その場合は棚やすのこラックを置くとよいでしょう。どちらのアイテムも伸縮性のあるタイプをおすすめします。

そのメリットは自分の好きなサイズに調節ができるところです。他の収納グッズと一緒に使ったりアレンジが無限大です。ラックはホームセンターやニトリなどでも簡単に手に入れることができます。

アイリスオーヤマ シンク下伸縮棚2段

こちらの棚は幅42~70×奥行き39.5×高さ39.5cmで、幅だけでなく高さも変えられるのでお鍋など高さのある調理器具も収納することができます。

すのこラック

YOMYM シンク下フリー ラック 押入れ整理棚 洗面台下 スペース 伸縮タイプ ワイド

すのこラックは通気性がよいのが特徴です。シンク下の邪魔な排水管も気にせず、デットスペースなく収納ができます。こちらの商品のサイズ(約):幅390~660×奥行260×高さ380mm 耐荷重30kgです。

伸縮棚 棚 シンク下 収納 シンク下伸縮棚 フリーラック 組立式 シンク下収納

2口蛇口などの複雑な排水管があるシンク下収納には棚が細かくわかれているすのこラックがおすすめです。

スライド棚を使ったシンク下収納

シンク下が奥深い場合はスライド式収納がおすすめです。引き出すことで奥の物まで手が届き使いやすくなります。

パール金属 日本製 キッチン 収納 ストッカー 2段 スライド式 H-5595

白いシンプルな収納ストッカーです。こちらは引き出せるだけでなく、トレーが取り外し可能なので汚れてもお手入れも簡単にできます。

シンク下の収納用で購入しました。組み立ては難しくありません。思ったよりも大きかったのですが、その分収納量が増えたのでよかったです。使い始めは引き出しが華奢に思えたのですが、使用しているうちに気にならなくなりました。整理整頓出来、モノを探す時間を減らすことが出来ました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%8... |

天馬 FV31 ファビエ シンク下スライドラック2段

こちらは調味料や缶詰ストックなどにも便利なスライドラックです。上の段は小さなものを、下の段は高さのある物を収納するといいでしょう。スタイリッシュなブラウンカラーもおしゃれです。

引き出しのシンク下収納

近年、引き出しタイプのキッチンが主流になってきています。従来の扉タイプと違ってしっかりしゃがみ込まなくても物が見えて使いやすく大容量の収納力があることから主婦からとても人気です。

しかしただ物を詰め込むだけでは使いにくくなってしまいます。そこで引き出し棚におすすめの収納アイデアを紹介します。

縦に仕切ってみよう

引き出し収納は縦に仕切るといいでしょう。

引き出した時に上から見て何がどこにあるのか一目で分かり使いやすくなるからです。また消耗品の在庫状況などがわかりやすいメリットもあります。

ファイルボックスや専用ラックなどのアイテムをうまく活用してきれいに縦収納してみましょう。

段差を活用してみよう

深さのある引き出しはボックスを重ねたりして二段活用で高さを上手く使いましょう。

シンク下 引出し ラック 幅50cm 固定式 (奥行き Lサイズ) 燕三条製品 18830

こちらの商品はスライドができるので下の段の物も取りやすいのが特徴です。また奥行きはSサイズとLサイズの2種類から選べます。

100均の商品できるシンク下収納術10選

100円ショップには収納に便利なアイテムがたくさんあります。

ホームセンターやインテリアショップよりも安く揃えられるので上手に活用しましょう。使いにくかったシンク下がたった少しのアイデアで使いやすく変身します。

それでは100円商品でできるシンク下収納術を紹介します。

1.ファイルボックス

書類を収納するファイルボックスですが、深さがあるためフライパン、蓋などの収納にぴったりです。100円ショップではカラーバリエーションも豊富でデザインもお洒落なものがあるので、好きなものを揃えてみてはいかがでしょうか。

シンク下は湿気が多い場所なので紙製ではなくプラスチック製のファイルボックスを選びましょう。

2.突っ張り棒

つっぱり棒は隙間収納にもぴったりです。デットスペースになりがちな奥もゴミ袋かけたりと有効活用できます。

つっぱり棒を2本使い、トレーや板などを置くと棚が簡単に作れます。今は強度のあるつっぱり棒もありますので、用途によって使い分けましょう。

3.プラスチックケース

細々したものをケースに入れるするだけで、すっきり収納できます。またラベリングすると中になにが入ってるか一目でわかりやすくなるでしょう。

最近は蓋のついたケースも100円ショップにあります。蓋があると重ねることができるので収納力がUPします。

4.プラスチックカゴ

プラスチックカゴはメッシュデザインで通気性がよく中身が見えて何が入っているかわかりやすいのが特徴です。

よく使うものは持ち手付きのプラスチックケースに収納すると取り出しやすくいいでしょう。シンク下は下の方の物が取り出しにくくなります。そんな時にも持ち手つきのケースは便利です。

5.ワイヤーラック

ディッシュスタンドはお皿を収納するのに便利なアイテムです。安定感のあるデザインのものを選びましょう。

6.ファスナーつき袋

ファスナーつきのビニールポーチはスーパーの袋や、小物収納におすすめです。デットスペースになりがちな扉に貼り付けて上手にスペースを活用できるアイテムです。

7.ワイヤーネット&S字フック

100円ショップのワイヤーネットはサイズが豊富で、S字フックで物をぶらさげたり、つっぱり棒などと組み合わせて自作棚を作っている方も多い便利なアイテムです。

8.キッチンツール・カトラリケース

キッチンツールやカトラリーをケースに立てて収納すると便利です。使うときにキッチン台やテーブルにそのまま運ぶこともできます。

タオルハンガー

タオルハンガーはタオルをかけるだけでなく、扉の内側に装着して鍋蓋ホルダーにしたり、キッチンツールをかけたりと便利なアイテムです。

10.ステッカー・ラベル

シンプルな収納棚にラベルを貼るとお洒落になります。マスキングテープなどを利用するのもいいでしょう。暗い雰囲気になりがちなシンク下を可愛くデコレーションしてみてはいかがでしょうか。

シンク下収納におすすめのブランド【無印・ニトリ・カインズ・IKEA】

収納ボックスや棚などは家具店、ホームセンターなど今はどこでも買うことができます。それぞれのブランドの特徴からおすすめのアイテムなど紹介します。

無印

収納ケースといえば無印良品を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

無印の特徴はシンプルなデザインですっきりして見えるので誰でもお洒落な収納が作れること。そしてロングセラー商品が多く、同じものを買い足せるのも無印良品の魅力です。物によっては複数個買うとお安くなるお得なサービスもあります。

それでは無印良品でシンク下におすすめの収納用品を紹介します。

ポリプロピレンファイルボックス

ファイルボックスと言えば無印のPPファイルボックスというくらい有名です。
素材のポリプロピレンは汚れに強く、洗えるので調味料や調理器具など汚れやすいものの収納に適しているのでシンク下の収納に適しています。

カラーは半透明とホワイトグレーがあります。中身を見せたくない場合はホワイトグレーを選ぶとよいでしょう。サイズはスタンダードとワイド、斜めにカットされたファイルボックス があります。何を収納するのか棚に収納するのか引き出しに収納するのかで使い分けるといいでしょう。

ポリプロピレンケース・引出式

PPファイルボックスと同じくらい有名な無印のPPケース。こちらは衣装ケース、クローゼットケース、収納ケースや引き出し式ケースなどサイズが豊富なので好きなサイズにアレンジできるのが魅力的です。

無印のネットストアではキッチンの高さに合わせたストッカーの組み合わせがイラストでわかりやすく記載してあります。こちらは追加用ストッカーの場合です。

サイズ選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

アクリル仕切りスタンド

アクリル仕切りスタンドは透明なので圧迫感なくお皿や、鍋の蓋などを収納するのに便利です。またサイズも仕切り幅が違う2サイズ展開しているので、収納する物によって使い分けるといいでしょう。

ステンレスワイヤーバスケット

ステンレスワイヤーバスケットは錆びにくいので湿気の多いシンク下にもおすすめです。また中が見えるので在庫管理がしやすくストックをしておきたい缶詰や調味料を入れるにもいいでしょう。

無印のワイヤーバスケットはサイズが豊富で重ねて使うことができるので、深さのある引き出しタイプのシンク下の収納に便利なアイテムです。

ステンレスひっかけかけるワイヤークリップ

こちらの商品も大人気です。突っ張り棒にS字フックをかけて収納するのが今まで主流でしたが、引っ掛けられる穴や、ルーフがないものを吊るしたい時に無印のひっかけるワイヤークリップがとても便利です。

ニトリ

全国に展開するニトリは家具だけでなく、キッチン雑貨や収納グッズも豊富にあります。

また「お値段以上ニトリ」というフレーズが定着してる理由は低価格なのに機能性が高くて使い勝手が良いからではないでしょうか。リーズナブルに実用性のある収納グッズを揃えたい方におすすめです。

ファイルボックス

ニトリのファイルボックスはなんと370円(税別)と手頃な価格です。

サイドにくぼみがあり取り出しやすいため、頻繁に使うものうを収納するといいでしょう。またオールホワイトなので明るく清潔感のある収納をしたい人におすすめです。
サイズは、ワイドサイズ648円(税別)斜めカットファイルスタンド370円(税別)の3種類あります。用途によって使い分けましょう。

インボックス

ニトリのインボックスは重ねて使えるだけでなく、手をかけられる穴があいているので重たいもの持ち上げる時にも便利です。

そして人気の理由はサイズが4サイズ、色も9色ある豊富なバリエーションです。また別売りで専用の蓋やキャスターもあります。必要に応じてカスタマイズするといいでしょう。

ワイヤー鍋蓋スタンド

ワイヤー鍋スタンドはM字になっているので、鍋蓋収納におすすめです。

シンク下伸縮ラック2段

ニトリでは収納ボックスだけでなく、ラックなども充実しています。工具いらずで取り付けができるので大工が苦手な女性にもおすすめです。

カインズ

ホームセンターのカインズといえばキャリコが有名ですが、他にも便利な収納グッズがあります。特にプライベートブランドの商品がシンプルデザインで機能的な物が多く人気があります。

整理収納小物ケース Skitto スキット

カインズの整理収納小物ケース Skitto スキットシリーズは、2016年にグッドデザイン賞を受賞しているスタイリッシュなケースです。

四角く無駄のないシンプルなデザインがかっこいいです。ジョイントできるパーツもついているので、隙間ができず掃除も楽になります。

スキットの特徴

カインズのスキットの特徴は前後異なるデザインで「見せる収納」と「隠す収納」が使い分けられるところです。

柄のあるフライパン収納もくぼみがあることできれいに収納できます。また中身を見せたくないときはくぼみのない方を前にして使うだけでスッキリみえます。

10種類から選べる豊富なサイズバリエーション

スキットは高さ15.2cmの深型しかありませんでしたが、ハーフサイズの高さ7.7cmの浅型が新登場しました。ケースのサイズはスリムサイズ、SSサイズ、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズの5種類あり、計10種類を組合わせて自分だけのオリジナル収納が作れるのが魅力です。

IKEA

北欧インテリアショップのIKEA。すっかり日本にも定着し、知らない人はいないでしょう。IKEAといえば大型家具のイメージがありますが、シンク下で使える便利な収納グッズもあります。

VARIERA ボックス

IKEAで人気の収納ケースです。持ち手の穴もあり、横にくぼみもあるので、取り出しやすく縦でも横でも使えるデザインが特徴です。

プレートホルダー

イケアのプレートホルダーはお皿収納に便利です。

こちらはお皿のサイズに合わせて幅を調節できる機能的なアイテムです。サイズは2つあり小皿用15cmー21cmと大皿用の21cmー31cmがあります。

また引き出しにそのまま収納するだけでなく、そのままテーブルへ持ち運びができるので、パーティーなどで多くの取り皿が必要な時など便利でしょう。

引き出し式ゴミ箱

IKEAの分別ゴミ箱はサイズは5種類あり、カスタマイズが可能です。299円〜799円と価格も手頃です。黒くスタイリッシュでかっこいいゴミ箱です。蓋も別売りで販売ています。

UTRUSTA 引き出し式トレイ 分別ゴミ箱用

こちらの分別ゴミ箱用の引き出し式トレイを設置するとゴミ箱がスライドでき、取り出しやすくなります。扉式のシンク下でもすっきり使いやすくゴミ箱が収納できる便利な商品です。

VARIERA引き出しマット

イケアの引き出しマットは弾力性と柔軟性に優れているEVA樹脂を使用しており、撥水性がいいのでシンク下にもおすすめのマットです。

物を置いた時の音を抑えてくれ、引き出しなどを傷から守ってくれます。ハサミやカッターなどで簡単に切れ、棚や引き出しのサイズに合わせて使うことができます。色はホワイトと半透明の2色あり、50cm×150cmで399円です。

シンク下の棚や、収納ケースの中などにも敷くことで、棚やケースの汚れ防止にもなりますが、引き出しを勢いよく開け閉めしてもケースの中のものが滑りにくくなるというメリットもあります。

シンク下収納をDIYしてみよう

ホームセンターや100円ショップで買える収納グッズを紹介しましたが、欲しいサイズがなかったり、「ここがこーだったらもっと使いやすいのに」と思うことありませんか?

そんな時は収納グッズをアレンジして自分だけのオリジナルシンク下収納をDIYをしてみましょう。

シンク下のDIYをしている方のブログを紹介します。収納グッズを組合わせて使っていたり、本格的に引き出しや棚を自作していたりと、皆さんそれぞれのアイデアでステキなシンク下収納を作られています。

扉タイプのシンク下収納のDIY例

無印のPPケースを使って

こちらは無印のPPケースを重ねて上の空間にはボウルを置き無駄のないシンク下収納をしています。水回りで使う洗剤やスポンジなどの掃除グッズを綺麗に収納しています。

2種類のラックを組合わせて

こちらは違うラックを2つ並べて、そこに引き出しケースやプラスチックかごなどを置いて細かいものを上手くシンク下に収納し。あえてケースをバラバラに配置し、自分にとっての使いやすさを重視しています。よく使うものは取りやすい場所に置くという工夫をしています。

ラベリングで使いやすく

こちらは無印のファイルボックスをきれいに並べて収納しています。排水管を避けるために、プラスチックダンボールでケースを手作りしているのですが全く見分けがつかないクオリティーに驚きです。またラベリングをして中に入っている物がわかりやすいようにしっかり工夫もされています。

賃貸ならではの工夫

こちらはラックを置く前に貼ってはがせる壁紙シートを敷いています。賃貸や汚したくない方にはおすすめです。撥水性のあるものなら拭き取るだけで掃除も楽で清潔に保てるでしょう。取っ手の取れるティファールのフライパンやお鍋を重ねてコンパクトに収納しています。ラック横には小物を収納できる小さなラックをかけています。

IKEAのゴミ箱をシンク下に

こちらはニトリのラックとIKEAのゴミ箱をシンク下に使用しています。排水管をうまく避ける配置で無駄なくシンク下を活用しています。お掃除グッズを収納しているラックも引き出しタイプなので奥の物まで取りやすそうです。

引き出しタイプのシンク下収納のDIY例

引き出しの色にあわせた収納グッズ

こちらは100円ショップの黒いファイルボックスを利用してスタイリッシュに収納しています。キッチン棚が濃いグレーのため黒いファイルボックスで統一感を出しています。お鍋は水を入れてから使うことが多いためシンク下に、フライパンは先に火にかけて使うことが多いのでコンロ下と家事動線を考え収納する物をわけているのもさすがです。

ダイソーケースで収納

ダイソーのケースとファイルボックスをならべて収納しています。断捨離後に収納を見直したので必要以上の物がなく空間にゆとりがあってきれいに見えます。また物の定位置が決まることで買い置きする食品や消耗品の量を最小限にすることをポイントに収納しています。

無印のファイルボックスを使って

こちらは無印のファイルボックスを利用してフライパンをきれいに収納しています。また100円ショップの粘着フックでキッチンツールをつるして収納しています。細かいものは見つけにくいのでよく使うものは吊るして取りやすく収納するといいでしょう。

本格派DIY例

扉を外してオープンに

こちらはシンク下が扉タイプだったのですが、大胆に扉を外して開放的な空間にしています。端材で作った棚にボウルや保存容器を収納しています。扉がないと湿気がこもらず木製棚もきれいに使えるでしょう。

可動棚を手作り

こちらはシンク下の棚板が動かせる可動棚を手作りされています。1.5cm間隔で棚の位置が変えられるのでぴったり無駄なく収納できます。材料はホームセンターで購入し格安で仕上げています。

引き出しを手作り

こちらはなんと扉タイプのシンク下だったのですが、引き出しタイプにセルフリフォームされています。板を組み合わせ一から引き出しを作り、レールを取り付けています。ナチュラルな板壁風で可愛いキッチンに仕上がっています。本格的なDIYが好きな方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

シンク下収納【臭い対策編】

シンク下の収納に関して紹介してきましたが、使いやすさと同じくらい大事なことがあります。

それは清潔感です。しかしシンク下は湿気がこもりやすいので嫌な臭いがする時もあります。こまめに換気をしたり、消臭剤を置いて対策をしている方が多いのではないでしょうか?シンク下を快適に使うために原因別の注意点と対策を紹介します。

臭いの原因は主に3つ

1.カビや殺菌

シンク下はカビや殺菌が繁殖しやすい場所です。湿気がたまりやすく、お湯などで食器を洗ったりするため、シンク下には熱がどうしてもこもってしまうので注意が必要です。

2.排水管の汚れや詰まり

シンクではお皿洗いをする時に食品や油などがどうしても流れてしまいます。その汚れが滑りの原因になりそこから臭いが発生する可能性があります。

3.配管の隙間や劣化

排水口をこまめに掃除してるのに臭いがする場合はシンク下の配管に隙間ができている可能性があります。排水パイプと床との間に隙間ができていませんか?

対策

原因にあわせてしっかり対策と予防をしシンク下を清潔に使いましょう。

カビや雑菌を増やさないためには

カビや雑菌が繁殖してしまう理由はやはり湿気です。除湿することが大事です。

1.除湿剤を置いてみよう

一番簡単にできる対策です。除湿剤はホームセンターやドラッグストアなどでも一年中購入できるので活用しましょう。除湿シートや防カビシートを敷くのも効果的です。

2.シンク下の湿気を逃がそう

定期的に扉や引き出しを開けて空気の入れ替えをして湿気を逃しましょう。

特に晴れた日は空気も乾燥しているので効果的です。旅行などで長期間家を留守にする時などは扉や引き出しを開けて置くといいでしょう。

月に1度掃除しよう

湿気だけでなくホコリもカビの餌になります。面倒ですが月に一度は掃除をしましょう。

掃除はできるだけシンク下の収納を全て出し、しっかりふき掃除をしましょう。その際に必要ないものがないかチェックすると断捨離もできて一石二鳥です。

頑張って清潔感のある空間を保ちましょう。

住まいの除湿&消臭シート ハッピーバード・ブルー O-1099 家事用品 掃除関連 [並行輸入品]

こちらの商品は除湿だけでなく消臭もしてくれます。ハサミでカットできるので棚にも引き出しにも使えます。サイズ30cm×2m。

排水管の汚れにはお湯で掃除

食器を洗う際、油や汚れをキッチンペーパー拭き取ってみましょう。そのまま流すと汚れやつまりの原因になります。

そして排水溝をしっかり掃除しても臭いがする場合は排水管の汚れ、つまりが原因の可能性があります。しかし排水管は取って洗うことはできません。

そんな時は市販のパイプクリーナーや重曹や酢を使って洗浄してみましょう。そして洗浄する時は40度から50度のお湯を使うとより効果的です。熱湯は火傷や配管を傷める原因になりますので使わないでください。給湯器で温度調節するといいでしょう。

【大容量】 天外天シリンゴル重曹 1kg

重曹は排水口だけでなく、お鍋のこげつきなどにも使えるので持っていると便利な掃除アイテムです。

配管の隙間を塞ぎましょう

配管に隙間ができている場合はそこから臭いや湿気が漏れてしまいます。しっかり隙間を防ぎましょう。ホームセンターなどで穴埋め専用のパテやテープなどが売られています。

セメダイン 不乾性充てん材 すきまパテ 白 200g HC-146

こちらは工具など使わず簡単に隙間を埋めることができます。

自分に合わせたシンク下の収納を作ってみましょう

いかがでしたか?今回はシンク下の収納アイデアや収納グッズ、そして臭い対策を紹介しました。
しかし収納方法に正解はありません。一番大切なのは自分や家族が使いやすいことです。清潔に使いやすくするために、収納グッズを使ったり、DIYしたりしてオリジナルのシンク下収納を作ってみましょう。

Related